タグ:教会 ( 20 ) タグの人気記事

6月24日は -洗礼者ヨハネの讃歌-

f0133814_14481478.jpg
 空が青いほど白く、強く跳ね返ってくるようなラグーザ新市街のサン・ジョヴァンニ教会。

f0133814_14481668.jpg
 けれど夕方になると空の薄紫色にしっとりと溶け込んでいく。この表情の違いは一日のエネルギーの振幅と呼応しているのかもしれない。

 6月24日はキリスト教歴ではサン・ジョヴァンニ(洗礼者ヨハネ)の生誕を祝う日。でもラグーザではこの日ではなく、聖人が殉死した8月29日に祭りを行うのが伝統となっている。6月は祭りの準備ができないほど農作業が忙しい時期だったからなのだそう。
 洗礼者ヨハネの讃歌に耳を傾けながら、そんなことを思い出す今日この頃。

f0133814_11265229.jpg
 
Ut queant laxis のびのびと
resonare fibris 胸いっぱいに響かせて
Mira gestorum あなたの驚くべき偉業を
famuli tuorum, しもべたちが語れるように
Solve polluti 汚れたくちびるから
labii reatum, 罪を取り除いて下さい、
Sancte Ioannes. 聖なるヨハネよ

洗礼者ヨハネの生誕日である6月24日の夕刻のミサで歌われるこの旋律は、実はド・レ・ミの起源となっています。各節は一音ずつ上昇し、ウト・レ・ミ・フ・ァソ・ラという6音音列(ヘクサコルド)を作っているのが分かります。緑で囲んだ部分がそうです。
 あれ、ドとシがない?!と思われ方、さすがです。詳しくは後日・・・。只今、音楽動画作成中です。明日アップします。

(楽譜画像:Wikipedia, "ut queant laxsis"より転載した画像に緑で加工。歌詞:金沢正剛著『古楽のすすめ』より引用。

 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-06-22 15:16 | Comments(6)

夢の連鎖 Ponte dei cappuccini

f0133814_029284.jpg
 Ponte dei cappuccini カップッチーニ会修道士の橋、と地元の人々に呼ばれる橋。深く切り込まれた谷の上を一直線に走る。

f0133814_193674.jpg
 橋の下は足がすくむほど地面が遠い。水流の音も、遠い。
 この橋がなかった頃、修道士たちは粗末なサンダルで谷を降り、イルミニオ川を渡り、再び谷を登って移動していたという。暑さと、寒さと、悪天候の中、それはどんなに厳しかったことだろう。

f0133814_0574052.jpg
 (写真手前がカップッチーニ修道会の橋)
 橋の建設を発案したのは修道会の神父。修道院とその周辺に広がり始めた集落の人々の声を集め、谷に隔てられた二つの地域を結びつけた。工事着工は1837年、完成は1843年。歓声を上げてこの橋を渡る人々と馬車と家畜の様子を思い浮かべる。

 それからおよそ170年。現在、この橋には、
 
f0133814_03082.jpg
 誰にも開けられない、若者の夢が連鎖している。

f0133814_0332970.jpg


f0133814_0364228.jpgf0133814_0363965.jpg
 夢の行方は、彼らにも分からない。
 170年前の若者の夢は、見えない橋と錠で結ばれていたのではないかな。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-09-15 01:40 | 歴史 | Comments(6)

ノート Noto のディティール

 ノート Noto に行ってカッテドラーレを見る。
 1996年の地震で一部が崩壊し、2007年に完全修復されたばかりのカッテドラーレを見なければ、ノートに行ったとは言えないと思っていた。
 けれど他にも見るべき大切なものがあることに気付かされた今回の旅。


f0133814_3572568.jpg
 ノートの中心広場に着くなり、あのマリアンニーナ・コッファ Mariannia Coffa の胸像が視界に飛び込み、近寄って確かめた瞬間、軽い一撃を受けたような気がした。
 そうだ、ノートは彼女が眠る場所だった。一時はあれだけ熱く彼女の人生を考えていたのに、ノート出身だったことさえ忘れてしまうとは。

(不運な生涯を送った詩人、マリアンニーナ・コッファの記事は こちら )

f0133814_3585497.jpg
 ああ、これがかのカッテドラーレ。なんという大きさ。黄色くまぶしい。空の青とのコントラストが痛い。運悪く、昼休みで閉まっていたので中は見られず。

f0133814_3593288.jpg
 でもそれで良かったような気がする。
 対面のパラッツォ・ドゥチェーツィオの窓に反射する、もう一つのカッテドラーレは安心して見上げていられるし、

f0133814_474833.jpg
 あるパラッツォ最上階のバルコニーに透けて見える青空は、豊穣を象徴するようなフォルムと、その向こうの永遠なるものを感じさせてくれた。


 そしてシチリア南東部特有のバルコニー装飾。

f0133814_4153079.jpg


f0133814_423454.jpg


f0133814_4232082.jpg
 どれもラグーザのそれとは全く趣が違う。

f0133814_5405562.jpg


 カッテドラーレには入れなかったけれど、マリアンニーナ・コッファのことを思い出し、ノートの街全体にちりばめられた美しく、心を開かせるディティールに満たされ、ノートらしさ、ラグーザらしさ、昔と現代のシチリアの違いを感覚的に理解した一日だった。

(感覚人間です・・・)
[PR]
by hyblaheraia | 2010-08-26 05:22 | シチリア他の町 | Comments(12)

追想 サン・ジョヴァンニ祭りへの

昨夜、眠くて書いたので意味不明でした。書き直しました…。


 過ぎ去ったものへの記憶とは、体感した音、光、空気の震えや温度、艶めかしい感触のようなものを一心に甦らせることによって、それらを脳裏に深く刻もうとする行為なのではないだろうか。だから、記憶の糸を手繰り寄せているうちに、その時の感覚を呼び起こそうと、想像が想像を呼び、全ては実際の体験よりも色と艶と濃淡を増し、妖しく光を放つのではないだろうか。

f0133814_4344884.jpgf0133814_4351040.jpg
 サン・ジョヴァンニ祭りの記憶は、今私の中で色や光の濃度を高めつつある。例えば、斬首された聖人の銀細工が周囲の空気をひたと止めた瞬間は、実際よりも長く冷やりと思い起こされ、

f0133814_4394013.jpg
 盛大な爆竹で空気が裂け、火薬の匂いが立ち込めた瞬間は、耳と鼻の奥を突く鋭さを思い出す。

f0133814_520477.jpg
 聖人像を照らすランプと蝋燭の炎のゆらめき、鮮やかな光のアーチは、妖しい暖色の空間となってうねり出す。人の肌さえも橙色に輝くその夜は、異様な空気となって記憶に浸透している。


f0133814_5121092.jpgf0133814_5231426.jpg
 短白衣に身を包む聖職者の列は、厳格な階位と、強固な意地を張り巡らせた白い蛇のイメージとなって降りて来る。衣類の装飾は聖職位に比例し、短白衣の見事なレースには教区間のシニョーラたちの技が競われていたからだ。

f0133814_5342194.jpg
 聖人がゆっくりと我らの前に現われるあの一秒一秒は、もどかしくもあり、終わらないで欲しくもあった。その矛盾した感覚が浮き上がって来る。

f0133814_5295617.jpg
 言葉なく見上げていると心を見透かされるようだった。


f0133814_4585135.jpgf0133814_4591359.jpg
 聖人の血を想像させる、ほとばしる赤が目に刺さった。それらは身体が覚えている。

f0133814_4533817.jpg
 そして、血痕のような花が目の前に咲き乱れた時、不思議と音が遠のき、身体がふわりと浮き、感覚のなさに支配された。自分の存在が祭りの興奮に溶ける、あの透明な感覚は何だったのだろう。


f0133814_505867.jpg
 ブラスバンドのシチリア的な哀愁と、鳴り続ける鐘がもたらす高揚した聴感覚、溢れる光と生温い空気は、狂騒の魔物なのだろうか。そこにいる時は感覚を麻痺させ、私の存在さえも飲み込んでしまうが、そこから解放された途端にどっしりと重い安堵感がのしかかり、現実に押し戻される。

 こうして記憶というのは、色はより鮮やかに、光はより煌びやかに、香りはより芳しく付け足しながら、自己の内で永遠に美化され続けるものなのかもしれない。
 ラグーザにいると、ふとそんなことを思う。

[PR]
by hyblaheraia | 2009-09-08 08:05 | 祭り | Comments(2)

憩いの眺め

f0133814_7152426.jpg
 Chiesa di S. Francesco all'immacolata
 束の間の憩いの風景。カフェを飲みながらずっと眺めていたいけれど、実は大学のトイレの窓からの眺め。

f0133814_716132.jpg
 青い空にそびえる鐘楼。崩壊した彫像をそっと撫でる薄雲。この組み合わせに、いつも体中からふっと力が抜ける感覚を覚える。彫像にしっかり顔が付いていたら、こういう気持ちにはならないだろうな。

 廃墟や朽ちたものだからこそ、そこに見えない姿を想像し、限りない美を感じるのかもしれない。


見えない美しさってありますよね。      
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-18 07:34 | 歴史 | Comments(10)

ロザリアの聖母の祭り 2008

f0133814_4523011.jpg
 ロザリアの聖母の祭り(エッチェ・オーモ教会の守護聖人祭り)が11日の日曜日にクライマックスを迎えた。
 プロチェッシオーネと呼ばれる宗教行列の日、この通りは神秘的な空気に包まれる。光の道に聖母マリアの御輿が吸い込まれるように入っていくこの瞬間が好きだ。


聖母像がここに来るまでに・・・  ←click
[PR]
by hyblaheraia | 2008-10-18 06:14 | 祭り | Comments(10)

感嘆の声

f0133814_64648.jpg
 サン・ジョヴァンニ大聖堂(カッテドラーレ)に入るや否や、深く息を飲んで言葉少なになったお義母さん。傍を歩きながら、小さな溜息を何度も聞いた。

f0133814_6113635.jpgf0133814_6173046.jpgf0133814_6151770.jpg

f0133814_6194533.jpgf0133814_6201561.jpgf0133814_6204357.jpg

f0133814_6402766.jpgf0133814_640524.jpgf0133814_6411989.jpg

 5月は聖母マリアの月。宗教行列processioneに使う聖母像の御輿が小さな光で彩られ、祭壇奥には照明がかかり、床も柱の袂もラグーザ特有の石、ピエトラ・ペーチェで黒光りする。カッテドラーレの中は正午近くの強い日差しを取り込み、白が優雅に映えている。
 そして、お義母さんの感嘆の声を聞きながら、朝のあの言葉を思い出していた。
 ヒブラ、あなたは天国にいるのね!Hybla, tu stai in paradiso!
 テラスでアマツバメの飛翔を見上げ、野鳥の声に聴き入っていた早起きのお義母さん。ボンジョォルノ~~と眠い声で挨拶をすると、くるっと振り向き、喜び溢れる笑みとこの言葉を返してくれた。
 まだ初日なのに、既にラグーザの美しいものの一つを感じてくれている。それがとても嬉しかった。

 この日からいったい何回、この言葉を聞いただろう。
 ラグーザはお義母さんにとって忘れ得ない何かを残したよう。

天国みたい・・・!?。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-06-02 08:01 | 歴史 | Comments(2)

イブレオ庭園の教会

f0133814_5483987.jpg
 イブレオ庭園の緑に溶け込むサン・ジャーコモ教会Chiesa di S. Giacomo
 他宗教の聖堂跡に建てられた14世紀の姿は、1693年の大地震で完全に失われてしまった。現在は身廊のみの構造。

f0133814_5594622.jpgf0133814_603774.jpg
 再建の際、地下からこんな遺構が発掘された。ローマ時代のもという説もある。知らなければ石ころに見えるけれど、ラグーザの古い歴史を語る貴重な跡。
 でもこの柱だけは新しそう・・・。

f0133814_642112.jpg
 眩しさをこらえてファサードを見上げると、そこにはサン・ジョルジョS. Giorgioの凛々しい姿が。サン・ジャーコモ(聖ヤコブ)と、福音史家サン・ジョヴァンニ(聖ヨハネ)がその傍らを固める。
 この右側の壁に、ジョヴァンニおじいさんの叔父さんが制作した二体の彫像が置かれている。

f0133814_684474.jpg
 お~い、ジャーコモー!君は聖人になったのかー!!
 中学生らしき男の子たちが叫んでいる。リュックを揺らして笑いながら走ってきたジャーコモ君はちょっと恥ずかしそうだった。
 自分の名前をくれた聖人の教会を見ると、どんな気持ちになるのだろう。私には一生味わえないな。

f0133814_5502716.jpg
 サン・ヴィンチェンツォ教会Chiesa di S. Vincenzoを背後から見る。このたたみかけるような石の連なりをただ眺めていたい。石には温かみがある。

f0133814_6185659.jpg
 石の模様から浮かびあがるアーチ形。おそらく潰されてしまった扉の跡だろう。
 アーチ内部は同じ形と大きさの石が整然と並ぶのに対し、上部にはばらつきがあるのが気になった。アーチは後から埋めたのかもしれない。慎重な精神が感じられる。

f0133814_6141384.jpg
 背後から青空に透かして正面を見据える。眩しい白と濃い青とのコントラストは、私の好きなラグーザ的風景。

f0133814_6152795.jpg
 マヨルカ焼の鐘楼がさらに鮮やかな色彩を表現し、そこに加わる緑の濃淡が光の広がりを作っている。

f0133814_616731.jpg
 弾けるような色に誘われて、庭園で憩う人々の声もどことなく弾んでいるような気がする。

f0133814_6195963.jpg
 揺れる椰子に見守られながら、庭園の奥深くへ入っていく人々。地面に落ちた大きな影が、人々を優しく抱擁しているように見えた。

追伸:3つ目のカップチーノ教会は時間がなくて見られませんでした。また次回!

緑に溶け込む石の教会・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-05-13 08:08 | 歴史 | Comments(4)

ラグーザ色の空に

f0133814_7505282.jpg
 ラグーザ色の空。
 奥行きの見えないほど青く澄み渡ったところに、風と雲と光が戯れている。こんな空に迎えられる朝は、じんわりと暖かい何かが体中に沁み渡っていく気がする。
 新市街のカッテドラーレを見上げながら、ラグーザ色の空を満喫する悦び。風見鶏も気持ちよさそう。
 見上げたままシャッターを押したら、こんなに斜めの写真が。

f0133814_7521322.jpg
 高さ50メートルの鐘楼の先には、さらに高い空を感じる。
 この鐘楼は本来、二本建つ予定だった。5000人の死者を出した1693年の大地震の後、石職人が集まり少しずつ建立しながら全体のプランを作っていったため、特別な図面もなく、一本目が出来上がった時には重すぎて地盤沈没が発見されたとか。
 町の復興にかけた人々の勢いが感じられる、ちょっと微笑ましいエピソード。

f0133814_7533887.jpg
 すっくと伸びるコリント式の柱。その頂にはアカンサスの葉、足元には天使の顔。ああ、この盛期バロック的な力強さと迷いの無さ。そしてその向こうに広がる青い空間。なんという清々しさ。

f0133814_7545380.jpg
 数歩下がって見上げればこの豪奢なファサード。ほぼ頭上から降り注がれる眩さと、覆い被ってきそうな迫力に圧倒され、さらにさらに後退りして。

f0133814_8464229.jpg
 逆光ぎりぎりの所で見上げると、教会と言うより巨大遺跡のような趣。
 ラグーザの町に個性的な息吹を与える夕焼け色の石灰岩を愛でながら、抱きかかえるように、ゆっくりとゆっくりと後方へ。

f0133814_8471667.jpg
 教会前の踊り場の、際の際で撮った精一杯の一枚。
 ラグーザ人のこの町への愛の大きさ。それを包むラグーザ色の澄みきった空を満喫し、あの旋律が頭の中に響いていた。

 モーツァルトのオペラ《ツァイーデZaide》K.344 のアリア。「安らかにお休み、私の愛しい人よRuhe sanft, mein holdes leben(第1幕第3場より)。大好きなサンドリーヌ・ピオの歌声で。ピッツィカートに乗って歌い出される揺るぎない旋律。その限りない優しさに酔いしれ、音楽の中に溶けていくような心地に・・・。
 ルチア・ポップのしっとりとした歌いもぜひ。艶のある中音域に溜息が。

 お時間のある方は、ヴィヴァルディのモテット《まことの安らぎはこの世に無くNulla in mundo pax sincera》 RV 630.とバロック建築のコラボレーションもどうぞ。
 どこまでの澄み切った青空に捧げたいメロディー。洗濯物を干しながら思わず口ずさんだり!
 
 ラグーザ色の空にそよぐ雲の気分になりますように!

ラグーザ色の空・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-04-08 09:08 | 音の絵:写真と音楽のコラボ | Comments(18)

両眼をえぐられた聖女に捧ぐ ―サンタ・ルチーア教会―

f0133814_737287.jpg
 イブラ全景を見下ろす崖に立つサンタ・ルチーア教会。この右側にあの景色が広がる。
 ガイドブックにはほとんど掲載されない小さな宝石のような教会。ラグーザの中には世界遺産の教会10軒貴族邸宅8軒、合計18軒もあるのだから、省かれても当然かもしれない。

f0133814_7351449.jpgf0133814_7353659.jpg
 サンタ・ルチーア(Santa Lucia、聖ルチア)はシチリアのシラクーザに生まれ、婚約者にキリスト信者であることを密告され、304年頃、拷問の末殉教した。火炙りにされ、喉を剣で突かれ、両眼をえぐられたという伝説に基づき、彼女をテーマとした絵画には杯に乗せられた両眼が描かれることが多い。
 この教会の祭壇画も拷問の場面を描いたもの。ローマ人の手には鋭い刀が光り、ルチーアの足元には目を伏せる女性が。

f0133814_7345019.jpg
 教会内部の中心にはサンタ・ルチーアの像が。凛とした空気を湛え、左手には聖杯、右手には棕櫚の葉を持ち・・・

f0133814_7415011.jpgf0133814_7412746.jpg
 その両脇には、彼女のえぐられた両眼をモティーフにした銀細工が飾られていた。残酷な場面を昇華させ、象徴的に捉える精神が凝縮されている気がした。
 サンタ・ルチーアは目の病気の保護者でもあり、北欧では光の祭りの守護神でもあるそうだ。

f0133814_7445981.jpgf0133814_7452968.jpg
 パイプオルガンの上にも、シャンデリアの上にも両眼のモティーフが描かれていた。なんかちょっとカエルに見えてしまうのだけれど・・・(スミマセン!!)。

f0133814_7455664.jpgf0133814_7461571.jpg
 息を引き取ったルチーアを描いた作品。良く見ると両眼入れた聖杯を天使が持っていた。

 キリスト教の聖人の物語は、こうして重要な場面を伝える絵画とともに、子供にも理解できるようなインパクトを持って語られてきたのだろう。だからサン・ジョルジョは悪龍を殺して・・・、サンターガタは両乳首を切り取られ・・・、と聖人の伝説と聖書の教えがすぐに浮かぶのではないかと。
 字の読めなかった当時の民衆に聖書の物語を分かりやすく伝えるために、教会の祈祷所でオラトーリオOratorioが演奏されたのと同じことだ。
 本を読んでその理屈は十分知っていたつもりだけれど、今日はなんだか具体的にビッシビシ感じたな。
 
f0133814_746379.jpg 教会を見学した後は、必ず署名を。

 日付、名前、どこから来たか、を書くのだが、その日の気分でTokyoだったりRagusaだったり。この日はイブラの絶景を見ながら空を飛んだような気持ちになったので、ついRagusaと書いてしまった。
 こういう小さな教会だからこそ、外国からの訪問者として記帳すべきだったかな。

 まぁよい、また署名しに行こう!

両目をえぐるなんて・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-03-28 08:59 | 歴史 | Comments(6)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク