<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ラグーザで日本文化の学会

Identità estasiatiche
Il Giappone fra Oriente ed Occidente

東アジアのアイデンティティーの諸相 -東洋と西洋の間の日本-

f0133814_7492942.jpg
 先日、11月24日(月)にカターニア大学ラグーザ校において、日本文化に関する学会が行われた。
 本校から3名、ナポリのオリエンターレ大学から4名、サレント大学(プーリア州)から1名、ロンドンから1名、の日本文化研究者9名が各自の専門について最新の研究成果を発表した。


f0133814_7495843.jpgf0133814_7503886.jpg
 会場は、サンタ・テレーサ修道院を改装した大学校舎のカッテドラーレ。こんなに美しい祈りの場が学会や会議に使われる。マイクの音が響きすぎて少々聞き取りにくいのが難点だが、雰囲気は抜群に良い。
 日本語専攻の学生たちは、朝10時半から午後6時まで、ノートを取りながら真剣に発表を聞いていた。彼らが普段使っている教科書を執筆された先生も発表するということで、先週から学生たちは楽しみにこの日を待っていた。ラグーザにいてもこういう機会があるというのは、本当にいい刺激となっただろう。

f0133814_7541230.jpgf0133814_7544762.jpgf0133814_7551934.jpg
f0133814_8243493.jpgf0133814_863991.jpgf0133814_8185144.jpg
f0133814_803517.jpgf0133814_823622.jpg

 とても和やかな雰囲気のうちに、豊富な画像とともに、各研究者の日本へのアプローチが生き生きと語られていくのが印象的だった。テーマは古典、民俗学、宗教学、言語学、医学文献学にまでわたり、自分の知らない日本の一面を提示されるたびに、心の底がぐらりと揺れるようだった。けれども彼らが語る日本というのは、なんと哲学と神秘と謎に満ち、難解で美しいのだろう。これほど私の国を愛おしく研究している姿に嬉しくも有難く、どこか恥ずかしくも思い、彼らと同じ情熱で自国を語る知識のなさが残念でならなかった。
 でも専門性が高くなればそれはどんな分野でも起こることだ。分からないことは聞けばいい。イタリア人の彼らだって私の専門のカンタータについてはあまり知らないかもしれない。大事なのは、学ぶことに対する誠実で正直な態度と、力の入らない会話なのだろう。だから学会後は美味しいラグーザ料理とワインで盛り上がり、たわいのない会話や研究者の噂話などで子供のようにはしゃいだりするのだ。
 結局、人と人との関係なのだな、ということを実感した。

 休憩時間に数人の発表者と話していたときのこと。今の研究を通して新たな興味の方向性が見え、それについてあらゆる可能性を模索しているという、知的探求と欲求がきらきらしていた姿がとても素敵だった。
 ああ、こういうのは本当に久しぶりだった。日本の音楽学仲間はどうしているだろう。私も何かしたくなってきたぞ。


何でも人と人の誠実な関係が基本なのかな~と。     

当日の発表内容はこちら
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-28 10:05 | 大学・研究 | Comments(12)

今夜10時!

お知らせ

 今晩10時に、ラグーザが放映されます!

 NHK 世界ふれあい街歩き
 シチリア島 ラグーサ
 BShi 11月27日(木) 午後10:00~


 
 2年前を思い出します。この取材の前にNHKの方からお電話をいただき、気付けば地元自慢を50分もべらべらと。事前の情報提供や取材同行、映像翻訳(映像を見ながら会話を全て日本語に起こす作業)をしました。ラグーザ弁との戦いの2か月は本当に大変でした~。

 でもこのブログを立ち上げるきっかけとなり、自分がラグーザをどれだけ愛しているかを知った大事な出来事でした。限られた時間の番組では伝えきれない、ラグーザの美しいこと全てを伝えたい、というあの時の気持ちはまだ変わっていません。
 これからもラグーザの日常を綴っていきたいと思います。

 ご連絡をくださったtaorminaさん、ありがとうございました。


番組の感想などお聞かせください。     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-27 19:00 | 政治・社会 | Comments(12)

ピッカピカの1年生

 カターニア大学ラグーザ校で日本語を専攻する新一年生が、今年は40人を超えた。外は寒いというのに教室に入ると若者の熱気で蒸し暑く、天上の高い旧修道院の校舎のため、ワーワー、キャーキャー、ガヤガヤ、すごい騒ぎになっている。

f0133814_8294341.jpg
 この集団を2時間黙らせるのは至難の業だ。しかも日本語はまだ習い始めて1ヵ月。何を説明するにもイタリア語とジェスチャー、大きな声でゆっくりと、口をしっかり開けて、発音もはっきりと。黒板にひらがなを書くときも、遠くの席から見えるように超巨大に。センセイ!と呼ばれれば、縦に教室を走りまくる。
 もう、ヘトヘトです。

 一人一人の名前も覚えきれないので、紙に名前を書かせ、机の上に置かせることにした。授業中は私はこの名札を見ながら、ではジュリアさん、やってみましょう、と指名する。人と人との関係はファーストネームで呼び合うのが基本だから、他の学年でも初回時はまずこれをする。
 が、ピッカピカの新一年生にとって、これがまた思いの外、難儀だった。
 シチリアの苗字は難しいのだ。

f0133814_9362019.jpgZammataloザンマターロ、Cannizaloカンニザーロ、Sapuppoサプッポ、Rappazzoラッパッツォ、Iaciイアチ、Iudiciイウーディチ・・・などなど。
 ソとンとツ、ナとメの違いなどももちろん混乱していて、フランチェスコはフランチェソコ、フランチスコだったり、ジョヴァンニはジョヴァソニ、エリザベッタはエリザペッタになったり、カタカナとひらがなが混じってしまったり。
 一人一人直したらそれだけで2時間が終わりそうだったので、提出させて、先ほど添削を済ませたところ。カワイイ間違いに、思わずプッとなった。


 前回は数字の練習もした。席の端から順に1、2、3・・・と言わせると、41人もいた。その後「41」から逆に言わせたら、きちんと「1」に戻ったので41人だったのは確かなのに。
 提出させた名札を数えたら、なぜか43枚。授業中に増殖するのか?

 明日も、増殖星人たちとの戦いあり。 

1年生ってなんだか初々しくていいですね。      
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-27 09:38 | 大学・研究 | Comments(12)

冬支度

 タンクローリーの轟音が響いた先週の午後。近所でオイル式暖房の給油作業が行われていた。この辺一帯では一番乗りだ。

f0133814_9451925.jpg
 ラグーザの家は縦に細長く3~4階建の構造をしているので、古い家屋では石油タンクが最上階にあることが多い。まずは給油車を家の真下に停めて、係員二人が所定位置に付く。一人は上へ、一人は地上に。そして、

f0133814_9454897.jpgf0133814_9461597.jpg
 給油車のホースを上からロープでぐいぐい引き上げる。一見、単純そうに見えるけれど、車にガソリンを入れる時のあの鉄の塊がフェンスに引っ掛かり、なかなかスムーズに上がらない。しかも重そうなのだこれが。
 顔を真っ赤にしながら格闘していた若い男性が、遂に手を止めてしまった。どうするのだろう?
(写真左:体重をかけてロープを押さえているところ)

f0133814_9464765.jpg
 上と下でラグーザ弁を叫びつつ、熟年係員が助っ人にやってきた。なるほど、こうして支えて押し上げながら、上に引っ張るのだな。


 給油車がやってきてホースの設定、給油、ホースの片付けに至るまで30分。この間、他の車はこの十字路を通れず、諦めて一通をバックして行った。ラグーザでは当たり前の冬の光景。我が家もそろそろやらないと。もはや室内は14度。でも吐く息はまだ白くないから大丈夫だね、と励まし合っている。
 今年は寒くなるのが異様に早いな・・・。我が家のオンボロ暖房、今年はちゃんと動きますように。


 去年の我が家の給油風景と、石油漏れと砂修理についてはこちら。思い出しただけでも恐ろしい!


シチリアの家はすっごく寒いんですよ。    
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-22 10:43 | 生活 | Comments(10)

憩いの眺め

f0133814_7152426.jpg
 Chiesa di S. Francesco all'immacolata
 束の間の憩いの風景。カフェを飲みながらずっと眺めていたいけれど、実は大学のトイレの窓からの眺め。

f0133814_716132.jpg
 青い空にそびえる鐘楼。崩壊した彫像をそっと撫でる薄雲。この組み合わせに、いつも体中からふっと力が抜ける感覚を覚える。彫像にしっかり顔が付いていたら、こういう気持ちにはならないだろうな。

 廃墟や朽ちたものだからこそ、そこに見えない姿を想像し、限りない美を感じるのかもしれない。


見えない美しさってありますよね。      
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-18 07:34 | 歴史 | Comments(10)

トリの珍事

 最近、ラグーザのトリたちに珍事続出。
 こちらはメルロ討論会の中継。日没の1時間くらい前は最終会であるため、大熱戦が繰り広げられる。

f0133814_8181183.jpgf0133814_8183866.jpgf0133814_8185627.jpg
左:司会者とパネリスト3人、中:左翼と右翼(トリだけに翼)、右:分裂した左翼と右翼

 大勢集まる時は、思想を同じくする者同士、同じ方向を向きつつ発言するのが、メルロ討論会のしきたりなのである。この日も、遠くで行われている討論会が見えた。
 
f0133814_8214346.jpg
 あ、これは!メルロ観察歴4年の私にはすぐ分かった。忌々しき事態であるぞ!なぜなら、

f0133814_8245178.jpg
 玉突き衝突を起こしている!
 左翼の意思は相当固い。右翼の一人が歩み寄りを見せているが、がんとして聞かず。ショーペロ(ストライキ)突入か?!


 シチリアではバルコニー越しにご近所と世間話をするのが極普通の光景である。
f0133814_9121631.jpg
 先日、久し振りに会ったチンチャレッラとおしゃべりに花を咲かせた時のこと。この頃、チンチャレッラ族の間では新種のトレッキングが流行していると自慢気に話し始め、突如、

f0133814_834867.jpg
 あ~らチチチヂュ!っと壁を直角に歩き始めた。
 コーチは近所に住むヤモリ氏なのだそうだ。なるほどねぇ。



 ある晴れた日。遠くの家のフェンスの上をシニョール・コロンボ(鳩氏)がテケテケ散歩していた。おや、何か落ち着かない様子だ。

f0133814_8262383.jpg
 歩けど歩けど付いてくるこいつは誰なのじゃ。

f0133814_8265795.jpg
 おい、待て、何奴!
 いつになったら気付くのでしょう。


 メルロがなんだかいつもより騒いでいる。何事かとテラスに出て見ると、そこには
f0133814_8384542.jpg
 未知との遭遇。UFO着陸の瞬間!


 何年経っても飽きない、トリ観察。いや、年々白熱していると言った方が正しいか。

トリ観察、止められません~~!     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-17 10:16 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(12)

憧憬と自戒

 厚い雲が北西風に巻かれながら、追い立てられるように空を走っていく。どれ一つとして同じでない微細な動きが白い強烈な輝きを遮断する瞬間、憧れと悦びに満ちた空間が創られる。
f0133814_915448.jpg
 ああ、その甘美な誘いに召されたい。細胞液を暖め、骨の髄に染み入り、魂を溶かすような温度に包まれ、柔らかな襞の一つ一つに肌をさすり、思考を丸裸にしていたい。


f0133814_946475.jpg
 憧れの眼差しというものは、何かの欠如を反射させるものなのかもしれない。見つめれば、見つめ返される。憧憬による自戒。


空を見ると反省してしまいます・・・。      
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-16 10:09 | 自然 | Comments(8)

身分確認

 二度あることは三度ある。そして三度あることも四度あった。けれども、四度あることは五度あってはならない。いつも出生地が間違って記載される私の滞在許可証。今度こそ、談判書付きでバシッと決めたいところなのだ。

 イタリアに住む外国人にとって、滞在許可証はパスポートと同様に重大な身分証明となる。特に、この国の書類は名前、生年月日、出生地を記入するのが一般的なので、本籍はあるけれど出生地が記載されていない日本のパスポートでは、両地が違う私の場合、身分確認が取れない。
 まず係員に、パスポートのTokyoは本籍であって出身地ではない、と説明。じゃあ滞在許可証を見せてください、ということになるのだが・・・。
 実はこれ、間違っているんです。
 はぁ?
 
f0133814_951960.jpg そんなこんなでここまで来るのに、怒り、落ち込み、絶望し、立ち直り、怒り、落ち込み・・・、明日で5度目になる滞在許可証申請。揃えたものは・・・

所定の様式1(6ページ)
パスポートの全ページのコピー(表紙含め見開き30枚)
以前の滞在許可証のコピー
税務番号カードのコピー(これも出生地が間違っていたので作り直した)
結婚証明書(ナポリで取得)
収入証明書
無犯罪証明書
裁判にかかっていない証明書
住民登録証明書(出生地の問題でこれが一番苦労した)
配偶者の身分証明書
配偶者の同居証明書
アパートの契約・税務書類
写真4枚
収入印紙
手数料振込済み用紙
そ・し・て
申請者の出生地を間違って記入しないで!という配偶者の談判書

 これを全て封筒に入れたところ。


 日本国パスポート保持者なのに、出生地がアメリカ、というのがラグーザ人にはまず理解できないらしい。加えて複雑なことに、出生都市名が南米のある国に酷似しているので、初回の指紋採取の時は、南米人としてデータが入ってしまった。
 さらに厄介なのは、出生地と同名の市がアメリカに4都市もあるということだ。つまり生年月日が同じヒブラ・ヘライアという人物が他の3都市にもいるかもしれない、ということになる。善良な市民ならいいが、凶暴犯罪による服役囚だったりしたら!そのデータが私としてヒットしたらどうなるのだろうか!!
 
 身分確認というのは簡単なようで、実は結構手がかかるものなのですな。

あなたは自分が誰だか証明できますか・・・フフフ。     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-15 11:24 | 生活 | Comments(27)

謎の物体は・・・!

f0133814_187679.jpg 黒と白と薄茶色、そして赤・・・。ふっくらと丸い謎の物体の正体は何か!
そっと近づいてみよう。






そっと、そっと






すると









f0133814_17593129.jpg
 なに?!極太の新種毒キノコか?!未開の地から、胞子が飛んできたのかもしれない。近くでもっとよく見てみよう、
 
 と思ったら、ギョッ!


f0133814_1812942.jpg
 動いた!動く毒ヒラタケか?!もしかすると光に反応するキノコかもしれない。すごいぞ、これは!しかもチョピ、チュルリ、チュリチュリ・・・、おお、信じられない!音もするのか?!そして上下左右に素早い動きを見せている!

 まさしくこれは、光反応性ハデウス・カンタリエ・バッラリウス・ドク・ヒラタケだ!
 Photoactivum hadeus cantariae ballarius doku hiratake(学名)
 光反応性・派手・歌舞・毒平茸(和名)


 な~んて朝から一人で盛り上がってオリマス。いやいや、答えはこちら。

f0133814_183181.jpg
 バジリコ畑に種をついばみ来たカルデッリーノ(ゴシキヒワ)の親鳥。
 毎年、夏のバジリコを放置しておくと、種がたくさんついて秋にカルデッリーノ一家が嬉しそうに食べにくるのだ。いつもは親鳥と雛二羽でやってきて、チュリチュリ、チョピチョピ、チュルリッと大騒ぎで夢中に食べるのだが・・・。

f0133814_1833635.jpgf0133814_1854838.jpg
 今日は親鳥だけ。しかも、なんだか食が進まない様子。一口食べて、右向いて、一口食べて、左向いて。
 それもそうだ。だってどう見ても種はまだ青い。早過ぎですよ、カルデッリーノ・ママさん!
 彼らが好きなのは、カリカリに乾いたトースト味。でもこれはフレッシュ味。最近、雨が降ったのでバジリコがなかなか枯れず、今年の種の付きが遅れているのだ。

f0133814_18443766.jpg フレッシュ味はそうとう渋いのだろう。
 こんな顔をして、青い種をうらめしそうに見ている。そして、

 もうチュリッと乾かないと、チブ(しぶ)チュリ(過ぎ)でチュルリよ~っ!!

 と、飛び去って行った。

f0133814_1925131.jpg だけど、何だかんだ言って、随分食べたではないですか。
 渋くてもしぶしぶついばみ、こんなに食べ散らかすほど!

 
 カルデッリーノ・ママさん、もうっチョロリッと待ってから、ご一家でいらしてくださ~い!!


楽しかったからまたクイズやりましょう!!     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-11 19:22 | 野鳥・昆虫・動物 | Comments(16)

これは何でしょう

 晴れの日は午後2時頃が楽しみで楽しみで。
 その訳をご披露したいところだけれど、今日は時間がないので、ほんの少しだけ。
 はやる気持ちを抑えられず、クイズです!

f0133814_8221985.jpg 写真右下の物体、これはなんでしょう?

 何度見ても笑ってしまうこの模様。

 想像力溢れる、楽しい回答をお待ちしてます。


なんでしょう~~。     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-10 08:47 | ブログ・・・周年とゲーム | Comments(14)


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク