<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お帰り、ダニー!

 もう10年以上前からだろうか。東京の実家の玄関先に、茶色の大きな蛙が姿を現すようになったのは。

f0133814_16243796.jpg

 名前はダニー。正しくは、蛙野ダニエル(かえるの・だにえる)

 外出先から帰って来ると、玄関前に鎮座していて、お帰り、とでも言わんばかりに迎えてくれる。
「あ、ダニー、ただいま。」
 そう言って家に入ってから、何となく気になってもう一度ドアを開けてみると、植木の暗闇に向かってゴソゴソと進む丸い背中が見えた。家族の帰宅を見届けた、優しく哀愁ある背中だった。

 最近、ダニーは来ないの?と聞いてから数日後、遂に現われた君。ルカとの対面も果たした君。
 これから毎晩、家族のお帰りと見届けの役目が待っている。

 君は何代目ダニーですか?

[PR]
by hyblaheraia | 2010-10-25 21:19 | 一時帰国 | Comments(6)

変わらなさ

 シチリアの生活で何が素晴らしいかと言えば、毎年変わりないことが、変わりなく繰り返されることの、変わらなさ、だと私は思う。
 今年のロザリオの聖母祭も、いつもの10月第二日曜日に、いつもの通り行われただろう。
 
f0133814_23114246.jpg
 プロチェッシオーネ(宗教行列)の光の列も、順序も、

f0133814_23114877.jpg
 御輿を担ぐのが若者ではなくて、老人であることも、

f0133814_2312225.jpg
 ブラスバンドの哀愁を帯びたメロディーも、

f0133814_2312665.jpg
 テラスから拍手を送る住民の立ち位置も、顔ぶれも、

f0133814_23125022.jpg
 聖母の御輿がエッチェ・オーモ教会前に到着した時の華やいだ雰囲気も、

f0133814_23125242.jpg
 聖母の御輿が通った後の紙吹雪で遊ぶ子供たちも、

f0133814_23135494.jpg
 聖母の御輿を迎える花火の情熱的な色も、

f0133814_23141094.jpg
 回転する火の輪の後にVIVA MARIA(マリア様万歳)の文字が現れることも、

f0133814_23141550.jpg
 その文字の後に打ち上げられる花火の高さと匂いも、

f0133814_23141893.jpg
 教会に静かに入って行く聖母の御輿を色々な想いで見つめる目も、

 きっと去年と何も変わらないだろう。
 変わらないことに身を委ねている、あの安心感が懐かしい。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-10-20 23:17 | 生活 | Comments(8)

ショパン生誕200年に際して -私の場合-

 人も、車も、店も、通信も、会話も、ラグーザの10倍の早さで動く東京で、目を回しながらあれやこれやと一か月頑張っていたいたら、遂に風邪でダウン。
 ひたすら寝て、水分と栄養を摂って、本を読んだり、ピアノを練習したり。でもピアノは意外と運動量が多く、筋肉も疲れるし、汗もかくし、結局、一時間ももたずにまたベッドでゴロゴロ。

f0133814_15503012.jpg
 でも頭では、従兄弟の結婚式で弾くピアノのことを考えている。
 今年はショパン生誕200年なので、やっぱりショパンがいいかな。新しい門出ということで、プレリュードから一曲、他にマズルカとの組み合わせもいいかな。バラードも華やかでいいけれど、ちょっと難しいかな。
 特にお酒が入るとパッセージの速い曲はミスタッチしそうで危ないし、トリルが一杯入っている曲も指が回らなくなる可能性があるし。かといって素朴な曲は大宴会場で冴えないし・・・。

 楽譜を引っ張り出して来て、いろいろ弾いてみる。脳と心ではこう弾きたいという鮮明なイメージがあるのに、指と筋肉がすっかりそれを放棄していて、長年のピアノ離れを実感。
 まずはゆっくり練習あるのみ。トコトコ練習あるのみ。

 疲れてきたら練習はやめて、youtubeでいろいろなピアニストを聴き比べて勉強。その曲を弾くという目的が明確なだけに、曲想や解釈、タッチ、身体の動きを真剣に観察。正しい解釈、西洋の教育の伝統、演奏の奥深さ、そこから際立って来る個性、というものを考えさせられる。

f0133814_18411176.jpg
 そして夜は別の形でピアノのことを考える。
 ショパンとドラクロワ、ジョルジュ・サンドの物語、平野啓一郎著『葬送』を読み、ショパンのあの哀愁を帯びた表情を想いながら眠りに就く。

 そんな毎日で、気付けば一週間が経過。その間、家から出たのは一度だけ。そして、その一度で風邪が悪化。なのでまた家でゴロゴロ、ピアノをトコトコ。

 こうして朝から晩まで、ショパン生誕200年を私なりに祝っております。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-10-17 18:17 | 生活 | Comments(14)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク