ヴェスパ誕生70年祭 ラグーザで記念イヴェント

f0133814_14002491.jpg
 その名はヴェスパ Vespa、日本語の意味はスズメバチ。イタリアを代表する工業デザインの一つであり、世界中で愛されているピアッジョ社のスクーター。そのヴェスパ誕生(商標登録)からちょうど70年目となった4月23日、サン・ジョヴァンニ広場では記念イヴェントが開かれていた。


f0133814_14003502.jpg

 ラグーザ、モディカ、コミソの3つの町にあるヴェスパ・クラブが、それぞれのブースに自慢の数台を展示。


f0133814_14004176.jpg
 1940年代の最初期のモデルから現在のものまで、ヴェスパがずらりと並ぶ。何十年も前のものとは思えないほど、どれもメンテナンスが行き届き、ピカピカに磨き上げられている。見た目はまるで新車。


f0133814_14004908.jpg

 けれども中には、古びた走行不可能なものも。
 説明プレートには「あの伝説の一台がここに」という書き出しが。映画《ローマの休日》(1953年)でオードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックが乗っていたのと同じモデルで、1952年製。フロント・ライトがハンドル部分ではなく、前輪の泥除け部分に付いているのが特徴なのだそう。


f0133814_14005495.jpg
 なるほど後輪が外れて動かなくても、伝説の一台は永遠に伝説。
 こうしてプレート読んでいくと、持ち主のヴェスパへのこだわりや愛情を知り、他のヴェスパへの眼差しも変わっていく。


f0133814_14421633.jpg

 こちら、ロープで立ち入り禁止となったゾーンには珍しいヴェスパが数台。


f0133814_14010357.jpg

 例えば、メカニック部分がなく部品と化したヴェスパも、アンティークとして展示され、


f0133814_14011046.jpg

修理と塗装で甦った一台も、こうして修理過程の写真とともに堂々と。


f0133814_14423464.jpg

 そしてこの日、人々の注目を一身に集めていたのが、この幌付きの一台。全体から醸し出される、なんとも言えない朗らかさ、明るさ、人懐っこさ!


f0133814_14424191.jpg

家族や友達とワイワイ乗り合わせ、ラグーザの丘を走り抜けたのだろう。いや、もしかすると現役か?!


f0133814_14433599.jpg
 コロンとした横からの姿も、

f0133814_14434142.jpg

ブルンブルン聞こえてきそうな後ろ姿も愛らしく、見ているだけで心が和む。
 デザイン性だけでなく、親しみ易さ、乗れそう・乗ってみたいと思わせる安心感こそが、世界中で世代を超えて愛される所以なのではないか。ギラギラのエンジンやらモーターやらがむき出しのバイクだとそうはいかないから。


f0133814_14432434.jpg
 ところで各車両には、このような金色のタグが輝いていた。FMI(Federazione motociclista italiana)イタリア・オートバイ愛好家協会による、歴史的モーター認定のエンブレム。大切にしてきた愛車ヴェスパの勲章のようなものなのだろう。
 これは1956年製で、


f0133814_14544926.jpg

 こちらは1957年製。先の幌付きとは雰囲気ががらりと変わり、サイドカー付きの、非常にエレガントなフォルムが印象的。


f0133814_14545633.jpg
 白鳥号と名付けたくなるような色、ふくよかさ、そして曲線美。


f0133814_14560416.jpg
 他に目を引いたのは、後部座席が横座りになっているこのタイプ。さあ、お乗りなさいと言わんばかりに、見ている者を誘いんで来る。お姫様座りで乗るヴェスパは、さぞロマンチックなことでせう。


f0133814_14565445.jpg
 こんなアタッシュケース付きのものも。サイドカーと横座りシート付きということは・・・運転手はまさに両手にバラ?!


f0133814_14594426.jpg

 会場にはテントがいくつか出ていて、地元のヴェスパ・クラブとMFIオートバイ愛好家協会への勧誘も行われていた。こうした活動で、お蔵に眠る歴史的ヴェスパが日の目を見るチャンスが生まれるのだろう。

 こうして見て回り、一言にヴェスパと言っても、いろいろなタイプがあることを知った。そして、立ち話のおじいさんたちの話に耳を澄ますと、一台一台に刻まれた歴史をまるで家族のことを話すかのように、愛情深く語り合う声が聞こえてきた。青春時代にともに遠出した一台を大切にメンテナンスし、動かなくなっても古き良き思い出とともに手元に残しておく、そうしたヴェスピスタ(Vespistaヴェスパ愛好家)たちの温かい想いがあふれる時間。

 一台のヴェスパには、人それぞれに語る夢があり、思い出があり、今がある。ヴェスパはまさにイタリア人にとっての夢。その夢は世界中のヴェスパ愛好家の夢へと広がっている。


追伸:世界中にヴェスパ・クラブが存在し、日本ではヴェスパ・クラブ北海道、宮城、東京、横浜、京都、大阪などがあるようです。ヴェスパへは本当に世界中で愛されているのですね!


[PR]
# by hyblaheraia | 2016-04-30 08:51 | 祭り | Comments(2)

Fata farfalla 妖精の蝶々 -手作り衣装 完成報告ー

 まったく季節感とリアルタイム性のない本ブログ。ラグーザに暮らして、マイペースな性格がさらに助長されているようで、最近の口癖は何事も「まぁいいか」。いつの間にか、リディアも覚えて使っているほど、口をついて出る言葉。
 久しぶりのブログ更新は、今さらながらカーニヴァルの記事。既に初夏の青空が広がる4月末ではあるけれど、衣装製作の途中で放置された記事から先に進まないので、2月の出来事でも思い切って、まぁいいか、ということに。

f0133814_14264857.jpg
 さて、カーニヴァルではFata farfalla 妖精の蝶々になりたい!という本人の希望を叶えるべく、作ってみたのがこの衣装。翅はワイヤーハンガーを2つ、変形させてつなげ、そこにベイビー時代のタイツをかぶせたもの。
 タイツの幅が細かったので、翅が縦に大きく広がらず、蝶々というよりはガみたいな形になってしまったけれど、本人は大喜び!一度も付けようとしなかった前作の布の翅(ルカに「風呂敷みたい」と言われた!)には、相当がっかりしていたらしく、これは見るなり目を輝かせ、家の中でも翅をつけて飛び回るほど。近所のシニョーラにも「私、妖精の蝶々になるの!」とはりきっていた。
 材料探しに苦労した白い触角も、何とか形になり(白いモールがどの手芸店にもなかった!)、幼稚園の仮装パーティー前日には、ただただ安堵…。母のこの深い安堵は、あなたには分かるまい。

f0133814_02003444.jpg
 さて、カーニヴァルの仮装パーティー当日、幼稚園は異様な盛り上がり!はじけるような色彩と子供たちの歓声、そして大音量のステレオ。既にそこは異空間。

f0133814_01593772.jpg
 横に大きく張り出した翅を揺らしながら、元気に入って行く妖精の蝶々。両手を広げて飛び回り、お姫様に扮したクラスメートも一緒にてふてふと。
 スパイダーマン、ゾロ、警察官、騎士、クマ、モンスター、白雪姫やお姫様。思い思いに仮装し、いつもとは違うきらびやかな時間が瞬く。


f0133814_02002341.jpg
 幼稚園でもカーニヴァルのお菓子、キャッキェレが振る舞われたそうだけれど、まだまだ興奮覚めやらぬ我が家の妖精の蝶々は、もっと食べたいと懇願。甘いものには甘い母は、早速、バールで数種を買い求める。
 手前の平たいのがオーヴン焼きのキャッキェレ、奥のよじれたのが油で揚げたもの。コヮ、コヮ、パリ、パリッと軽やかにはじける口当たりとともに、リディアは楽しかった一日を語り、私は母娘ともに初めて参加した仮装パーティーが無事終わったことへの、小さな達成感を味わっていた。

 来年はどんな仮装になるのだろう・・・。ディノサウロの可能性はまだ大なので、今から予習しておこうかな。





[PR]
# by hyblaheraia | 2016-04-25 02:27 | 祭り | Comments(4)

母の悩み -カーニヴァルの衣装作りー

f0133814_01593636.jpg
 まるで春のような陽気が続いた1月のシチリア。最高気温16~17度、真っ青な空と軽く頬が焼けるほどの太陽の下、まぶしさを耐えながら思い悩むのは、幼稚園でのカーニヴァルのための衣装作りについて。

f0133814_01594483.jpg

 1月末に出た幼稚園からの指令は「2月5日のカーニヴァル、子供たちは仮装して来るように(給食なし)」とのこと。リディアに何になりたいかと尋ねると、即、ディノサウロ!ティランノサウロ・レックス!と、恐竜の中でも最も凶暴な種を希望。ガーガー吠える練習までして、盛り上がり始める。
 
 恐竜の衣装をネットで見てみると、一回しか着ないものなのに高いし、大袈裟な着ぐるみで可愛くないので、古い服をリフォームして作ることに。けれども、さぁ作ろうというところで、インフルエンザにかかりダウン。
 そうこうしているうちに、幼稚園でお友達から影響を受けたのか、ディノサウロはダメ!妖精になる!と言い出すリディア。ドラえもんや赤ずきんちゃんになると言う日もあったけれど、結局、妖精がいいと。

 良いでしょう、でも同じ羽が生えたものでも、妖精ではなく蝶々ならどう?妖精の蝶々 Fata farfallaはどう?と、やや強引に蝶々へと気を向かせる。なぜなら、妖精になる女の子は他にもたくさんいるはずだから。


f0133814_02014953.jpg
 試作品はこちら。よく見かける妖精の羽ではなく、袖と一体化して、腕を動かすと羽ばたくように見えるもの。リディアが元気に飛ぶ姿をイメージして、赤ちゃん時代の枕カバーを水彩絵の具で色付けし(リディアと共同作業を予定していたものの、あまりにアヴァンギャルドな絵柄になり、私一人で作成)、開くと左右対称になるように作ったのだけれど、この羽、どうしても好きになれないらしく、全然付けようとしない。


f0133814_02015331.jpg
 カーニヴァルでは衣装を着たくない!とまで言い出すし。ルカにも、風呂敷みたいと言われるし。はぁ、がっかり。オリジナリティがあって、色も元気一杯でいいと思ったのに。

 結局、よくあるような蝶々の羽をワイヤーハンガーで作ったのだけれど、形にやや問題あり。本人はすごく喜んで、毎日付けて飛んでいるのだけれど(前作の風呂敷羽が相当ダメだったということか…)、色も雰囲気もおとなし目で、リディアっぽくない。それに、華やかなお姫様ドレスを着て来る女の子たちの中で、見劣りしそう。

 ある朝、幼稚園で先生に聞いてみた。みんなどんな衣装を着るんですか?と。女の子はお姫様、白雪姫、男の子はスパイダーマン、ゾロ、カーボウイなど、との答え。先生は続けて、
 昔は家で衣装を作ったものなのよ。それはそれは素敵な出来栄えだったわ。
 私も頑張って衣装を作っていますが、どうなるか。
 ええ!あなた自分で縫っているの?(すごく目を丸くしている)
 いえ、ミシンがないので手縫いと切ったり、結んだりですが。
 ブラーヴァ~!偉いわ!頑張って!(ボンッ!と背中を叩かれる)


 ああ、やっぱりみんな買うのね。カーニヴァル専門の衣装を着て、華やかに非日常の時間を楽しむのね。手作りなんて、やぼったいのかな…。今頃気付いたお祭りの精神。オリジナリティーにこだわっていたのは間違いだった。
 明日はいよいよ、幼稚園でカーニヴァルのお祭り。華麗なドレスのお友達の中で、リディアは地味な衣装を恥ずかしく思ったりしないだろうか。

 反省、反省、そして心配、心配。テラスのベンチに座り、冬とは思えない太陽に髪を焼かれながら、ため息をつく毎日。



[PR]
# by hyblaheraia | 2016-02-04 18:40 | 祭り | Comments(4)

ナポリの長いフェスタの後に

f0133814_01153206.jpg
ナポリの従姉の手作りドルチェ、年越しの13の果実、公現祭の靴下のお菓子
(良い子には魔女が枕元に置いていく)とおもちゃ(赤ずきんちゃんの手人形)


 ナポリの実家でのクリスマスから年始までの祝い事は、盛大で長期間。体力と気力を要するこの期間を、私は密かにマラソン・フェスタと呼んでいる。

 12月24日 クリスマス・イヴ・・・家族(15人ほど)で食事
   25日 クリスマス・・・・・・家族・親戚総勢22人で昼食~夜まで
   26日 聖ステファノの祭日・・・亡き叔父の名命日なので家族・親戚22人で昼食~夜まで
   27日 ルカの妹の誕生日・・・・家族と親戚一部、友人(16~17人ほど)で夜食~夜中まで
   (2日間 特になし)
   30日 ルカの従妹の誕生日
   31日 大晦日・・・・・・・・家族(15人ほど)で夕食、カウントダウン、ナポリの大花火!
 1月1日  新年・・・・・・・・・家族・親戚総勢22人で昼食~夜まで
   3日 ルカの同僚と会う・・・・毎年恒例のご挨拶
   (2日間 一休み)
   6日 公現祭・・・・・・・・家族と一部の親戚(15人ほど)で夕食、子供たちにおやつ
   (1日 休み)
   7日 長いフェスタの終了を祝うピッツァ・パーティー・・・家族一部(11人)で


 この通りの長丁場だから、体調を崩す人が次々と。22人分のラヴィオリをはじめ、たくさんの料理を作り続けた義母は、クリスマス翌日に早くも風邪。リディアもひどい咳。私はうがい薬や風邪薬、胃薬を持参し、体調管理をしていたにもかかわらず、1月6日に発熱。咽頭炎と気管支炎を併発し、声も出ず、ラグーザに帰宅して1週間経った今日もまだ万全とは言えない状態。

f0133814_16391195.jpg
 お医者さんい処方された薬だけに頼らず、温かいものをたくさん飲み、休養するのが一番。ということで、クリスマス・プレゼントにもらったハーブティーが大活躍。フルーティーなものや、胡椒の実が入った少しピリッとするものなど、いろいろあるけれど、この中で私の心を射抜き、常識を覆されたものが、これ。


f0133814_16392025.jpg
 緑茶にバラのつぼみ!さらに乾燥オレンジ、レーズン、メレンゲ、クローヴ、シナモン、カルダモンをブレンドしたもの。緑茶に香りを後付けするなんて、カフェにストリベリー味を付けるようなもの!と、今まではこういうヨーロッパ風の緑茶の使い方に完全に反対していたのだけれど、一口飲んでみてその魅力に取りつかれてしまった。

 袋を開けるだけでバラの上品な香り、そして一口含むと、柑橘系の爽やかさとほんのりとした甘さにはっとさせられ、その後はバラの何とも言えない優しさが薄めの緑茶と一緒に、まろやかに広がる感じ。
 煎じ切った後も、少し開いたバラのつぼみが美しく、捨てるのは惜しいので、グラスの水に浮かべて香りと色を楽しんだり。


 3週間にわたるナポリのフェスタを終え、ラグーザでこの斬新な日本茶を口に含みながら考えることは、奥深い文化こそが持ち得る、しなやかなる可変性variabilita'のようなものについて。カンタータの場合もまたそうなのではないかと、あるテーマに向かって勉強する日々。早く風邪を治して、形にしたい!

 皆さんも風邪をこじらせないよう、お気を付けください。


[PR]
# by hyblaheraia | 2016-01-18 17:54 | Comments(6)

再び天の輪に

f0133814_21281069.jpg
 月の光を受けて、夜空に大きく広がる天の輪。これを初めて見たのは、8年前のことだった。自然の成せる神秘に嘆息し、ただただ見上げ、そこから注ぎ降りて来るような声の音楽を聴いていた。アッレーグリ、ジョスカン・デ・プレ、ドビュッシーによる人声の美を尽くした妙なる音楽を。

 リディアが生まれてから、夜空を楽しむ時間はなくなり、その存在をすっかり忘れていたけれど、再び天の輪に出会った。西の空をすっぽり包むほど大きく、鮮やかな輪郭を描いていたこの日の輪を家族3人で見上げる。扁桃炎のリディアの体調を気遣い、ほんの数分だけ。

 それでも満足だった。久しぶりに出会えたこと、忘れかけていた大事なものを呼び覚まされたこと、そして、このはち切れんばかりの輪の中に、いかなる音楽を捧げ、それがいかに響くのか、こちらから音楽を投げ入れるようという挑戦的な気持を持ったこと。そういうことが思いがけず、身体の中で一気に立ち上がってきたのは、何かとても嬉しいことだった。

 天の神秘とそれへの畏れだけで、あの輪を見上げて見送った時とは違う。既に知っているものへの安心感があるからこそ、そこに挑戦できるのではないかと。
 この1年、古くなった殻を捨てて、これまでと違う視点で物事に取り組み、新しい風を身体いっぱいに受けてみたい。そう思う年明けの日々。

 忙しいとすぐに更新が滞る、軟弱ブログではありますが、かれこれ9年も続いています。今年も皆さまとブログを通じて、いろいろなお話ができることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by hyblaheraia | 2016-01-05 17:06 | Comments(2)

世界8か国の伝統的な家が勢揃い -幼稚園でのクリスマス-


f0133814_01040307.jpg
(前回のつづき・・・)

 2015年の幼稚園のクリスマス・イベントでは、外国人の親たちが各国の伝統的な家を作り、展示することに!しかも家の前に伝統衣装を着た人形と伝統的な小物を置き、背景には各国の地図(政治的ではなく地理学的な地図)を張り出す、という細かい指示付き。


 この課題に向かって、11月半ばから1か月間、親たちは絵の具や粉にまみれながら頑張ったのであります。その成果を篤とご覧あれ!

 
f0133814_00440079.jpg
 「家のように大きな心」プロジェクトの看板とともに、まずはパキスタンから。
 目の覚めるような黄色と青のコントラスト、赤い絨毯。パキスタン出身のS君一家は、お迎えの時間に姉兄全員でとても嬉しそうにこの家を見ていたのが印象的だった。

f0133814_00445977.jpg
 こちらは東アフリカより、エティオピアとエリトリアの共同作品。家の中に横長のソファーのようなくつろぐ場所が見え、とても温かい雰囲気があふれていた。

f0133814_00451204.jpg
 両国の小物が何もなく、先生がアフリカ人のお母さんたちに、一人ひとり訪ねてようやく集まったものは、茶碗、壺、編み籠、そして

f0133814_00451855.jpg
麻と染物のベビー服、笠。綿ではなく麻を使っているのは、やはり暑いからなのだろう。

f0133814_00452701.jpg
 がらりと変わり、こちらはルーマニア。ドラキュラ城のモデルとなった、南部トランシルヴァニア県のブラン城を制作。ルーマニア出身のお母さんはたくさんいて、みな非常に意欲的で、この大きなお城の他に家をもう一軒作ったほど。

f0133814_00472656.jpg
 お城の中では、伝統衣装を着た女性がパンを作ったり、料理したり。
 もう完成かと思っていたら、制作最終日にG君のお母さんがせっせと雪を降り積もらせていた。冬のルーマニアには雪がないと!と言いながら。

f0133814_00474343.jpg
 さて、こちらはモロッコ。この鮮やかなブルーとイスラム建築特有の窓の形、そして幾何学模様。一度は行ってみたいモロッコへの憧れが募る。美しいお茶道具もまた。ミントティーはこれで飲むのかな?

f0133814_00475684.jpg
 そしてこちらが、地元ラグーザ組によるマッセリーア(農場の家)。随時5、6人が集まり、地元の石を細かく砕いたり、瓦を作って一枚ずつ塗ったり、実に細かい作業をコツコツと続けていた。

f0133814_00491598.jpg
 納屋にはシチリア伝統の荷馬車まで!極彩色豊かな曼荼羅のような絵付けを、この小さな模型に施すとは。その徹底ぶりに脱帽。

f0133814_00493505.jpg
 さらにこちらの納屋では、幼子イエスが誕生。イタリア人にとって、クリスマスの飾り付けと言えば、やはりプレゼーペ。

f0133814_00504230.jpg

別棟(こちらもラグーザの伝統的な家の作り)には、タスコ(ラグーザ語でコッポラ帽)を被った青年がいたり、ラグーザの家庭パンやドライトマトが庭先にあったり、本当に細かかった。お見事!


f0133814_00505200.jpg
 その次は、アルバニア。イタリアとは、アドリア海を挟んですぐ隣の国なのに、知っていることは少ない。

f0133814_00511403.jpg
 こういう伝統衣装を着て、どんな風に歌ったり踊ったりするのだろう。


f0133814_08424996.jpg
 さらに、こちらはチュニジア。砂漠とラクダとヤシの木、丁寧に敷かれた絨毯と細長い枕。砂漠の生活に思いを馳せながら、いったい、どれほどの星が見えることだろうかと考える。
 地図の下のカードには、D君のお母さんの言葉が刻まれていた。「チュニジアは私の命(人生)」 故郷への熱い想いと、それを隠すことのない痛いほどのストレートさが伝わってくる。

f0133814_07250066.jpg
 そして、こちらが日本。江戸時代の武家屋敷をイメージして、日本庭園と季節の木々で飾ったつもりなのだけれど・・・。

f0133814_01090306.jpg
 池を作り、石(発泡スチロールをちぎって色を塗ったもの)で囲み、そこに鯉を泳がせ、灯篭(橋のたもとにあり)を置いてみたけれど、日本らしさは伝わったのかどうか。
 枝垂桜と紅梅、松、

f0133814_01110551.jpg
柳、ツツジの刈り込みなども、分かってくれた人は少なかっただろうな。廊下も柱も結構、苦労したんだけれどな…。


f0133814_01112342.jpg
 それに、鬼瓦に実家の家紋を入れたりした遊び心も、誰にも分ってもらえないのが残念。

 でも、様々な屋根の様式を調べ知り、入母屋造りにこだわって懸魚(げぎょ、茶色部分の屋根飾り)も作ったり、巨大な日本地図を描きながら日本列島の複雑な美を身体で実感し、なかなか楽しく勉強になる作業だった。地図には伊豆諸島も小笠原諸島も、五島列島も南西諸島も、全て入れて見せようと何度も下書きし、搬入前夜に徹夜したことも良い思い出。

f0133814_07400325.jpg
 持って行ったいろいろな小物をG先生が斬新にデコレーションしてくれて(屋根に扇子は私にはできない!)、

f0133814_07402157.jpg
他のものもこうして立派に飾ってもらえて、日本の伝統を伝える機会が持てたことは、とても嬉しかった。

f0133814_08192410.jpg
 幼稚園の大広間に勢揃いした8か国の家々。世界中の家族が平和に、幸せに暮らせますように、というメッセージを人々に伝え、
 

f0133814_08193999.jpg
子供達には、世界は広く、様々な生活様式があるということを伝えられたかな。

 来年のクリスマスはどんな課題が出されるのか・・・。




[PR]
# by hyblaheraia | 2015-12-26 04:45 | Comments(12)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル