<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

情報の帰属 -ランペドゥーサの問題を通して-

 昨年末から始まったチュニジアの民主化運動のニュースを観ながら、これはシチリアが大変なことになるだろうと思っていた。予想通り、2月に入ると3000人の難民がボートでシチリア南部のランペドゥーサ島に押し寄せ、イタリアのレプッブリカ紙ではトップニュースとしてこれを扱い始めた。

f0133814_1181417.jpg (左地図はwikipedia「ランペドゥーサ島」より部分転載)

 ランペドゥーサ島は、左の地図中に黒で囲まれた場所に位置している。アフリカから最も近いヨーロッパであるこの小さな島には、例年、何千もの難民がボートで漂着しており、既にパンク状態の難民保護施設を巡り、今後どれだけ難民が到着するのか、それに耐え得るだけの人道支援が可能なのか、島の治安はどうなるのか、先が見えない中での緊張と不安が高まっている。

 この件について、先週このブログにもちょっとした影響があった。以前にランペドゥーサについて書いた記事が、某大手ニュースサイトに(知らぬ間に)リンクされていて、その日は一日3100人という驚きのアクセスを記録したのである。宝くじの記事をアップした翌朝だったので、皆様の関心の高さの表れかと思いつつも、異常な数字に気味悪さを感じ、アクセス解析をした次第。
 どのような方法であれ、シチリアの深刻な難民問題について、日本の方々に広く知っていただけたことは良かったと思っている。読み返してみると多少熱くなり過ぎの文体が気になるものの、現地住人が抱いている切迫した感覚が伝われば、私的ブログとしてはそれで良いと思っている。しかし、だからこそ、こういう主旨で書かれた記事を大手サイトが海外ニュースの外部ソースとして使うことに違和感を感じてしまう。私の記事でいいんですか?とつい言ってしまいたくなる。情報入手が容易なネット社会では、個々の情報の質と帰属 attribution に対する意識が薄れているのではないかと危惧してもいる。

 チュニジア以後、エジプトが民主化を成立させ、現在はリビアが非常事態に陥っている。北アフリカからランペドゥーサ島への難民増大はもはや歯止めの効かない状況である。
 「ランペドゥーサ」と検索をかけても、ヴィスコンティの映画《山猫》の原作者、G. P. ランペドゥーサしかヒットしないネット環境だからこそ、シチリアに住む同じ外国人として、アフリカからの難民について感じることを、ブログという自由な情報発信ツールを通して、私の言葉でこれからも綴っていけたらと思う。

リンクされた記事はこちら 「ランペドゥーサ -難民の怒り-」


リンクフリーと明記していますが、個々の記事をリンクして下さる場合は、ご一報いただけると助かります。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-02-25 12:14 | 政治・社会 | Comments(4)

ラグーザの味は豪快に

 ラグーザでは美味しくできる料理もお菓子も、東京では上手くいかないことが多い。材料の違いか、道具の違いか、はては空気の違いか?!と考えさせられるこの不思議な現象、なぜか我が家のフトリミス(=ティラミス、特別カロリーが高い自家製)だけは関係なく、これまで3回とも美味しく仕上がっております。

f0133814_16202261.jpgf0133814_16202534.jpg

 秋にお客様をディナーにお呼びする際、まずは一回練習し予想以上の出来に。ディナー本番の時は、完成度の高い味と仕上がりに。3回目のクリスマスの時はさらにボリュームアップしてオーホッホ!
 立て続けにこんなに上手くいくとちょっと自信がついてくる。もしかすると私のスポンジが良かった?
 実は、ティラミスに必須のサヴォイアルディ(フィンガービスケット)が輸入物のため少量なのにびっくりする値段で、仕方なくスポンジケーキを少し固めに焼いてそれをスライスして代用。
 やっぱり手間暇かけて、心を込めて作れば失敗はしないのね、と納得していたら、さっき写真を改めて見て真実に気付いてしまった。

 もしかして大量に作れば、失・敗・し・な・い?
 ラグーザの美味しさのお約束は、ドーン、ボーン、バーン!くよくよ考えず、豪快に行けば恐いものなし。

追伸:ラグーザ魂、忘れずに。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-02-16 17:09 | 菓子 | Comments(6)

夢を買う

 イタリアでは、夢に見た数字を賭けると当たると言われている。最近、やけに明確に数字を夢に見ることがあって、宝くじへの気持ちが沸々と湧いていた。でも2桁やら4桁やらいろいろな数字を夢に見るから賭け方式に当てはまらないし、数字と言ってもアラビア数字がばしっと現れるわけではなく、会話の中の数字や物の数など様々で、どれを賭けるべきか迷ったりもする。

f0133814_0265161.jpg
 そこで採用したのがSmorfiaズモルフィア。イタリア宝くじ売り場の必須アイテム。数字を特定の意味と結び付けた伝統的な表で、ナポリ式とシチリア式がある。
 例えばナポリ式では、豆なら10、鳥なら35、悪天候なら83、と夢で見た内容を数字に置き換えて賭けるだけ。

 だからあとは、夢を見るだけ。
 果報は寝て待つだけ。

 そうして寝て待っていたら、先週のある寒い晩、不思議な夢をみた。緑色の猫一匹と、純白の猫二匹がオパール色の目を輝かせながらじっとこちらを見つめ、柔らかな毛並みを光り輝かせ、何か物言いたげな様子・・・。
 さらに目覚め間際には、ラグーザに来ていた日本の子供たちと時計を何度も見上げて話す夢。どこの小学校?と聞くと、青ノ国小学校!佐賀県!という返事が。私にとっては親戚も知人もいない未踏の地、佐賀県・・・。
 強いインパクトで記憶に残る夢、これは何かあるに違いない。早速、ネットのズモルフィアで夢を数字に置き換える。

f0133814_027090.jpg ねこ夢(猫18、緑16、眼19、毛5、3匹=3)

 とけい夢 その1(4、10、5、30、8 会話に出た時間の数字)

 とけい夢 その2(佐賀県6、青ノ国9、小学校5、時計84=の裏返し48、子供達42=の裏返し24)

 佐賀県のインパクトあまりに強かったので、佐賀県鳥=カササギgazza=60で代用。もしかすると、夢の内容を抽出した方がいいかと思い、他の方式でも賭ける。

 とけい夢 その3(時計と子供達=4284、佐賀県青ノ国小学校=9560)
 以上をメモし、準備万端。

 ちょっと夢を買いに行ってくるから~!インフルエンザで寝込むをとうとに意気揚々と行き先を告げ、全部で5つの宝くじを買い求める。合計1000円。その結果はと言うと、
・・・・・・・・・・

 惨敗でありました。けれど後日、私が見ていたズモルフィアは伝統的なナポリ式でもシチリア式でもなく、中途半端なイタリア式だったことが判明。紛らわしいこと!
 ナポリ語を恐れずナポリ式を見ていたら、ねこ夢その1の数字の一つは当たっていたんだけどな。

 皆様、今宵も良い夢を。Buona notte.
[PR]
by hyblaheraia | 2011-02-13 01:28 | 生活 | Comments(10)

庭に珍客、珍獣?

 誰か近所でヒツジかヤギ飼っている人いるの~?
 昨日、イタリアから戻って来たルカが我が家の庭で真っ先に見つけたものは、お行儀よくまとまった糞でございました。ええ、猫でしょう?という私に、ナポリの実家で猫を何匹も育てあげたルカはこう断言する。猫はこんなウンチの仕方、絶対しないよ!
 近所にノラ犬はいないし、やっぱり猫だろうなと思っていたら、今朝、さらに糞が増量していた。これまた巨大な黒豆のようなものが一直線にコロコロときれいに並べてある。この糞の主の几帳面な性格に感心しつつ、をとうとに報告。すると、あ、分かった、それ、あれだよ!都内で良く騒がれているあの動物、ほら、えっと、あれ・・・。
 タヌキ、キツネ、ネズミ、ミーアキャット?(なぜか尻取りになってますが)
 ネットで検索しながらようやく出たその名前は、ハクビシン。早速、画像や動画をネットで探すとまぁなんとかわいい動物なのでしょう。けれども農作物や民家への被害、SARSの問題などがあることも知り、なんとも複雑な気分に。最近の鳥インフルエンザのこともあるし、この糞、保健所に提出した方がいいのかなと、とりあえず写真に収め、しっかり現場保存。
 糞学会に報告しなくていいの?
 をとうとの一言に笑ってしまった。

 昆虫学会への手紙についてはこちら 1.手紙編  2.返事編

追伸:糞の写真をアップする勇気はありませんでした。リクエストがあれば・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2011-02-02 15:02 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(8)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク