朝のカターニア散策

 旅人は早起き、しかも老齢ならなおさら。夕べ遅くまでビールとアランチーニで盛り上がっていたのに、父は朝6時半にシャワーを浴び、髪もばっちり櫛でとかし、靴も履いて完璧な出動体勢で朝食へ繰り出す時を今か今かと待っていた。それにつられて母も、姉も、次々に準備完了となる。
 もしもし?起きてるの!?朝食に行くわよ!電話を取ると、朝から卵のように起きる母の甲高い声が響いた。慌てて準備し、ヤングチームを呼び一同朝食へ。起き抜けのボロボロ状態は私だけだった。
 
f0133814_7272779.jpg 卵、チーズ、ハム、シリアル、フルーツ、コルネット・・・とシニアチームの食欲は旺盛。卵が嫌いな私は見ているだけでも辛くなる。うぅ。紅茶と甘いコルネットで脳に栄養、栄養。

 朝食を終え、9時半にはカターニア散策開始。まずは町の中心、象の広場Piazza elefanteでのんびり写真撮影。
 広場を特徴付ける黒い石はエトナ山の溶岩でできている。白い石灰石と黒い溶岩のコントラストはこの広場の生命そのもの。単色使いなのにエレガントな雰囲気が漂う。


f0133814_7231348.jpg カターニアのドゥオーモ教会Duomo。サンタ・アガタを守護聖人とし、毎年2月頃の祭りはシチリア屈指のものとなっている。

 さて、ラバー・フロウlava flow(溶岩流)に熱中し易い体質の父は、エトナ山の溶岩を使用した広場と聞くと、カメラを持って姿を眩ましてしまった。
 周囲が老人ばかりなだけに、環境への溶け込みも早くなかなか見付からない。仕方が無いので我々は動かずじっと待つ。
 すると数分後、私の古いデジカメ(2台前のもの)を嬉しそうに携え戻ってきた。一応デジカメは使えるけれど、液晶画面を見ずにサングラスをファインダーにがちがちぶつけて撮るところが昔風なのデアリマス。

f0133814_724547.jpg さぁ、全員揃いましたかー?ドゥオーモに入りますよー。

 一同がゆっくりと教会内を見学中、私はベッリーニの墓参り。
 カターニア出身のオペラ作曲家、ヴィンチェンツォ・ベッリーニVincenzo Bellini(1801-35)の墓を前に、来年こそベッリーニ劇場でオペラ《ノルマNorma》を鑑賞したい、と思いを新たにしたのだった。
f0133814_72428100.jpgf0133814_725591.jpg
 ベッリーニの墓碑には何かのメロディーが刻まれている・・・・が、暗いのと目が悪いのとで良く見えなかった。でもおそらく《ノルマ》の一節であろう。
 この立派なパイプ・オルガンは数年前に修復が完成し、祝福の儀式の様子がシチリア・ニュースで放映された。こういう時に駆けつけられないのがラグーザという山奥にいるデメリット。

 ところでオルガンは想像以上に演奏が難しい。我々の結婚の時、ナポリの教会で曲目選びのためオルガンを弾いていると、頭の中で常に先を読んでいるメロディーと、鍵盤上で指の動きが作るメロディーと、打鍵の数秒後にパイプから響いてくるメロディーとがあり、この3つの音の次元で自分の位置が見えなくなり、まともに弾けなかったのを覚えている。あれに足鍵盤のメロディーが加わるのだから、オルガニストの頭と耳は凄いことになっているに違いない。
 
 ドゥオーモを出たら、エトネア通りVia Etneaをぶらぶらしながら街の雰囲気を味わう。その後、カフェでお茶をしながらのんびりと12時予約のタクシーを待つことに。
 タクシーはラグーザのジョヴァンニ・リヴィエラ氏。時間に正確で、運転も丁寧、町の歴史や自然にも造詣が深く、今まで何度もお世話になっている。ラグーザからカターニアのホテル前に来てもらい、自宅まで7人を乗せて130ユーロ(カターニアの普通タクシーなら一台が130ユーロ以上)。何とも良心的な価格。
 彼のワゴンで一同ラグーザへ!

人気blogランキングに参加中 卵のように起きるのは苦手・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-09-25 09:37 | シチリア他の町 | Comments(6)
Commented by 電りくヒルズ at 2007-09-25 12:46 x
先日は、大変お世話になりました!ご家族に紛れ込んで私まで参上してしまいましたが、本当に楽しい旅でした。ただ単に「へ~、すごい!」で終わることの多い私ですが、hyblaheraiaさんの詳しいガイドのおかげで、建造物や人物の歴史の背景を知れたことがとてもよかったです。とはいえ、覚え切れてない部分が多いので、改めてこちらのブログで復習しまーす♪今後の更新も楽しみに待っています(会社のPCでニヤニヤしながら見ている私)!ルカさんにもよろしくお伝え下さい!
Commented by P405 at 2007-09-25 17:44 x
hyblaheraiaさん、こんにちは。

ご家族がいらしてたんですね。えぇえぇ、色々と手配が大変なの、よく分かりますとも。私も春に両親と両親の友人夫妻が遊びに来てくれたのですが、やれB&Bの朝食が甘すぎるだの、レストランの夜のサービス時間開始が遅いだの、私も忘れかけていた日本との細かな違いを指摘されて、本当に珍道中でした。笑 それでも、シチリアの景色には大感激して帰ってくれたので、嬉しかったです。hyblaheraiaさんのご家族も楽しい旅を過ごされたことでしょう。旅の続き、楽しみにしていますね!

私も今シーズンこそはベリーニ劇場でオペラを観たいと思っています。去年はシーズン途中にこちらに来たので、何だか行きそびれてしまって。。hyblaheraiaさんが思い出させてくださったので、早速プログラムをチェックしてみます☆

Commented by Gina at 2007-09-26 00:30 x
こんばんは。
ご家族勢ぞろいの旅行、楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。
私は旅行者側なので、イタリアで起こるいろいろなアクシデントと、それに対するイタリア人の対応をみて、笑いころげてます。

きっとご両親も、楽しまれたことでしょうね!
続き楽しみにしています。
Commented by hyblaheraia at 2007-09-26 06:32
>電りくヒルズさん、シチリアで再会できて一緒にワインが飲めて本当に嬉しかったです!でも教会の開いている曜日や時間の下調べなど、気が利かない点が多々あって反省・・・。今度はもっと長い間ラグーザに来てね。お祭りのある時期だともっといいかな。テラスで星や月を見ながらワインをじっくり、おしゃべりもたっぷりしましょう!
Commented by hyblaheraia at 2007-09-26 06:45
>P405さん、今まで我が家に泊まりに来た友人は20人を越えますが、気の向くままにのんびり過ごすことが多かったので、今回のような密スケジュールは初めてでした。大好きなお昼寝が一度もできず、ヘトヘトではありましたが、朝起きたときに家族がいて、朝昼晩、3食を共にすることがどんなにステキかを実感しました。
ベッリーニ劇場のプログラム、私も見てみます。都合が合うといいのですが・・・。
Commented by hyblaheraia at 2007-09-26 06:55
>Ginaさん、お帰りなさい!ノートではどんなハプニングがあったんですか?興味津々。確かに日本人にとってのハプニングは、イタリア人にとって「なぜハプニングなのか」という驚きになることがありますね。
家族が大笑いしていることに、「普通ふつう」、と言ってしまう私は既に感覚がズレているのかしら?!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル