兵どもの夢の跡 -シチリア食文化の混血性-

 「夏草や 兵どもが 夢の跡」
 シチリアの大地を走っていると、芭蕉のこの句が頭に浮かぶ。ギリシア、カルタゴ、ローマ、ビザンチン、アラブ、ノルマン、フランス、スペインと様々な民族が、地中海に浮かぶ宝石と謳われたこの島に魅了され、幾多の戦いが繰り返されてきた。雄大な自然を背景に日々戦い、傷つき、星空の下で休息し、朝陽とともに再び武器を手にした「兵ども」は、文化という形でシチリアに夢の跡を残していった。

f0133814_84749100.jpg そのことを痛感させられるのがシチリアの食文化である。
 中でも度肝を抜かされたのが、タヌキが笑ったようなこの菓子、「ンパナティッギ 'mpanatigghi」。もとは隣町、モディカの名産であるが、ラグーザ県で広く愛されている伝統菓子の一つである。


 外見は、薄皮クッキーの中にガトーショコラのような生地を入れて焼き上げた素朴な菓子だが、カカオの中には、驚くなかれ、「挽肉」が混ぜ込まれているのである。
f0133814_14281892.jpg よく炒めた牛挽肉、チョコレート、砂糖、(アーモンド・パウダー)を主材料とし、お好みでバニラやシナモン、オレンジピール、クローヴを混ぜ合わせた詰め物。
 そのほろっと崩れる一欠けから、濃厚なチョコレート生地がムースのように溶け始める時、小さな忘れ物が舌を触る。挽肉片である。それをゆっくりと含みながら、カカオと柑橘類、香辛料が織り成すエキゾティックな風味に一瞬目が覚める。ああ、またしてもこの不意打ちか、とシチリア食文化の混血性の、その斬新さと懐の深さに感服する。


 ンパナティッギィの歴史は16世紀に遡る。シチリアがスペインの支配下あったこの時代、コロンブスが1502年にホンジュラス付近を航海中にマヤ人の交易船と接触し、カカオの存在を知った。17年後にコルテスがその真の価値を発見しスペインにもたらしたことにより、シチリアにもカカオが入ってきた。1607年にイタリアに普及するよりも数十年前のことである。
 昔はウサギなどの狩猟動物の肉が用いられていたが、近年ではより手軽な子牛肉が使われている。また、カカオの腐食防止効果と挽肉に含まれる鉄分によって、長旅の疲れを癒す理想的な菓子と言われる一方、肉類の節食を行う四旬節(復活祭前40日間)に、厳しい斎戒(飲食や動作を慎んで心身を清め高めること)に耐えられない人々が考案した、というエピソードもある。1700~1800年代にもパレルモの修道院などで、肉とチョコレートを組み合わせたこの種の菓子があったらしいが、聖職者たちも肉の誘惑には勝てなかったのかもしれない。
 
 中南米ではカカオは古代から神の授かり物とされていた。種を磨り潰し、水やトウモロコシの粉と混ぜた飲み物が、ナワ族の言葉で「苦い水 xocoatl」と呼ばれ、強壮剤として珍重されたそうである。カカオの学名も、まさに「Theobroma=神の穀物」。1756年にスウェーデンの学者によって付けられた。
 シチリア食文化の混血性は、多民族との戦いの記憶であるだけでなく、自然と神への畏怖を失わなかった当時の人々の、純粋な想いから生まれているのかもしれない。


人気blogランキングに参加中 ンパナティッギを食べてみたい → はい!
[PR]
by hyblaheraia | 2007-05-08 16:30 | 菓子


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル