タグ:テッラコッタ・シチリア陶器 ( 6 ) タグの人気記事

カルタジローネの陶器

 シチリア中部の町、カルタジローネは陶器で有名。色鮮やかな絵付けは明るい雰囲気を醸し出し、見ているだけで元気な気持ちになってくる。

f0133814_617216.jpg
 大型の掛け時計のあるキッチンは憧れ。こんな鮮やかな時計を見ながら朝を迎えたら、いい一日が始まりそう。

f0133814_6175216.jpg
 像の置物もずっと気になっている。玄関に置いたら、出掛けるときも、帰宅したときも、明るく出迎えてくれるだろう。

f0133814_6241474.jpg
 蝶々の壁飾りは既に二つ持っているけれど、将来はチェンバロの部屋の一角に、花畑から一斉に羽ばたいたように飾るのが夢。

f0133814_6211693.jpg
 アンティーク仕上げの高級な壺は、もっともっと年を重ねてから持ちたい。今は見ているだけで十分。

f0133814_6225178.jpg
 右端に見えている四角い植木鉢を買いかけたことがある。底には猫足が4本付き、どの面にも指で平に慣らした跡が見えて、手仕事の息遣いが伝わる鉢。なんだか持つのはまだ早い気がした。

f0133814_626364.jpg
 ロココの風を感じる優美な壺。ラモーとクープランのチェンバロが聴こえてきそう。
 
f0133814_6267100.jpg
 背伸びせずとも、小さな日用品だってこんなに輝いている。オリーヴやジェラートが盛り付けられた姿を想像する。

f0133814_6282323.jpg
 幸運を運ぶ小さなフクロウもいる。皆さん、何か真剣に考え中・・・?
 
f0133814_6291450.jpgf0133814_6293479.jpg
 いつも、これだけは・・・と思う夫婦の顔の置物。テラスや中庭、門柱などを飾るものだそうだけれど、かなり不気味。我々夫婦の顔だったらもっと不気味。

 ああ、やっぱり時計かな。
 ナポリのお義母さんからの誕生日祝で何を買おうか考え中・・・。

こちらは迷わずに・・・。
   
 
[PR]
by hyblaheraia | 2008-07-01 17:15 | 伝統・技術 | Comments(18)

テッラコッタの温もり

f0133814_712911.jpg
 テッラコッタterracotta、つまり焼いたcottaterra
 優しい肌色からオレンジがかった茶色まで色のヴァリエーションがあり、どれ一つとして同じものはない。果物や植物などの装飾をほどこしたものは、さらに一層、柔和な雰囲気を醸し出している。プラスティックのプランターにはない土と手の温もりがそこに。

 ラグーザ新市街、サン・ヴィート通りVia San Vitoには、植木鉢や陶器、民芸・生活雑貨を扱う小さな店がある。野ざらしに見本が並び、その横には配達用と思しきオート三輪が。ほっとする店構え。

f0133814_7293191.jpgf0133814_730287.jpgf0133814_731955.jpg
 汎用型の鉢は40セントから、真ん中の葡萄の装飾付きは8ユーロ。思ったより安くてさらにほっとしてしまう。右はシチリアの古い果物、ざくろの模様。こういうものにジャスミンを植え替えたら、さぞテラスが優雅になるだろう。重いので次回検討として。

f0133814_7334451.jpgf0133814_734458.jpg
 バルコニーを溢れるような花で飾りたくて、バルコニエーラbalconiera(フィオリエーラfiorieraとも呼ぶ)を2つ。S字型の装飾付きで小ぶりのものを。
 左手前は壁にかけるタイプの鉢。テッラコッタは重すぎたのでプラスティック製に。
 そして右は、成長して止まない多肉植物のために少々贅沢なテッラコッタを。まだ色が薄いけれど、何年も使っているうちに味が出てくるだろうな。多肉たちも喜んで、さらに肉肉!

 さて、この店に私が心をときめかすもう一つの理由は、シチリア陶器の数々。
 クリスマスのプレゼーペpresepe(キリスト誕生の物語を人形で表現する)の楽しい人形たちがこんなに!

f0133814_7431183.jpgf0133814_7444187.jpgf0133814_7451136.jpg
革をなめす革職人、マンドリンを弾き語りする小麦売り?仕立て屋トントン、シャラン~、ジョリジョリ、いろいろな音が聞こえてきそう。
f0133814_7462616.jpgf0133814_8452391.jpg
陶器接ぎ職人。面白い道具を使っている。昔は陶器が割れても捨てず、接着剤を塗って固定した後に、ひびの両脇に穴を開け特殊な針金で縫って修理したそう。もうこんな職人なんていないだろうな。
f0133814_7465591.jpgf0133814_7472424.jpgf0133814_7482327.jpg
パン売りサボテンの実売り(夏)、フィノッキオ売り(春)。品物を一種だけを大量に売るおじいさんは今もいる。イ・フィクパーリはいらんかね~!Pigliate i ficupali!(ラグーザ弁)と叫んでいるはず。手が面白い!
 この人形たちは、一体一体が全て違っていたのには驚いた。同じ革職人でも黒髪の若そうな男性から、長い白ひげのお爺さんがいたり、帽子を被っていたりと様々。手造りだからこそできる人形への個性の吹き込み。

f0133814_7484955.jpgf0133814_7491540.jpg
 こちら左の細長いものはシチリア陶器の名物、お玉置き。料理中にとても便利で私も愛用している。
 右は一輪差しや置物として飾るもの。昔は熱湯を入れて湯たんぽとして使われていた。この水筒型以外に、小さなかばんや靴の形もあり、女性が持つものだったので柄や色遣いがとても繊細。2つの輪があるのは、紐を通して提げたからかもしれない。

f0133814_7503552.jpgf0133814_751040.jpg
 そして覗きこむカモたち。像、カメ、蝶々、テントウムシ、フクロウなどがシチリアでは幸運を呼ぶモティーフとして愛されている。来客用のカフェ・セットは中央にシュガーポットがある。パーティーの時に活躍しそう。

 テッラコッタと陶器は見ているだけで心が明るく満ち足りていく。
 作品として美しさからだけでなく、シチリアの古い習慣を形に残し、昔の人々の心豊かな生活を、手の温もりで伝えているからだろう。

テッラコッタ好き・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-04-06 10:06 | 伝統・技術 | Comments(18)

カルタジローネ焼 -セイチェントの魅力-

f0133814_6291626.jpg
 シチリアのカルタジローネ焼ceramica di Caltagirone
 ぽってりとした白地に透明な緑色、輝くような黄色、時折ルビー色橙色を織り成しながら、シチリアに古くから伝わるレモンやザクロ、オレンジ、想像上の花や鳥が流れるような筆致で描かれている。その横には典雅な、涼やかな水色による単色遣いの絵柄も並ぶ。色が少ないと模様の動きに感覚が集中し、レースを見るような心地になる。
 どちらも触った感触は温かい。懐かしさと親しみのようなものを感じさせるのはなぜだろう。

f0133814_6294285.jpg
 2月にフルーツボウルを割ってしまって、代わりになるものを買わねばとずっと思っていた。近所にカルタジローネ焼の店は2件、親しくしているシニョーラが半ば趣味で絵付けをしている陶器の店が1件ある。
 まずはシニョーラに電話をかけると今は仕事中だから(郵便局員)、来週の月曜午後にお店で会いましょうということに。約束を交わし、品数豊富なカッテドラーレ横のいつもの店へ行った。

f0133814_630413.jpg
 シチリア陶器では緑色が最も古いと聞いたことがある。店のおじさんに質問すると、緑は銅を、黄は鉛を原料にした色なので、安価で手に入り易く、昔から一般的に使われた色なのだと教えてくれた。青はコバルトから採取するので、より高価なものなのだそう。
 ブルーの皿は冷たい感じがしてどうかと思ったのだが、この柄と描き方がセイチェントseicento(1600年代)のものと聞いて心が激しく反応した。私の研究対象は同時代の世俗カンタータなので、セイチェントと聞いたら居ても立ってもいられなくなってしまう。

f0133814_630256.jpg
 そうしてセイチェントという言葉に判断力を失い、予定外のブルーの皿を手にしている。やっぱりオリジナルな緑と黄色のものにしておけば良かったか。
 後悔しつつ恐る恐るオレンジを盛り付けてみると、あら!意外と意外なんじゃないの?

 コバルトブルーのセイチェント柄、その高貴な雰囲気にすっかり酔っている。
 35ユーロ(約5600円)もしたし、もう絶対割らないぞ。一生大事に使おう。そして心の中でこだます決意の言葉。
 欲しがりません、割るまでは!

 また割るかもしれないという潜在意識的予測が既に・・・。 
(最近、戦時中のスローガンが我が家で頻出。ルカのセリフは贅沢は敵!

割るまでは・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-04-01 08:52 | 伝統・技術 | Comments(16)

ゴルゴンゾーラと胡桃のソース

f0133814_1924085.jpg
 手打ちタリアテッレを作ったのは、他でもない、これをやりたかったから。
 ゴルゴンゾーラと生クリームと胡桃のこってりソース。春めいてきた青空の下、チンチャレッラが遊びに来るテラスに時折目をやりながら、微発砲白ワインとともにのんびりランチ。

 この手のソースはいたって簡単。もはやチーズを溶かすだけ、と言ってもいい。
f0133814_18525979.jpgf0133814_18532374.jpg
自家製唐辛子オイルをほどよく熱し、お好みで胡桃を炒めてからゴルゴンゾーラを溶かす。
f0133814_18545443.jpgf0133814_190162.jpg
しなっとしてきたら生クリームを入れ、弱火で溶かす。今回は胡桃をここで投入。パルミジャーノもすり入れる。
f0133814_1913561.jpgf0133814_1922638.jpg
手打ちタリアテッレを茹でる。湯で時間はほんの2分ほどなので要注意。
f0133814_1925816.jpgf0133814_1932136.jpg
弱火で温めておいたソースにタリアテッレを入れて良くからませる。水気を少々飛ばして。

f0133814_19152976.jpg 盛り付けてからさらにパルミジャーノをすり下ろし、黒胡椒もパラパラと。
 生クリームに溶けたゴルゴンゾーラのまったりとした塩気、そこに時々顔を覗かす胡桃の甘味。パスタのムチムチ感と胡桃のコリコリ感、優しい黄色のパスタとゴルゴンゾーラの小さな緑の粒
 いろいろなコントラストがありながら、一つの調和がそこにはある。


f0133814_20173784.jpg 胡桃とゴルゴンゾーラの粒をリズミカルに潰しながらふと思った。
 この粒々はゴルゴーネGorgoneの怒りをかって石に姿を変えられた男たち・・・。うねるパスタは彼女の蛇の髪の毛・・・。セモリナ粉は大地の女神だったその姿を・・・。
 おお、これはまさにゴルゴーネ・パスタ

 シチリアの州旗のデザインにもなっているゴルゴーネは、まさにこの島のシンボル。あらゆる所でそのモティーフを見かける。我が家もテラスでこうして遠くの丘を見つめているが・・・
 パスタの名前にされてご不満かしら・・・?

ゴルゴーネ・・・?!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-02-24 20:29 | 料理 | Comments(6)

お裾分けの大逆転

 ご近所からのお裾分けは嬉しいものだ。それも好きな食べ物となれば、なおさらだ。
 近くでB&Bを経営者するネッロが、カンパーニャ(田舎)の別荘からオレンジとレモンを収穫して持って来てくれた。

f0133814_8512284.jpg
 スーパーの袋にはち切れんばかりに詰まっている果実は、全て天然もの。ビオロージコbiologicoだよ!と誇らし気に説明する姿は毎年変わらない。
 今年は大振りだな。袋から柑橘類のいい香りがする。

f0133814_8515121.jpg
 実は昨日、サン・ジョヴァンニ広場Piazza S. Giovanniで柑橘類まつりSagra degli agrumiなるものがあり、オレンジを一袋どっさり買ったばかりだった。大分減ったけれど、我が家のオレンジ状況はこの通り。
 ホホホ、見目麗しい光景ですこと。ヴィタミナチーvitamina Cで疲労回復、お肌つやつや、心はほっと、瞳孔はオレンジ色に輝く!
 お気に入りの陶器のボウルやフルーツ台にかわいく盛り付け、いくつか食べたり、写真を撮ったりして、いろいろ嬉しがっていた。

 一通り喜び終え、オレンジを片付けようとした時だった。

あっ!! (続きを読む・・・)                          
[PR]
by hyblaheraia | 2008-02-04 10:53 | 料理 | Comments(6)

テッラコッタの瓦

 「あ、ドンドリーナやってるよ!」
 我が家の西側の廃屋で、今朝から瓦のふき替え工事が行われている。工事と言っても、そんな大々的なものではなく、お爺さんが朝から一人でこつこつと手作業で行うというものだ。このような瓦工事を我々は「ドンドリーナ」と呼ぶ。
f0133814_8443482.jpg 今年の1月半ばのことだった。年末の豪雨で雨漏りがしたので大家さんに連絡し、職人さんを送ってもらった。約束の朝、8時丁度にベルが鳴り、70代半ばくらいの私よりも小柄なお爺さんが一人で現れた。今日は下見で、明日から若い衆を連れてくるのかと思い、そう尋ねてみると、「どうして?一人じゃだめかい?」とちょっと不機嫌そう。いかにも職人気質な雰囲気が漂っていた。

 さて、このお爺さん、まずははしごでテラスから屋根に上り(上写真と同じように)、状況を確認。瓦がズタズタに割れているので、それを全て取り除く作業を始めるという。屋根の上で石がぶつかる音が絶え間なく聞こえ、しばらくするとバケツ一杯に欠片を入れて降りてきた。これを持って、我が家の中を通過し、道路に駐車してある軽トラックにガラガラと投げ込み、再び空のバケツを手に屋根へ。壊れた瓦を全て除去するまで、この作業を朝から夕方まで丸一日続けた。
 日本ならおそらく屋根と地上を結ぶ電動のはしごやクレーンのようなものを使うだろうが、お爺さんは一人で息を切らせながらもテキパキと作業をこなしていた。
 そして翌朝、またもや8時丁度にベルが鳴った。今日は屋根の基礎工事をするので、友だちの店に「ドンドリーナ」を買いに行って来ると言う。エ、何デスカソレ?
 何か夢がある響きだな。すてきなお菓子の家が甘い香りを立てながらグルグル回る、メリーゴーランドのようなものを想像させる響き・・・。

f0133814_8491030.jpg 帰ってきたお爺さん、軽トラックの荷台から黒い板を担いで上がってきた。これがドンドリーナか!甘い香りのグルグル回るお菓子の家ではなく・・・波型の黒い板か・・・。ルカが笑って言った。チガウヨ、「オンドリーナ Ondolina(onda=波)」ダヨ。
 あ、また聞き間違えた。波のオンドか。まぁ良い、私はドンドリーナと呼び続けよう。(写真のお爺さんが持っているのがオンドリーナ)

f0133814_9112875.jpg ところでこのオンドリーナ、実はアスファルト製で、軽量でありながら水を通さないため瓦の下に敷き詰めるのに良く使われるのだそうだ。使う際は、シングルベッドくらいの大きさの波板をチェンソーで必要な大きさに切り、それらを屋根に並べて専用の釘で止め、屋根と壁の90度の角はセメントで固めて補強する(写真左)。そしてオンドリーナが敷き詰められたところに、シチリア伝統のテッラコッタの瓦を伝統的な方法で並べ、最後に端の部分を重石で固定する。これで瓦の吹き替え工事は完了となる。
 この方法でラグーザの町並みは、昔からずっと変わらぬ姿を保っている。瓦の重みで屋根が少したわんだ、素朴な味わいの家並みが私は好きだ。この景観がこれからも守られていくことを願って止まない。
 しかし我が家に来た職人さんも、近所を工事している職人さんも高齢だった。テッラコッタの屋根工事の方法は、次の世代にきちんと受け継がれて行くのだろうか。最近、文化遺産の保存について考えさせられる機会があまりに多い。
 ドンドリーナを使った瓦工事、手順だけなら知っているので何か役に立てるかな。

人気blogランキングに参加中 ドンドリーナはお菓子の家ではありません
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-20 09:46 | 伝統・技術 | Comments(0)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク