タグ:シチリア伝統馬車 ( 5 ) タグの人気記事

華麗なる馬車の競演

 (昨日のカヴァッロ・イブレーオcavallo ibleoの続き・・・)
 さて、馬車とカウボーイたちを追いかけず、ゴール地点で待ち伏せして良い写真を撮るため、ローマ通りとコルソ・イタリアの交差点へ向かった。いつ戻ってくるか検討もつかない馬たちを、気長に待つこと1時間。
f0133814_681987.jpg ほら、来たよ!
 一人の老人の声で沿道の人々がそれに気付く。
 ラグーザ一の坂道、コルソ・イタリアの中ほどから羽飾りを小刻み揺らしながら上がってくる馬車の列。ああ、なんと美しく艶やかな光景だろうか。
 坂の下から近付いてくる馬を、抑えきれない心の高鳴りを感じつつ待った。

 なぜか先頭は自転車の少年。坂道をえっさ、ほいさっ。頑張れ!


f0133814_691349.jpg 近くにいた地元のおじさんに突然言われた。
 はい、この写真を撮って。ロバだよロバ。もはやロバの馬車はないからね。
 そう、確かにロバは絶滅に瀕している動物なのだ。特に、野生ロバの中でもアジアノロバ種の二種(クーランとキャン)が絶滅に近いそうだ。これは何種なんだろう。
 それにしても馬の中にロバもいたとは気付かなかった。この長い耳と大きな目、そして優しい表情は懐かしい。初めてロバに遭遇した時に、その穏やかな性格を知った。
 しかしロバは頑固な動物としても有名。立ち止まると、てこでも動かないと言われる。暑さのためかこのロバは突如歩みを止めてしまった。するとシチリア農民風衣装の飼い主が鞭でピシッ、ピシッ!沿道の人々はピシッの度に「ノー!」、ピシッノ~~!」と次第に声が大きくなる。人々の同情が通じ、ロバもようやく動き出した。やれやれ。



f0133814_6101122.jpg こちらはポニー。馬車に乗っているのも子供。何とも嬉しそうないい顔をしている。
 子供の時のこういう思い出は大事だ。ポニーとともにこの子も成長していくのだろう。

f0133814_6104686.jpg なんとスレンダーなボディ。カモシカのよう!
 しかも無駄のない飾りがボディの線の細さをより美しく引き立てている。見よ、この足の長さ。
 手綱を引く青年と同じくらいの年頃だろうか。

f0133814_6111781.jpg 馬車が過ぎ去ると、おお、いるいる、カウボーイの集団だ。
 最初はもたもたしていたが、ある騎手の一声で先頭集団が一斉にカパコン、カパコンと坂道を走っていった。
 軽いギャロップのような走り方だろうか。10頭もの馬が目の前を横切るその迫力は、まさに石が風で飛んでいるような凄さだった。
 オワカリイタダケマスカ?

f0133814_611485.jpg うわぁうわぁ・・!私はどこに立てば良いのデスカ!

 カウボーイ第二集団は統制が取れておらんのう。

f0133814_6134522.jpgf0133814_6143513.jpg
 あ、顔が似ている。親子か、兄弟か?と思っていたら、こうして顔を擦り合い、スキンシップをしていた。暑いねぇ~、でももう少しだから頑張ろう。写真も撮られているし、少しじっとするか・・・。なんて言っているみたい。

f0133814_6152512.jpgf0133814_618910.jpg
 この黒い馬の筋肉は陸上の短距離選手のようだった。走り込んだ駿馬の証なのだろうか。黒光りする肉体と縮れた尾、蹄の周りの縮れ毛が力強さを物語っている。
 ゴールした馬は夾竹桃の木陰で子供たちと触れ合っていた。

f0133814_6185381.jpgf0133814_6191777.jpg
 ゴールにはこんな人出が。しかも馬たちがここを出発した朝8時半から2時間も、老人たちはずっとここにいたのだ。馬たちのスタートとゴールを見るからここにいれば良い、という考えだろう。合理的なのか非合理的なのか。
 ローマ通りは馬と人だらけ。そして道路は馬の糞だらけ。もちろん糞清掃車は朝からスタンバイ。数年前は、馬の列の最後尾にいて馬たちの尻拭い!?をしていた。

f0133814_626089.jpg カッレット・シチリアーノの一例。
 これは色のトーンを落としたアンティーク風の色遣い。真っ赤な馬車とは趣がかなり違う。

f0133814_626276.jpg 同じ馬車の車輪部分。農民をモティーフにした人形が軸を飾っている。


f0133814_6265257.jpgf0133814_6271347.jpg
 参加した馬とその飼い主には、記念品のトロフィーが配られる。
 3年前は銀カップではなく、茶色い鬣(たてがみ)を持つ白馬の頭の形をしたトロフィーだった。毎年デザインが変わるようだ。
 羽飾りはこんな感じになっている。茶色の長い羽はキジだろうか?いやタカ、ワシ?かなり高価なものと拝察。
f0133814_6273688.jpg トロフィーはあるが表彰式はなし。飼い主の顔を見たら、おーい○○!はい、これ、と手渡すだけ。
 なので早速、混乱が起きている。
△△さんには渡しただろう!(父)、
え~そうだっけ?(息子)、
あーはいはい、この方ね(母)、
 のようなことを言っていた。

 明日は我が家の教区にサン・ジョヴァンニが泊りに来る・・・。盛り上がること必至!

人気blogランキングに参加中 お祭りっていいなぁ・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-08-28 08:04 | 祭り | Comments(4)

カッレット・シチリアーノ -シチリア伝統馬車-

 パッカ、パッカ、パッカ・・・。馬の蹄の音が目が覚めた。そうだ、今日はカヴァッロ・イブレーオ(Raduno del cavallo ibelo)の日。新市街の守護聖人、サン・ジョヴァンニ祭りに先立って、美しく化粧された地元の馬が、我が家の近所を練り歩く行事だ。
 飛び起きてバルコニーに出てみると、あの駒娘(先日、勝手に命名)が!他にも何頭もの馬が続々と角を曲がっていく。急がねば!
 カメラを持ってローマ通りVia Romaの馬集合場所に駆けつけたが、既にもぬけの殻。係りのシニョーラに聞くと1時間半ほどしたらここに戻るとのこと。いやいや、待ってはいられない。コースを尋ね、大体の方向へ行ってみることに。
 すると聞こえてきた、パッカパッカが。
f0133814_1051352.jpg ああ、駒娘~!携帯のお祖父さんもいる。あの日と同じサングラスだ。この日のためにコースを走る練習していたのだなきっと。
 横にいる若者は孫だろうか。数十年後は彼が手綱を握っていることだろう。
 祭りの伝統は、こうして次の世代に継承されていくのだ。
f0133814_1053768.jpg 体の小さいポニーもは、体力を考えてか全体的に飾りが少ない。
 背中にはシチリア伝統の操り人形Pupi sicilianiが見える。

f0133814_1019559.jpgf0133814_1023199.jpg
 しばらくするとカウボーイの集団が現れた。すごい数だ。2ブロック先まで道を埋め尽くしている。3年前に初めて見た時は、10頭ほどしかいなかったのに、いつの間にかこんなに規模の大きい祭りになったのだろう。
f0133814_1026899.jpgf0133814_10263284.jpg
 小さな女の子も参加。馬術のコスチュームに身を包み、凛とした表情。ちょっと緊張しているのかな。
 今時なサングラスのシニョリーナ、現代っ子が馬。いいですな。
 そしてこれだ、これ!シチリア伝統馬車、カレット・シチリアーノcarretto siciliano

f0133814_10322817.jpg

 この華やかな色彩、遠くから迫り来る迫力、優美な走り、そして小刻みに揺れる羽飾りと乾いた空気に響き渡る鈴の音。その全てが人々に歓喜を呼び起こす。

f0133814_10335385.jpg 今年は凄い!4~5台はいる。これほど完璧な装飾でこれほど多く、しかも一度に見られるのはこのカヴァッロ・イブレーオだけではないだろうか。
 ああ、ラグーザにいる幸せがまたここに。

f0133814_10454157.jpg リボンと鈴の飾りが揺れる。
 白馬に良く合う、しなやかな美しさがある。

f0133814_10402751.jpgf0133814_1041427.jpg
 荷台部分は細かく絵付けされている。目を凝らして良く見ると、必ずどこかに絵付師の名前が入っている。この細密画を見るそんな楽しみもあったりする。

 このカヴァッロ・イブレーオの祭りは今年で15年目を迎える。節目に当たる年だからだろうか、馬たちのグループには順序があった。飾りが少ない馬車→カウボーイ→彩色の馬車→カウボーイ→彩色の馬車(音楽付き)。次第にパワーアップしていくわけだ。

 馬たちは次のブロックへ進んで行った。想像以上の馬の数で予定変更。追跡せず、ゴールの馬集合場所で待ち伏せをすることに。
 カヴァッロ・イブレーオはまだまだ続く。

人気blogランキングに参加中 ああ美しや、カレット・シチリアーノ。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-08-27 11:27 | 祭り | Comments(5)

馬車に再び遭遇

 わぁ、見て!早く写真、写真!
 運転するテレーサが叫ぶ。前方を見るとのどかな風景が。カメラをバッグから取り出し、スイッチを入れた時には、車のスピードが速すぎて我らの真横に。

f0133814_5245993.jpg それは馬車。頭に赤い飾りを付けた馬が、お祖父さんを乗せてゆっくりと進んでいた。

 ちなみにここはラグーザ新市街の主要中の主要道路、ローマ通りVia Romaだ。土日は歩行者天国となるが、この時は平日の午後、車がひっきりなしに通る時間帯だった。にもかかわらず、馬は車に驚くこともなく、のんびりとマイペースに進んでいく。
 良く見るとお祖父さんは携帯番号をプッシュしていた。


f0133814_5351751.jpg そして今、通話中。
 もしもし、わしだがのう、今、駒娘(こまむすめ)と帰るところだから、まぁあと1時間くらいかねぇ・・・。なんて話していたりして。
 エレガントな姿なので女の子、駒娘と私が命名。

 馬車という前時代の乗り物と、20世紀の発明である携帯電話とのコンビネーション。そして馬車の通過をじっと待つ車と、悠々と渡っていく馬との心理的コントラスト。新旧、緩急が入り混じる不思議な瞬間を横切る我々。


f0133814_5354548.jpg 振り向くと、馬車はまだ交差点近くにいて、さっきの車もようやく動き出したところ。
 いやいや、おしとやかなお散歩ですこと、駒娘さん。

 それにしても、中途半端な飾り付けの馬車だ。頭に羽飾りが一本だけだが、毛並は美しく整えられ、二人乗り用の荷台も色付けされている。農業用では決してないし、かと言って祭り用でもない。
 もしかすると前にも見たが、これも自家用車?!


おまけ:
f0133814_6333088.jpg 別の日に、馬を搬送する専門車を見た。三角形の標識の中央には馬のデザイン、下にはTrasporti Cavalli、馬搬送注意の文字が。
 馬の体系に合わせて横に細長く、縦に長い車。
 象搬送車なら、道をふさぐ事間違いなし!
 
人気blogランキングに参加中 自家用車でパッカ、パッカ・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-08-24 06:04 | 生活 | Comments(2)

ロバのお告げ

 7番のバスで町外れのオフィスに行った日、生粋のラグーザ人ヌッチョに勧められ、帰りは歩いて帰ることにした。バス通りとは別の斜めに横切る道を行けば、新市街の中心までのんびり歩いて40分、しかも途中で左右に1回曲がった後はひたすら真っ直ぐだという。天気も良いし行ってみるか、ということで半信半疑ながら散歩を開始。

f0133814_20465335.jpg この町唯一のマクドナルドを通り過ぎ、言われた通りまず左に曲がる。青い空の下には、ジャスミンやブーゲンビリアの垣根をもつオレンジの壁の家があり、風に揺れる椰子の葉が鮮やかな南国情緒を醸し出していた。全く手入れされていない麦畑の横を通ると、カリカリ、ジリジリ、と不思議な音が。目を凝らしても何も見えなかったが、イナゴか何かが夢中で麦を食べていたのかな。
 右に曲がると、ムーロ・ア・セッコ(muro a secco)が力強く伸びる道があった。石を積み上げただけの素朴なこの壁は、ラグーザが誇る伝統文化の一つである。左手遠くには丘陵地が広がり、なるほど散歩には良い道だ。車が来なければもっといいのに。

f0133814_20443931.jpg しばらく歩くと、ロバの親子に出会った。
 飼い主のおじさんに連れられ、ムーロ・ア・セッコに囲まれた牧草地から出ていくところ。ロバをこんな間近で見たのは初めてだったが、黒いビー玉のような眼がとても優しく、毛も艶やかだった。穏やかな表情とは対照的に、胴体と脚には迫力があり、歩くと筋肉がプルプル震えていたのが印象的だった。

 ロバは奇蹄目ウマ科ウマ属の哺乳類。ウマよりスピードがないものの、体の大きさに対して最も少ない飼料で育つ動物と言われる。
f0133814_22211229.jpg 100キロ程の荷物にも耐え、足が頑丈であることから、荒れ道の遠出に適しているそうだ。家畜化されたのはウマより古く、紀元前4000年にはナイル地域で飼われていたらしい。
 だからロバに関する神話や伝説もたくさんある。古代ギリシア人はロバの鳴声を悪の前兆と捉え、ロバが耳を動かすと嵐になると考えていた。また中世ヨーロッパではロバに霊感があると信じられ、草の上で寝転ぶ時は晴れ、耳を立てる時や横に走る時は雨になると言われたそうだ。
 ほほう、それで分かった。耳を立ててじっとこちらを見つめる親ロバ(写真左)は、この時私に何かを感じ取ったのだろう。まさにロバの予感的中。翌朝から発熱し、風邪をこじらせて今日もまだベッドの中なのだ。

f0133814_20553935.jpg おじさんの言うことを素直に良く聞き、車道をゆっくりゆっくりと横断していくロバ親子の姿。今だからこそ何か聞こえる。

「風邪ひかないように気をつけなさいよ~。」



追伸:散歩コースは本当に40分でした!

人気blogランキングに参加中 ロバのお告げに気をつけよう → はい!
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-03 00:50 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(2)

馬車のある生活

 ある昼下がりの午後、1時間に1本しかないバスを逃した我々は、イブラから自宅のある新市街まで数百段もある階段を登りながら帰っていた。

f0133814_1122045.jpg 心臓破りの階段を終え、次に我々を待ち受けるのは新市街の大通り、コルソ・イタリア。その急斜面で息を切らせていると、後方から軽やかな音とともに一台の馬車が迫ってきた。お爺さんと孫らしき2人を乗せたその馬は、輝かしい肉体と鬣(たてがみ)を揺らしながら、斜面を颯爽と駆け上がり、瞬く間に我々の横を走り去っていった。その壮麗さに見惚れ、シャッターを押した時は遥か彼方に。その後も幾度か馬車に遭遇し、近くの路地に響く蹄の音を聞いたことがあるが、いつも快い爽やかさを覚えるのは、風のように走る馬の純粋な気持ちが伝わってくるからだろうか。

 ところで、イタリアでは「馬力cavallo」という単位が未だに健在である。日本では「鉄腕アトム」が100万馬力であることを説明する時くらいしか使わないこの単位、実は車のエンジン・パワーを言い表すのに日常的に使われているのである。テレビ・コマーシャルを見ていると、各社ともモダンなスタイルの車を「このコンパクトさで**馬力!」と謳っているから何だかおかしい。

 ちなみに、若者に人気のトヨタ・イヤリスYarisは140馬力だそうだ。あの馬140頭分・・・さぞかし速いだろう。

人気blogランキングに参加中  このブログが気に入ったらクリック!
[PR]
by hyblaheraia | 2007-04-11 01:40 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(10)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク