<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月19日のバンバンバーン!

 バンバンバーン!バーン!
 ゆっくり寝ていたい朝も、春の光を浴びてのんびり散歩していても、夕方お茶でほっと一息ついていても、耳と心臓をつんざく爆音でヒヤッ、ドキッ。
 朝9時、正午、夕方5時。一日三回、バンバンバーン!
 しかも金、土、日、3日連続、バンバンバーン!!

f0133814_163510.jpg
 その正体は、サン・ジュゼッペのお祭りを告げる花火。町が静かなだけに、突然の爆音が非常に心臓に悪く、悲鳴を上げてしまうほど。もう少し慎ましくできないものでしょうか、教区長様。


f0133814_17286.jpg 3月19日はサン・ジュゼッペ(聖ヨゼフ)の日。
 我が家から徒歩5分の教会では、毎年この守護聖人祭が行われ、花火が盛大に上がる。そしてこの音を聴くと反射的に買ってしまうのが、フリッテッレ。サン・ジュゼッペ祭りには、クリームたっぷりの揚げ菓子を食べる伝統がイタリア各地にあるらしい。

 ナポリはゼッポラという揚げシュークリームが有名だけれど、ラグーザではフリッテッレのリコッタ入り。素朴で温もりのあるこのお菓子を食べ、夜の華やかな花火を見ると、ああ春が来たな、祭りの季節の始まりだ、今年の夏はどれくらい暑くなるのだろう、といろいろなことを考える。

 さあ今年もフリッテッレをバーンと買って、ババーンと食べて、ボボーンとたくましく!
(写真上:祭りと関係のない巨大シュークリームもドーンと買っています)

[PR]
by hyblaheraia | 2010-03-22 01:56 | 祭り

ラグーザから贈るAria -14 Marzo 2010-

 2010年3月14日のラグーザの空と、風と、春めいた雰囲気と香り、そして人々の活気。
 ここに流れているそれら全てを含み、意味するアリアariaという言葉の透明さを感じながら、心からの祝福を贈ります。
 結婚おめでとう。
 私達の披露宴で弾いてくれた《ゴールドベルク変奏曲》。
 その「アリア」に乗せて、今日のラグーザのariaを贈ります。

f0133814_22104575.jpgf0133814_22121100.jpgf0133814_22125620.jpg
f0133814_22342333.jpgf0133814_22131681.jpgf0133814_22314622.jpg
f0133814_22182776.jpgf0133814_22185131.jpgf0133814_2220434.jpg
f0133814_2242348.jpgf0133814_22452495.jpgf0133814_22394174.jpg

 軽やかな空が朝から広がり、崖沿いの道は春の柔らかな色で一杯。でも次第に雲行きが怪しくなり、午後から夜までずっと雨、雨、雨。まさにあの諺に相応しい天気に。
 Sposa bagnata sposa fortunata. 雨の日の花嫁は幸せになる。
 私の結婚式も、朝から嵐のような天気でした。お互い幸せに、ふくふくとふくよかになりましょう。

 追伸:チンチャレッラもおめでとう!を伝えに来ましたよ。


J. S. バッハ作曲 《ゴールトベルグ変奏曲》BWV 988. より「アリア」

 高校生の時に偶然ラジオで知ったピアニスト、エフゲニー・コロリオフEvgeni Koroliovによる演奏で。透明な音と繊細なタッチ、端正な装飾音、音の微妙な揺らし方、そして愛情深く切ない歌心に聴き入ってしまいます。
 トロント バッハ国際ピアノコンクール2位受賞時(1位アンジェラ・ヒューイット)の、鍵盤協奏曲ト短調BWV 1058の二楽章は忘れられません。慈しみを持って溢れてくる音の魂のようなものに、当時の私は深く心を打たれました。銀座ヤマハで二台ピアノのアレンジ譜を買って、今日の花嫁である親友に第二ピアノを弾いてもらったりも。
 子供の頃から一緒に音楽を学んできた彼女に、いろいろな思い出とともに、コロリオフの演奏するアリアを、ラグーザのariaとともに贈ります。
 おめでとう!
[PR]
by hyblaheraia | 2010-03-15 07:59 | 自然

ラグーザの魔法のスープ

f0133814_433218.jpg
 地元のサルシッチャ(ソーセージ)を入れた季節野菜たっぷりのミネストローネ。その日の気分によって大麦や米、ボルロッティも煮込んでボリュームアップさせたり、プチトマトを最後に加えてさっぱり目にしたり。仕上げは各自のお皿にオリーヴオイルを垂らし、パルミジャーノを削ったり。

 寒い日にはハフハフ言いながら口に運び、身体が芯から温まるシンプルなスープ。mmm~!!ヒブラクロの味だね(お袋の味)、とお褒めいただく一皿でもある。
 ところが、なのであります…。

 日本の家族にもムスメクロの味(娘袋の味)を食べさせてあげようと、これまで何度も作ったのだけれど、なぜか上手くいかない。味が薄かったり、脂っぽかったり、コクがなかったり。サルシッチャやパンチェッタ、ダード(コンソメ)までこちらから持って帰っているのに、いつも何かが違う。

 もしかすると、ラグーザの空にはスープをmmm~!!にする魔法があるのかな。
 今度は空気を持って帰らなきゃ。

[PR]
by hyblaheraia | 2010-03-14 07:37 | 料理

伝言ゲーム

 入学当初からひと際元気なだったこのクラスも、2年生になって随分落ち着いたとは言え、男の子たちは目を離すとすぐにワイワイ、ガヤガヤ。そんな彼らを集中させるのは、この一言に尽きる。
「今日は最後にジョーコ(ゲーム)をしますから、みなさん頑張って勉強しましょう!」
 ジョーコ、と聞くと皆の目が一瞬キラリ。ジョーコで餌付けしてきたワルワル教師はニンマリ。

f0133814_7585823.jpgf0133814_7591966.jpg

 さて、今日のジョーコは伝言ゲーム
 先日、勉強したばかりの「○○に~~と伝えてください」の文型を使って、次の授業を予告。
 お題は:「木曜日はAさんが授業をすると伝えてください」
 
 次の授業は日本語教育実習生が担当するということを、大げさに伝えたがる教師。
 「みなさ~ん、周りに聴こえないように耳元で伝えてくださ~い!」
 女の子同士は耳元でひそひそ伝えていたのに、男の子は恥ずかしそうに距離を保っていたのが面白かった。

 無事メッセージが伝わり、授業も楽しく終わり。さあ、実習生もイタリア人学生もみな頑張ろう!!


追伸:今年度は諸般の事情から我々の授業は1月から開始となりました。この通り、日本語の学生たちはみな元気に勉強しています。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-03-10 07:19 | 大学・研究

ひつじ雲

 家の中で息が白くなる寒さは少しずつ和らぎ、ふっと肩の力が抜けるような日が続いている。気付けばテラスの植物たちも息を吹き返したように緑を広げ、空ではひつじたちが風に戯れていた。

f0133814_7415618.jpg
 エッチェ・オーモ教会の向こうから、モクモクとやってくるひつじ雲。


f0133814_74250100.jpg
 右を見ても、

f0133814_7431837.jpg
 左を見ても、モクモク。ひつじだらけ。


f0133814_7443241.jpg
 1時間後に外に出て見ると、冷たくなり始めた風の中、家路を急ぐひつじたちが。

 復活祭のひつじたちが春を届けに来たのかも。

[PR]
by hyblaheraia | 2010-03-02 08:10 | 自然


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル