フトリミス -ラグーザ版ティラミス-

f0133814_657670.jpg
 ティラミス tiramisu'
 tirare=引っ張る、mi=私を、su=上に、から成り立つ名前。そのまま訳すと、私を上に引っ張って!、つまり、天にも昇る心地にして!という意味になる。ああ、幸せな響き。

f0133814_732226.jpg
 我が家の甘い朝食、夏ヴァージョンはルカが作るフトリミスfutorimisu'。つまり、太ること間違いなしのカロリー大ティラミス。
 マスカルポーネ250g、卵2つ、砂糖たっぷり、香り付けのお酒、砂糖入りカフェ、そして、ティラミスに欠かせないサヴォイアルディは・・・、

f0133814_742548.jpg
 ボボーンッ!
 ラグーザの巨大サヴォイアルディsavoiardi。普通はフィンガービスケットの形だけれど、シチリアでは手にようやく乗るほどの大きさ。一つ食べると結構お腹も膨れる。


f0133814_752933.jpgf0133814_755690.jpg
f0133814_7113138.jpgf0133814_7115645.jpg
 それを甘いカフェに浸して、マスカルポーネと卵のクリームと何層にも重ねたコレステロールたっぷりのドルチェ。けれども軽やかな口当たりはまさに、天にも昇る心地になる。

 夏の朝はひんやり、とろーり甘いフトリミスが、気付くとほぼ半分なくなっている。ランチの後にはさらに半減、夜には4分の1しか残っていない。
 これでは太りすぎて天には昇れまい。


こちらもティラ・ミ・ス・・・!
 
[PR]
by hyblaheraia | 2008-06-29 07:58 | 菓子 | Comments(16)
Commented by Momidori at 2008-06-29 09:53 x
私もティラミスだけは自分で作るんですよ。でもいかんせん外国暮らしですから、スーパーでは、訳してスプーンビスケット、つまりグラニュ糖がくっついたフィンガービスケットしか買えないんです。こんな工業品のまがい物で作ったティラミスは、研究と経験を重ねて、素晴らしいマスカルポーネを買って、良いカフェを作り、割合も考えあぐねても、なんかべちょっとするんです。
しかし、これはすごい!見るからにエコ!な感じですね。ドイツ人は、エコエコって騒いでいますけど、イタリア人みたいに、自分達が食に対してもっと口うるさくなれば、エコを政治運動にする必要はないよなって思うんですけど。でも、あの人たち、なにしろ五感で楽しむだけでは良心が咎めるんでしょうか。頭でいかにも政治的にも、生物学的にも健康!と理解すれば、アワもヒエも美味しく感じるらしいです。不思議な国民性です。
Commented by minimau at 2008-06-30 05:47 x
ちょうど私も作ろうと思っていたところで、冷蔵庫にマスカルポーネが待機しております。
フトリミス。まさに。。この季節私はよくイチゴやフランボワーズでの赤いフトリミスにします。
フルーツが入ると少しカロリーが少ない気がする・・気のせいだけど。
それにしてもこのサヴォイアルディは立派ですね。momidoriさんと同じくいつもスーパーの砂糖たっぷりなヤツを使っていますので・・・
今回のフトリミスはせめて美味しいエスプレッソ奮発して作ってみよう。
Commented by ぐらっぱ亭(⌒~⌒) at 2008-06-30 09:25 x
Tiramisuはforza!と同じような意味に理解していたけど、「天にも昇る気持ちにさせて!」とはまた意味深長ですね。それは知らなかった。
Commented by vruocculu at 2008-06-30 11:02
おやっ?!
フトリミス。。。確かに。。しかしですよっ、なんだか止まらない、止められないのがイタリアのお菓子ですよね♪ もう一口、もう一口と、結局あらっ?と思ってしまう。。。(笑)
それにしても、おいしそーですぅぅぅぅ♡
Commented by kinoko at 2008-06-30 12:06 x
hyblaheraiaさん
本場のティラミス、なんて美味しそうなんでしょう(>_<)
これまた偶然にも、私もマスカルポーネを買ったところでした!
イタリア語は全く分りませんが、ティラミスの名前にこんな意味があったとは知りませんでした。。いつも大変勉強になります!
ほんと、ティラミスっていつも主人と取り合いになるんですよねぇ、、
食べだしたら止まらない。。
ちょくちょくhyblaheraiaさんのご主人がお料理をされるのが、と~っても羨ましいです!!なおさら美味しいでしょうね♪
お菓子系を作ってもらえるなんて、うちでは絶対にあり得ない!!
イタリア人男性にとっては普通のことなのでしょうか??
Commented by maco at 2008-06-30 12:36 x
トップ画面にこの写真。
よだれが出そうです。いいなぁ、めちゃくちゃおいしそう。
止まらなくなりそうですね~
そういえば、最近ティラミス食べてないなぁ。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-06-30 16:16
ティラ・ミ・ス
いい語呂ですね。
太っちゃったら、ホンと困りますね。
タイは面白かったですよ。
生水もコーラも飲みませんでした。
変わった風習、それは私だけが知らなかったことですが、
にビックリしてしまいました。
それはまた今度書きますね。
今日もスマイル
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 05:28
●●Momidoriさん●●
そうでした。フィンガービスケットにはお砂糖がザリザリ付いていますね。ラグーザのはスポンジケーキ並みにしっかりしていて、外はほんのりとお砂糖が乗っています。シャリシャリという具合に。確かにコーヒーの量は難しそうです。フトリミスはルカの担当で私は見ているだけなのですが。
政治的にも、生物学的にも健康ならばアワもヒエも美味しく感じる・・・という文章に思わず噴き出してしまいました!いかにも真面目な国民性という感じで。アワとヒエだけを食べていられれば、すごくエコですが、そうもいきませんからね。
イタリアはとにかく見た目重視の国、きれいなもの、派手なもの、鮮やかなものが好まれます。だから意外と、人間の外見もいちいち見られていて、近所にちょっと出かける時も服装を気にしないといけないので面倒です。
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 05:33
●●minimauさん●●
おお、ミニマウ家(すみません、ルカ共々そう呼ばせていただいておりまして・・・)では赤いフトリミス実施ですか。確かに、フルーツを入れると少し軽くなる気がしますが・・・、気のせいでもいいです、食べたい!
この巨大なサヴォイアルディはシチリアだけなのか、未だに不明なのですが、少なくともナポリにはないそうです。これもミニマウ家にお送りして、新しいドルチェを開発していただこうかな♥
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 05:39
●●ぐらっぱ亭さん●●
そうです、そうです。tirarsi suで元気になる、という言い方なので、tiramisuは私を元気にさせて(二人称・命令)!という意味にもなります。昔、まだ砂糖や卵、マスカルポーネが庶民には贅沢だった時代(一説にはコジモ三世の頃)、これを食べたら栄養満点、元気になる!というところから来ている、という説もあるようです。
疲労している自分を持ち上げて!、元気にさせて!、そしてその幸せな味でで天にも昇る心地にさせて!、という一連の解釈で私は落ち着いています。食べる時は何も考えていませんが・・・。
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 05:43
●●vruocculuさん●●
そうですね。止まらない、止められない、そして終わった時の空虚感・・・。20代前半の頃、東京中の美味しいケーキを調べて、食べ回っていたのですが、あの時は本気で、おやつを朝から晩までずっと口にしていたい、と思ったものです。あれで脳みそがやられたような。
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 05:56
●●kinokoさん●●
おや!kinokoさんもマスカルポーネをお買いに?!上のコメントのminimauさんもですから、すごい偶然ですね。
ティラミスは世界中で愛される味だと思います。kinokoさんのお宅でご主人と取り合いになる様子、分かります~。うちもですよ。
我々は食べることが大好きで、お菓子にも目がないので、お金をかけずに美味しいものを食べることにかなり本気になっています。イタリアの男性は料理好きな人が多いですが、人に依ると思います。ルカの兄たちもいろいろですし。ルカの子供の頃の夢はケーキ屋さんになることだったそうです!一人でお菓子を作って研究したそうで、家族には「砂糖壺ちゃん」と呼ばれていたそうです。カワイイあだ名。
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 06:04
●●macoさん●●
今年初のフトリミス、ルカの腕がかなり上がって、私もかなり高く天に昇りました。直径30センチくらいの大きなガラスの容器にたっぷり作ったのに、1日でなくなりました。多分、フトッタミスでしょう。
macoさんもティラミスを食べて、そのままラグーザまで飛んで来ちゃいましょう~!
Commented by hyblaheraia at 2008-07-01 06:08
●●kawazukiyoshiさん●●
フトリミスを食べるまえから太ってしまっているので、怖いものなしで食べてしまいました。
タイからご無事おかえりになったんですね。変わった風習とは何でしょう?気になります。また伺わせていただきます!
Commented by kinoko at 2008-07-02 11:06 x
我々は食べることが大好きで、お菓子にも目がないので、お金をかけずに美味しいものを食べることにかなり本気になっています。 ←これ、とっ~ても良くわかります!!お金を出せば美味しいものを食べられるのは当たり前なのですが、工夫をしてお金をかけずに美味しいものを食べられた時の方が感動が数倍にもなるような気がしますっ!!!
チーズの半額のものとかあると必要以上に買ってしまいます(>_<)
ルカさんの夢は、ケーキ屋さんだったのですね♪
ほんと、ささ~っとお菓子を作って下さるご主人がとっても羨ましいです。。
あ、春巻きの件ですが、もう少々お待ち下さい。。
週末に必ず**致します♪
Commented by hyblaheraia at 2008-07-02 21:14
●●kinokoさん●●
そうですよね~。いろいろ工夫して、次はこうしよう、とか考えるのも楽しいですし、美味しくできると自信もつきます!
チーズの半額があったら私もたくさん買ってしまうと思います。最近、乳製品が高いんですよ。特にチーズの値上がり具合いがうなぎ登りです。何ででしょう?石油も使わないのに、不思議です。
ケーキ屋さんを夢見たナポリ少年は、日本近代文学を研究しています。これまた不思議です。
春巻きの件、急ぎませんのでお時間のある時でいいです。本当にすみません・・・。でもかなり楽しみ!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル