タグ:野菜で遊ぶ ( 8 ) タグの人気記事

ボルロッティの分類

f0133814_6443451.jpg
 熱帯的なピンクが、限りなく白に近い薄緑とマーブル模様を作るボルロッティ豆。否、正確には、ボルロッティの莢。その色に魅せられて、この季節のBorlotti freschi(生のボルロッティ)をつい買ってしまう。


f0133814_725429.jpgf0133814_731860.jpg
 莢の鮮やかさにばかり見とれていると、中から出てくる豆粒に言われる。我々にも色合いの違う美しさがある、と。ああ、本当にその通りだ。

f0133814_6491930.jpg
 この上品な色の広がりと、その無限のマーブル世界。薄黄緑から白みがかった桃色、そこから少しずつ白みが消えて、次第に薄紫へ。そんな色の段階を見ることができる。
 触感はさらに想像を超えている。豆の粒はまんべんなくみずみずしさを湛え、触るとぷるるん、きゅきゅっ、ぷにゅ。
 夢中になる頭を一瞬上げて、少し遠めに見ると、一つとして同じでない色と模様に改めて気付く。同じ房の中にいる7~8粒の豆にも、それぞれ表情の違いがある。

 まさに自然の宝石だ。
 一粒一粒の個性を見分けようとしながら、なんとかこのボール一杯の豆たちを私なりに理解したくなった。そして・・・



f0133814_1965431.jpg
 分類に挑戦。分類の視点は豆の地色と模様の相互関係
 最初5分くらいは作業が進むけれど、豆を見続けるほどに分類の軸がぼやけてくる。最も極端な例から頭を整理しなおして何度もやり直す。
  

f0133814_6523085.jpg
 そして解決。分類図はこのように完成!
 上記の視点に基づき、全体で9種類に分けられる。左から順に1,2,3・・・9と番号を付け、5を基準と考えるならば、右に行くほど地の桃色度が強くなり、左に行くほど地の白~緑度が強くなる。これは豆の成長の度合ではなく、あくまでも個々の豆の色彩的性格の違いを示すもの。
 だから6~8の違いを明確にするのが難しかった。3種ともに地はピンクだけれど、6は茶色の、7は黒の柄、8は黒の柄が大きく入っているもの。


 なんてボルロッティと遊びながら、カンタータの分類でゼミ仲間と意見を異にした日々を思い出していた。
 分類に意味がなければならない、という意見に対し、分類自体に意味を持たせるのではなく、分類してみることでそこにきれいに収まるものと、収まらないものを見出すことが大事、だと主張した。

 対象全てを分類しきれなければその分類法が成立しないのではなく、分類から漏れたものにこそ、そのものの個性を見出すことが大事なのではないか。今もその考えは変わっていないことを、豆々しい分類学で再認識した一日だった。
 ボルロッティの理解は生物学的には間違っているだろうけれど。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-30 08:02 | 変わった野菜と果物 | Comments(22)

ドン・ナジーノの夢

f0133814_17574921.jpg
 きりりとした横顔、決して大きすぎない上品な鼻、つやつやの肌に手入れされた髪型。ああ、なんと美しいお姿、ドン・ナジーノ(小鼻氏)。

f0133814_1822116.jpg
 しかし彼の心には深い悩みがあった。
 シチリア人とは何か、この島に生きる人間のアイデンティティーとは何か。日々、哲学書に向かい、自問自答を繰り返している。
 ああシチリアや、シチリアや、シチリアや。我は何ぞや。

 ある日、ドン・ナジーノは決心した。シチリアの象徴であるトリナークリア女史に聞いてみよう。この島の歴史を知り尽くし、地中海の人々の賛美を受けてきたあの方なら、何かいい指針を与えてくれるかもしれない。

f0133814_184245.jpg
 トリナークリア様、教え頂きたいのです。シチリアに生きる私は、シチリア人として、どうあるべきなのでしょうか。この終わりなき問いに私は身も心も憔悴しております。どうか、私をお救いください。

 よろしい。そなたは、実に誠実な思考を重ねてきた。それは認めよう。しかし、他人の意見に耳を貸してばかりいても、真の答えは得られませぬぞ。まずはそなた自身をよく見つめ、この私と何が違うかを考えよ。
 そなたに言えることは、これだけじゃ。


 ああ、ありがたきお言葉。しかと肝に銘じて、トリナークリア様との違いを熟考させていただきます。


 そしてドン・ナジーノは考えた。晴れの日はカッルーボの木陰で、風雨の日は窓辺に座りネーロ・ダーヴォラのグラスを傾け、夜は星の動きを追いながら、思いつくままに思索にふけった。
 そうして一体どれだけ太陽が天を巡り、月が満ち欠け、星々が瞬いただろうか。ある朝、ドン・ナジーノはついに一つの答えに到達したのだった。
 それは・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・ (←クリック)
[PR]
by hyblaheraia | 2008-09-13 19:46 | 変わった野菜と果物 | Comments(32)

ドン・ナゾーネの愛に学ぶ

f0133814_22155529.jpg
 ずっとベッドの下で眠っていた地元のワイナリー、アヴィデ社の名品、トレ・カラーティ
 3カラットを意味するその名は、3粒のカッルーバ(イナゴマメ)がダイヤ1カラットと同じ重さであることに由来する。長い夏の眠りから目覚め、輝きを放つ瞬間を今かと待つ。

f0133814_22192917.jpg
 そのお伴をするのは、地元の名士、ドン・ナゾーネ(大鼻氏)。名誉な役目を少々緊張気味に待つ。
 しらばくすると辺りが騒がしくなってきた。そろそろ記者会見の時間だろうか。行ってみると、そこには


f0133814_22223747.jpgf0133814_22225712.jpg おお、ドン・ナゾーネ!トマトキシード(タキシード)に身をまとい、何と威厳ある姿だろう。
 
 ドン・ナゾーネ!こちらを向いてください!パシッ、カシャッ!
 フラッシュの嵐に応える我らのドン。

 一人の記者が近付き、マイクを向ける。ラグーザの生活は最近どうですか?
 うむ。ベッリッスゥムじゃ。
 おお~!bellissimo(素晴らしい)のラグーザ訛りに感嘆の声が上がる。するとその時・・・

f0133814_222431.jpgf0133814_22242130.jpg なに?これはネーロ・ダーヴォラじゃな。
 さすがは我らのドン!鋭い嗅覚で地元の味を嗅ぎ分ける。

 グラスにゆるりと注ぎ、一口含み、沈黙の一時。そして、
 うむ。ベッリスゥムじゃ。

 おお~~!ドン・ナゾーネ、Viva万歳~~!

f0133814_22255129.jpg
 なんて二人でワーワー言いながら遊び、なかなか夕食の準備が進まない。そしてテラスにバジリコを取りに行ったルカが叫ぶ。すごいよ~!早く早く!!
 夏の満月はオレンジ色の光を湛えてあの丘からゆっくりと姿を見せる。しばし見とれ、夕食の準備を忘れている二人。

f0133814_22324594.jpgf0133814_2233440.jpgf0133814_22332823.jpg
 いやいや、やらねば。慌ててパスタを整形する私。今日は迷いなくカウザネッドゥcausaneddu。小さく切ったパスタを親指の先で潰して、転がし、潰して、転がし。

f0133814_22355449.jpgf0133814_2236144.jpgf0133814_22363648.jpg
 ルカはソース担当。パスタ・アッラ・ノルマの主役はドン・ナゾーネと隠し味のネーロ・ダーヴォラ、地元の塩漬けケッパー、黒オリーヴ。茹であがったぷりんぷりん、つるんつるんのパスタを入れて、豪快にあえる。

f0133814_2248142.jpg
 仕上げに卓上でリコッタ・サラータを削る。
 今日のワイン、トレ・カラーティの素晴らしさに負けず劣らず、このノルマは歴史に残る味だった。もうこれ以上は何も足せず、引けない、絶妙のバランス!ドン・ナゾーネの愛も深く伝わってきた。
 
 そして不思議なことに、手打ちパスタはたくさん食べても胃にもたれず、良いワインは1本開けても変に身体に残らない。安心な材料で、時間をかけて作られたものは本当に身体に優しいのだろう。
 たまには手間暇かけて、良い物を、良いワインとともに食べるのはいいな。



毎日ワインとビールが1本ずつ必要なので大変です・・・。      

管理人より一言:
コメントを拝見するたび思っていたのですが、すみませ~ん、みなさん、サイトを間違えていませんか~~?!?!
23/8/08

[PR]
by hyblaheraia | 2008-08-19 23:49 | 料理 | Comments(22)

西瓜な日々

f0133814_2561656.jpg
 火照る身体と、乾いた喉を癒してくれる天然の恵み。西瓜(anguria、アングーリア)
 甘いジュースを口一杯に含み、種を避けながら無言になって食べていると、西瓜に吸い付いて離れないカブトムシは、きっとこんな気持ちなのかもしれない、と思う。


f0133814_2474241.jpgf0133814_2584593.jpg
 イタリアの西瓜は黄色と緑の縞模様。細長く、大きく、そして重い。
 今年初のお目見え、アングーリア・プリマ(西瓜一子)ちゃんは体重が気になる模様。後ろから覗き見すると、7キロ!

f0133814_2551446.jpg
 あ~、もう少しダイエットしないと・・・。
 まぁまぁ、いいじゃない。女の子は丸い方が魅力的というもの。

f0133814_31498.jpg
 この季節、メロンもまた甘くて美味しい。数日置いた方が一層熟してとろとろに甘くなるので、ベランダの隅に置いている家などを良く見る。
 我が家ではナスのアク抜きの重石になったり、ルカの運動の道具になったり、いろいろ。

f0133814_312913.jpg
 西瓜が切れるとすぐに買い足すので、最近の食卓はフルーツに占領されている。フルーツ皿の中は桃とネクタリン。
 ところでこの日我が家に来たアングーリア・テルツァ(西瓜三子)ちゃんは、

f0133814_342198.jpg
 40センチ近い長身。この三子ちゃん、自ら体重計に乗るも・・・、

f0133814_38733.jpg
 一子ちゃんのようには立っていられず横にゴロンと。そして、体重はなんと11キロ!!
 う~む、何と声をかけるべきか迷っていると、
 
f0133814_344834.jpg
 ぐーすか眠っていらっしゃいました。
 そうそう、それくらいの大らかさが必要。


お宅の西瓜娘たちはいかがですか?      
[PR]
by hyblaheraia | 2008-08-04 04:38 | 変わった野菜と果物 | Comments(18)

テネルーム 柔らかさ

f0133814_1284556.jpg
 テネルームtenerum
 シチリア語で「柔らかさ」という名の地元野菜。長い蔓と茎は優しくしなり、起毛状のふんわりした葉がいくつも付いている。繊細な野菜なので、大きな葉で保護して束を作る。一束、なんと50セント
 この蔓の先には、本来

f0133814_1335625.jpg
 こんなものが実る。長くて白いズッキーニ。50~80センチくらいはある!

f0133814_1403439.jpgf0133814_1411476.jpg

 テネルームの束をそっと開けると、ほら!まだ小さなズッキーナと白い花が顔を覗かす。クリクリクリッと巻かれた蔓もかわいい。

f0133814_4375321.jpgf0133814_4391281.jpg
 さらに、こんな鈴成りの葉を見つけて驚いたり、いつもながら小さな虫と出会ったり。野菜観察にしばし熱中。

f0133814_1583021.jpg
 テネルームの可食部分はほんのわずか。いつもの行商の八百屋、ラッファエーレが可食部分の見本を作ってくれた。これを見ながら、選定作業を始めると、

f0133814_2243100.jpgf0133814_201064.jpg
 こんな感じに。
 長い束から、開いたばかりの葉、柔らかい茎、つぼみのようなクニュクニュした部分だけを丁寧に切り取ると、なんともみずみずしく、初々しい、赤ちゃんのような茎と葉が集まる(写真右)。
 でも、これ以外を全て捨てるのはもったいないので、

f0133814_271992.jpg
 比較的きれいな大きな葉を選び、柔らかくなるおまじないをする。
テネブラ・カタブラ、テネルーム~~!  すると、

f0133814_2101641.jpg
 メリ、メリ、メリメリ・・・!
 葉脈が剥がれ落ち、初々しい葉に生まれ変わる。まぁ、お肌のピーリングのようなものかな。
 茎の部分も繊維をはがして、テネブラ・カタブラ、あなたはテネルーム(柔らかさ)~~

f0133814_214452.jpgf0133814_2142377.jpg
 こうして野菜と戯れ、ようやく調理に(遊び過ぎ?)。
 茹で上げたテネルームを、オリーヴ・オイル、唐辛子で軽く炒め、塩で味を調える。それを手打ちパスタにあえて、リコッタ・サラータか、パルミジャーノをふりかける。
 いつもながら、チーズが食卓にゴロリンと。

 ちょっと手間のかかる地元野菜だけれど、あくせくせず、夏の間だけは彼らと楽しく対話しよう。


テネブラ・カタブラ、テネルーム・・・!
 
[PR]
by hyblaheraia | 2008-07-09 05:16 | 変わった野菜と果物 | Comments(20)

緑のヒヨコ豆 Ceci verdi

f0133814_17333387.jpg
 お爺さんの代から3代目になる行商の八百屋、ラッファエーレ。ハイ・テノールの行商の歌が今日も聴こえてきた。ウ・ポモローリ、イククッツィ、ピーラ、プーマ~~~~!!(シチリア語でトマト、ズッキーニ、洋ナシ、リンゴ)
 よし、行くぞ!

f0133814_17341189.jpgf0133814_17352059.jpgf0133814_17414724.jpg
f0133814_17421975.jpgf0133814_1742357.jpgf0133814_17425645.jpg
 今日もヘンテコ野菜がいっぱい!見ているだけで血が騒ぐ!

上段左から:ヒヨコ豆ボルロッティ巨大インゲン(名前は忘れた!モロッコ・インゲンに似ている)
下段左から:テネルーマ(ズッキーニの茎と葉)、カーヴォロ(丸い根だけを食べる、カブみたいな味)、アニーヴィア(本土のスカローレに似たもの、ほろ苦い味)

 下の3つはまさにラグーザ県一体の超バリバリ地元野菜たち。テネルーマイタリア語のテネレッツァ=柔らかさ、の意味。ここに来た頃、なんじゃこれ!!と驚くガイコクジン(ナポリは既に外国)のルカに、「あーうー、何て言うんだっけ、柔らかさ!」と答えたラッファエーレがおかしかった。

f0133814_174712.jpg
  そんなヘンテコ野菜に挑戦するのは、いつも私。今日は緑のヒヨコ豆ceci verdiを買ってみた。
 ずっと枝豆だと勘違いしていて未挑戦だったもの。フレッシュなので生でも食べられるらしく、数粒味見させてくれた。甘くてちょっと土っぽい味。
 料理の仕方を聞くと、簡単だよ、ニンニクとオリーブオイルと、イタリアンパセリとトマトと玉ねぎで・・・、と予想通り、いつもの答えが返ってきた。
 ラグーザ人に聞くと八百屋でも魚屋でも、どこでもこう答える。予想を裏切らないところが楽しい。

f0133814_1748735.jpgf0133814_17511690.jpg
f0133814_17483789.jpg
 さてさて、帰ってさっそくヒヨコ豆の掃除開始。このまま放置しておくとニョキニョキ虫やら蛾やらが出てきそうなので。

 全長75センチ、森のようにモサモサ。そこから豆の部分だけを挟みでチョッキン・・・、チョッキン・・・。
 全部切り取るのに30分以上もかかった。

 中身はこんな感じ。みずみずしい緑のヒヨコ豆がぽっこり顔を出す。



f0133814_17552791.jpg 一緒にかったボルロッティも掃除しようかな・・・と新聞に広げた時、ん?
 ちょっと何かやりたくなったぞ。

f0133814_17585976.jpg
 ウォーーー!マメカップ優勝~~!!!!
 昼間に一人で楽しんでオリマス。


f0133814_1813063.jpgf0133814_182204.jpg
 夕方、ルカが帰って来て緑のヒヨコ豆にちょっと困った顔。これどうやって料理するの?ナポリでは見たことがないらしい。
 ニンニク、オイル、トマト、パセリ・・・って言ってたけど。
 ハハハ、何でもみんなそう言うねー、と笑うルカ。やっぱりこのお決まりのセリフがないと。 

 二人でテラスに出てメルロの歌を聞きながら、チビチビと豆を剥くこと15分。一房に一つしか入っていないので時間がかかった。そう言えばラッファエーレも言っていたなぁ。
 Si deve lavorare. (料理する前に)皮むきが大変だよ、と。

f0133814_1825634.jpg
 そして夕食。
 ガイコクジンの我々は周囲の勧めを裏切って、ドーンと

ラグーザ創作料理: 
チュニジアのスパイシーソーセージとヴィオレッタ(薄紫の柔らかいナス)のジューシー炒め、ヒヨコ豆添え。リコッタ・サラータをたっぷり掛けて。

 向こうに見えている白い山は、リコッタ・サラータなり。
 いつもこうしてダイナミックな食卓、好きなだけ削って幸せ!

 今日もラグーザ的な楽しい一日を過ごしましたとさ。


豆豆マーメ・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-06-09 19:20 | 変わった野菜と果物 | Comments(10)

とげとげトゲトゲ棘棘togetoge

f0133814_16564490.jpg
 紫のひだに白い多足生物が這い、噴き出す火山は鋭く天を突く。欲を出しすぎると激しく折られ、二度と上を向くことはない。

f0133814_1657975.jpg
 なんという地獄の風景!ここはどこだ!

f0133814_1715554.jpg
 あ、もしかすると・・・。

f0133814_17184052.jpgf0133814_1765654.jpg
 ナスです。
 ヴィオレッタと呼ばれる薄紫のナス。皮が極めて薄く、柔らかく、ジューシーで甘い。これは比較的大きめだが、もう少し小ぶりできれいな薄紫色もある。
 中は真白、種も少なく、フルーツのように見える。

 と、褒めるのはここまでにして、一言言わせてもらおう。
 シチリアの野菜たちよ、その棘棘しい性格をなんとかしておくれ!

f0133814_1714053.jpg
 これだってそう。一見、ツルツルで感じの良い顔をしているけれど、

f0133814_17243187.jpgf0133814_17252150.jpg
 トゲトゲ、モサモサ、刺さるとチクチク、ピリピリ、なのだ。
 どうも野菜を洗う時にやられるらしく、いつも指先に違和感がある。白くて細い棘だけに、虫眼鏡でも見えない。そのうち取れるだろう、とあきらめてもチクチク。次第にイライラしてくる!キーッ!

f0133814_17332344.jpg
 棘に困るのは蜘蛛も同じ。呑気に歩いていたら長い棘に足がからんで落ちかけ、糸を吐いてセルフ・レスキューしていた。
 人にも虫にも優しくないシチリア野菜。

f0133814_17282685.jpg
 昨日、夏に出回る普通のナスを買った。これはどうかと見てみたら、

f0133814_1735319.jpg
 やっぱり・・・。

 こんな野菜ばかり食べてたら、togetogeしい性格になっちゃうぞ。


チクッ・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-05-14 18:14 | 変わった野菜と果物 | Comments(6)

バジリコ舟の方位磁石

 このところ人工衛星観察で盛り上がっている我々は、正確な通過位置を特定するため、方角を入念にチェックせねばと話していた。方位磁石があれば…と口にした途端、ひらめいた。
 小学理科の実験でやったあれだ。実験セットはないけれど、裁縫の待ち針の先を磁石で何度かこすり、水に浮かべれば北が分かる!高揚する私にルカは人工衛星サイトを見ながら、いまいちな反応。ならばやって見せんと早速、裁縫箱から待ち針を取り出し、冷蔵庫にメモを貼り付ける磁石でゴシゴシ始めた。
 しばらくすると、その通りだよ!!(Hai ragione!)と今更ながら叫ぶルカ。フフフ、遅いぞ君、妾(わらわ)は既に始めておるぞよ、と勝ち誇った気分でまずはコップに水を張り、磁石をこすりつけた待ち針をそっと置く。水の表面張力があるので浮くはず・・・だろうと思っていたが、針が重すぎて沈んだ。ルカはやっぱり、という顔をしている。うぅ、悔しさが込み上げる。
 ならば針をワインのコルク栓に刺して浮かべてみよう!とコルクを薄くスライスしていると、ルカは葉っぱに乗せて浮かべれば!とテラスに走った。

f0133814_17561361.jpg バジリコの葉を数枚持ってきて、それを直接水に浮かべようとする。が、そこに待ったをかける私。そのままではバランスが崩れ、針が落ちてしまうではないか。
 待ち針を葉に刺せば、舟のようになり浮くだろう。妾にさせるべし!玩具を取り合うように、二人の間でちょっとした緊迫が続く。
 勢い余って水を張った皿が動き、水面が大きく揺れた。水を揺らしてはダメだと真剣になるルカとの問答を余所に、バジリコ舟はのんびりと波に乗りつつ、左右に振れ、次第に動きを静めていく。そして一点を差した。これだ!

f0133814_179369.jpg でも、もしかすると偶然かもしれない。念のためもう一艘作ってやってみよう。今度は慎重に浮かべる。第二バジリコ丸は、何かに誘引されるようにゆっくりと舵を取り、そして二艘が同じ方向を向いた
 おぉー!子供のようにはしゃぎ抱き合う我ら。これぞ真の北だ。北の北なのである。
 なんという神秘的な現象か。目に見えない自然の力が、明らかにそこにある。何の変哲も無い、素朴な道具で、宇宙の磁場が表現されている。鳥肌が立つような驚きと、発見の喜びが体中に沸き起こった。

 子供の頃に学び、感じたことは記憶の深層に刻まれているのかもしれない。ふとした時に、普段は思い出すこともない昔の体験がフラッシュバックされることがある。特に、最近ひまにしているせいか、そういうことが多い。いや昔を懐かしむなんて、単に年を取ったのかな。

人気blogランキングに参加中 夏休みの宿題は済みましたか?
[PR]
by hyblaheraia | 2007-08-01 18:17 | 変わった野菜と果物 | Comments(2)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク