<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

光と影、白と黒、憧れと報復

f0133814_671550.jpg
 観光客のいなくなった旧市街イブラのドゥオーモ広場。買い物後のシニョーラたちは視線を落とし、身体を揺らしながら長い斜面を登って行く。
 正午の広場では、強く、太い日差しが広場の石の白さとぶつかり、ものの色形が際の際まで異様なほど浮き上がって目の奥を刺してくる。

f0133814_674536.jpg
 坂の上にそびえるサン・ジョルジョ教会を目指して、目を細めながら一歩一歩近付く時、美しさと痛みが脳を混乱させる。足早に路地を曲がり日影に入った瞬間、今度は白さの衝撃が黒い視界となってじわじわ襲ってくる。

f0133814_68652.jpg
 こんな日はサン・フランチェスコ教会の頭のない女神像が、いつもよりも遠くを仰いでいる。光をはじく白い存在に憧れを重ねていると、背を向けた途端に黒い幕で残像を覆われてしまった。
 光と影は白と黒を作り、憧れを報復に変えてしまうのだろうか。


追伸:最後の写真は私の大好きなアングルで見たサン・フランチェスコ・アリンマコラータ教会Chiesa di S. Francesco all'Immacolataの鐘楼です。実は大学の教員トイレからの眺めです。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-11-17 06:56 | 生活 | Comments(16)

サン・マルティーノの丸まる

 オリーヴ、月、と丸いものが続いておりますが…。

f0133814_782425.jpg
 第11回フリッテッラ(揚げ菓子)祭りの、丸い丸い主役たち。
 11月7日~11日のサン・マルティーノの祝日まで5日間、ラグーザ新市街ではフリッテッラとワインをセットで売る屋台が出て、カラオケ大会や、子供用の大型トランポリンなどで社交的な雰囲気に。大学には予算が降りないのに、地元の食祭りは常に盛大。

f0133814_784821.jpgf0133814_79116.jpg
 大きい丸はレーズンとフィノッキエット(finocchietto, フェンエルシード)が入った伝統的なもの。
 小さい丸は、リコッタ入りでシナモンがかかっているものと、クレーマビアンカ入りのもの。

 お湯を沸かしている間、伝統的な丸を一つつまみ食いしたら予想を上回る美味しさに、はっと覚醒!最近おやつは買わない、作らない、食べないの三原則を守り通していたので、その一口でシナプスセロトニンが大量に放出されたらしく、立ったまま次々に丸に手が伸びて…。
 
 フリッテッラの前に立ちすくんで食べ続ける私を、ルカはいつになったら食べ終わるのだろう、と心配そうに見ていたそうな。


追伸:しばらく食べ物の記事が続きそうです。フリッテッラの作り方は過去の記事のこちら
[PR]
by hyblaheraia | 2009-11-13 08:03 | 菓子 | Comments(8)

暗闇の襞 -月と雲と北風と-

f0133814_254106.jpg
 冬の北西風に身を任せて雲が月明かりと対話する夜。

f0133814_2542937.jpg
 闇の中で薄紫と薔薇色の襞が静かに何かを語っている。耳を傾けよう。
 北風は頬を刺し、髪を乱し、指先を凍らせるというのに、あの闇には永遠の暖かみが存在しているよう。

f0133814_2544767.jpg
 北風のいたずらで、一匹の魚が大きな口を開けて泳ぎ始めた。笑っている。
 月と、雲と、北風が出会う冬の夜は、闇に全てを預けてその声を聴こうとするから、身体に沈滞する全てが吸い上げられていくような気がする。

[PR]
by hyblaheraia | 2009-11-12 03:52 | 自然 | Comments(5)

オリーヴの塩漬け+オイル漬け 2009

f0133814_014292.jpg
 最近キッチンの片隅には、味見用のフォークと種捨て皿が常備されておりまして…。2キロ分のオリーヴのオイル漬けが完成したのだから、仕方がないでせう。


 一粒一粒オリーヴを割り、塩水に漬けてアク抜きをすること17日間。どんなにこの日を待ったことか。いよいよオリーヴ坊主たちに魂を吹き込む作業開始。

f0133814_0202894.jpgf0133814_2339282.jpgf0133814_23384195.jpg
f0133814_2341658.jpgf0133814_2345767.jpgf0133814_23444716.jpg
f0133814_23521253.jpgf0133814_2352368.jpg
f0133814_0273710.jpgf0133814_0264282.jpgf0133814_23453042.jpg

 唐辛子、にんにく一片、フィノッキオ(ういきょう)を葉も一緒に入れるのが私の趣味。オリーヴオイルが大量に必要なので、サンサsansaと呼ばれる廉価の二番絞り?を使用。酸っぱいもの好きの私独占用として、瓶二つ分はお酢も入れて、赤リボンで目印。
 行商のラッファエーレが持ってきた見事なフィノッキオと、トラーパニ産の赤にんにくが光る、私だけのオリーヴ。ニマニマしてしまう。

 ああ、こんな些細なことがなんて楽しいのだろう!手をかけて、ゆっくりと作ったオリーヴには、手作りピタパンまで用意してしまう(ルカ作ですが)。素朴だけれど、愛情を込めた食卓に大満足な日々。
 (ただし、オリーヴの食べ過ぎでニキビがボコッと…。)
[PR]
by hyblaheraia | 2009-11-02 01:32 | 変わった野菜と果物 | Comments(18)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク