身分確認

 二度あることは三度ある。そして三度あることも四度あった。けれども、四度あることは五度あってはならない。いつも出生地が間違って記載される私の滞在許可証。今度こそ、談判書付きでバシッと決めたいところなのだ。

 イタリアに住む外国人にとって、滞在許可証はパスポートと同様に重大な身分証明となる。特に、この国の書類は名前、生年月日、出生地を記入するのが一般的なので、本籍はあるけれど出生地が記載されていない日本のパスポートでは、両地が違う私の場合、身分確認が取れない。
 まず係員に、パスポートのTokyoは本籍であって出身地ではない、と説明。じゃあ滞在許可証を見せてください、ということになるのだが・・・。
 実はこれ、間違っているんです。
 はぁ?
 
f0133814_951960.jpg そんなこんなでここまで来るのに、怒り、落ち込み、絶望し、立ち直り、怒り、落ち込み・・・、明日で5度目になる滞在許可証申請。揃えたものは・・・

所定の様式1(6ページ)
パスポートの全ページのコピー(表紙含め見開き30枚)
以前の滞在許可証のコピー
税務番号カードのコピー(これも出生地が間違っていたので作り直した)
結婚証明書(ナポリで取得)
収入証明書
無犯罪証明書
裁判にかかっていない証明書
住民登録証明書(出生地の問題でこれが一番苦労した)
配偶者の身分証明書
配偶者の同居証明書
アパートの契約・税務書類
写真4枚
収入印紙
手数料振込済み用紙
そ・し・て
申請者の出生地を間違って記入しないで!という配偶者の談判書

 これを全て封筒に入れたところ。


 日本国パスポート保持者なのに、出生地がアメリカ、というのがラグーザ人にはまず理解できないらしい。加えて複雑なことに、出生都市名が南米のある国に酷似しているので、初回の指紋採取の時は、南米人としてデータが入ってしまった。
 さらに厄介なのは、出生地と同名の市がアメリカに4都市もあるということだ。つまり生年月日が同じヒブラ・ヘライアという人物が他の3都市にもいるかもしれない、ということになる。善良な市民ならいいが、凶暴犯罪による服役囚だったりしたら!そのデータが私としてヒットしたらどうなるのだろうか!!
 
 身分確認というのは簡単なようで、実は結構手がかかるものなのですな。

あなたは自分が誰だか証明できますか・・・フフフ。     
[PR]
by hyblaheraia | 2008-11-15 11:24 | 生活 | Comments(27)
Commented by gabbyna at 2008-11-15 13:06
私も外国人証明書カードを持っています。常に携帯していないと罰金です。(本当か??)でもって両親の名前は入っているものの、配偶者の名前は、ないという不思議なカードです。ちなみに出生地も入ってます。
私は、永住ビザカードなので2013年まで変えなくて済んでます。この点がEU圏の方々より楽ですね。で、この手の手続きは、本当に面倒でもうしたくないと思いますが。。。更新は、しなきゃいけないですからね。
HyblaHeraiaさんは、アメリカ生まれですか、う~ん、それは、大変だと思う、友達もアメリカ永住権を持っていてスペインでの滞在許可証を取るのに苦労していました。
Commented by chimamotto at 2008-11-15 13:30
う~ん。面倒ですねえ。
日本にいる外国人も同じような思いをしてるんでしょうね。
昔、ダウンタウンのまっちゃんが、道を歩いていたら警察官に「パスポートを見せろ!」と言われたと言っていたことを思い出しました。
Commented by ogosyu at 2008-11-16 04:50
hyblaさん、今晩は~。滞在許可書、ってそんなに書類がいるの~??私はresidency visaといって一応永久許可書です、でもねこれは市民権なしなので選挙権なし~、くやしい。。。
イタリアじんのこういうoffice workだけにも危ないのに、Hyblaさんの出生地でかれらはこんがらがっているわけね。。。
で、結果はどうでした?無事できあがってきたかな?しっかし指紋採取ってイタリアにあるのね?イギリスにはないんだけれど、悪いことをしなければ捕まるわけもないわけで、私は市民背番号と同じ、どの国でも取り入れるべきではないかな、と思うんですが。どうでしょ?
Commented by fumieve at 2008-11-16 08:46
あー。・・・これを読んでもおどろかない自分にも、どうかと思いますね。
私は本籍と出生地が一緒だし、結婚してないので書類も少ないし、ですが、この毎回毎回バカバカしい作業にはね~・・・ほんとにもう・・・。ちなみに私の場合は、途中で制度が何度も変わったために、今までに合計3回指紋を取られています。変わらないから指紋を記録する意味があるはずなんですがね・・・。
そして封筒を9月に送って、なんと10日くらいで連絡がきたと思ったら、Questura呼び出しは2010年!!!2月X日、10:04!!!です。・・・どういう国なんだか、ほんとに・・・。
Commented by 薬作り職人 at 2008-11-16 11:37 x
こういう話を聞くと、日本は平和だな〜っておもいます。いいな、っていみじゃなくて、これでいいのか?って意味ですけど。自分の身分、保険証レベルで証明できることになってるのは怖いです。
>無犯罪証明書
>裁判にかかっていない証明書
一発免停食らった私には用意できません(泣)
Commented by grappa-tei at 2008-11-16 12:23
そりゃー気の遠くなるような話ですね。じっと耐えるしかないか。愚亭も昔パリ在住にはずいぶんこれに似たようなことを経験したつもりですが、これは極め付けですねー。さて、南米のある国、となれば、コロンビアしかないでしょうね。アメリカに4つも?
Commented by ゆきーな at 2008-11-16 18:53 x
私も、出生地と、本籍地が違うんですが、今まで、問題はなかったのに、ターラントでは、やっぱり、間違えられて、本籍地を書かれてしまいました。でも、たいしたことじゃないからって、(ほんとか?)すぐ直してくれました。
出生地が、アメリカだと、イタリア人は、混乱するんでしょうか。イタリア人だって、アメリカ出身は多いでしょうけどね。
今度は、何年ぐらい、もらえそうですか。
私は、期限なしをもらってるので、とりあえずは、OKですけど、もし引っ越したら、また、届けないといけないですからね。引っ越したくないですね。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 06:31
~gabbynaさん~
両親の名前はあるのに配偶者の名前がない、というのは面白いですね。もしかしてブラジルは結婚しても女性の苗字が変わらない国ですか?
2013年まで有効のカードですか。羨ましいです。配偶者がイタリア人だといろいろ優遇されるはずなのですが、私みたいに永住型滞在許可証(有効期限はわずか5年!)が拒否された例はないと思います。ラグーザの移民局は勝手に条件を厳しくしているんですよ。信じられない。受理日に4時間、炎天下で並んだのにできていなかったり。
アメリカでも例えばニューヨークとかワシントンとか、聞けばすぐアメリカ!と分かる町なら良かったんですが・・・。この件では両親にいつも文句を言っています。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 06:39
~chimamottoさん~
イタリアの滞在許可証手続きの煩雑さは年々悪化しているような気がします。5年前はもう少し簡単でした。
ルカによると日本の入国管理局では、整理券で番号が電光掲示板に出て、1時間~2時間くらいかかるけれど、その間に外で食事したり、本を読んだりして待つようです。だからラグーザのひどい状況を見て本当に驚いていました。ここでは移民局の長蛇の列で4時間待たされ、ひどい時はドミノ倒しになりそうなって警官が介入したり。こんな所に最低2~3回は通って、受け取るのに7か月以上かかるんですから。
ダウンタウンのまっちゃんのエピソード、笑ってしまいました。有名人なのにどうして間違えられちゃったのでしょうね。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 06:53
~ogosyuさん~
イタリア人と結婚しているから滞在許可証なんてすぐもらえるでしょう?とよく言われますが、と~~んでもない。揃える書類が多いし、しかも我々はナポリで結婚したので証明書をとりに海を渡らねばならず、更新の度に大変なんです。そして正しく書いても書いても、必ず間違って記入される私の出生地。いい加減にして欲しいです!!
ogosyuさん、結果は・・・って、受取は半年以上も先なんですよ。だから書類を提出した時の領収書が滞在許可証代わりなんです。これしかない人は帰国の際、イタリア国内経由でないと空港警察に捕まるかもしれないんです。帰国は大丈夫かもしれないけれど、日本からEU圏内に入れない可能性もあるんですよ。実際、知人がパリ経由でイタリアに入れませんでした。ひどい話でしょう?
指紋は2回、黒インクを両手にべとーっと付けて採らされました。その後3回、デジタル式で採りました。指紋採取は結構、屈辱的な気分になりますよ。イタリアではこれをさせられるのは外国人だけですもの。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 07:05
~fumieveさん~
すごい、何ですかその呼び出し日!!間違いではなくて?だって1年半後ですよ。大丈夫ですか?お仕事とか大学とか。
あの指紋採取、ひどいですよね。私も既に黒インクを2回(初回は南米人としてデータが入ってます)、デジタル式は多分3回、いやもっとかな?なぜか移民局に呼ばれる度にやっているような。本当に、指紋は変わらないから記録する意味があるのに、おかしいですよね。
そういえば数週間前にラグーザの移民局も携帯SMSで受理日を伝える方式を採用したようです。これで受理日の数日前に整理券を取るために朝から並ばなくて済みますが、本当に機能するのかなぁ・・・。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 07:12
~薬作り職人さん~
そうでした!日本は健康保険証で身元が確認できるんですよね。車の免許を取ったのがすごく遅かったので、いつも保険証でいろいろやってました。
え?!免停ですか?!もしかして新薬の開発で自ら実験台になり、超ハイ状態で運転してスピード違反で捕まってしまったとか・・・?考え過ぎですかね。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 07:29
~grappa-teiさん~
配偶者がイタリア人の場合、永住型の滞在許可証が申請できる新法に変わったのに、申請したら却下されました。理由は、住民登録していないからとのことでしたが、国のサイトには住民登録は必要ないと明記されているし、申請する前にラグーザの移民局に問い合わせた時も必要ない、との答えだったのに。すっごく怒りました、これには。
じゃあ、ということで住民登録をしようとしたら、有効の滞在許可証の出生地が間違っているので出せないと言われ。でも事情をよく説明し、戦いました。運良く、頭は硬いけれど親身な女性で、日本大使館発行の書類を元に手続きを進めてくれました。ところが大使館とあろうことが、綴りが間違っていたんです。南米のある国、そうですコロンビアColombiaとなっていて・・・。正しくはコルンビアColumbiaです。
その後、市役所の係官が住居確認に来て10日ほどで手続きが完了するはずが、待てども待てども来ず。市役所に聞くと、その人はヴァカンス中だとかで。結局2ヶ月半も待ちました。
grappa-teiさんはパリにもいらしたんですね。ヨーロッパ事情に詳しい方だと分かり、つい愚痴ってしまいました。すみません。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 07:43
~ゆきーなさん~
ああ、ゆきーなさん!!コメントありがとうございます。これを見て下さっているといいのですが・・・。ゆきーなさんのブログにログインしようとしても、「パスワードが間違っています」と言われて入れないんです。いつも拝見していますが、そんなこんなでコメントが残せず。また明日、トライしてみますが、また撃退されそうです。
ええっーー!出生地を書き直してくれたんですか??それはうらやましすぎます。ラグーザの移民局よ、聞いたかこれを!!私は全て最初からやり直しでした。というか、いつも最初からですが。今度こそ、カルタがもらえるといいのですが、どうなることか。

字数が入りきらなかったので、次へ・・・
Commented by hyblaheraia at 2008-11-17 07:47
つづきです・・・

住民登録をする時に、市役所のシニョーラから呼び出しの手紙が来ました。何事かと行ってみると、あなたは日本人?アメリカ人?と聞かれ、日本人ですがアメリカで生まれました、と答えました。このために呼んだのかとびっくりでした。
この職員の方はよっぽど理解できなかったらしく、ナポリ市役所の戸籍課にも電話して聞いたそうです。そしたら「この日本人のシニョーラは偶然アメリカで生まれたんですよe' occasionalmente nata in Stati Uniti」と言われたそうです。もう可笑しくて!!
ルカが思わず、あの~人間は偶然occasionalmente生まれるものだと思いますけど、って突っ込みを入れたのにも吹き出しそうになりました。
今までもらった許可証は平均7か月、最長2年でした。今のはもらった時点で6か月に失効というものでした。今度こそ5年ものをゲットしたいところです。
ゆきーなさんはイタリア滞在が長いから期限なしなんですね。何年くらいで期限なしに切り替わるのですか?私ももらえるのかしら・・・。
Commented by Gina at 2008-11-20 00:05 x
海外暮らしをしたことがない&憧れる人間です。
イメージ先行で海外暮らしに憧れてしまいますが、手続き関連の大変さは海外在住の方がみなさん口をそろえておっしゃられていますから、思い付きではできないものだなぁと思いますね。

相方は、フランスで働いた時は、この人ではないとこの仕事ができないという証明が必要だったそうで面倒だったーとたまに言っています。短期滞在でもそうなんですから、長期にすむとなると気の遠くなるような作業なんでしょうね。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-21 05:45
~Ginaさん~
外国人であるということは、その国に無条件でいられないということなんですよね。当たり前のことなのに日本にいた時は、考えもしませんでした。
フランスでもやはりそうですか。EUが外国人の滞在に厳しいということなのでしょうか。この人でないとこの仕事ができない証明・・・、それは大変でしたね。私の場合、誰が私を私として証明してくれるんだろう??
海外暮らしの一番きつい点は、日本の家族に何かあった時にすぐに駆けつけられないことです。どこでもドアがあれば、と思う今日この頃です。
Commented by ゆきーな at 2008-11-23 01:58 x
こんにちは。パスワードが間違っている、と出るということは、間違ってるんでしょうね。新しくIDを入れなおしたほうがいいかも。
私は、最初1年、その後、2年が2回、そして、その後、期限なしをもらいました。つまり、最初のものから、5年後です。
Commented at 2008-11-23 03:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-23 04:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-23 07:55
~ゆきーなさん~
先ほど、ようやくログインできました!!パスワードが間違っていたのは、ゆきーなさんのブログから「ログイン」しようとしたり、コメントを書いて送信しようとしていたからみたいです。ヘルプも読んだのですが、かなり難しかったです。
そうですか、最初のものから5年後に期限なしビザですか。ということは?!私も今年もらえるのかしら!!結果は半年後に分かるでしょう。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-23 08:20
~カギコメ 03:55さん~
はじめまして。コメントありがとうございます。「イタリア人と結婚した外国人は、必要書類を持って直接クエストゥーラに行けば、おのずとカルタ・ディ・ソッジョルノが交付されるはず・・・」という一文に、目が点になりました。おそらくお住まいのそちらの町では、そのようになっているのだと思います。羨ましい限りです。
私が移民局で申請を拒否されたのは、キットを送って指紋を2度も採ったものに関してです。呼び出しの書留書類が届いた翌日、受理不可、という書類にサインをするためだけに3時間も外で並びました。それ以外にも4時間並んだ日もありました。あの日は私もキレて、横入りしたり押してくる人々に叱責しました。赤ちゃんや子供もいるのに危険ですから。
北に行くほど、事務手続きがスムーズというのは何だか悲しくなります。同じイタリアなのに、ここは水もなくなるし。はぁ・・・。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-23 08:28
つづきです・・・

私が結婚したのは2004年ですが、その間、法律が変わったのは昨年の1回のみだと思います。もし今回、また拒否されたら弁護士をたてます。イタリア人と結婚しているのにイタリアに住めないなんておかしいです。逆に、日本でルカが同じ目にあったら私は徹底的に戦います。国籍が違うから夫婦が一緒に暮らせないなんて、そんな世の中になってはいけないんです。
またご報告しますので、もし覚えていてくださったら見にいらしてください。多分、半年後くらい先のことになると思います。 でも頑張ります!!
Commented at 2008-11-24 02:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-24 02:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-28 01:59
~カギコメさん~
イタリアに住むEU圏外人はみなこの問題と戦っているんですよね。でもなぜもっとスムーズにできないのか、不思議でもたまりません。外国人の人権が蔑まされ、同じイタリアなのに町によって法律解釈が違うなんてまったく信じられないことです。
そもそも、あのキットも説明不十分ですよね。国の書類なのだから、解釈の余地のないよう、明確に書いてほしいものです。警察官もちゃんと分かっていない人ばかりだし、裁判所でも、無犯罪証明は日本で出してもらわないとだめです、なんて勝手なことを言われて、ローマの日本大使館に問い合わせて驚かれてしまいました。どこのコムーネですか?と。
こういういい加減さというのは、一生イタリアのお役所から消えないのでしょうか。
Commented by hyblaheraia at 2008-11-28 02:10
つづきです・・・

その警察官の方はとても誠実ですね。わざわざ電話してくれるなんて。私は警察官の一人に、いつも出生地が間違って記入されるんですが、どうしたらいいんですか?と聞いたら、まずはaggiornamento(データの訂)をキットで申し込んで、正しいペルメッソが出たら、住民登録をして、それからカルタを申請するようにと言われました。私が間違ったわけでもないのに、何でデータの訂正にまた一から始めなければならないのでしょうね。あちらが無償で訂正すべきなのに。この態度の差、うんざりです。
今回のカルタの申請が却下されたら、訴える所に訴えます。カルタをもらうのは私の正統な権利ですから。
ボルツァーノの雪景色は美しいですね。ヴェネツィアから列車でインスブルックに行った時に通りました。駅にBolzano(Bozen)と書いてあったのが印象的でした。列車のアナウンスがドイツ語からイタリア語に変わって、とてもほっとしたのを思い出します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク