<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

受け継がれるDNA -The Sound of MusicとHeidi-

 赤紫のブーゲンビリアと蒸し暑い空を眺め、全開の窓から生ぬるい風を顔いっぱいに受けながら、母の運転する青いカローラの中でカセット・テープを繰り返し聴いていた。
 映画《サウンド・オヴ・ミュージック》のときめくようなメロディー、Once upon a time there was a little girl, Heidiで始まるハイジの物語、そして祖母が日本から送ってくれた『日本昔ばなし』の「三年寝太郎」と「白い椿」の迫真の語り、さらに《やまぐちさんちのつとむくん》の心がキュンとなるあの歌声。
 子供の頃、マレーシアで聴いた音楽と物語の興奮を今、リディアとともに味わう毎日。

f0133814_9311676.jpg
 特に《サウンド・オヴ・ミュージック》へのリディアの執着ぶりは驚くほど。昨年11月にDVDを買った時から今日まで、ほぼ毎日、同じ場面ばかりを繰り返し見ているので、心配になってしまう。おやつのビスコッティをポリポリしながら、時々指をさしてコメントしたり、一緒に歌ったり、拍手したり。観ている間もDVDケースを離さず。1歳にして既にカウチポテト。
 それにしてもジュリー・アンドリュースの歌を聴く時のリディアといったら!あの夢見るような表情で聴く様子は、私の少女時代を超えている!


 ハイジの場合も然り。ある日偶然、Youtubeでイタリア語版Heidiを見付けたので、見せてみると、もうすぐにハイディー、ハディー、ハッディ~~!と叫ぶほどの熱狂ぶり。

f0133814_920723.jpg
 この通り、仁王立ちしたまま24分ほどの一話を真剣に、食い入るように観ている。時に、ハイジが悲しい時は一緒にそんな気持ちになり、深く感情移入しつつ。

f0133814_9201844.jpg
 それと主要登場人物は一人一人、指さしてハイディー、ペーター、ノンノ(おじいさん)、ネッビア(犬のヨーゼフはイタリア語版ではこう呼ばれる)、と名を呼びながら。動物や鳥、虫たちも、ムッカ~(牛)、ベ~~(羊)、エエッ(山羊)、アー!(鷹)、アーペ(蜂)ズズズ~(蜂の羽音)、と楽しそうに実況してくれる。

 こうして、Youtubeのイタリア語版ハイジを、リディアの共に熱く見入ってきた我々は、アップされている全話を観尽くしてしまい、その続きがどうなのかが気になって仕方なくなり、ついに・・・


f0133814_9205433.jpg
 ハイジ全巻をイタリア・アマゾンで買うことに!ディスク全10枚、全52話所収。イタリア語だけでなく、日本語のオリジナル版も観られるので、リディアの日本語の勉強に良いしね、という言い訳付きで。
 購入から1ヶ月が過ぎ、全52話を見通した私とリディアは、また第一話から、これまで以上にハイジの気持ちが分かったような気分で、どっぷりとその世界に浸って観ている。もちろん、サウンド・オヴ・ミュージックと代わる代わりに。
 
 子供の頃に心ときめかせて聞いた音楽と物語は、今でも私の心をキュッと掴む何かがある。そして、その「何か」はリディアにもあるみたい。しかも私以上に濃く。DNAはこんなことまでも遺伝させるのか、と驚きの日々。
 さて、となると、次は『日本むかし話』ですかな。
[PR]
by hyblaheraia | 2014-03-27 11:30 | 生活 | Comments(10)

Delizia al limone

f0133814_8345595.jpg
 去年の9月、10月、年末年始、そして今年の2月と4回もナポリに行く機会があったのに、一度も食べられなかったデリツィア・アル・リモーネDelizia al limone。今回こそ!ということで、いつものお店に電話予約してから、ルカが買いに行くことに。
 デリツィア・アル・リモーネ10個お願いします!と予約した時点でお義母さんは既に驚いていたけれど、巨大ゼッポラ(写真奥、ナポリのシュークリーム)も4つ買ってきたのを見て、もうあなたたちは・・・という感じだった。

 デリツィア・アル・リモーネは、リモンチェッロを混ぜ込んだ生クリームをたっぷりと使ったドーム型ケーキで、中には二段のスポンジが入っているけれど、主役は断然クリーム。ほんのりとしたレモンの風味が後を引き、ふわふわの触感と、心を虜にする真っ白さで、夢見るようなお菓子の時間を与えてくれる。
 
 この日はナポリの姪っ子姉妹が体操の地方大会で団体一位となり、金メダルを下げて笑顔で帰って来た。デリツィア・アル・リモーネをペロペロする二人の嬉しそうな顔と言ったら!
 そして私の方も、以前に関わったアゴスティーノ・ステッファーニのCD(その記事はこちら→)がレコード芸術特選盤に選ばれたとの知らせが入り、その喜びがさらに甘く、ふわりふわりと心の周りを飛んでいるようだった。

 Delizia(歓喜、悦楽) al limone(レモン風味の)
 ああ、「レモン風味のうっとり」とした時間に浸れるのは、次はいつだろう。
[PR]
by hyblaheraia | 2014-03-25 09:37 | 菓子 | Comments(4)

U pagnu pagnu

f0133814_10211071.jpg
 ラグーザ生活10年の間に住んだ家はこれで3軒目。そのうち、最初の家も今の家も、家具付き賃貸で何もかも揃っていたのだけれど、どういう訳かオーヴンだけが使えない。スイッチを入れると電気が落ちてしまうので、前の住人も使ったことがないらしく、まっさらのピカピカ。ちなみに2軒目の家(エッチェ・オーモ通りの家)は、入居時は家具も電化製品も、キッチンもながし台さえもなく、家は床と壁と天井だけ。自分たちでコツコツと買い足して設置したキッチンでは、オーヴンがきちんと使えて何と嬉しかったことか!

 オーヴンがないと何が悲しいかと言えば、お菓子が作れないこと。私にとってお菓子は食べること以上に、作ることに心の浄化作用があるようで、いかに無駄なく道具を使い、いかに効率良く動き(お菓子作りの際の身体の動線)、いかに美しく作業を終えるか、という点に集中している状態が何とも心地良い。そういうちょっとした厳しさの中で精神と身体と味覚を尖らせて作業していると、出来上がったお菓子が美味しいほど達成感があるというもの。そしてやや高揚した気分で出来あがったお菓子をきれいに並べ直してみたり、味見したり、写真を撮ったり、改良点をメモしたり、という作業がひそひそと続いていく。

 ついさっき作り終えた蒸しケーキは、1軒目の家でよく作っていたもの。パーネ(パン)のシチリア語風と称してU pagnu pagnuウ・パニュ・パニュと呼んでいる。ルカもリディアも眠っている間に、一人コソコソと作っているのだけれど、リディアのことで精一杯な毎日の中で、こういう時間を持つと、どこかほっとする。ブログもまた然り。
 明日の朝、パニュパニュを見てルカはきっと驚くだろうな、リディアは初パニュをどんな顔をして食べるのかな、と想像しながら眠りにつくのもまた楽しい。早く寝なきゃ!

f0133814_10192132.jpg
 まだ寒い時もあるけれど、今はもう春。さあ、透明な空気を吸って、野鳥の楽しい歌声に耳を傾け、明日も一日頑張ろう!
 皆さんも良い一日を!

追伸:ココアとチョコと洋ナシ入りは我々用。リディアには洋ナシだけのプレーンのものを。
[PR]
by hyblaheraia | 2014-03-18 11:24 | 菓子 | Comments(6)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク