甘い生活

 イタリアの生活は朝から甘い。新婚でも老夫婦でも、甘さに変わりはない。
 今日の我が家の朝食は日曜スペシャル版。体調不良の私の薬としてルカがテキパキ買って来てくれたお菓子たち。

f0133814_2553658.jpgf0133814_2581525.jpgf0133814_2575633.jpg
f0133814_30561.jpgf0133814_311461.jpg
巨大シュークリーム苺乗せ、

スフォリアテッラ2種(リコッタ入り、カスタードクリーム入り)、

カッサティーナ(シチリア名物カッサータの小さいもの)、

そして・・・
 桃のドーナツ、とでも言おうか。まるまるとした桃の形のドーナツ生地に、クレーマ・ビアンコ(白いクリーム)がたっぷり入ったもの。
 どれも可憐に見えるけれど、実は手の平をはみ出る大きさ。一口がぶっと行ったら顎が外れそう!


 これは先週のお菓子。
 多忙な毎日で疲れ気味のルカに夜のおやつ。その名は、テスタ・ディ・トゥルコTesta di Turco、トルコ人の頭。 
f0133814_31632100.jpg
 ターバンを巻いたトルコ人のイメージでその名が付いたのだろう。もっと高く盛り上がってまさにターバン!という感じのものもある。

f0133814_3165362.jpg
 キャベツやレタスくらいの大きさのシュークリームの中には、チョコチップ入りカスタードクリームが溢れるほど入っている。一口頬張ると、生地の横からクリームがむにゅっとすり逃げる瞬間が幸せ。

 
 さて、こちらは・・・、
 怖い顔をして猛勉強していた私にルカからの差し入れ。近所のバールのビスコッティたち。
f0133814_3191975.jpg

 一つ一つ丁寧に愛情たぷり作られたお菓子は本当にいい顔をしている。甘いもの好きの私にはそれがピピッと分かる。f0133814_3232582.jpgf0133814_3242498.jpgf0133814_3251046.jpgf0133814_3252726.jpg
f0133814_3254785.jpgf0133814_326630.jpgf0133814_3262339.jpgf0133814_3264429.jpg
 トッピング同士がくっつかないように、向きが揃えられている所にオーナーの心を感じる(最後の写真)。見た目に表れているように素朴で優しく、丁寧な味がするビスコッティ。


 夕方になるとおやつが欲しくなる我々。お散歩がてらおやつ探しに出かけ、この日は同じバールでお米の揚げ菓子、クリスペッレに出会えた。
f0133814_6182187.jpgf0133814_6184591.jpg
 お米とオレンジの皮が入った生地を揚げ、蜂蜜ソースをかけた素朴なドルチェ。初めて見るので質問をいろいろした。お菓子のことを聞くと、オーナーはいつも目尻に細かい皺を作って嬉しそうに説明してくれる。


 甘いものを朝から食べ、友人と会えばハグとキスをし、お菓子を作る人も、食べる人も、甘いものへの愛を感じている。そしてルカも私もお互いのことを気遣って(という言い訳で?!)、ドルチェを差し入れする。
 アモーレの国イタリアにおいて、まさに甘い生活の真っただ中。お爺さんお婆さんになっても、ルカ爺さんや、おやつですよ。ヒブラ婆さん、これもお食べ・・・なんてやっているだろうな。

朝から甘い・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-05-19 07:12 | 菓子 | Comments(18)
Commented by 電りくヒルズ at 2008-05-19 11:06 x
巨大シュークリーム苺乗せに桃のドーナツにテスタ・ディ・トゥルコ~!シュークリーム&カスタードクリームが大好きなので、PC画面に食らいつくように(前のめりで)凝視しています。私も甘いものは24時間受け入れ体制です!あぁ、食べたい、食べたい、食べたい・・・
Commented at 2008-05-19 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by manzo at 2008-05-19 21:22 x
La dolce vita…
羨ましいような。ちと怖いような。
しかしこの甘そうなお菓子、私には手に負えないかもしれません。
Commented by 薬作り職人 at 2008-05-19 23:39 x
これが本当の「甘い生活」
フェリーニ監督も、こんな生活をしてたのでしょうか。。
甘い生活のスパイスは、どんな出来事かな。
Commented by poronliha at 2008-05-20 04:03
えっ、これ全部たべたんですか?!すごい量ですよね?
本当にどれもおいしそーで、食べたい・・・・。
Testa di Turco、実物を見てみたいです。シュークリームってそんなにすきじゃないんですが、これはなぜかそそられます。
疲れたときに甘いもの、相手を気遣って甘いものを贈る。何かすごく素敵ですよね。
どれもきれいでみてるだけでたべたくなるものがいっぱいでうらやましいです。フィンランドって見た目がいいものって少ないから。種類も少ないし。
フィン人は甘いもの好きなのに・・・変だな?
Commented by hyblaheraia at 2008-05-20 06:38
>電りくヒルズさん、そうでした、電りくさんはシュークリーム好きでしたね!前のめりになりすぎて、私のPC画面からにょきっと出てきそう!どこでもドアーですねー!
テスタ・ディ・トルコは一年中あるので、いつでも食べに来てくださ~い!夏にはシチリアらしいジェラーととゼリーがいろいろ。グラニータもいろいろ。あ、今年は来ないのかな?1週間くらいずっと居て欲しいなぁ。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-20 06:44
>カギコメmさん、ラグーザではカッサティーナよりも、ジャルディーノの前で一緒に食べたあのカッサータの方が一般的なので、あれで食べた事にしちゃいましょう!
時差ボケ、辛いですよね~。何がって、夜中にお腹が空いて眠れないこと!帰るとよく、真夜中にお茶漬けしてます。写真もお時間のある時でいいですから、まずは睡眠のリズムを取り戻してくださいね。私はおやつで元気になりました!良薬は口に甘し!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-20 06:54
>manzoさん、まさにLa dolce vitaです。うひひ。我々は甘いものがないとダメなので、よくこうしておやつを買います。時間がある時は、なるべく作るようにしているのですが、これから暑くなるとオーブンは使えないし、ジェラーとやルカが作るこてこてのフトリミス(テラミス)など、さらにグラッソ・アップしていきます。どうなるんだろう!!
manzoさんは辛党ですか。カッコイイですね。私も静かにグラスを傾けて・・・なんて、やっぱり似合わないです。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-20 07:17
>薬作り職人さん、とろとろに甘い生活です。我が家はおやつ代とワイン代がかなり凄いことに・・・。フェリーニ監督もきっと朝から甘い甘い生活だったと思いますよ。
そんな生活のスパイスはと言うと・・・、う~ん、朝ルカが出かけるのを見送る時のキュンとなる気持ちかな・・・。な~んて、思いっきりのろけてますが。甘いものを食べた後なのでお許しください。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-20 07:25
>poronlihaさん、えへへ、冷凍庫に入れたカッサティーナ以外、もうどれも残っておりません。。食べ過ぎですかね。
テスタ・ディ・トゥルコのクリームはお酒がほんのり効いていて、とても上品な味でした。町一番のお菓子屋さんの高級品だったので。シチリアのお菓子とは思えないほどあっさりしていました。きっとporonlihaさんもお好きなんじゃないかな、この味。
フィンランドのお菓子って素朴なイメージがあります。丁寧な味がしそう!イタリアのは見た目が派手なので、食べてがっかりすることもあります。
Commented by taormina at 2008-05-21 08:48 x
ちらっ、(覗くだけ、近づくと太ってしまう)
Commented by hyblaheraia at 2008-05-21 18:06
>taorminaさん、ちらっ、と1回みたら、ついまたちらっ、そしてちらっ。だんだんその間隔が狭まり、ちらちらっ、ちらちらっ・・・、ついに
がぶっ!
まぁ、仕方ないですね~こればっかりは。
Commented by grappa-tei at 2008-05-22 09:54
まぁ、随分おいしそうなもんが並んだこと!形状から言えば一番上の右がいいかな。「アマデウス」の中の、Cappezzelli di Venere、思い出しちゃいました。
Commented by taormina at 2008-05-22 19:37 x
ちらっちらっ、(¬.¬)
Commented by hyblaheraia at 2008-05-22 20:32
>grappa-teiさん、映画《アマデウス》のあのお菓子、本当に美味しそうですよね!あれが食べたくて食べたくて、花園銘菓の「春日山」で気分を満たしていました。(これです→ http://www.tokyo-hanaman.co.jp/meika/meika_09.php)
多分、このカッサティーナの方がヴィーナスの乳首に近いと思います。中はふんわりリコッタです。ちょっと青ざめているのはラグーザのヴィーナスが風邪気味だからでしょうか。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-22 20:34
>taorminaさん、残念でしたー、もうなくなっちゃいましたよ~~!我が家ではお菓子が蒸発する超自然現象が頻発するんです。ムムム、NASAの調査団を呼ばねばなるまい!
Commented by grappa-tei at 2008-05-23 08:59
hyblaさん、これはいいお菓子をご紹介いただきました。今度、通販で取り寄せてみましょう。ありがとう。確かにそそられる形と色ですね。後はお味がどうか、ですね。あー、楽しみ。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-23 21:28
>grappa-teiさん、甘いものがお好きなんですね。このお菓子はデパチカでも売っています。素朴な味なので、ヴィーナスの乳首というより、大和撫子のそれという感じでしょうか・・・?日本茶とも相性抜群です。お楽しみに!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク