モンテロッソ・アルモ

 ヴィッツィーニVizziniの町を後にし、我らを乗せた青いワゴンは山道をゆっくりと進んでいく。
 周囲は幾重にも折り重なるような石灰質の山。極度の乾燥のため緑は少なく、山肌が剥き出しになっている。
 カーブがきつくなってきた頃、窓の下を覗くと目が眩むほどの絶壁が。一同、左にゆ~ら右にゆ~ら。ジョヴァンニ氏は運転に集中、通訳係は車に酔い気味、車内も何となく静かだ。
 一同を見渡すと、カーブでやたらともたれてくる母は居眠り、姉は単行本を手に読書、後ろのヤングカップルはタッチパネルの小さな電子手帳でゲーム。
 みなさ~ん、凄いパノラマですよー。見てくださ~い!
 ヤング:はーい。(良いお返事)
 姉:見てるよ。(本を?)
 母:ん…?(寝ぼけている)
 父:ガチガチ。(夢中で写真を撮る音)


f0133814_5504516.jpg そうこうしているうちに、目の前に新たな絶壁が立ちはだかっていた。
 そこはモンテロッソ・アルモMonterosso Almo
 人口わずか3000人の小さな町で、私の両親の故郷なんですよ、とジョヴァンニ氏。こんな所、地元のディープなガイドがいなければ決して来られない。興奮気味に通訳係はすかさず伝える。
 ヤング:へぇ~。(感動を示す)
 姉:ふ~ん。(感動が薄め)
 父:こんな所に人が住んでるのかぁ?(話を聞いていない)
 母:・・・。(夢の中)


f0133814_5511717.jpg 町へ上がっていく坂の途中で一時停止し、ここは私の両親が結婚した教会です、とジョヴァンニ氏。

 ご両親は結婚後、仕事のためにトリーノに行き、彼はそこで生まれた。生粋のラグーザ人だと思っていたのに、フランス近い北イタリア・ピエモンテ州のトリーノ生まれとは。
 シチリアの家族にはいろいろな歴史があるのだな。

f0133814_5515747.jpg この辺りは既に標高890メートル。まだまだ登り続ける坂道の途中で、この町で唯一つの信号に止められた。ほとんど誰も通らないのに、朝から晩まで仕事をする信号。そのけな気さにパチリ。すると、

母:あなたの所も信号がないのよね。(寝ていたのに突然会話に登場)
通訳係:いいえ、ラグーザはイタリア最南端の県庁所在地、人口7万人強、信号は3つくらいあるノデス!(誇りを持って反論)
姉:あんまり変わらないじゃない。(バッサリ斬る)

 昨夜は町の守護聖人、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ(洗礼者ヨハネ)祭りで、夜中2時まで大変な盛り上がりだったそうだ。そのため今日は町中の店がお休み。人々も祭りに疲れこの時間は昼寝中だという。確かに誰一人歩いていない。家々のカーテンもドアも閉められ、町が静まり返っている。
 そんなシチリアらしい光景を皆に説明。しばらくすると、

 父:ホッホ!誰もいないねぇー。みんな寝ちゃってるんじゃないの?(一度くらい話を聞いて欲しい…)

 
f0133814_5522267.jpg モンテロッソ・アルモのサン・ジョヴァンニ広場に着いた。バールが一軒開いていて老人が数人いるだけの小さな広場。
 そこに青いワゴンが停まり、日本人ゾロゾロと6人も降りてくる。この町始まって以来の光景を老人達は驚いた顔でじっと見ていた。
 日本代表の皆さん、お行儀良く、お行儀良くお願いしますよ!

 白いアーチは祭りのイルミネーション。この光の道を宗教行列が通る。とても感極まる祭りだとジョヴァンニ氏も言っていた。でも御輿を担ぐ若者はいるのかな。ふと心配になった。

 さぁ、写真も撮れたところで、再びワゴンに乗り込みラグーザへ!と、盛り上がっているのは通訳係のみ。時差ぼけのせいか、皆疲れがどっと出始めている。母は首を90度に曲げて熟睡、ヤングたちも瞼が重そう。
 姉はあくびを何度もしながら読書。でも牛が見える度に「あ、ムッケ、ムッケ」と機械のように繰り返す(伊語で牛の複数形)。そして父は遂にデジカメをしまい、両掌を観音様のように組んで親指をぐるぐる
 特にすることはないけれど、なんだか嬉しいときにやるしぐさ。
 家族全員でのシチリア旅行、結構嬉しがっているみたい。


人気blogランキングに参加中 人の話はよく聞きましょう・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-09-30 07:39 | シチリア他の町


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル