<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スズランかニンニクか

f0133814_11521061.jpg
 春の光に照らされ、時折風にふわりと揺れる白い花が道端にも、空き地にも、林の中にも。近寄ってみると白と言うよりは、ほんのりと青みがかっていて、それが一層心をきゅっと掴む。何と言う花だろう?きっと素敵な名前があるに違いない。

f0133814_11525274.jpg
  ナポリ郊外のお義母さんの故郷では、野生のスズラン mughetto selvatico と呼ばれ、特に名前はないのだそう。ああ、この純粋無垢な花の名前を呼びながら、一日中春の光の中で語らっていたい。
 ところが・・・。

f0133814_11522169.jpgf0133814_1152242.jpg
 ネットで調べてみると、スズランではなく、何とニンニクの種類!名前はAllium neapolitanum アリウム・ネアポリタヌム。そのまま訳せば、ナポリのニンニク?!我が宿敵、ニンニクの関係者とは!こんなに愛らしく、可憐な白い花なのに、もうがっかり。

 そう言えば、お義母さんが言っていた。この花、かわいいけれど臭いのよ。
 その理由、嫌なほど分かりました。美しいものには毒、いや臭みがある・・・。

::: ::: :::

 この花の名前を調べて下さったアイシェさん、ありがとうございました。オーニソガラムではなかったけれど、アイシェさんのコメントがきっかけでこの花の名前が分かりました。また「ニラに似た花ですね」とコメントを下さった草花にお詳しいYuccaRさん、まさにその類のものでした。
 なんだかショックな結果でしたが、 真摯に受け止めましょう。ナポリのニンニクちゃん。
 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-04-10 14:47 | ナポリの実家

一日の終わりの空に捧ぐ

 一日の終わりが西の空の彼方に吸い込まれる時刻に、無音で展開される空と雲の色の劇的な変化。黄色から橙色へ変わり、絹のような輝きを放ったと思うと、今度は赤みを帯びてきて、色の濃さを強めながら夜の空に染まり溶けていく。その時間を憧れと驚嘆と自戒の念を持って何度見送ったことだろう。明日は、太陽が眠りに着く僅かな時間にこの歌を捧げ、刻々と変わる空の色に音を聴いてみようと思う。


ヘンリー・パーセル(1659-1695)作曲
《今や太陽はその光を覆い隠し》 グラウンドに基づく夕べの讃歌 
Now that the sun hath veiled his light (An Evening Hymn on a Ground)

Now that the sun hath veiled his light 今や太陽はその光を覆い隠し
And bid the world goodnight; 世界におやすみを告げている
To the soft bed my body I dispose, 柔らかい寝床へ私は横たわろう
But where shall my soul repose? でも私の魂はどこで休むのだろう
Dear, dear God, even in Thy arms, 親愛なる神よ、あなたの腕の中より他に
And can there be any so sweet security! かくも甘美な安らぎがあるだろうか
Then to thy rest, O my soul! ああわが魂よ、ならば(魂の)安らぎのために
And singing, praise the mercy 歌いつつ、神の慈悲を讃えよ
That prolongs thy days. そうすれば(魂の)安らぎの日々が続いていくだろう

Hallelujah! ハレルヤ


::: ::: :::

 大変久しぶりですが、「音の絵」シリーズ第11弾です!
 17世紀イギリスの作曲家、ヘンリー・パーセルの歌を、夕刻のラグーザの空の移り変わりとともにお届けします。夕陽に向かって整列して行われるストウルヌス(ムジホシ・ムクドリ)の夕方の集会、さらに月の遠さと近さがもたらす町並みの表情の変化は、夕刻から夜へと変わるラグーザの空に欠かせない存在です。

 ソファ#ミ、ファ#ミレ、ミレド、レドシ、ドレレ、ソ~と繰り返されるバス(固執低音)の安心感、その上で伸びやかに歌われる旋律の純粋な美しさ。それらが心を穏やかな方向へ連れて行き、焦りや不安で忘れていた「喜びを感じる心」を思い出させてくれるような気がします。
 「癒しの音楽」という言い方は、聴くだけで癒されるという受動的なイメージがあって好きではないけれど、音楽が心を癒すということは、実は、忘れていた何かを感じさせること、なのかもしれないと思わせる作品です。

 日本の地震津波被害、原発の憂慮すべき状況、我が家上空を飛ぶリビアへ向かう空軍機の不気味な音、そして我々の今後一年の行方。それらの不安のせいか、最近は悪夢で夜中に目覚め、首筋の汗に髪の毛がびったりと張り付き、心臓がばくばく鳴っていることがしばしば。
 この歌詞の簡素は、宗教的な意味合いを超えて、日常に感謝し毎日を誠実に生きよというメッセージを万人に伝えているのではないでしょうか。


追伸:歌詞を訳す際に、Thy(大文字)とthy(小文字)を区別しました。thy=古英語で「汝、そなた」を、大文字は神、小文字はmy soul 魂にしています。thyを全て「神」としてしまうと、歌詞のレトリックが読めず、曖昧な感じになってしまうので、この解釈で訳しました。一次史料で大文字、小文字の区別があるかどうか・・・。
 感想などぜひ教えてください。いつもの通りソフトの限界で、音楽と映像のタイミングが合っていない所があるのですが、大目に見てください。次回の作品はもう決まっているので、早く作りたい!
 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-04-03 07:51 | 音の絵:写真と音楽のコラボ


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル