<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ボルロッティの分類

f0133814_6443451.jpg
 熱帯的なピンクが、限りなく白に近い薄緑とマーブル模様を作るボルロッティ豆。否、正確には、ボルロッティの莢。その色に魅せられて、この季節のBorlotti freschi(生のボルロッティ)をつい買ってしまう。


f0133814_725429.jpgf0133814_731860.jpg
 莢の鮮やかさにばかり見とれていると、中から出てくる豆粒に言われる。我々にも色合いの違う美しさがある、と。ああ、本当にその通りだ。

f0133814_6491930.jpg
 この上品な色の広がりと、その無限のマーブル世界。薄黄緑から白みがかった桃色、そこから少しずつ白みが消えて、次第に薄紫へ。そんな色の段階を見ることができる。
 触感はさらに想像を超えている。豆の粒はまんべんなくみずみずしさを湛え、触るとぷるるん、きゅきゅっ、ぷにゅ。
 夢中になる頭を一瞬上げて、少し遠めに見ると、一つとして同じでない色と模様に改めて気付く。同じ房の中にいる7~8粒の豆にも、それぞれ表情の違いがある。

 まさに自然の宝石だ。
 一粒一粒の個性を見分けようとしながら、なんとかこのボール一杯の豆たちを私なりに理解したくなった。そして・・・



f0133814_1965431.jpg
 分類に挑戦。分類の視点は豆の地色と模様の相互関係
 最初5分くらいは作業が進むけれど、豆を見続けるほどに分類の軸がぼやけてくる。最も極端な例から頭を整理しなおして何度もやり直す。
  

f0133814_6523085.jpg
 そして解決。分類図はこのように完成!
 上記の視点に基づき、全体で9種類に分けられる。左から順に1,2,3・・・9と番号を付け、5を基準と考えるならば、右に行くほど地の桃色度が強くなり、左に行くほど地の白~緑度が強くなる。これは豆の成長の度合ではなく、あくまでも個々の豆の色彩的性格の違いを示すもの。
 だから6~8の違いを明確にするのが難しかった。3種ともに地はピンクだけれど、6は茶色の、7は黒の柄、8は黒の柄が大きく入っているもの。


 なんてボルロッティと遊びながら、カンタータの分類でゼミ仲間と意見を異にした日々を思い出していた。
 分類に意味がなければならない、という意見に対し、分類自体に意味を持たせるのではなく、分類してみることでそこにきれいに収まるものと、収まらないものを見出すことが大事、だと主張した。

 対象全てを分類しきれなければその分類法が成立しないのではなく、分類から漏れたものにこそ、そのものの個性を見出すことが大事なのではないか。今もその考えは変わっていないことを、豆々しい分類学で再認識した一日だった。
 ボルロッティの理解は生物学的には間違っているだろうけれど。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-30 08:02 | 変わった野菜と果物 | Comments(22)

シチリアの野生オレガノ 2009

 オリーガノoriganoはまだですか?今年最初のオリーガノil primo origanoをお願いしますよ。全部きれいな緑に仕上げたいから、育ち過ぎていないのをお願いしますよ!
 地元のシニョーラのように細かく注文をつけて、毎年、5月末から行商の八百屋ラッファエーレに頼んでいたのに、今年はなんだかいろいろあってすっかり忘れてしまっていた。

f0133814_6594818.jpg
 でも今年もこうして手に入ったシチリアの野生オレガノ。
 オレガノの季節はもう終わっているので、ラッファエーレに特別に探してきてもらったもの。私の好みを知っているから、「いいのがあれば仕入れておきますけれど、もう遅いですからね、ないかもしれませんよ。」

f0133814_70775.jpg
 そう言われていたし、新鮮なものしか入荷しない彼の正直な性格も知っているので、あまり期待していなかったけれど、この時期にまだ柔らかさが残る(乾ききっていない)エメラルド・グリーンのものが二束も手に入り、乗り遅れた初夏の風を掴んだような気分になった。
 
f0133814_703365.jpg
 光を遮るために、新聞紙にくるんで、風通しの良い場所で陰干しする。こうやって包むとオレガノの花束のようで、はしゃいでしまった。

f0133814_705633.jpg
 今年はここで乾かそうかな。完全に乾いたら、じっくり手揉み。今からオレガノとの対話が楽しみ。

 こんな些細なことだけれど、毎年、同じことを繰り返し、季節を感じる作業を一つ一つ消化しないと、何か大事なことをし忘れたような気分になる。
 過去も未来もずっと変わらない、ラグーザの一年のリズムの美しさに抱かれているということなのかもしれない。

[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-28 07:46 | 変わった野菜と果物 | Comments(6)

空からのメッセージ

 燃えるような憧れ色の空から届くメッセージ。それは・・・、

f0133814_23233295.jpgf0133814_2324659.jpgf0133814_23244270.jpg
f0133814_2326994.jpgf0133814_23263314.jpgf0133814_2326573.jpg
f0133814_23275178.jpgf0133814_2328149.jpgf0133814_2328352.jpg

Buon compleanno, Hybla!!  誕生日おめでとう、ヒブラ!!
La musica vaga, leggiadra,  淡く、優美で、情感豊かな音楽は
ed affetuosa sta sempre con te.   常にあなたと共にありますぞ。
Un bacione da Cesti, Barbara, Caccini,   チェスティ、バルバラ、カッチーニ、
Sigismondo, Scarlatti, et abdubibi!   シジスモンド、スカルラッティ、そしてアブドゥビーバ人より大きなキスを!


 ・・・のはずだった。


f0133814_0161250.jpg 誕生日プレゼントのipodとともに、空にいる私の愛する作曲家たちから、励ましのメッセージが届くはずだった。
 けれど届いたのはipodのみで大切なメッセージがない!彼らからの言葉に感動したくて、心をときめかせて待っていただけに、がっかり。

 Apple Italiaに苦情を言おうかと考えたものの、メッセージはどんな内容でしたか?と聞かれたら、恥ずかしい思いをするだろうからやめました。

 17世紀の人を想って、自分で、自分宛てに誕生日メッセージを贈るなんて、やっぱり笑われてしまうかな。6ヶ月も悩みに悩んで、ひどく緊張して決意したのに、届かなかったというのが、また私らしいドジ談でもある。


f0133814_0183158.jpg
 そんな6月25日、溶岩色の空を見上げ、39回目の誕生日に思うのは、ラグーザの美しさと追い求める音楽とが、互いに結びつき、溶け合う不思議な感覚について。
 思考の全てが無意識のうちに大気に吸われ、音の奥深くにあるものを立体的に聴き取る時、ひらめきを信じようという気持ちが起こる。

 空からのメッセージは届かなかったけれど、30代最後の一年、ipodに音楽を詰めて、思い込み激しく突っ走ろう!


追伸:メッセージ中のabudubibiとは、私の心の故郷abudubiba(アブドゥビーバ)の人々という意味です。存在しないおとぎの国ですので、深くお考えになりませぬよう・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-27 00:51 | 生活 | Comments(19)

一郎、二郎、三郎、四郎物語 -ストゥルヌス四兄弟-

 5月末、それは辺りが白んでくる頃から始まった。けたたましい騒ぎではっと目覚め、ああまだ飛んでいないな、と安心しながら夢の続きを見に行くものの、脈略なく割りこんで来る鳴き声で夢は引きちぎられ、再び、はっ!次第に心地よい夢は切羽詰り始め、鳥たちも気になり、夢も気になり・・・。
 
f0133814_19253158.jpg
 優柔不断の性格と戦いながらも、最後にはけたたましさと好奇心に負け、早朝からストゥルヌス観察を始める。

f0133814_19245459.jpg
 ドー、ミー、ソー(ご・は・ん!)♪♪ 
 三羽音(三和音)をきっちり奏でる一郎、二郎、三郎。去年は二羽だったけれど、今年は三羽だから、


f0133814_22303029.jpg
 親鳥が餌を運んで来る時の騒ぎは大変なもの。ビジュ~~ジュー!!

f0133814_2231368.jpg
 親鳥もウィウィウィッ!!。雛はさらにジュジューー!ビジュビジュ~!
巣の真横に住むジャンノーナおばさんは、朝から騒々しくて頭が痛いのよ、と困り顔。多分、今日か明日に巣立ちますから、もうちょっとの辛抱ですよ。と話していると・・・、
 あれ、もしかして四羽音(四和音)?!

f0133814_19474632.jpg
 ド、ミ、ソ、シ♭・・・ビジュ~~?

f0133814_19333839.jpg
 狭いからか、巣から出て不安だからか、互いに固まり、こんがらがって良く見えない。けれど直感的に感じた。きっと四羽いる!
 興奮と、好奇心と、確信とで、胸が激しく打ち、呼吸は浅く、指先はおぼつかない。恐る恐る双眼鏡で覗いて見ると・・・、

f0133814_19343399.jpg
 確かに黄色の嘴が4つ見えた!四郎、君もいたのか。
 口をしっかりつぐんで、まだ灰色を残した産毛に包まれて、ふくふく、ごにょごにょ、ぐちゅぐちゅ、ただ懸命にそこにいる!(双眼鏡のレンズにデジカメをくっ付けて撮影)

f0133814_19345726.jpg
 ああ、今年は四兄弟だったのだ。例年以上にけたたましい鳴き声は、四羽音だったからなのだ。
 こうして空を仰ぎながら、時々、猛スピードで飛んで行くアマツバメを眼で追い、親鳥が餌を運んでくるのをひたすら待つ姿の、純粋無垢な、無防備な表情に心が溶ける。



f0133814_22395578.jpg

 餌を欲し、親鳥を求め、空を希求する狂おしいほどの鳴き声が今でも蘇って来る。

 ストゥルヌス・一郎、二郎、三郎、そして四郎。

 ラグーザの大空を羽ばたき、たくましく生きよ!


追伸:ストゥルヌス護衛隊編と、一郎ワンマンショーもあるんですけれど、続けましょうか?
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-24 23:48 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(10)

そはたれか -木の名前SOS!-

SOS応答ありがとうございました!
この木の名前は栴檀(せんだん)でした。

 5月末、まだ柔らかい朝日をしっとりと肌で感じ、透明度の高い空を仰ぎながらイブラを歩いていると、不意にある香りが鼻をついた。

f0133814_7102889.jpg
 誘われるようにサン・フランチェスコ・アッリンマコラータ教会(Chiesa di S. Francesco all'Immacolata)の空き地に入ると、

f0133814_657911.jpg
 先よりも濃く、魅惑的な香りが、この木からふわりと降り注がれていた。
 深く吸い込み、甘く陶酔的な余韻に浸る。

f0133814_6574147.jpg
 何という媚香だろう。
 紫がかった小さな花は綿のように膨らみ、優美に枝垂れ、輝く若い葉は風にしなやかに身を委ねている。

f0133814_6583896.jpgf0133814_659186.jpg
 花と葉の影には、オレンジ色の小さな実を恥じらいながら隠している。
 
 ああ、そはたれか。
 あの媚香が今でも鮮やかに蘇り、名の知れぬ彼の人に心を焦がしている。

::: ::: :::

 ということで、SOSシリーズ!この木の名前は何ですか?
 あの香りが忘れられません。キンモクセイからシトラス的な香りを抜いて、もっと甘く、丸くしたような感じで、クチナシのようなまったりした甘さではなく、もう少しスパイシーです。ご存知の方、教えてください。
 ちなみに、6月下旬現在、お花は全て落ちて、葉の緑が深くなっていました。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-20 08:34 | 自然 | Comments(10)

カルチョーフィのオイル漬け

 5月のことでした・・・。
f0133814_18361146.jpgf0133814_18363520.jpg
 
カルチョーフィ、チョーフィ、フィ~フィ~!!



f0133814_18385638.jpgf0133814_18391933.jpg 行商の八百屋のラッフェーレがカルチョーフィ(英アーティチョーク)の大束を持ってきた。
 25本で4ユーロ!
 値段を聞いて即、それください!!(普段は1個50セント)

 長さは1メートルくらい、重さは3キロ以上?。
 重くて指が痛くなるから、とフルーツを入れる厚手の紙袋で取っ手をつけてくれた。こういう心遣いは、ラッファエーレならでは。

 
 歩くたびに、モサモサ揺れるカルチョーフィの大束に、近所のシニョーラからの熱い視線が注がれる。オイル漬けを作るんです、と挨拶すると、偉いわね~brava, barava!と褒め称えられ(大げさ?)、やる気満々。
 そしてできたのが、
 
f0133814_19512857.jpg
 こちら。オリーヴオイル、唐辛子、ニンニク1片、塩、そして今年はミントで風味付け。
 これが大当たり。


f0133814_19451865.jpg
 柔らかく甘いカルチョーフィに酢とミントの爽やかさが浸みている中に、ニンニクと唐辛子がそれらの味をぐっと引き立たせ オリーブオイルが全てトロリと包み込んでいる感じ。
 この日は、張り切ってピタパンも作り、タコのサラダと一緒に付け合わせとして。トマトのサラダにも、カルチョーフィのオイルをかけて食べると、これがまた何とも言えない味の宇宙を創り出すのだ。

 素朴な素材でこんなに美味しく、身体にも優しく、手仕事の達成感で心も豊かになる。
 毎年5月の恒例行事なのでした。

カルチョーフィのオイル漬けの作り方・・・
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-17 20:42 | 変わった野菜と果物 | Comments(14)

Sturnus unicolor 2009

 ティッティキティキ!、クトゥクトゥクトゥ・・・、フィ~ウ~~、プゥーー。
 春の終わり頃からとあらゆる声色を使い分けて歌を競い合い、黒い羽根を蝶々のように広げてグルグル、互いの魅力をたっぷり自慢しながら、実に多くのカップルが誕生した。そして今年もいつもの場所(向いの空き家の壁の隙間)に、巣を作り、雛が孵った。

f0133814_15494997.jpg
 何も変わらないいつものラグーザの春。ただ一つ違うのは、彼らはメルロではなく、ストゥルヌスという名前だったということ!

 Sturnus unicolor ストゥルヌス・ウニコーロル(英Spotless Starling, ムジホシムクドリ )

 ラグーザ人は彼らをメルロと呼ぶけれど、ナポリの実家にやってくるメルロとはあまりに違う。ルカがネット丹念に調べた結果、イタリアではシチリアとサルデーニャにしか生息しないことが分かり、やっぱりそうか!と二人で心底納得。
 ということで、ストゥルヌスと呼ぶことにいたしました。


さて、3羽の雛は・・・、
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-14 19:32 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(8)

エトナ山の夕暮れ -感謝を込めて-

f0133814_7184014.jpg
 カターニア港を出て間もなく見えてくるエトナ山とその裾野の町。シチリアの東岸に沿って、静かに進んでいく。


f0133814_737640.jpg
 海に散る岩々は、アチ・トレッツァの海岸。
 洞窟に住む一つ目の巨人、ポリフェーモ(ポリュペモス)に捕えられたウリッセ(オデュッセウス)一行は、巨人に酒を飲ませ、酔って眠らせたすきに目を潰し、逃げ出した。この小さな岩の数々は、巨人がウリッセ一行に投げつけた石の跡、と言われている。
 チェスティ(17世紀イタリアの作曲家)のカンタータ、《ポリフェーモ》の手稿譜と戦っていた頃は、将来、こんな気持ちでアチ・トレッツァの岩を眺めるとは、露ほども思わなかった。
 なるほど人生は先が全く見えない、けれど見えなくても大丈夫なのかもしれない。と、なんとなく考えていた。

f0133814_7373610.jpg
 あそこがアチ・トレッツァなら、あの辺りがアチ・レーアレかな、いやアチ・カステッロかも。ザッフェラーノはあの辺り?
 この近辺からラグーザに来る学生たちを思い出しながら、優しい夕陽に染まるエトナと静かな水面を見つめながら、どこへ行こうと、シチリアにはまた帰って来られるような気がしていた。


 温かいコメントを下さったブログ仲間の皆様、またいつも遠くから見守っていて下さる方々に心から感謝し、エトナ山の夕暮れを贈ります。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-11 08:18 | シチリア他の町 | Comments(4)

休載の理由

 この一ヶ月の休載は、ブログに疲れたからでも、書きたくなかったからでもない。むしろ、足早に移りゆく四季の一種一瞬を残しておきたいと、毎日カメラ片手にあらゆるものを撮り続けていた。
f0133814_13385.jpg

 野鳥の子育、春の溢れんばかりの色彩、金色に枯れ始めてきた丘、季節の野菜、そしてようやく始まった大学の集中講義の様子も、どれもラグーザ生活の愛おしい一場面として伝えようという気持ちは変わらなかった。
 けれど、その一方で、長い間、身体に充満している深い絶望感が、ことある度に渦のように巻き返り、意思も、感情も、活力も、精神力も、全て飲み込まれるような、言葉の無い世界の中にいた。そしてひたすら、我々の将来とラグーザの今後について、悶々と答えのない思考を巡らせ、嘆息ばかりしていた。ブログを書こうという意欲も、浮き沈みしながら渦に飲み込まれ、消えてしまった。
 今日もまた、予期せず同僚から悪い知らせが入った。もはや最近は、状況が悪化することに何も感じなくなり始めている。

f0133814_132851.jpg

 昨年、政府が出した教育費大幅削減の法案により、カターニア大学ラグーザ校は存続の危機に晒されている。トイレットペーパーの欠如、コピー紙の不足、正常なコピー機はわずか1台、教員の交通費カット、1年にわたる教員の給料未払い。この状況に伴い、我々のラグーザ生活はあらゆる面で限界に近い状況となっている。働いた分の報酬は得る、という当然の権利のために、日々、見えない大きな力と戦わなねばならない生活を、今後何十年も続けていかれる自信はもはやない。

 唯一の慰めは、美しい空を見上げ、野鳥の懸命な生き様に感動し、静かな時間の流れに身をおくことだった。そうして気持ちを入れ直し、前進してきたつもりだけれど、果たしてこれで良かったのだろうか。美しいものに目がくらみ、物事の本質が見えていなかっただけなのではないだろうか。
 「La terra bugiarda, traditrice 欺瞞の、裏切りの土地」
 まさにそうだ。誰だったかは未だに分からない、シチリアのある作家の言葉が今は一層、身に浸みてくる。

f0133814_15895.jpgf0133814_153693.jpg
 しかし、2月からこの絶望と対話しているうちに、皮肉な解決法も見えても来た。シチリアの魔力に取り憑かれ、熱にうなされ、去っていくのも悪くないのではないかと。いつかここを発たねばならない時が来るのなら、徹頭徹尾、ラグーザへの情熱と、憧れに身を焦がし、身に深く刻み込もうではないかと。そうして五感を研ぎ澄ませてラグーザを愛しみながら、人生そのものが知的な精神活動の結果となり得るような、新たな方法を探究し続けて行こうと。
 
f0133814_16346.jpg

 この非常事態に皆様に喜んでいただけるブログなど、どうして書けよう。休載を決めた当初はその思いが強かった。が、今は人のためではなく、自分のために書きたいと思いを新たにしている。
 あらゆる情感を与えてくれたラグーザ生活の記録として、書き残していくために。

 休載中に関わらず、毎日たくさんの方々が訪問して下さり、個人的にメールを下さった方もいらっしゃり、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。これからも我々のラグーザ生活を、どうぞ見守っていて下さい。

 (写真は5月中旬、春爛漫のモンティ・イブレイ)
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-10 01:16 | 生活 | Comments(36)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク