<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シチリアの野生オレガノの手もみ 2015

f0133814_01302431.jpg
 この香り、何年振りだろう。強烈な太陽が当たる草の茂みの匂い、少し土臭く、植物が本能的にもつ「緑」を想わせる匂い。それが乾燥されることで凝縮され、鼻の奥を突いてくる。
 ああ、この清々しさと強さ!そしてエメラルドグリーンの美しさ!シチリアの野生オレガノの魅力はまさにそこにある。

f0133814_01411990.jpg
 今年のオレガノは、花が既に枯れて茶色になっているのが難点。咲き始めたばかりの白い花の状態で摘めば、そのまま白く乾燥させられ、美しいオレガノに仕上がるのに。

f0133814_01303966.jpg
 そんなことを考えながら手もみ作業。両手からサリサリ、サリサリとこぼれてくるオレガノの感触と立ち込めてくる香りが懐かしい。
 以前なら、葉は入れず、茶色に枯れた花は爪楊枝で取り除き…、と細かくこだわりの手もみをしていたものだけれど。キッチンでいたずらをするリディアを監視しながら、手もみはおよそ10分で終了。

f0133814_01332007.jpg
 あまり満足していないオレガノとはいえ、2年前に友人からもらって使い続けていたものと比べると、色も香りも断然違う。

f0133814_01344428.jpg
 オレガノの手もみ作業は、これから来る夏への期待と覚悟のようなものを抱かせる。この香りとともに、もりもり食べて、夏を元気に楽しもう!

みなさん、良い終末を!


追伸:写真を大きくしてみたのですが、見え方はどうでしょうか?巨大で読みにくい?それともこれくらいの方が見やすいでしょうか?小さなタブレット型PCで書いているので、サイズの感覚がつかめず。ご意見を頂けると助かります!

[PR]
by hyblaheraia | 2015-07-18 17:21 | 料理 | Comments(6)

危うく…

f0133814_07344361.jpg

 「全ての角に悪魔が潜んでいる」という言い方がイタリアにはある。10年以上歩き慣れた道で、このようなことが起こったのは悪魔の悪戯だったのか。否、大事に至らなかったのは天使が守ってくれたからなのか。

 昨日の朝11時頃、リディアを連れて散歩に出ようとしたときのこと。家を出てすぐの十字路で工事があり、砂やら石切の粉が風とともに大量に飛んでいたので、リディアに目を閉じさせ、抱っこして十字路を渡るつもりだった。普段通り、歩道の終わりで車を確認しようと、立ち止まったはずのその時、突如、ガサっと歩道から落ち(段差がかなりある)、リディアを抱き抱えたまま道路に倒れ込んでしまった。そしてその瞬間、白い車が猛スピードで私たちの前に走り込んできた。なんでこんな所に車が!、ああ、もうだめだ…!そう、はっきりと頭で感じた。車の後部座席のドアが顔にくっつくほどの近さだった。

 結局、私の軽い捻挫で済んだけれど、もし転んだ衝撃でリディアが腕から離れていたら…、抱っこする角度がほんの少し違ったら…、私があと数センチ前に転んでいたら…、と考ると恐ろしくて体がわなわなと震えた。そして3人で昼ご飯を食べながら、この時間がなかったのかもしれないと考えると、この変わらぬ時間の連続があることを心から有難く思い、私とリディアのいないルカの生活などあってはならないと心が引き締まった。こどもの命を預かる親の責任の重さを痛感しながら。

 工事現場の男性が言っていた。母親が子供を抱いたまま車に巻き込まれた、と見ていた誰もが思ったのだと。そんなことにならなくて本当に良かった。

f0133814_07211135.jpg
 イタリアには「落馬したらすぐその馬に乗るべし」という言い方があるそうで、午後涼しくなってから、家族3人で現場検証と助けてくれた人々へのお礼に出かけた。転んだ場所は、古い石畳にV字の亀裂があり、道路には大きな穴がいくつもあった。おそらく左足が歩道の石畳の亀裂にはまり、つま先から道路に落ち、穴にはまってバランスを崩し、リディアを抱っこしている右側にバランスを崩して倒れたのだろう。左足の欠けた爪とズボンの汚れからみて、そうだろうと推測する。

 考えれば考えるほど、無事であったことが奇跡に思えてくる。もしかすると、去年亡くなった祖母二人が、角に潜んでいた悪魔を追い払い、私たちを守ってくれたのかな…と思っていたところ、今日の電話で母が言っていた。少し早いけれどお盆の用意をして仏様をお迎えしているのよ、と。
 
f0133814_07203881.jpg
 暑いシチリアまで来てくれた100歳の二人の天使。今頃はきっと、お母様、やれやれでしたね~。ほんと、そうでしたね、お母様(そう呼び合っていた大正女性)と言いながら、ラグーザの美しい景色を仲良く眺めていることだろう。夕方の空を仰ぎながら、カリフラワーのような真っ白な頭の天使が飛ぶ姿を想像している。



[PR]
by hyblaheraia | 2015-07-11 11:00 | 生活 | Comments(8)

Humpty Dumpty狂 その2

 (遅くなりましたが前回のつづき…)
 マザー・グースに出てくる有名な卵のお話、ハンプティ・ダンプティがどういう訳か大好きなリディアのために、日々、卵や果物に顔を描いて喜ばせていたのだけれど、あまりの熱狂ぶりを見かねて遂に作ったものとは・・・、
f0133814_15193218.jpg
張り子のハンプティ・ダンプティ人形。風船を膨らませ、周りに切紙を貼り付ける、子供の頃にやった懐かしい作業。完全に乾くのを一日待ち、色付けして顔を描き入れ、帽子は厚紙(お菓子のパッケージを利用)で別途作成。

f0133814_15205076.jpg
 実はこの張り子、あるアメリカのこどもサイトを見て作ったもので、糊ではなく、小麦粉を水に溶いたものを使っている(写真1段目)。近所に文房具店がないラグーザ生活には、これはとても助かる方法だった。しかも乾いた時に、しっかりと固くなり、丈夫なハンプティ・ダンプティに。

 また、切り紙にスーパーのチラシを使ったところ(日本のような新聞の配達がないイタリア…)、ハンプティ・ダンプティの頭を覗くと万華鏡のような思わぬ効果が!おお、これすごいよ!とルカが発見(写真2段目)。

 唯一買ったものは、筆2本。近所のタバッキを廻りながら、ようやく見つけたもの。絵具はフェッラーラのconcordanzaさんから以前に頂いた貴重なもの(普段は隠してある…)。文房具がもう少し簡単に手に入るといいのに。決めの顔入れはルカに。心配そうに見守るリディアの手が笑える。

 こうして丸二日の作業を経て大きなハンプティ・ダンプティが完成!歌いながら、棚やソファーから落として大喜びの日々なのだけれど、最近、ハンプティ・ダンプティの座を脅かす強敵が出現。それはDinosauro(ディノサウロ、恐竜)!

 ディノサウロの張り子はちょっと・・・。



[PR]
by hyblaheraia | 2015-07-05 17:11 | Comments(4)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク