<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カターニアのベッリーニ博物館

 溢れる才能を抱えたまま、若くして消えた命だからだろうか。その情熱や闘争心のようなものがそこかしこに漲り、遺品から発せられる強烈な魂に、物怖じしそうなほどだった。

f0133814_1951441.jpgf0133814_1955449.jpg
 カターニア出身の作曲家、ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini, 1801-1835)。その生家はカターニア中心の「象」の広場から徒歩数分の場所に位置し、現在、博物館として公開されている。
 念願かなって、ようやく訪れることができたのだけれど、気持ちの準備も予習もしていなかったため、申し訳ないような気持ちで恐る恐る入っていくと…、

f0133814_1964990.jpgf0133814_1971477.jpg
f0133814_1995625.jpgf0133814_19131964.jpg
 ベッリーニの有名な肖像画に迎えられる。にこやかな表情と対面して、ちょっと緊張が解ける。
 最初の展示室には両親の結婚証明書、家系図、家族の写真、ナポリ音楽院の奨学金付き入学許可証、パトロンへの手紙、そして細かな遺品などが並ぶ。

f0133814_1914384.jpgf0133814_19163170.jpgf0133814_1918159.jpg
 これはベッリーニの自筆の手紙。作曲家の筆跡を見るとじわじわと細胞液が騒ぎ出してしまう!これまで17世紀のものを見てきたけれど、19世紀の手紙も、書き方やたたみ方が同じで少々驚いた。
 そして何と言ってもこの署名。ト音記号のような形でかわいい!爽やかだし個性的。彼の性格が見えて来るよう。

f0133814_19234476.jpgf0133814_1924535.jpg
 当時の名ソプラノ、マリア・マリブランとジュディッタ・パスタの肖像画も!貴女方のカリスマ性がベッリーニ作品を一層輝かせたのですね。と心の中で話しかける。

 さらに、オペラ・スコアの展示室には《ノルマ》の自筆譜が。
f0133814_19314817.jpgf0133814_19263233.jpg
 《ノルマ》初演はミラノのスカラ座。ポスターにはなんとチケット代が45オーストリア・リラ(L. 45 austriache )とあった。

f0133814_19311919.jpg それにしても、《ノルマ》の自筆スコアがこんな所に、こんな風に展示してあるなんて!
 実物を調査したい研究者が世界中にたくさんいるでしょうに…。
(ファクシミリ版が出ているのかな。)


f0133814_23302094.jpgf0133814_23305941.jpg
f0133814_23313682.jpg
 往年の歌手たちの写真も。
 いい作品があれば、歌手も輝く。いい歌手がいれば、作曲家の才能も伸びる。
 そしていい音楽があれば、人々の心に良いものが残る。

 そんなことなんだな、音楽って。

f0133814_0204116.jpg と考えていると、窓の外にはローマ時代の円形劇場の一部が!!

 見ているものが一気に1700年前のものに。

 ところで、ベッリーニのピアノはどこだろう?

 ・・・つづく・・・

[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-31 00:28 | シチリア他の町 | Comments(6)

早くもアーモンドの花

 まだ1月だと言うのに、今年のシチリアはなんだかそわそわしている。大地には黄色の花の絨毯が広がっているだけでなく、早くも

f0133814_20335859.jpg
 アーモンドの花が二分咲き。

f0133814_2029991.jpg
 いや、四分咲き!

f0133814_20295392.jpg
 いやいや、五分咲き!

f0133814_20313439.jpg
 こちらは、いっぱい咲き!

f0133814_20354378.jpg
 けれどもこちらは、口先(くちさき)。花より団子ですモー。

 今年の春は早足なのかな。駿足でお願いします!
[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-24 20:53 | 自然 | Comments(16)

溢れる黄色

 日本からシチリアに戻ってくる時の楽しみの一つは、カターニアからラグーザに向かう長距離バスからの眺め。先週はラグーザで雪が降ったと聞いていたので、どんなに寒いのかと思いきや、シチリアにはもう春の息吹が溢れていていた。

f0133814_22303857.jpg
 車窓から飛んで行く眩い黄色!春の訪れを最初に告げるのは、いつもこの花。道路脇も、空き地も、

f0133814_22183416.jpg
 オレンジの木の根元も、黄色で輝やいている。

f0133814_222316.jpg
 冬と言うには眩しすぎる太陽を浴びながら、オレンジ畑を走り抜ける時も、

f0133814_22291860.jpg
 黄色の花は元気に伴走してくれる。ああ、なんて気持ちの良い日なのだろう!

f0133814_22273083.jpg
 オレンジ畑の向こうでは羊たちが牧草ランチをのんびりと。こちら側では山羊たちが……、あれ?!


f0133814_2234508.jpg
 白ヤギさん、オレンジを立ち食い?!

 なになに??と左から黒ヤギさんたちも。

 二本足で立つ姿はまるで、おしめ姿の赤ちゃんみたい。楽しいな、動物って。

f0133814_22362992.jpg
 ああ、ここも私の愛して止まない景色の一つ。牧草の丘陵地帯と風車、広い空にもくもく雲、そして本当は遠くにエトナ山が見えるのだけれど。
 今日は誰にも会いたくない気分なのだそう。

f0133814_22471161.jpg
 シチリアだからサボテンもそこかしこに。

f0133814_2249546.jpg
 温暖なカターニア県を抜けて、ラグーザ県の山間部に入っても、黄色の花はうっすらと。


f0133814_22483284.jpgf0133814_2248929.jpg
 キアラモンテ・グルフィのオリーヴ畑にも。
 夜の厳しい冷え込みと昼の太陽との間で、自分を見失わず春の声を準備し、一斉に歌い出す黄色の花の一途さに感服してしまう。

f0133814_22535653.jpg
 と、想いに耽っていたら、ラグーザ市に近付くに連れて別の色が。もしかして、それは?!

 … … つづく。

[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-23 23:58 | 自然 | Comments(4)

太陽の吐息

 今朝6時半の空。年末年始の日本滞在から戻り、2010年、最初に見るラグーザの日の出。
 ここからゆっくりと溶け始める壮大な色の変化に、ああこれぞラグーザだと、帰宅翌朝に美の衝撃を受けていた。

f0133814_640593.jpg
 東の丘の向こうに渦巻く妖しい力。

f0133814_1714397.jpg
 深い眠りの上で、人知れず、静かに、けれども計り知れない熱さを含んで、広く広く垂れ込めている。

f0133814_17222020.jpg
 青さが徐々に白んできても、

f0133814_17244092.jpg
 熱さはさらに溶け出し、そのエネルギーを解放せずにはいられない。

f0133814_1719548.jpg
 丘を伝って遠くの山まで息を吹きかけ、

f0133814_17282750.jpg
 もはや燃えに燃えている。ああ、太陽の吐息だ。その妖艶な熱さに魅せられて鳥たちは目を覚まし、取り憑かれたように歌っている。
 不安と、焦燥と、責任と、希望と、あらゆる想いが複雑に熱く溶け合うエネルギーが、最大限に放出される瞬間の、何という厳かさ。

f0133814_17321673.jpg
 しかし、その頂点を超えると、安堵のため息がさっと走り、

f0133814_17312188.jpg
 あくまでも親しみのある、優しい呼吸を

f0133814_17365383.jpg
 続けていた。

f0133814_17384087.jpg

f0133814_1739224.jpg

f0133814_17393487.jpg
 徐々に力を抜くように、濃度を薄めた光が空全体に広がり、太陽は完全に空に浮かぶ。
 さあ、一日の始まりだ。否、2010年のラグーザ生活の始まりだ!

[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-21 07:03 | 自然 | Comments(10)

月面に異変?!

 普段は、テラスから月を見上げると・・・

f0133814_2023544.jpgf0133814_2326990.jpg
 お月さまの台所を切り盛りする太っちょアリ(蟻)・マンマの忙しそうな姿が見えている。大きなお鍋でラグー・ソースをぐつぐつ煮て、大量のパスタをどーんと茹で、月面着陸する異星人たちにランチを用意するのだから大変、大変、大忙し。(写真:お料理中のアリ・マンマ)
 でも今日はどうしたのだろう?アリ・マンマの姿がない!ラグー・ソースの匂いもして来ない!


アリリ、大変!月面に異変が!!


そこにいるのは、アリ・マンマではなく、



f0133814_19564539.jpgf0133814_2329834.jpg
 若いシロアリの男女!!
 助けを求めるシロアリ姫が、筋骨隆々シロアリ王子に救い出される緊迫の瞬間!!しかも良く見ると、


f0133814_23472365.jpg

 月面はこんなに厚い氷で覆われてしまっている!なになに?地球温暖化で溶け出した北極の氷が逃げて、月を氷の世界にしてしまったと?!
 早く、早く、シロアリ姫を氷から助けて出さないと!!

 うううう、なんたることだ。いったい宇宙に何が起きているのだ!








何が!












な~んていうのは想像のお・は・な・し、で


f0133814_2051278.jpg
 この料理に目線を合わせて眺めている時の心境なのであります。

 ラグーザ伝統料理 ジェラティーナ

 豚の耳やら鼻やら脂やら、通常なら捨ててしまうお肉以外の部位を寄せ集め、爽やかな酸味のゼリー寄せにしたもの。近所のカフィーソおじさんの精肉店で手作りしている素晴らしい一品を、今日はサラダとオリーヴとパンでシンプルに。

・・・ ・・・ ・・・


 シロアリ姫は、無事シロアリ王子に助けられ、二人はヒブラさんの胃袋の中でめでたく結ばれましたとさ。
 お・し・ま・い

追伸:お話はきちんと(  )でくくらないと気が済まないタイプです。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-13 20:40 | 料理 | Comments(8)

変わらぬものを -新年に寄せて-

f0133814_038716.jpg
Felice Anno Nuovo 2010

 今年はどんな一年になるのだろう、と考えた時に自然に湧いてくるのは、ラグーザの変わらぬ美しい風景のように、自分らしさを忘れず前向きに挑戦していこうという想い。健康に留意し、誠実に、明るく、頑張ろう。


 12月から多忙な毎日を過ごしており、更新がすっかり滞ってしまいました。コメントのお返事もできずにすみません。落ち着いたら、ゆっくりお返事させていただきます。
 こんなマイペースなブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by hyblaheraia | 2010-01-06 01:00 | 生活 | Comments(20)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク