タグ:SOSシリーズ ( 8 ) タグの人気記事

楽譜の製本SOS!

 ラグーザにクラシック音楽専門の楽譜店はないので、弾きたい作品はネットで探してプリントアウトしている。あれも、これも、と張り切って印刷するのはいいのだけれど、いつの間にかA4のぺらぺらコピー譜が大量に。

f0133814_6133915.jpg
 まぁそのうち製本しましょうと思いつつ、ぺらぺらめくりながら練習していたものの、次第に弾けるようになってくると気持ち良く没頭している時に次のページが見つからなかったり、ぺらぺら紙に譜めくりのタイミングを奪われたりして、ちょっとしたフラストレーションに。

f0133814_614659.jpg
 音楽が途切れるのはとても良くないこと。やっぱり製本しよう!と思い立ち、3ページの小品からせっせとのり付け。でも4ページ以上の作品はどうする?特に長大な《ゴルトベルク変奏曲》はどうする?(写真右下の絵柄入り扉の楽譜 -チェルニー版-)
 なぜなら、製本テープがない!


f0133814_6145863.jpgf0133814_614334.jpg
 こういう風にページをめくるために、楽譜に穴を開けずに製本するには?譜面台に置いた時に、きちんとページが開けるような製本にするには?

 日本だとどこにでもある製本テープ。下の紙の色も透けて見えて、上から字を書くこともできる優れもの。さっきグーグルで探してみたけれど、イタリアにはないみたい。そしてイタリアではコピー楽譜はスパイラル・リングで閉じるのが普通のよう。
 譜面台と鉄がこすれる音が嫌なので、絶対に紙か布にこだわりたい。今度の日本帰国まで待つしかないか…。
 ちなみに、製本が最も必要な《ゴルトベルク変奏曲》はまだ第5変奏で足踏み中なので、製本しなくても大丈夫とも言えるけれど…(第30変奏まであるので)。
 いや、いっそのこと、日本で楽譜を買えば良いだけのことか。
 それはなんだか簡単すぎて嫌だな。

 シチリアにいると苦労することに生きがいを感じるようになる、みたい。


ということで楽譜の製本SOS!
 製本テープに代わるもので50ページほどの楽譜をきれいにまとめるにはどうしたら良いでしょうか。スクラップブッグ方式は好きじゃないので、別の方法がありましたら…。目から鱗のアイディアをお願いします!一緒に悩んでくださるコメントも嬉しいです。解決にならずとも共に悩むことが大事なのであります。


追伸2:説明不足でした!製本には2種類のテープが必要です。1)コピー楽譜をくっつける不織布テープ、2)束ねたコピー楽譜の背の部分を綴じ合わせる布テープ。とりあえず1)を探しているのですが、8月のラグーザはゴーストタウン化し、店はみな休み。スーパーしか開いていないのでどうにもならず。もしかして、医療用テープでいいのかな?ならば薬局で買えるかも!
[PR]
by hyblaheraia | 2010-08-03 06:50 | 大学・研究 | Comments(20)

金柑ジャムSOS!

f0133814_2325993.jpg
Le Marmellate di Rosarba ロザルバのジャム
Mandarini Giapponesi 日本のマンダリン
Prodotto Artigianale 手作り品
Anno 200910 2009じゃなくて2010年


 ナポリの親戚、ロザルバが作った金柑ジャム。Mandarino Giapponeseと呼んでいたのが面白い。大きな瓶を一つもらったのだけれど、ジャムは普段食べないし、トーストもしないし、どうしようかと考えていた時に…。
 オレンジケーキにしたら?!ルム(Rumラム酒)をたっぷりつけたら美味しいよ~!!
 という嬉しそうな声が近くから。金柑だし、苦くなる覚悟をしていたのに、

f0133814_2335450.jpg
 あら!意外!!
 まったくオーソドックスなオレンジケーキに。濃い目のミルクティーととても良く合い、朝から良い気分。


大さじ4杯近く使っても金柑ジャムはまだまだ…。次なる作戦は、


f0133814_2342811.jpg クレープシュゼット。
 実はジャムを見た瞬間、これを想像してニヒヒとしていたのでアリマス。
 
 夜に甘いスプマンテを開けて、金柑ソースにほんわりと包まれるクレープに、ボーンと生クリームを乗せて。気分もカロリーもゴージャスな夜のおやつ。コニャックがあれば最高だったな。


 ということで金柑ジャムSOS!他にどんなおやつができるでしょうか。ご意見募集中です。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-05-13 00:31 | 菓子 | Comments(14)

ボルロッティSOS!

 『ジャックと豆の木』という話は、こういうことだったのかと思わせるほど、豆の成長スピードは速い。
 莢の中でも黙々と育ち、根が生え出し、もはや中でじっとしていられないかのように、顔を覗かすボルロッティ。

f0133814_6473249.jpgf0133814_647547.jpg
 ?の形をした根があちらにも、こちらにも。我々も??面白そうだから、プランターに植えてみることに。



そして5日後





f0133814_6513782.jpgf0133814_6515975.jpg
 うーーん、よいっしょーっと。


 重そうな頭を、見る見るうちに持ち上げ、

f0133814_659572.jpgf0133814_702118.jpg その日の夕方、

 パカッ!

 なんだか笑っているみたい。
 ケタケタ、ケタケタ。ウヒヒヒ、ヒヒヒ。
 
f0133814_73581.jpgf0133814_7353764.jpg その翌日の昼頃

 アハハハ、ハッハハハ!!!!

 笑い声がこまだすほど。

 それから12日後の今日

f0133814_774049.jpgf0133814_794270.jpg
 フォーッ、フォフォフォッ、フォッ!!!!
 オオオッ、コオオオオッ!!!!

 風に左右になびきながら、腹の底から大笑い。何がそんなに可笑しいのだろう。

 『ヒブラと豆の木』
 大笑いボルロッティたちは、このまま天を突く勢いで成長し、地球の隅々までまたがる大きく長い橋となり、世界中に笑いをもたらしたとさ。
 フォしまい。(おしまい)  フォーーフォフォフォフォッ!!

::: ::: :::

 ということで、ボルロッティSOS!!
 異様なスピードで成長中の大笑いボルロッティたち。まさか発芽するとは思わなかったので、大いに驚いております。育ててみたいのですが、方法が分からず、畑もなければ、近所に空き地もありません。テラスにプランターで育てられるでしょうか。
 ネットで調べたところ、数メートルに成長するタイプと、蔓のないタイプがあるようですが・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-07-14 08:13 | 変わった野菜と果物 | Comments(18)

そはたれか -木の名前SOS!-

SOS応答ありがとうございました!
この木の名前は栴檀(せんだん)でした。

 5月末、まだ柔らかい朝日をしっとりと肌で感じ、透明度の高い空を仰ぎながらイブラを歩いていると、不意にある香りが鼻をついた。

f0133814_7102889.jpg
 誘われるようにサン・フランチェスコ・アッリンマコラータ教会(Chiesa di S. Francesco all'Immacolata)の空き地に入ると、

f0133814_657911.jpg
 先よりも濃く、魅惑的な香りが、この木からふわりと降り注がれていた。
 深く吸い込み、甘く陶酔的な余韻に浸る。

f0133814_6574147.jpg
 何という媚香だろう。
 紫がかった小さな花は綿のように膨らみ、優美に枝垂れ、輝く若い葉は風にしなやかに身を委ねている。

f0133814_6583896.jpgf0133814_659186.jpg
 花と葉の影には、オレンジ色の小さな実を恥じらいながら隠している。
 
 ああ、そはたれか。
 あの媚香が今でも鮮やかに蘇り、名の知れぬ彼の人に心を焦がしている。

::: ::: :::

 ということで、SOSシリーズ!この木の名前は何ですか?
 あの香りが忘れられません。キンモクセイからシトラス的な香りを抜いて、もっと甘く、丸くしたような感じで、クチナシのようなまったりした甘さではなく、もう少しスパイシーです。ご存知の方、教えてください。
 ちなみに、6月下旬現在、お花は全て落ちて、葉の緑が深くなっていました。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-20 08:34 | 自然 | Comments(10)

蜂SOS!

蜂のその後、文末に加筆しました

 夜11時過ぎのこと。キッチンでハーブティーを入れようとしていたら、鈍い音がブーーン、ブーーン・・・。振り向くとギョッ、蜂だ!!しかも結構大きい。 
f0133814_86372.jpg
 慌ててキッチンのドアを閉め、テラス側のドアを開けて外に出そうとするものの、良い匂いが気に入ったらしく、砂糖ポットやらオリーヴオイルやら、半乾きのルカの靴下(なぜ?)の周りをブンブン飛び回っていた。刺されるのは嫌だし、殺す気はないので、布で風を起こしてみたり、電気を消してみたり、蚊取り線香を焚いてみたり、二人でピリピリしながらガラスドアから様子を見ること1時間。
 キッチンのどこかにまだいると思うのだけれど、姿は見えず、音もしなくなった。そっと棚や冷蔵庫の裏など隈なく探してみたけれど、見つからない。けれども外に出たところを見ていないので、安心もできない。
 明日の朝、お紅茶を飲もうとして椅子に座った途端にブチッ!と刺されたら・・・。あるいは早起きのルカが蜂に刺されて倒れ、寝坊した私が数時間後にようやく発見したら・・・。
 
 そんな最悪のシナリオを考えて、もしもに備えて、寝る前に急きょ、蜂のアップ写真を世界配信(大げさ?)。
 
f0133814_863023.jpg
 蜂SOS!
 この蜂の種類、学名、刺された時の治療方法、あるいは仲良くする方法等、ご存知の方はコメントをお願いします!

 それにしても、蜂は夜にも行動するものだったかな。先日の蜂群崩壊症候群のこともあり、ちょっと不気味な感じがしないでもない。

 久しぶりのSOSシリーズ。これは本当にSOS!


::: ::: そして翌朝 ::: :::

 やはり蜂はキッチンで一夜を過ごしていたのです!
 先に起きたルカによる談話:カッフェを作っているとブズブズブズ~~~という蜂の声が聞こえ、しばらくしキッチンで飛び回ってから、窓につけてあるスノコにガシガシぶつかり、ようやく外に飛び立って行ったとのこと。二人とも刺されず、良かった。皆様、お騒がせいたしました。SOSへの応答コメントもありがとうございました!!

 虫に好かれる我が家。夏が来るのがちょっと恐くもあり、対決が楽しみでもあり・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-04-26 08:53 | 生活 | Comments(20)

これ何?SOS!

f0133814_932811.jpg
 この葉なんの葉 気になる葉
 植えた覚えのない 葉ですから
 思いもよらない 実になるでしょう~ ウシシ

 去年、バジリコを植えたこのプランターに、春先から何やらニョキニョキ出てきた。自然に発芽したバジリコは良いとして、この二本の苗は何だろう?もちろん、我々は何も植えていない。
 右の苗をアップにすると、

f0133814_951266.jpg
 こんな感じ。葉に産毛のようなものがあって、少々厚め。でもそんなに硬くはない。育つにつれて、葉の周囲がギザギザになっていく。
 左の苗もアップにすると、

f0133814_96303.jpg
 ほとんど同じ。葉脈がはっきりと見えている。
 何だろう?

 去年の夏、ルカはよくフルーツの種をプランターにポイッと捨てて、これで実が成ったらいいね~、と夢みたいなことを言っていた。あの時、捨てた種は、
さくらんぼ、スイカ、メロン、梅干し(カテゴリー違いか)・・・、も、すももも、もものうちではなくて・・・、そうそうネクタリンも、秋にはカボチャ(虫食いの実)、塩漬けオリーヴもかな。このうちの、どれか・・・?
 何となく枇杷(びわ)に見えるのだけれど、去年は枇杷を買わなかったし、お裾分けにもらった覚えもなく・・・・。

 ということで、これ何?SOS!
 お分かりになる方、今後の育て方についても、ぜひ教えてください!!
 (ネットで画像を検索をしたら、枇杷、桃、ネクタリン、どれにも似ているような・・・)


このバジリコのプランターで去年はこんな珍事が!
 バジリコ畑征服計画 ―家族編― ならびに ―味見編―

 

追伸:SOSは既に3度目だったので、シリーズ化しました!
[PR]
by hyblaheraia | 2008-06-21 10:18 | 生活 | Comments(12)

多肉SOS!

f0133814_9205456.jpg
 育ち盛りのSig. Tanicu(シニョール・タニク、多肉氏)を、先日買った装飾付きテッラコッタの鉢に植え替えようと、ぽかぽか陽気の午後、テラスに出る。
 小さな鉢の中で長い間窮屈な思いをしていたせいか、何やらこんがらがっている。そっと逆さにして、鉢から外した瞬間に・・・・・・

f0133814_9213625.jpg
 ポキッ!
 マンマミーア!
 慌てて拾い上げると・・・・・・

f0133814_9215698.jpg
 ポロッ、ポロッ!
 ゴム手袋のGigino(ジジーノ)もギョッ!

f0133814_9222047.jpg
 触れば触るほど葉が落ちるので、一刻も早くシニョール・タニクをPalazzo Terracottaパラッツォ・テッラコッタ(テッラコッタ邸)に護送する。そして取り残された葉たちを救助し、こうして土に差してみたものの・・・。
 なんだか墓地みたい。Cimitero di Pianta Grassaチミテーロ・ディ・ピアンタ・グラッサ(多肉墓地)、いやいや、違う!
 シニョール・タニクの分身よ~、あなたは生き返る~、生き返る~・・・・・・と暗示にかけて。

f0133814_9224012.jpg
 さて、テッラコッタ邸のシニョール・タニクはと言うと、シャワーを浴びてさっぱりとしたにも関わらず、この通り深くうな垂れている。どうも新居がお気に召さない様子。確かに、パラッツォの壁が低いだけに、この姿勢では頭が地面に着いて苦しそうだ。
 もっと壁の高いパラッツォに護送した方がいいのか。あるいは、うな垂れ部分だけを切り取って(!?)転地療養してもらうべきか。その時は、あの分身たちも一緒に住まわせると多肉的精神療養としては良いのか。そしてこの可憐な白い花は、このままだと蜂の餌食に・・・?
 多肉歴、わずか1年。休眠期開けの、初の増殖期を目にして困惑してオリマス。

 多肉SOS!シニョール・タニクを救え!
 みなさま、どうかお知恵をお貸しください。

多肉SOS・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-04-09 10:20 | 生活 | Comments(10)

かぼちゃSOS

 シンデレラの馬車は、こんなかぼちゃに魔法をかけたものだろう。そう思わせるような曲線に富んだオレンジ色の美しいかぼちゃがいくつか売られていた。
 二人で食べるには大きいので4分の1だけ買えますか、と八百屋の夫婦におずおず聞くと、今日は土曜日だから切った分が売れ残ると困るので・・・という答え。まぁ、冷蔵庫で長いこと持つし、天ぷらにしたりすればいいか、ということで買ってしまった。

f0133814_764267.jpgf0133814_777100.jpg
 が、それにしても大きい。顔どころか、胴体が隠れるほどの幅、そしてこのムリン、ムリンとした盛り上がり具合。凄い迫力だ。
 切ってみると中はなんと、が出ていた。もやしのような白い足と、そこからニョキッと出ている双葉。外から見たら何も分からないが、かぼちゃの中では種がすくすくと育っていたとは。光は届かないのに葉が緑色なんて、どうやって光合成しているのだろう。楽しい現象だな。

f0133814_744592.jpgf0133814_7442685.jpg さて、このかぼちゃを使って、ランチはタコのサラダに決定。タコとかぼちゃとは、想像もできないコンビネーションだが、魚介好きナポリ人ルカが腕を振るうメニュー。

f0133814_7445573.jpgf0133814_7451868.jpg 途中、タコの茹で具合を見るのに、醤油とワサビで一口。ああ日本の味よ、永遠に!

 その間、ルカは着々と料理を進め、こんな色鮮やかなタコのサラダを完成させた。
 かぼちゃはオリーヴ・オイルと唐辛子で炒めたもの。それにセロリ、バジリコ、イタリアン・パセリ、塩少々、にんにく、そしてお酢を混ぜ合わせる。タコから溢れる海の香りとかぼちゃの甘みがぐっと溶け合い、セロリとバジリコの爽快感が広がった。

f0133814_7454365.jpgf0133814_746438.jpg 夜は念願の天ぷらだ。なす、かぼちゃ、人参、そしてイカとイタリアン・パセリのかき揚というメニュー。普段ならズッキーニもやるのだが買い忘れてしまった。

 ちなみにかき揚は、イカとみつばを使う実家のやり方をイタリアン・パセリで代用したもの。これはお勧め。パセリは揚げるとカリカリした食感になり、磯の味がするのである。昔ナポリでは海草を使ったフリットがあったそうだが、最近ではパセリで代用しているとルカも言う。やはりそうか。

 ところで、これだけかぼちゃを食べたのに、まだ5合炊き炊飯器より大きい・・・。そこで、
 翌日 かぼちゃを使ったラタトゥイユ
 その翌日 かぼちゃスライスのピリ辛炒め&冷凍した天ぷらの天丼(もちろんかぼちゃあり)
 その翌々日 さすがに他の味が恋しくなり、かぼちゃ休憩
 しかし今朝、冷蔵庫を占領するその姿をみて、何とかせねばという気にさせられた。

f0133814_7464912.jpg 前にルカがカボチャのパスタについて話していたのを思い出した。カボチャをパンチェッタ(ベーコンのようなもの)と炒め、生クリームであえるソース、そこにチーズを削って・・・あれをやってみよう。
 で、やってみたけれど、あまり感動はできないものだった。改良の余地ありということにするが、次挑戦するのは来年で良かろう。

f0133814_7531279.jpg それでも懲りずに、夜はかぼちゃのグラタンを作った。かぼちゃとラグーザ・ソーセージ、チーズ2種(プローヴォラ、胡椒入り羊のチーズ)、そしてベシャメッラをかけて(besciamellaホワイトソース、ベシャメルソース)焼いたもの。これはなかなかの出来だった。

f0133814_9445512.jpg それにしても、もう5日連続かぼちゃを食べている。ルカもしばらく食べたくないと言っている。そういえば、かぼちゃとみかんは食べ過ぎると手が黄色になると子供の頃、祖母が言っていたな。

 既に遅し・・・か。


人気blogランキングに参加中 かぼちゃSOS・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-11-08 10:01 | 料理 | Comments(16)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク