サン・ジョルジョ祭り -ラグーザ、イブラの守護聖人-

 深い谷間に挟まれ、高地から低地へとなだらかに広がる2つの尾根の連なり。それがラグーザを地理的に見たときの姿である。高地にはラグーザ・アルタ(Ragusa alta、上のラグーザ)と呼ばれる新市街があり、低地にはラグーザ・バッサ(Ragusa bassa、下のラグーザ)の旧市街がある。後者は一般に、古い地名の名残でイブラIblaと呼ばれる。

f0133814_18172537.jpg その旧市街イブラでは、6月1日から3日までサン・ジョルジョ祭りLa festa di S. Giorgio)が行われている。
 サン・ジョルジョ(聖ゲオルギウス)とは、3~4世紀のカッパドキア(トルコ中央部)の伝説的聖人で、リュディアを旅行中、悪竜の犠牲に選ばれ水辺に繋がれている王女を発見し、槍と剣で竜を倒して王女を救ったと言われる。その後、その国の大部分をキリスト教化した功績により列聖された、古い聖人である。
 このサン・ジョルジョを守護聖人として奉るイブラでは、毎年この時期に聖人を称える大規模な祭りが行われる。観光客ばかりでなく、外地からこの祭りのために戻った人々もいて、イブラが一年で最も活気に満ち、華やいだ雰囲気に包まれるのだ。


f0133814_19301629.jpgf0133814_19114053.jpg
 期間中は朝10時、午後4時、7時、10時に色鮮やかな花火が盛大に打ち上げられる。サン・ジョルジョ門(Portale di S.Giorgio)は花で飾られ、家々のバルコニーには聖人の絵姿を描いたタペストリーが掛けられ、聖人を迎える喜ばしい空気がこれで一段と盛り上がる。そこに祭りの一大イベントである宗教行列(プロチェッシーネ、processione)が通るのだが、その道という道は、イルミネーションのゲートで煌びやかに浮かび上がり、普段はひっそりとした旧市街が千年もの歴史を一度に語り出すかのように、歓喜にみなぎるのである。


f0133814_19314191.jpg プロチェッシオーネの先頭を率いるのは司祭と助祭たち、そして市長。その後に堂々と現れるのが、この祭りの花形、竜を退治する姿を模った聖人の神輿(一番上の写真)である。聖人の後ろには、彼にまつわる品々が収められた聖具の神輿が続く。その表面には象やアフリカ人の金銀装飾が施され、いかにもシチリアらしい文化的融合を物語っている。聖具の神輿の後には、ユニフォーム姿のブラスバンド、最後にキャンドルを手にする一般信者が続く。
 マーチ風なのにどこか哀愁を帯びたシチリアのメロディーに合わせて、この大行列が祭りの3日間、夜7時から10時までイブラ中の全ての教会を祝福しながら町中を練り歩く。

f0133814_19412317.jpg 途中で「サン・ジョルジョ万歳!Viva S.Giorgio!」という歓声とともに紙吹雪が舞う。お札のように細長いその紙には、「サン・ジョルジョ、我らの守護聖人よ、我らをお守りください(S.Giorgio, il nostro patrono. proteggici.)」と、信者の想いが印字されている(年によって文が変わる)。
 隣町モディカ(Modica)の祭りでもこの紙吹雪が使われるが、決まった瞬間に初めは一斉に白、その少し後に一斉に赤の吹雪が舞い、そのコントラストと人々の団結力が見事だった。

f0133814_19335747.jpg でもラグーザはこの通り。いつの間にかプロチェッシオーネの道は、こんなカラフルに。なんだか踏むのが申し訳ない気がするな。
 聖人の神輿を担ぐのはもちろん、地元イブラの若者信者たち。彼らの熱気が沿道の我々にもひしひしと伝わり、日本の祭りを思い出す。
 その気分を助長させるのが、ドゥオーモ前広場からイブレオ公園までの坂道に並ぶ縁日だ。風船、綿菓子、ゲーム、アイスクリーム、冷水で冷やしたココナッツ、メロン、さらにはなんと、りんご飴歌舞伎揚げが売られていて、ここは本当にヨーロッパかと不思議な空気を感じる。

 行列に参加する信者、沿道で聖人を迎える家族連れ、ロマンチックな夜を過ごす恋人たち、バルコニーから笑顔で見つめる老人たち。みながそれぞれの方法で聖人を称える。風邪で寝込んでいる私は、今年はテラスから見える花火と地元放送TeleIbleaの生中継を観ながら祭りに参加とするか・・・。

 3年前、初めてサン・ジョルジョ祭りを観た。その時と全ては何も変わっていない。きっと10年後も100年後も、今のまま何も変わらないだろう。
 ・・・という安心のもと、写真は全て去年のものデス。

人気blogランキングに参加中 サン・ジョルジョよ、風邪も治してください
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-03 20:11 | 祭り


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル