ナポリの長いフェスタの後に

f0133814_01153206.jpg
ナポリの従姉の手作りドルチェ、年越しの13の果実、公現祭の靴下のお菓子
(良い子には魔女が枕元に置いていく)とおもちゃ(赤ずきんちゃんの手人形)


 ナポリの実家でのクリスマスから年始までの祝い事は、盛大で長期間。体力と気力を要するこの期間を、私は密かにマラソン・フェスタと呼んでいる。

 12月24日 クリスマス・イヴ・・・家族(15人ほど)で食事
   25日 クリスマス・・・・・・家族・親戚総勢22人で昼食~夜まで
   26日 聖ステファノの祭日・・・亡き叔父の名命日なので家族・親戚22人で昼食~夜まで
   27日 ルカの妹の誕生日・・・・家族と親戚一部、友人(16~17人ほど)で夜食~夜中まで
   (2日間 特になし)
   30日 ルカの従妹の誕生日
   31日 大晦日・・・・・・・・家族(15人ほど)で夕食、カウントダウン、ナポリの大花火!
 1月1日  新年・・・・・・・・・家族・親戚総勢22人で昼食~夜まで
   3日 ルカの同僚と会う・・・・毎年恒例のご挨拶
   (2日間 一休み)
   6日 公現祭・・・・・・・・家族と一部の親戚(15人ほど)で夕食、子供たちにおやつ
   (1日 休み)
   7日 長いフェスタの終了を祝うピッツァ・パーティー・・・家族一部(11人)で


 この通りの長丁場だから、体調を崩す人が次々と。22人分のラヴィオリをはじめ、たくさんの料理を作り続けた義母は、クリスマス翌日に早くも風邪。リディアもひどい咳。私はうがい薬や風邪薬、胃薬を持参し、体調管理をしていたにもかかわらず、1月6日に発熱。咽頭炎と気管支炎を併発し、声も出ず、ラグーザに帰宅して1週間経った今日もまだ万全とは言えない状態。

f0133814_16391195.jpg
 お医者さんい処方された薬だけに頼らず、温かいものをたくさん飲み、休養するのが一番。ということで、クリスマス・プレゼントにもらったハーブティーが大活躍。フルーティーなものや、胡椒の実が入った少しピリッとするものなど、いろいろあるけれど、この中で私の心を射抜き、常識を覆されたものが、これ。


f0133814_16392025.jpg
 緑茶にバラのつぼみ!さらに乾燥オレンジ、レーズン、メレンゲ、クローヴ、シナモン、カルダモンをブレンドしたもの。緑茶に香りを後付けするなんて、カフェにストリベリー味を付けるようなもの!と、今まではこういうヨーロッパ風の緑茶の使い方に完全に反対していたのだけれど、一口飲んでみてその魅力に取りつかれてしまった。

 袋を開けるだけでバラの上品な香り、そして一口含むと、柑橘系の爽やかさとほんのりとした甘さにはっとさせられ、その後はバラの何とも言えない優しさが薄めの緑茶と一緒に、まろやかに広がる感じ。
 煎じ切った後も、少し開いたバラのつぼみが美しく、捨てるのは惜しいので、グラスの水に浮かべて香りと色を楽しんだり。


 3週間にわたるナポリのフェスタを終え、ラグーザでこの斬新な日本茶を口に含みながら考えることは、奥深い文化こそが持ち得る、しなやかなる可変性variabilita'のようなものについて。カンタータの場合もまたそうなのではないかと、あるテーマに向かって勉強する日々。早く風邪を治して、形にしたい!

 皆さんも風邪をこじらせないよう、お気を付けください。


[PR]
by hyblaheraia | 2016-01-18 17:54 | Comments(6)
Commented by Mchappykun2 at 2016-01-19 04:08
確かにマラソン・フェスタですね。気力体力十分でないと過労になりますね。風邪だけでなく胃腸も丈夫でないと。
この手の風邪が世界的に流行っているのでしょうか。私の友達がhyblaheraiaさんと同じ症状です。彼女は年末に日本へ行ってかかってきました。

緑茶、外国人の方が新しい使い方をしますね。伝統にとらわれないからでしょう。そこから音楽の専門のところへ形が変化していく、hyblaheraiaさんらしいです。
Commented by アイシェ at 2016-01-20 16:27 x
本当にステキなクリスマスから年越! と拍手喝采したいところですが、皆さん体調崩されて大変ですね。
それでもご家族やご友人たちとの集まりをこの上なく大切にされているからこそ皆さん頑張りすぎちゃうんですね、きっと。
やっぱり羨ましいなぁ〜。
Commented by hyblaheraia at 2016-02-02 17:13
> Mchappykun2さん
さらにインフルエンザにもかかって、1月はずっと病気でした。お返事が遅くなって申し訳ありません。
おっしゃる通り、胃腸が丈夫でないと大変です!ナポリに行くときは、必ず胃薬を持っていきます。胃薬を飲みつつ、また食べてしまう…、美味しいものを食べずにはいられないので困ります。
緑茶の斬新な飲み方は、いろいろ考えさせられることがあります。考えてばっかりで、なかなか実行できないのが私のスローな性格のだめなところです。
Commented by hyblaheraia at 2016-02-02 17:18
> アイシェさん
ナポリに行く前は、3週間も大丈夫かな(胃袋が)と思っていたのですが、胃の方は次第に、量に慣れていって問題ありませんでした!でも睡眠不足と飲み過ぎでしょうかね、風邪になったのは。
こうして集まると、家族の結束の強さを感じます。頑張りすぎちゃうのは、やっぱりみんなで会うのが楽しくて嬉しいからですね。あなたたちはシチリアにいて全然会えないから、とみんなに言われます。リディアはいつもチューの嵐を受けていますよ。
Commented by barcarolaw at 2016-02-02 21:09
hyblaさん、お久しぶりです。体調はよくなりましたか?
私はミラノにいながら、シチリア(トラーパニ)家族に揉まれていて、このマラソン・フェスタ、よーくわかります!今回は姪っ子が生まれたこともあって、親戚がやってきたりして11月末からエピファニーアまでの恐ろしく長いマラソンでした(笑)でも、さすがにみんな「今までは食べすぎていたかもしれない」と言い出し、今年は1回1回の量を制限しながら、それでも会う回数は減らさないという方式に。
5月にまた色々お祝い事が重なるので、2度目のマラソンがすでに決定しています。
それでも、私自身が親戚が多くて子供の頃は年中誰かと会うのが当たり前だったせいなのか、異国でこうして年中「家族」と過ごせる時間というのは、本当に楽しくてありがたいなあと思います。
(人が集まれば集まるほど方言にみんななってしまって、半分わかるかなって状態はやっぱり疲れますが・・・)
Commented by hyblaheraia at 2016-03-07 01:19
> barcarolawさん
お久しぶりです。お返事がすっかり遅くなってしまったすみませんでした。
トラーパニの方なのですね。マラソン・フェスタの楽しさと辛さ?!がミラノでも繰り広げられているわけですね。「今までは食べ過ぎていたかもしれない」という反省、ナポリでも毎年誰かが口にしていますが、結局、あまり変化はないような…。
家族・親戚と会ってワイワイ食事して、おしゃべりして、という時間の大切さというか、愛おしさのようなものが最近良く分かってきました。年を取った証拠かな…。
ミラノ生活、頑張ってくださいね。フルーツをしっかり食べて下さいね。風邪をひきにくくなるような気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
なんと1年3か月ぶりの更新!気付いていただけるでしょうか…ひっそり。
16 Feb. 2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(41)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク

その他のジャンル