タグ:音楽 ( 35 ) タグの人気記事

風に巻かれて -ヴィヴァルディのオペラの翻訳-

f0133814_1721891.jpg
 何の迷いもなく、ただその目的に向かって吹きすさぶ風。何度も何度も地面を叩き、木々を煽りながら、無心にそこへ向かう。読者は強風にぐいぐい押され、運ばれていくうちに、自ら足を早め、傍若無人な風を乗り越えて先に目的地の光景を見たい衝動に駆られる。

 そんな体当たりで息せき切るような感覚が良い作品・台本にはある、カットや改編が成されていても・・・、と感じながら、東京の信じられないような蒸し暑さの中で、一人風に巻かれていた2014年の夏。アポストロ・ゼーノ台本の構成力にうなり、ヴィヴァルディとジャコメッリの煌びやかで躍動感に満ちた音楽に、完全に心をもぎ取られた。スコアはそこにあるだけで、五線を自由に駆け抜ける音符が音楽を響かせているようだった。

 ヴィヴァルディのオペラ、《メッセニアの神託 L'Oracolo in Messenia》の日本公演に向けて、台本の日本語訳を担当。ファビオ・ビオンディ率いるエウローパ・ガランテと素晴らしいソリストたちが横浜で上演されます。演出は彌勒氏。
 この舞台を聴きに行くことができず本当に残念だけれど、ラグーザでスコアを見ながらオペラの世界に思いを馳せています。関係者の皆さん、舞台のご成功をお祈りしております!!


神奈川県立音楽堂 開館60周年記念特別企画
サイトはこちら
音楽堂バロック・オペラ ヴィヴァルディ 「メッセニアの神託」全3幕
ファビオ・ビオンディによるウィーン版(1742年)の再構成版 【日本初演】
公演日時: 2015年02月28日(土)~2015年03月01日(日)  15:00開演 (14:00開場)

[PR]
by hyblaheraia | 2015-02-22 19:08 | 大学・研究 | Comments(4)

チェスティ・コンサート報告

 「チェスティ生誕390年記念演奏会 ~甘美なる嘆き、優美なる情熱~」
 このタイトルを決めるのにも半年くらいかかっただろうか。最初にコンサート企画のお話を頂いたのが2年前。当初はカンタータのみコンサートにする案だったけれど、いろいろな方のご意見を聞き、少しずつ修正し、最終的には私が想像していた以上の内容豊かなコンサートになった。

f0133814_23353476.jpg
(ゲネプロより)
 途中、私の妊娠が分かり、関係者を驚かせたとともに、コンサートの準備全体に大変な迷惑をかけたことと思う。降板も考えたけれど、全チェスティ・プログラムの機会など二度とないだろうし、なによりもチェスティの音楽が自分の目の前で立ち上がり、人々の耳と心に届く瞬間に私は立ち会いたかった。

f0133814_2335518.jpg
(ゲネプロより)
 膨大かつ長大な作品からの選曲、楽譜の準備、毎月の例会での指導、資料の作成、大量の対訳作成。妊娠中から出産、産後と、体力の限界と戦いながら、気持ちだけは決して弛まなかった。

f0133814_23422188.jpg
(舞台上へご挨拶に)
 17世紀の手稿譜を現代譜に起こす作業では、かつて何度もぶち当たった問題とまた向き合った。これは記譜ミスなのか、はてはチェスティの斬新さの表れか?チェンバロの先生のご辛抱強く温かいご指導の下、演奏に耐え得る楽譜を整え、ようやくオケ合わせへ。
 弦楽器の柔らかで澄み切った音が、即興的な装飾を伴いながら、すじ雲のようにさらり、さらりと重なり合う時の悦び。楽譜上で静止した音符が息を吹き込まれ、流転し、チェスティの声を聴くようだった。

f0133814_23364283.jpg
 バロック・ダンスとのコラボレーションによって、宮廷で演奏される音楽というものに対して、どれほどのイマジネーションを得たことか。ダンスをする身体のほんの少しの動き、止め、視点、目線がいかに多くを語るのか。非常に学ぶところが多かった。
 当初の案ではグレーだったであろうこのコンサートが色を帯び、華かさを表現し得たのは、バロック・ダンスの世界とダンスの先生のステージングの賜物。このような貴重な出会いができたことを心から嬉しく思っている。

f0133814_23371961.jpg
 今回のコンサートのため、私たち家族は家族となったその日から5ヶ月間、日本とイタリアで離れて生活をした。ルカには随分寂しい思いをさせてしまったけれど、常に惜しみない理解と協力を示してくれた。実家の両親の協力もまた然り。
 さらにコンサートの係の皆さんの、チーム・チェスティと名付けた強力な連携も素晴らしかった。そして全チェスティ・プログラムという、ややもすれば失敗に終わりかねない企画を任せてくださった監修の先生に、改めて感謝の気持ちを伝えたい。

 学生時代、チェスティはその音楽を通して、苦しみや葛藤、その向き合い方を教えてくれると感じていた。あれから10数年経ち、今はチェスティの音楽が多くの人との出会いを可能にし、新たな知見を与えてくれると感じている。以前には見えなかったものへと、私を向かわせてくれている。

::: ::: :::

 コンサートはチケットほぼ完売、盛会に終わりました。駆け付けてくれた方々、教え子の皆さん、ありがとうございました。お会いできて本当に嬉しかったです!
[PR]
by hyblaheraia | 2013-06-04 09:56 | 大学・研究 | Comments(12)

広がる音楽

 ぐずって機嫌の悪いある日、リディアをベビーラックに座らせ、ピアノをいろいろ聴かせてみることに。今まで抱っこしながら片手で聴かせていた曲を、きちんと両手で最初から最後まで弾き通すのはこの日が初めて。一人だけのお客さんのコンサート。

f0133814_12403338.jpg

 J.S.バッハ、ヘンデル、D.スカルラッティの組曲やソナタを弾き初め、大好きなシューマンの小品を聴かせ、他に何か弾ける曲は・・・、ショパンのプレリュードを弾き始めた時、リディアの目の輝きが変わった気がした。
 ショパンが好きなの?半信半疑で続けてマズルカを弾き始めると、やっぱり目の真剣さが違う。そして聴き入っている。弾き終えてパチパチパチ!どう?と聞くと、ウゥー、ウッヴー!もっと弾いて!と言っているように聴こえた。

 赤ちゃんだから旋律と和声が分かり易く明るい曲がいいと思っていた。けれど、実際は短調で、複雑な和声の中にメランコリックな旋律が溶け、壮大な曲想が展開される作品が良かったみたい。なるほど、音楽を「線」ではなく、「広がり」で聴いているのね。
 
 赤ちゃんだからと言って手加減したり、油断してはいけない。私が考えている以上に、いろいろなことを彼女なりの方法で理解、吸収しているのだろうから。

::: ::: :::

久しぶりの「音の絵シリーズ」 第12弾
 このような経緯があり、音楽を「広がり」で聴かせることを意識しています。リディアの手を取り、鍵盤に触れさせながら、普段のお散歩道の春の小花たちと春風に包まれるイメージを音にしてみました。白鍵だけで弾いているので、五音音階風、あるいはドビュッシー風などと称して楽しんでおります。



追伸:途中、カタッという音と人の声がしますが、それはビールグラス片手に目尻を垂らしてリディアのピアノを聴いている父でございます。失礼いたしました。
[PR]
by hyblaheraia | 2013-04-20 12:50 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(6)

春の音 -印象派風に小さな手と-

 ずっと強く閉じていた両手から、次第に独立し始めたリディアの指。ピアノに向かうと指がしっかり伸びるので、ついついピアノを弾かせたくなる。
f0133814_14411288.jpg

 生後2週間でピアノで遊ばせた時は、小さなこぶしが鍵盤に当たるのが痛々しくて、抱っこしながら片手で私が弾いて聴かせていた。その後、足が強くなったので、抱っこして足で鍵盤を踏む遊びをさせ、さらにそのうち腕が強くなり、自分からバシバシ鍵盤を触りたがるようになった。そして最近、指が使えるようになり、ようやくピアノを弾く真似ができるように。

f0133814_15521466.jpg
 手を添えて鍵盤にそっと触れさせ、お散歩の時に春のそよ風と、路傍の小さな花々の点と色にふわりと包まれる気分を、印象派風の音楽で表現して遊ぶ毎日。
 ドビュッシーも真っ青だわねー!と喜んでいるのは私だけ?
f0133814_1441649.jpg



動画も作ったのですが、Youtubeのアカウントが知らないうちにGoogleと一体化していて、ログインできなくなりました!パスワードの再取得を試みたけれど、なんだか訳が分からず、新しいアカウントを作ってしまいました。でも今度はアップしたけれど、ブログに貼り付けられない!
浦島太郎状態・・・。


追伸:その後、Youtube動画の貼り付け方が分かりました。プレビュー画面では見えないのですが、投稿するとちゃんと貼れていました。明日、アップします!
[PR]
by hyblaheraia | 2013-04-19 17:50 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(19)

6月24日は -洗礼者ヨハネの讃歌-

f0133814_14481478.jpg
 空が青いほど白く、強く跳ね返ってくるようなラグーザ新市街のサン・ジョヴァンニ教会。

f0133814_14481668.jpg
 けれど夕方になると空の薄紫色にしっとりと溶け込んでいく。この表情の違いは一日のエネルギーの振幅と呼応しているのかもしれない。

 6月24日はキリスト教歴ではサン・ジョヴァンニ(洗礼者ヨハネ)の生誕を祝う日。でもラグーザではこの日ではなく、聖人が殉死した8月29日に祭りを行うのが伝統となっている。6月は祭りの準備ができないほど農作業が忙しい時期だったからなのだそう。
 洗礼者ヨハネの讃歌に耳を傾けながら、そんなことを思い出す今日この頃。

f0133814_11265229.jpg
 
Ut queant laxis のびのびと
resonare fibris 胸いっぱいに響かせて
Mira gestorum あなたの驚くべき偉業を
famuli tuorum, しもべたちが語れるように
Solve polluti 汚れたくちびるから
labii reatum, 罪を取り除いて下さい、
Sancte Ioannes. 聖なるヨハネよ

洗礼者ヨハネの生誕日である6月24日の夕刻のミサで歌われるこの旋律は、実はド・レ・ミの起源となっています。各節は一音ずつ上昇し、ウト・レ・ミ・フ・ァソ・ラという6音音列(ヘクサコルド)を作っているのが分かります。緑で囲んだ部分がそうです。
 あれ、ドとシがない?!と思われ方、さすがです。詳しくは後日・・・。只今、音楽動画作成中です。明日アップします。

(楽譜画像:Wikipedia, "ut queant laxsis"より転載した画像に緑で加工。歌詞:金沢正剛著『古楽のすすめ』より引用。

 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-06-22 15:16 | Comments(6)

一日の終わりの空に捧ぐ

 一日の終わりが西の空の彼方に吸い込まれる時刻に、無音で展開される空と雲の色の劇的な変化。黄色から橙色へ変わり、絹のような輝きを放ったと思うと、今度は赤みを帯びてきて、色の濃さを強めながら夜の空に染まり溶けていく。その時間を憧れと驚嘆と自戒の念を持って何度見送ったことだろう。明日は、太陽が眠りに着く僅かな時間にこの歌を捧げ、刻々と変わる空の色に音を聴いてみようと思う。


ヘンリー・パーセル(1659-1695)作曲
《今や太陽はその光を覆い隠し》 グラウンドに基づく夕べの讃歌 
Now that the sun hath veiled his light (An Evening Hymn on a Ground)

Now that the sun hath veiled his light 今や太陽はその光を覆い隠し
And bid the world goodnight; 世界におやすみを告げている
To the soft bed my body I dispose, 柔らかい寝床へ私は横たわろう
But where shall my soul repose? でも私の魂はどこで休むのだろう
Dear, dear God, even in Thy arms, 親愛なる神よ、あなたの腕の中より他に
And can there be any so sweet security! かくも甘美な安らぎがあるだろうか
Then to thy rest, O my soul! ああわが魂よ、ならば(魂の)安らぎのために
And singing, praise the mercy 歌いつつ、神の慈悲を讃えよ
That prolongs thy days. そうすれば(魂の)安らぎの日々が続いていくだろう

Hallelujah! ハレルヤ


::: ::: :::

 大変久しぶりですが、「音の絵」シリーズ第11弾です!
 17世紀イギリスの作曲家、ヘンリー・パーセルの歌を、夕刻のラグーザの空の移り変わりとともにお届けします。夕陽に向かって整列して行われるストウルヌス(ムジホシ・ムクドリ)の夕方の集会、さらに月の遠さと近さがもたらす町並みの表情の変化は、夕刻から夜へと変わるラグーザの空に欠かせない存在です。

 ソファ#ミ、ファ#ミレ、ミレド、レドシ、ドレレ、ソ~と繰り返されるバス(固執低音)の安心感、その上で伸びやかに歌われる旋律の純粋な美しさ。それらが心を穏やかな方向へ連れて行き、焦りや不安で忘れていた「喜びを感じる心」を思い出させてくれるような気がします。
 「癒しの音楽」という言い方は、聴くだけで癒されるという受動的なイメージがあって好きではないけれど、音楽が心を癒すということは、実は、忘れていた何かを感じさせること、なのかもしれないと思わせる作品です。

 日本の地震津波被害、原発の憂慮すべき状況、我が家上空を飛ぶリビアへ向かう空軍機の不気味な音、そして我々の今後一年の行方。それらの不安のせいか、最近は悪夢で夜中に目覚め、首筋の汗に髪の毛がびったりと張り付き、心臓がばくばく鳴っていることがしばしば。
 この歌詞の簡素は、宗教的な意味合いを超えて、日常に感謝し毎日を誠実に生きよというメッセージを万人に伝えているのではないでしょうか。


追伸:歌詞を訳す際に、Thy(大文字)とthy(小文字)を区別しました。thy=古英語で「汝、そなた」を、大文字は神、小文字はmy soul 魂にしています。thyを全て「神」としてしまうと、歌詞のレトリックが読めず、曖昧な感じになってしまうので、この解釈で訳しました。一次史料で大文字、小文字の区別があるかどうか・・・。
 感想などぜひ教えてください。いつもの通りソフトの限界で、音楽と映像のタイミングが合っていない所があるのですが、大目に見てください。次回の作品はもう決まっているので、早く作りたい!
 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-04-03 07:51 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(8)

ショパン生誕200年に際して -私の場合-

 人も、車も、店も、通信も、会話も、ラグーザの10倍の早さで動く東京で、目を回しながらあれやこれやと一か月頑張っていたいたら、遂に風邪でダウン。
 ひたすら寝て、水分と栄養を摂って、本を読んだり、ピアノを練習したり。でもピアノは意外と運動量が多く、筋肉も疲れるし、汗もかくし、結局、一時間ももたずにまたベッドでゴロゴロ。

f0133814_15503012.jpg
 でも頭では、従兄弟の結婚式で弾くピアノのことを考えている。
 今年はショパン生誕200年なので、やっぱりショパンがいいかな。新しい門出ということで、プレリュードから一曲、他にマズルカとの組み合わせもいいかな。バラードも華やかでいいけれど、ちょっと難しいかな。
 特にお酒が入るとパッセージの速い曲はミスタッチしそうで危ないし、トリルが一杯入っている曲も指が回らなくなる可能性があるし。かといって素朴な曲は大宴会場で冴えないし・・・。

 楽譜を引っ張り出して来て、いろいろ弾いてみる。脳と心ではこう弾きたいという鮮明なイメージがあるのに、指と筋肉がすっかりそれを放棄していて、長年のピアノ離れを実感。
 まずはゆっくり練習あるのみ。トコトコ練習あるのみ。

 疲れてきたら練習はやめて、youtubeでいろいろなピアニストを聴き比べて勉強。その曲を弾くという目的が明確なだけに、曲想や解釈、タッチ、身体の動きを真剣に観察。正しい解釈、西洋の教育の伝統、演奏の奥深さ、そこから際立って来る個性、というものを考えさせられる。

f0133814_18411176.jpg
 そして夜は別の形でピアノのことを考える。
 ショパンとドラクロワ、ジョルジュ・サンドの物語、平野啓一郎著『葬送』を読み、ショパンのあの哀愁を帯びた表情を想いながら眠りに就く。

 そんな毎日で、気付けば一週間が経過。その間、家から出たのは一度だけ。そして、その一度で風邪が悪化。なのでまた家でゴロゴロ、ピアノをトコトコ。

 こうして朝から晩まで、ショパン生誕200年を私なりに祝っております。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-10-17 18:17 | 生活 | Comments(14)

楽譜の製本SOS!

 ラグーザにクラシック音楽専門の楽譜店はないので、弾きたい作品はネットで探してプリントアウトしている。あれも、これも、と張り切って印刷するのはいいのだけれど、いつの間にかA4のぺらぺらコピー譜が大量に。

f0133814_6133915.jpg
 まぁそのうち製本しましょうと思いつつ、ぺらぺらめくりながら練習していたものの、次第に弾けるようになってくると気持ち良く没頭している時に次のページが見つからなかったり、ぺらぺら紙に譜めくりのタイミングを奪われたりして、ちょっとしたフラストレーションに。

f0133814_614659.jpg
 音楽が途切れるのはとても良くないこと。やっぱり製本しよう!と思い立ち、3ページの小品からせっせとのり付け。でも4ページ以上の作品はどうする?特に長大な《ゴルトベルク変奏曲》はどうする?(写真右下の絵柄入り扉の楽譜 -チェルニー版-)
 なぜなら、製本テープがない!


f0133814_6145863.jpgf0133814_614334.jpg
 こういう風にページをめくるために、楽譜に穴を開けずに製本するには?譜面台に置いた時に、きちんとページが開けるような製本にするには?

 日本だとどこにでもある製本テープ。下の紙の色も透けて見えて、上から字を書くこともできる優れもの。さっきグーグルで探してみたけれど、イタリアにはないみたい。そしてイタリアではコピー楽譜はスパイラル・リングで閉じるのが普通のよう。
 譜面台と鉄がこすれる音が嫌なので、絶対に紙か布にこだわりたい。今度の日本帰国まで待つしかないか…。
 ちなみに、製本が最も必要な《ゴルトベルク変奏曲》はまだ第5変奏で足踏み中なので、製本しなくても大丈夫とも言えるけれど…(第30変奏まであるので)。
 いや、いっそのこと、日本で楽譜を買えば良いだけのことか。
 それはなんだか簡単すぎて嫌だな。

 シチリアにいると苦労することに生きがいを感じるようになる、みたい。


ということで楽譜の製本SOS!
 製本テープに代わるもので50ページほどの楽譜をきれいにまとめるにはどうしたら良いでしょうか。スクラップブッグ方式は好きじゃないので、別の方法がありましたら…。目から鱗のアイディアをお願いします!一緒に悩んでくださるコメントも嬉しいです。解決にならずとも共に悩むことが大事なのであります。


追伸2:説明不足でした!製本には2種類のテープが必要です。1)コピー楽譜をくっつける不織布テープ、2)束ねたコピー楽譜の背の部分を綴じ合わせる布テープ。とりあえず1)を探しているのですが、8月のラグーザはゴーストタウン化し、店はみな休み。スーパーしか開いていないのでどうにもならず。もしかして、医療用テープでいいのかな?ならば薬局で買えるかも!
[PR]
by hyblaheraia | 2010-08-03 06:50 | 大学・研究 | Comments(20)

青い世界 -ラヴェルとシャガールと-

 去年の4月のこと。

f0133814_64935100.jpg
 突如現れた青い世界。空のあまりの青さに息を飲む。青く、ただただ青く、まるで海の底から水面を見上げているような錯覚に陥る。

f0133814_6502413.jpg
 見渡す限りの青い世界。雲が青を抒情的に歌っている。こんな青に包まれたことがかつてあっただろうか。
「ナハンダーヴ、ああ、美しいナハンドーヴ」
 ラヴェルの旋律が身体に流れ、

f0133814_6505592.jpg
 シャガールの青い馬(ロバ)や、青い鳥や、青い恋人たちを探していた。
 記憶の中の青い世界が鮮やかにうちに、感情たっぷりに残しておこう。


::: :::

音の絵シリーズ 第10弾!
モーリス・ラヴェル作曲 歌曲:《マダガスカル島民の歌》より、第一曲「ナハンドーヴ」

 青い世界に聴いたラヴェルの歌曲を溶かし込み、そこに見たシャガールのモティーフを埋め込みました。




 今日は暑くてパソコンが壊れそうなので歌詞は明日入れます。青い夢を見そうです~。
 また音割れしてしまいました。なのに音は小さいですね。おかしいな。
 ご意見やご感想など、ぜひお聞かせください。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-06-14 07:06 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(21)

記憶に留める

 今年初めてアマツバメがラグーザに姿を現した日の記憶。
 まだ上空高くを飛ぶ小さな黒い点を見つけて心がかすかに振動した感覚があり、寡黙な飛翔を仰ぎながら考えていたことがあり、イブラの谷を見つめながら込み上げてきたものがあり、イブラの谷に伝えたい一つのこともあった。空には渦巻く感情をゆっくりと抱くような色の変化があり、その感情をより深くへ押しやるような色の熱さがあり、心の底には静かに繰り返し鳴っていた音楽があった。
 この日の記憶は、この音楽を聴けば思い出すだろう。
 



音の絵シリーズ 第9回目

 この日の空とアマツバメとイブラの谷を見ながら聴こえていた音楽をまとめてみました。
 ヘンデル作曲 《鍵盤組曲第3番ニ短調HWV428》より第3曲、アルマンド。
 ピアノ:エフゲーニ・コロリオフ

 彼の演奏には、その旋律が持っている本来的な質や性格や歌う心に耳を傾けながら、一つ一つの言葉の形と意味を壊さずに、心を込めて救い出しているような印象があります。旋律のDNAをあぶり出し、それに深く共感しているような姿勢とも言いましょうか。それが彼の心の底から溢れて来る情感と魂となって、我々に伝わってくるのだと思います。
 本当に素晴らしいピアニストです。一度でいいから生演奏を聴いてみたいのですが、ラグーザに来てくれる日はあるのでしょうか…。
 動画のご意見やご感想など、お待ちしています。

追伸:動画の途中、アンテナに留っている黒い鳥が出てきますが、これはアマツバメではなくストゥルヌスです。夕方の集会をしている様子です。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-05-06 15:21 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(6)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク