一枚の写真

 それは一枚の写真から始まった。谷間に広がる町の写真に魅せられ、ラグーザがどこなのかも分からないまま夫婦でここにやって来た。それから2年、なぜかは分からないけれど、説明はできないけれど、どうしてもここに来なければならない気がした、と言う二人。
 漆塗家、藤岡圭子氏とそのご主人は、こうして再びこの地を訪れた。
f0133814_17504976.jpg


 旅人だけでなく、地元の人々をも魅了して止まないこの風景。ここには人と人とを結ぶ、不思議な力がある。彼らとの出会いもまたそうだった。
 ラグーザへの旅行前に、圭子氏がネットで情報検索をしている際、この写真がトップページのサイト、ヒブラ・ヘライアHybla Heraiaがヒットする。そこでこのブログの存在も知り、開いてみると、2年前に謎が解けなかった日時計の記事があった。
 即座に「日時計!」と会社のご主人に携帯メッセージを送る圭子氏。受け取ったご主人は几帳面な性格のため、まずはブログ全ページをざっと流し見する。すると、良く知っているあの「角度」が見えた気がした。スクロールをゆっくり戻すと、ダンディーなポーズで石垣に座る男性が。あっ「ジョヴァンニ!」 今度はご主人が奥さんにメッセージを送る。2年前にラグーザで出会い、散歩をしながらこの町の美しい文化と歴史を語ってくれたジョヴァンニおじいさんの姿だった。
 この人に連絡を取ってみようか。そしてこのブログにコメントをくれた。

f0133814_17371794.jpg 最初のコメントは圭子氏がメーラーで書いていたそうで、コピー・ペーストをしたら最後の署名が入ってしまっていた。本人の知らないうちに、私は彼女の塗装のサイトを見ていた。
 その丁寧で美しい作品の数々に心を打たれた。普段何気なく使っていた箸が、これほど時間と手間をかけて、細心の注意と高度な職人技によって出来ているとは。
 割れた食器を金で継ぎ直し、新たな命を吹き返す様子、食器の破損部分がなくても修理できるという技術、物を大切に使い続けるメッセージ。一目で彼女の仕事ぶりに惚れ込んでしまった。
 こんなに美しいものを創る人に悪い人はいない。ネットを通じての出会いには危険が潜んでいるものだが、彼女に関しては何の疑いもなかった。
 旧市街イブラで待ち合わせをし、散歩をしつつ、荒涼とした谷と丘を見ながら、互いに大切に思っていることを語り合っていた。


f0133814_17374444.jpg こんな素晴らしい圭子氏作の箸を二膳いただいた。
 右はルカ用、左は私用。厚手の白い和紙を三つ折にして包まれる箸に、侘び寂びの精神を思い出す。
 華やかでグロテスクなバロックの町にいると、日本の美を目にして、ずっと忘れていた心の記憶がかすかに蘇る時がある。


f0133814_1738499.jpg 箸の模様はさらに素晴らしい。
 右ルカ用は、伝統的な紋様の「竜田川」。奈良県を流れる竜田川は紅葉の名所で、古くから歌に詠まれてきた。
 竜田川?和歌に出て来ますよ! ルカはすぐに反応した。

ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは(古今和歌集 在原業平)

 歌を詠むルカと夫妻。この一瞬に彼らの距離がぐっと近付いていた。
 左の私の箸は、圭子氏の新たな挑戦のデザインと技法による。満遍なく一様に塗り込む従来の漆の技術ではなく、筆の軽いタッチで擦れた風合いを表現している。
 右側には私が愛して止まないチンチャレッラCinciarella、青と黄色の鮮やかな野鳥で、春には親子で我が家に遊びに来る。左側には旧市街イブラ入り口にあるイートリア教会Chiesa di Santa Maria dell'Itriaの鐘楼。マヨルカ焼の青と黄色のタイルは、この町の象徴ともなっている。
 日本の伝統技術に我が町ラグーザの図案。こんなに嬉しい贈り物はない。しかも箸の裏、左には「るか」と平仮名で名入り、右には紅葉が一片。私の箸の裏にも名前と、さらにラグーザ伝統菓子のムカートリmucatoliが一つ。ああ、なんという粋な遊び心。


f0133814_17382817.jpgf0133814_17591319.jpg
 箸の図案となったイートリア教会とチンチャレッラ。ビザンチン時代の教会跡地に1701年に再建されたこの教会、300年後に日本の箸に描かれることになるとは、いったい誰が想像しただろうか。そして欧州とアフリカにしか生息しないこれほど色鮮やかなチンチャレッラ、その無邪気な姿が箸という日本の文化に舞い降りてきたのだ。
 全くの異文化がラグーザを愛する一人の手によって見事に出会う驚き。それだけではない。私の愛するこの町を、同じように愛してくれている。信じられないような出来事に、今もまだ胸が震える。

 2年後には圭子氏の個展と私の研究のコラボレーションをここラグーザで開こう、と固い約束を交わした。
 言葉では言い表せない出会いの悦び。たった一枚の写真がもたらしてくれた。

人気blogランキングに参加中 一期一会・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-10-10 20:09 | 生活


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル