<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春の花

 ヴェズーヴィオ山の向こう側にあるナポリのお義母さんの生家では、庭も広大なヘーゼルナッツの林も、足元から頭の上まで春の花が溢れていた。こんなかわいい花たちに囲まれ、一日中語らっていたくなる。

f0133814_6215368.jpg
 昔から青い花を見るとはっとさせられ、白い花を見ると心の底をきゅっと突かれるような気持ちになる。そこかしこに咲いていた白い花(下段中央)は何と言う名前?

f0133814_6265580.jpg
 去年の夏に収穫にした黄色いスモモは、春にこんな白い花を咲かせるのね。レモンがピーマンのように細長くてみんなで大笑い。マドンニーナもいつものように微笑んでいる。

f0133814_785664.jpg
 この濃い桃色には、かわいらしさと美しさの中間にしか出せないみずみずしい魅力がある。大好き。そして枝にふわりと咲く花びらの重なり。
f0133814_723938.jpg
 ああ、春の光を浴びながら花と戯れていると、自分も花になれるような気がしてくる。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-31 07:09 | ナポリの実家 | Comments(14)

ナポリで自家製ワインの瓶詰め作業

f0133814_518125.jpg
 え、ウツボのお化け?ナポリの実家に着いた翌朝、キッチンの外の怪物に思わずびっくり。
 朝陽を浴びてきらきら輝くのは、自家製ワイン専用の瓶80本とそれをすすいだ後に乾かすスタンド。今日はこの80本以外に、既に洗って乾かした瓶を大量に車に積んで、ナポリ郊外で自家製ワインの瓶詰め作業。トランクにもうこれ以上入らないというぐらい詰め込み、向かったのは、
 
f0133814_5181021.jpg
 ナポリ市内からヴェズーヴィオを超えて車で20~30分ほど行ったお義母さんの故郷。車から降りた瞬間、空気が冷やりと肌を刺し、鳥の歌声があちらこちらから聴こえ、なんだかラグーザみたいでほっとする。
 私が写真ばかり撮っている間に、お義母さんとルカ、義兄のパオロ、親戚のマリオは地下に降りて黙々と作業を始める。その様子を私も黙々と写真に収める。

f0133814_5203493.jpgf0133814_5205145.jpg
 ここは家の地下の広いカンティーナ。秋に仕込んだ自家製ワインはダミジャーナと呼ばれる大きな瓶の中で熟成され、飲み頃になったら瓶に移される。電池式のポンプを使って瓶詰めし、専用の器具でプラスティックの栓をして、さらに針金でぐるぐる巻きにするのだけれど、地下でずっと作業していると足底からジンジン冷えて来たので、ちょっと外にでて休憩。・・・と思ったら、

f0133814_5223487.jpgf0133814_522444.jpg
 外では、空になったダミジャーノとポンプを洗う作業が。瓶底に溜まった澱をきれいにしないと来年度のワイン作りはできないのだそう。猫の手も借りたいほど大変だけれど借りられなかったこの作業は、

f0133814_523223.jpgf0133814_1955554.jpg
 冷たい水を使って大きな瓶をゆさゆさゆすり、ザッブーン、をきれいになるまで何度も繰り返す。もちろん足元はずぶぬれ、手は氷のように冷たく・・・、ワイン作りは重労働なり。

f0133814_6593110.jpg 結局この日は、ダミジャーナ54リットル3つ+33リットルで=合計195リットルを瓶詰め
 使用した瓶は単純計算で260本

 朝9時半から午後2時まで働きづめ。そろそろお昼休みにしませんか~。

 思い出話をしながら、家族で作業する素朴な時間。少しでも早くこんな生活が東北地方に戻りますように。

 つづく・・・



 2008年のワイン詰めの記事の方が詳しいのでよろしければ こちらをクリック
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-30 05:25 | ナポリの実家 | Comments(2)

19年後は

 19年に一度のスーパームーン、絶対みるぞ!と数日前から意気込んでいたのに、夕方から友人宅へ行く用ができ、お宅のワンちゃんと遊んでいるうちにすっかり忘れてしまっていた。夜7時40分頃、閉店直前のスーパーへ急ぐ道のりで、
f0133814_144229.jpg
既に高く登り始めているお月さまにジロツとにらまれ、大反省。

f0133814_161256.jpg
 二人とも、忘れていましたな!ギロッ。あ、すみません、次回はちゃんと観ます!

f0133814_173562.jpg
 ということでお許しを頂けたのだけど、

f0133814_192271.jpg
 次、スーパームーンを観る時は私59歳、ルカ61歳。ちゃんと覚えていられるのかな。
 19年後は何しているんだろうね~。61歳のルカって想像できない~!と、静まり返った夜にテラスでワイワイはしゃぎ、2011年のスーパームーン様と記念撮影など。
 高い所にいるので私の頭の先しか一緒に写らなかったけれど、いい思い出になったな。

 皆さんはご覧になりましたか?
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-26 01:31 | 自然 | Comments(4)

19年に一度の月

f0133814_7583281.jpg
 数日前から夜テラスに出ると月明かりが煌々とタイルを照らし、植物の影がくっきりと浮かび上がっていることに気付いていた。まだ満月でもないのに、ラグーザの月ってこんなに強かったかしら?と思っていたら、なんとこの月、19年に一度のスーパームーンなのだそう。
 まさに明日、3月19日は19年に一度、地球が月に大接近する日で普段よりも月が大きく見えるとのこと。雲がかかっていても、光の広がりに色が浸み渡り、さぞ美しいことだろう。
 夜空を仰ぎ、澄んだ空気を吸い、こぼれ落ちる自然の微笑みを浴びて、悲しみ疲れた心が癒されますように。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-19 08:09 | 自然 | Comments(8)

節水方法 -我が家の場合-

 計画停電による断水が各地で起きているようですが、ラグーザの水なし生活で得た知恵がお役に立てるのではないかと思い、以下に書き出してみました。

まずは:
飲み水を可能な限り確保(空きペットボトル、鍋、やかん、ボール、タッパーなどに水を入れておく)。
前の日のお風呂の水を捨てない!(トイレの洗浄に使う)

溜めた水を有効に使うために:
水を小分けにして使う(手を洗うのに鍋からざぶ~んと水を使わず、コップに入れてチョロチョロと)。
手や顔、食器を洗う時、下にボールや鍋を置いてすすいだ水を全て受け、バケツに溜めておく。
それを掃除用、あるいはトイレ洗浄に使う。
トイレは数回に一回の割合で洗浄するようにして水を節約する(そんなに臭わないから大丈夫!でも家庭内などで可能な場合のみお勧めします)。
トイレのタンクに残っている1回分の洗浄水は、水が完全になくなった時のために大切に取っておく。
それをつい使ってしまわないように、レバーに赤いリボンなどで目印を付けておく。

食事・料理関係:
お米の研ぎ汁は捨てずに鍋やボールに溜める。
それを植物への水やりに使う。
土は砂は水底に沈むので、野菜を洗う順序を考え、一回で水を捨てない。
(きゅうりやニンジンをすすいだ水 → ジャガイモの泥を洗う → バケツに入れてトイレ洗浄に使う)
レトルトパックを温めたお湯、野菜を茹でたお湯なども捨てずに取っておく。
それを次の料理などに有効に使う。
使い捨ての皿、コップ、フォーク、割り箸などを使えば洗う水が節約できる。
食器を使った時は、紙で油をふき取り、なるべくきれいな状態にしてから洗うと水が節約できる。

衛生関係:
ウェットティッシュや濡れ布巾を使って、手を洗う水を極力制限する。
髪を洗う時は、鍋で沸かしたお湯を桶に入れて水と混ぜてシャンプーする。
すすいだ水は捨てずにバケツに溜め、掃除やトイレ洗浄に使う。
シャンプーができなくても、タオルをお湯で絞り、頭皮を拭くとかなりさっぱりする。
シャワーに入れなくても、身体を拭くだけでさっぱりする。

 などです。トイレの洗浄には思っている以上の水が必要なので、一度使った水も捨てずにバケツなどに溜めて有効に使用すると良いと思います。とにかく水の段階的な使用が必要です。
 きれいな水 → 使用済みだけどわりときれいな水 → やや汚れた水 → かなり汚れた水
 水を捨てる前に、この水は何に使えるか?と考えると良いアイディアが浮かぶと思います。
 また何か思い出したら追加したいと思います。
 
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-19 00:55 | Comments(0)

チンチャレッラの季節

 日本の地震と原発事故のことで一日中ネットで日本のテレビをかけっ放しにし、新聞各紙ネット版でも最新情報を確認し、地震情報や記者会見が入る度に緊張する毎日。一週間家に籠りっきりで遠い祖国の惨状を憂う私の心をほぐしてくれるのがチンチャレッラ。

f0133814_7462992.jpg
 チーチーチー・ヂュヂュヂュ、チーチーヂュルヂュルヂュル、と朝から元気な四羽家族がハスキーヴォイスで呼び合っている。テラスのジャスミンの枝は、彼らの行動範囲内の一時羽休み場所となっているのだけれど、

f0133814_7541883.jpg
 今年はなぜかいつも枝の端に留まっている。

f0133814_7485983.jpg
 なんでだろう。いつも枝の端。
f0133814_7584649.jpg
 しかもいつも同じ枝。ぴゅんと飛んできて、さくっと枝に留まり、数回ゆらゆらして、ピラピラっと飛んでいく。壁も垂直に歩けるし、アクロバットが好きなのね、チンチャレッラは。

f0133814_7464370.jpg
 うわっ!そんなこともしちゃうの?!
f0133814_853912.jpg
 完全に宙に浮いている?!
 何もする気が起きず、何かがぴたりと止まってしまっている心に、チンチャレッラの姿は温かいものを届けてくれる。皆さんの心にも届きますように。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-17 08:08 | 自然 | Comments(10)

計画停電に向けて

 計画停電(輪番停電)のニュースを今、聞きました。電気も暖房も使えない状況でできることを記しておきます。

停電:
懐中電灯、交換用の電池、キャンドルなどを用意しておくと良いです。
キャンドルの場合は、近くに鏡を置くと光が倍増します。
小さなペンライトを各自一つポケットに持っていれば階段なども照らして安全に歩けます。
電気が来ている間に携帯電話やパソコンを充電しておくと良いです。

暖房が使えない状況:
湯たんぽやカイロは非常に有効です。
下着の重ね着、厚手のタイツに靴下の重ね履きなどをお勧めします。
 (セーターの重ね着より下着の重ね着の方が有効です)
手が冷たいと余計に寒く感じるので、室内では指抜き手袋をすると良いです。
頭や耳が冷たいと身体も冷えてくるので、帽子や耳あてで保温できます。
マスクやマフラーで顔を覆っていると吸い込む息が暖かくなります。
腹巻、あったかパンツなども身体の保温にとても役立ちます。
暖かい飲み物、食べ物で思っている以上に身体が温まります。
寒いときはじっとしないで、身体を動かすようにしてみてください。

情報収集:
テレビもインターネットも使えない時は、ラジオや携帯電話が役立ちます。

海外在住の方へ
インターネットのニュースサイト、www.ustream.tvでNHK、TBS、フジ、テレ朝各社のニュースがリアルタイムで観られます。

 大雨のたびに停電する室内9~10度の我が家で、普段実践していることです。気付いたことがあれば随時アップしたいと思います。

追伸:冷凍庫の中の食品にも注意してください。
追伸:停電に伴い断水することはないのでしょうか?その場合は、節水方法もまた紹介したいと思います。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-13 22:16 | Comments(8)

海外から日本へ

 日本で起きた地震について。
 海外から日本への電話も携帯も全く繋がらない状況ですが、メールと携帯メールは使えます。スカイプも大丈夫です。
 海外在住の皆様にまず情報を。

追伸:
TBSのニュースがこちらのサイト →で観られます。
在イタリア日本国大使館のサイト →にも情報があります。

追伸:
家族、知人、友人みな無事です。徒歩で帰宅した父以外は、職場や出張先の関西や四国から帰れず、今日ようやく家族全員が揃ったようでした。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-11 20:28 | Comments(4)

ブログ開設4周年 -七色玉色選び-

 築100年は軽く超えている今の家は、水が届かない日もあれば、逆に大雨で天井から水漏れするし、電話回線が不通になったり、停電したり。暖房は2年前から壊れていて冬は室内の寒さで落ち込んでしまう。決して快適とは言えない住環境とシチリアの様々な問題の中で、テラスから見る空と雲、星にどれほど心を重ね、野鳥の姿に心を和まされてきたことか。わずか徒歩1分の距離だけれど、前の家では得られなかった自然と対話する生活がここにはある。
 そんな生活をかれこれ4年綴ってきたこのブログを読み返してみると、全てが新鮮で迫りくる問題にもどこか冒険感覚で臨んでいた2007年から、ブログのスタイルが定まり伝えたいことが明確になった2008年、そして時折、暗い影が差し始める2009年を経て、2010年は東京での生活が長かったこともあり、何かがぎりぎりに保たれているような感も。2011年の今年はどんなブログになっていくのだろう・・・、などと人ごとのように考えてしまいそうになるけれど、いやいや、ラグーザの日常を体一杯に幸せに吸収し、一瞬一瞬を敏感にキャッチし、ありのままをありのままに伝えていくぞ!

 今日でブログ開設4年目。前回の記事は気付いたら500回目。気持ちを改めるつもりで100回ごとに記念の記事を書いていたのに、そのお約束も忘れてしまっていた!いけませぬな。さらに去年は3周年記念のゲームを用意したのだけれど、気分が沈み過ぎていて実行できず。今年は気分一新で、参りましょう!

::: ::: ::: ::: :::

ブログ開設4周年記念ゲーム 「七色玉色選び」
f0133814_050661.jpg
玉の色: 赤、黄色、ピンク、緑、水色、オレンジ、紫

 ルール:上の7色の玉の中からお好きな色を2つ選んでください。例えば「黄色とピンク」、「赤と赤」という具合に。同じ玉の色を選んでも構いません。コメント欄にペンネームと選んだ玉の色を2つ書いてください。ゲームは私が実施し、結果をブログで発表します!どなたでもご参加いただけますので、通りすがりの方もぜひどうぞ。
 さあ、七色の玉の行方やいかに・・・?!

 ゲーム参加の締め切りは、日本時間3月11日午後5時(イタリア時間3月11日午前9時)とさせていただきます。うまくいくか実は不安なのですが、まぁやってみましょう。皆様のご参加、お待ちしております!

[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-10 20:23 | ブログ・・・周年とゲーム | Comments(7)

アーモンドの花 2011

 満開の季節は逃してしまったけれど、私たちを待っていてくれたかのように、モンティ・イブレイ(イブレオ高原)には野生のアーモンドの花がまだちらほら。カターニアからラグーザへの130キロの道のりを高速で走り抜けながら、取り忘れた春の兆しを両手で抱きしめたい気持ちに!

f0133814_18471393.jpg
 向こうの山が透かして見えるほど花は落ちてしまっているけれど、

f0133814_18474741.jpg
 それでも薄桃色と青空と、春に一斉に溢れて来る黄色の組み合わせを目に浴びせ、

f0133814_1848034.jpg
 山の上にぽっこり浮かぶ丸い雲を見ると、知らぬ間にやって来て足早に去っていく春に、乗り遅れなかったと安心する。

f0133814_18481225.jpg
 山の奥に入ると、まだあまり散っていない木も。この桃色のふくよかさから、満開時の姿を想像してみたりする。

f0133814_18482727.jpg
 いや、満開でなくていい。次々に視界に飛び込んでくる散りゆくアーモンドの花を見ていると、咲いていてくれたことにただ感謝する。

f0133814_18484060.jpg
 サボテンに話しかけるアーモンド。

f0133814_18493778.jpg
 空と風に心を託すアーモンド。

f0133814_18492423.jpg
 冷たい空気も、緑の絨毯も、ムーロ・ア・セッコの白い岩筋も、

f0133814_18495526.jpg
 母なる大地の乳房と呼ばれるイ・ミンネも、アーモンドの花を迎え終え、うららかな春へと進んでいく。のんびりしていると、季節の劇的な変化に乗り遅れてしまう!五感を研ぎ澄ませよ!


追伸:写真、小さすぎましたか?
[PR]
by hyblaheraia | 2011-03-08 18:50 | 自然 | Comments(10)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク