母の悩み -カーニヴァルの衣装作りー

f0133814_01593636.jpg
 まるで春のような陽気が続いた1月のシチリア。最高気温16~17度、真っ青な空と軽く頬が焼けるほどの太陽の下、まぶしさを耐えながら思い悩むのは、幼稚園でのカーニヴァルのための衣装作りについて。

f0133814_01594483.jpg

 1月末に出た幼稚園からの指令は「2月5日のカーニヴァル、子供たちは仮装して来るように(給食なし)」とのこと。リディアに何になりたいかと尋ねると、即、ディノサウロ!ティランノサウロ・レックス!と、恐竜の中でも最も凶暴な種を希望。ガーガー吠える練習までして、盛り上がり始める。
 
 恐竜の衣装をネットで見てみると、一回しか着ないものなのに高いし、大袈裟な着ぐるみで可愛くないので、古い服をリフォームして作ることに。けれども、さぁ作ろうというところで、インフルエンザにかかりダウン。
 そうこうしているうちに、幼稚園でお友達から影響を受けたのか、ディノサウロはダメ!妖精になる!と言い出すリディア。ドラえもんや赤ずきんちゃんになると言う日もあったけれど、結局、妖精がいいと。

 良いでしょう、でも同じ羽が生えたものでも、妖精ではなく蝶々ならどう?妖精の蝶々 Fata farfallaはどう?と、やや強引に蝶々へと気を向かせる。なぜなら、妖精になる女の子は他にもたくさんいるはずだから。


f0133814_02014953.jpg
 試作品はこちら。よく見かける妖精の羽ではなく、袖と一体化して、腕を動かすと羽ばたくように見えるもの。リディアが元気に飛ぶ姿をイメージして、赤ちゃん時代の枕カバーを水彩絵の具で色付けし(リディアと共同作業を予定していたものの、あまりにアヴァンギャルドな絵柄になり、私一人で作成)、開くと左右対称になるように作ったのだけれど、この羽、どうしても好きになれないらしく、全然付けようとしない。


f0133814_02015331.jpg
 カーニヴァルでは衣装を着たくない!とまで言い出すし。ルカにも、風呂敷みたいと言われるし。はぁ、がっかり。オリジナリティがあって、色も元気一杯でいいと思ったのに。

 結局、よくあるような蝶々の羽をワイヤーハンガーで作ったのだけれど、形にやや問題あり。本人はすごく喜んで、毎日付けて飛んでいるのだけれど(前作の風呂敷羽が相当ダメだったということか…)、色も雰囲気もおとなし目で、リディアっぽくない。それに、華やかなお姫様ドレスを着て来る女の子たちの中で、見劣りしそう。

 ある朝、幼稚園で先生に聞いてみた。みんなどんな衣装を着るんですか?と。女の子はお姫様、白雪姫、男の子はスパイダーマン、ゾロ、カーボウイなど、との答え。先生は続けて、
 昔は家で衣装を作ったものなのよ。それはそれは素敵な出来栄えだったわ。
 私も頑張って衣装を作っていますが、どうなるか。
 ええ!あなた自分で縫っているの?(すごく目を丸くしている)
 いえ、ミシンがないので手縫いと切ったり、結んだりですが。
 ブラーヴァ~!偉いわ!頑張って!(ボンッ!と背中を叩かれる)


 ああ、やっぱりみんな買うのね。カーニヴァル専門の衣装を着て、華やかに非日常の時間を楽しむのね。手作りなんて、やぼったいのかな…。今頃気付いたお祭りの精神。オリジナリティーにこだわっていたのは間違いだった。
 明日はいよいよ、幼稚園でカーニヴァルのお祭り。華麗なドレスのお友達の中で、リディアは地味な衣装を恥ずかしく思ったりしないだろうか。

 反省、反省、そして心配、心配。テラスのベンチに座り、冬とは思えない太陽に髪を焼かれながら、ため息をつく毎日。



[PR]
by hyblaheraia | 2016-02-04 18:40 | 祭り | Comments(4)
Commented by アイシェ at 2016-02-07 21:44 x
クリスマスのお家作りが手作り感満載だったので、今回の衣装も皆さん手作りと思ってましたら・・・hyblaさんだけでしたか! 何でも作れてしまうところがスゴイですね。その衣装、リディアちゃんが大人のなるまでちゃんと取っておいてあげてくださいね。
Commented by concordanze at 2016-02-25 05:47
素晴らしい!手作り!!バーゲンでお茶を濁した母は少し反省します。。。どんな派手な衣装よりも、母の愛は深くずーっと心に残りますものね。来年は(遠い目)。。。洋裁、苦手なのですが、市販品のカーニヴァルのギトギトの衣装にはなんだかついていけないので、私もがんばってみようかな?実際、みな同じような衣装になってしまうし、手作りだと誰ともかぶらないし目立てそう!今になって、全て手作りしていてくれた自分の母の偉大さが身にしみます。
Commented by hyblaheraia at 2016-03-07 01:39
> アイシェさん
やはりカーニヴァルというのは、日常から逸脱するところに醍醐味があるのだと思います。華やかに、夢膨らませ、楽しくワイワイ、という感じが基本なのでしょう。だから子供の衣装も手作りの素朴な感じとは正反対のものが好まれるのだと思います。
当日の幼稚園はすごい熱気でしたよ。来年へのいい勉強になりました。
風呂敷の蝶々の羽はお蔵入りしました~。アイシェさんのお言葉、心に染み入りました。いつもお優しい…。
Commented by hyblaheraia at 2016-03-07 01:48
> concordanzeさん
私一人がオリジナリティーにこだわってしまっていて、お祭り当日の幼稚園に行って反省しました。来年は派手に、華やかに!をモットーに改善します。
手作りとは言っても、ほとんど縫うところはないんですよ。切って、結んで、ちょっとだけボタン付けしたり、縫い留めたりという程度です。アメリカのハローウィン衣装のアイディアがとても役に立ちました。
お母様の手作りのお洋服、きっとconcordanzeさんにお似合いだったことでしょう。ブログで拝見するお洋服が個性的で素敵だな、と思っていましたが、それはお母様のお洋服から来ているんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル