ラグーザと音楽学 -ブログ200回記念-

ブログ200回を記念して

 17~18世紀イタリアのカンタータを研究する音楽学者という隠れた肩書を持ちつつ、ここラグーザの大学では日本語と日本文化を教えている。二足の草鞋を履く今の生活は私に新たな知見と視野を与えてくれて、何とも心地良く楽しい!そしてこのブログを通じて、そんなラグーザ生活を綴り、皆さまと対話できることに限りない悦びを感じている。
 今日は自己紹介を兼ねて、私が普段どんな地味な研究をしているかをお伝えしてみようと思う。

f0133814_9113023.jpg
 フィレンツェ国立古文書館所蔵、17世紀イタリアの聖職者・作曲家アントーニオ・チェスティ(Antonio Cesti, 1623-1669)の手紙(1656年)。

 生まれて初めてチェスティの自筆史料を手にした日のことは忘れられない。17世紀のおびただしい手紙の迫力とカビ臭さに負けそうになりながら、良く知るあの署名を見つけた時の感動・・・。彼の筆致を見つめながら対話する時間、それが永遠であれば。ああ、チェスティ。


f0133814_9134458.jpgf0133814_9135861.jpg
 その後向かったピサ国立古文書館では、1649年代のチェスティの書簡内容と紙の透かしを調査。左は手紙の束、右は昔の封筒。紙を三つ折りにして蝋で封をしたもの。

f0133814_7463673.jpgf0133814_7465830.jpgf0133814_7471568.jpg 当時の紙には、紙を作った会社の透かし模様がほぼ必ず入っている。
 重要史料なのでトレーシングペーパーでの写しは認められず、手紙を窓の光に透かして見て、模様をスケッチしてきた。
f0133814_7493566.jpgf0133814_7495326.jpgf0133814_750131.jpg 獅子、羊、鷲、羽付き獣などの意味深なお絵描。
 母が見た瞬間、何これ?!と言ったのがおかしかった。透かし模様は作品の年代特定の重要な鍵を握っているノデス!


f0133814_919019.jpgf0133814_9324063.jpg
 1665年3月11日、インスブルックにてInspruck 11 Marzo 1665
 殿下にDi V.S.Sereni:ma
 慎ましく忠実な僕 アントーニオ・チェスティDevotiss:mo et obb(ligatissimo) servo. Antonio Cesti
 と署名されている手紙。インスブルックが、インスルックと書かれていたのが笑える。これをコピーして学会発表や試験の時のお守りにした。

f0133814_9231676.jpg
(ヴァチカン図書館所蔵、チェスティのカンタータ《その夜は静まり返りEra la notte e muto》)

 17世紀に書かれたチェスティのカンタータの手稿譜(手書きの楽譜)。こういう楽譜を求めて、定期的にイタリア各地の図書館を巡る生活を8年ぐらいしてきた。
 これは清書譜なので問題ないけれど、インク染みや虫食いで読譜困難なものも中にはある。さらに歌詞もやっかい。昔の書き方に慣れるには数年かかったものの、筆跡観察大好き人間!いくら見ていても飽きない。

f0133814_92944100.jpg
(モデナ、エステ家図書館所蔵、チェスティのカンタータ《あの高い塔の上から-皇帝ネロ-Sopra un'eccelsa torre -Il Nerone-》)

 チェスティの自筆譜発見か!と、この手稿譜を見るたび密かに燃えたものだ。写譜していたなら起きないであろうミスが多々あるけれど、これだけでは特定できない。
 このエステ家図書館で生涯初の手稿譜調査をした。目の前に置かれた楽譜を開く前に、思わず匂いを嗅いだのは動物的反応だったな、と思い出す。


f0133814_11431022.jpg 音楽学と全く関係のないラグーザに来て、初めは随分途方に暮れたけれど、シチリアの歴史と文化に共感できるのも、これまでの研究があったからだと思う。

 常識に縛られず可能性を試し、先の見えない作業も地道に忍耐強く進めていくこと。その途中で迷いがあっても、自分を信じてとにかく進み続けること。無駄なような作業にも、実は大事なプロセスがあること。
 そんなことをチェスティとの12年の付き合いから学んだ。
 そして今もまだ、彼と同時代人の音楽から多くを教えられている。

 ブログ200回記念。今更ながら自己紹介を綴ってみました。ラグーザと音楽学という不思議な取り合わせで、これからも楽しくブログを続けていきたいと思います!


写真と音楽のコラボ、番外編:
 マグダレーナ・コジェナーが歌うJ.S.バッハのカンタータBWV30《来たれ、汝ら、責め苛まれし罪人ら》より第5曲、「喜べ、贖われし群れよ」。筆写譜に着いたインクのシミからヒントを得た楽しい想像の物語。そのストーリーは・・・?
 音楽学は音楽の考古学のようなもので、作曲家の活動や作品を様々な方法で謎解きするものだと私は思う。筆跡研究、史料研究の素晴らしさをバッハから学び、今の私があることを忘れず頑張ろう!

これからもどうぞよろしく・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-05-03 12:01 | ブログ・・・周年とゲーム | Comments(24)
Commented by ruriko at 2008-05-04 06:55 x
ブログ200回記念、おめでとうございます!
その肉筆の手紙には・・・Hyblaさんの人生の大事なページが感じられます。
デヴォティッシマ ET オッブリガティッスィマ、るり子。

Commented by 薬作り職人 at 2008-05-04 12:55 x
ブログ200回おめでとうございます!

分野は違うけれども、物事の中に秘められてるちょっとした宝物を発見する喜びは、研究者に共通したものでしょうね。
これからも、研究楽しんで、ブログも楽しんでくださいね!
Commented by kawazukiyoshi at 2008-05-04 15:59
古い文献の文章も読めるものですか。
現代語と多少違いがあるのでしょう。
羊皮紙に書かれているのでしょうが、
貴重なものですね。
楽譜が好い。
単純なメロディーみたいですね。
今日もスマイル
Commented by 森田学 at 2008-05-04 20:38 x
自己紹介として音楽学の紹介がされている中にhyblaheraiaさんのとっても大切な思い出もつまっていて、それを私も含めたブログのみんなに紹介してくれて、ありがとう!イタリアの芸術を愛し、イタリアを本当に極めようとしている人に共通している(ように私は思っている)信念を貫いていますね。すごいです。私も一歩一歩しっかり頑張ります!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-04 23:02
>rurikoさん、ありがとうございます!!肉筆という言葉は、しばらく使っていなかったので忘れていました。直筆、自筆よりも、ずっと作者の魂が感じられるいい言葉ですね。チェスティだけでなく、モンテヴェルディ、カヴァッリ、ヅィアーニなどの作曲家や当時の台本作家の手紙史料をたくさん見ました。楽譜はさらにもっと、数えられれないくらい。
当時の史料に触れると、目の前で躍動する文字や音符から命を救いださなければ、という気持ちになります。こんなに美しい音楽が溢れているのに、世界でそれを知っているのは私だけ。それは、あまりに残念なことです。
指導教官は、史料を調査した人はそれを公開する義務がある、と言っていました。今年は一つ、その義務を果たせると思います。
温かいコメント、とても嬉しく思いました。頑張ります!!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-04 23:11
>薬作り職人さん、ありがとうございます!!まだわずか200回ですが、区切りあるごとに何かしたいと思っています。
「物事の中に秘められてるちょっとした宝物を発見する喜び」・・・、ありますあります!バッハお父さんの就職のために、奥さんと息子たちが一家総出でミサ曲のパート譜を清書したことが筆跡研究から明らかになった例を勉強した時は、音楽学とはなんて温かい学問なんだろう、と感動しました。
硬い職業と思われがちな研究者ですが、本当は研究対象への限りない愛があってこそ成り立つんですよね。薬作り職人さんのブログにはそういう愛情と、研究方法のアイディアが溢れています。これからもご研究、頑張ってください!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-04 23:35
>kawazukiyoshiさん、17世紀のイタリア語は多少古めかしいですが、意外と読めるものです。問題は筆跡です。手紙や清書譜、献呈譜なら他人が読むことを想定して書かれたものはいいのですが、下書きやメモなどはチョチョ切れたミミズにしか見えない時があります。
横長の楽譜はカンタータの冒頭のレチタティーヴォ部分で、歌うようにcantandoに抒情的にゆっくりと入っていきます。バスと歌唱旋律だけの必要最小限の音の世界が私は好きです。そこで紡がれる音と言葉と、生まれてくる劇的な物語にじっくり身を浸らせ、バロック的な激しい悲嘆に暮れるのは、私自身の感情の浄化に良いようです。ぜひお試しください。
Commented by さらさ at 2008-05-04 23:40 x
hyblaheraiaさん、ブログ200回記念おめでとうございます!
今日の記事は私が知りたいと思っていた音楽の研究内容についてでした。写真があり、とてもよく理解できて嬉しいです。そして素晴らしい研究をされていらっしゃるのですね。
過去の音楽家たちの直筆の手紙や楽譜・・写真を通してでさえ彼らの息吹を感じます。特に楽譜は、それ自体が音を奏でているようです。確実に印刷とは違いますね。黴臭さも含めて匂いも感じたくなります。
外国人の筆跡というのは独特です。以前、ギリシャ語の教科書にギリシャ人直筆の手紙を読むという課題があり、解読に苦労したものです。また今も時々、ポストに届くギリシャからの手紙は、それぞれに特徴のあるローマ字が並び(簡単な話意外は英語なので)、慣れるまではやはり解読に時間がかかりました。でもメールよりもずっと友人達のぬくもりを感じます。(メールも便利ですが・・)

Commented by さらさ at 2008-05-04 23:43 x
続きです。
これらの資料を読む為には相当な勉強をされたことと思います。その結果、手紙を読めるようになり、固有名詞だった作曲家が生き生きと動き出すのでしょうね。
歴史ある手紙や楽譜の写真は私にとっても印象的で、文豪の直筆原稿や絵巻物に書かれた文字、古くから伝わる掛け軸などに触れた時の感覚を思い起こしました。
楽譜に書かれた音楽は未だ未発表のものが沢山あるのですか?世界でそれをしっているのはhyblaheraiaさんだけとは!それは是非是非、発表してください!長い間、眠っていた音楽が現代に日の目をみるなんて・・何てロマンのあるお仕事なんでしょう。ますますのご活躍を心からお祈りしています。
(久しぶりなので、他の記事にもコメントしたいのですが・・またゆっくり来ますね。それから写真と音楽のコラボも楽しみました!)
Commented by hyblaheraia at 2008-05-04 23:48
>森田学さん、いえいえ、そんな極めるだなんて、ただどっぷり浸かっているだけです。森田さんとrurikoさんが、人生の大事なページ、とっても大切な思い出、とコメントしてくださって、ああ、そうだったなぁとしみじみ思いました。当時はひたすら史料を追い続けて、近視眼的にしかカンタータが見えていなかったので、今はもう少し広い視点から見たいと思っています。
疾走した後は、歩きながら考える、そしてまた新たなアイディアに向かって疾走し、得たものをゆっくりと考える・・・、その繰り返しなのかもしれませんね。
学生時代から森田さんには何度も励まされてきました。何気なく言ってくれた言葉で、すっごく大きな自信をもらったことはきっとご存知ないでしょう?これからも音楽を学ぶ者同士、良い刺激を与えあって行かれればと思います。メールのお返事、遅れていますが、必ず!
Commented by さらさ at 2008-05-04 23:55 x
度々、すみません!
書き忘れたので・・地球散歩の4月26日ペルシャ語の記事が「弦楽器」でした。音楽といえばhyblaheraiaさん、とのことでお時間がありましたら是非、いらしてくださいね。
今、最初に出したコメントに誤字がありました。ギリシャからの手紙のところ、意外ではなく、以外です・・失礼致しました!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-05 05:23
>さらささん、ありがとうございます!まだ1年しか経っていないブログですが、皆さまからのコメントとクリックに励まされてここまで続いています。感謝の気持ちでいっぱいです。
音楽学はまだまだ日本では認知度の低い分野なので、音楽理論家あるいは音楽評論家と思われてしまいます。こういう場を借りて、普段やっていることを写真付きで説明できたのは、ちょっと嬉しかったです。
自筆のものにはその人の魂が感じられます。古い凸版印刷の楽譜もきれいですが、作曲家の手がその紙の上を走ったと思うだけで、彼の身体に触れているようでとっても厳かな気分になります。チェスティは特に自筆譜も肖像画も特定されていないので、手紙は唯一の遺品です。カビ臭い楽譜は見続けると目がシカシカしてきて、髪や服にも匂いが移るので、帰ると即、シャワーです。
ギリシャの人の手紙を解読、という教科書課題は面白いですね!分かります、どんなにくちゃくちゃな字で読みにくいか。日本人の字は本当にきれいだと思います。きっと小学校で、人が読めるようにきちんと、丁寧に書きましょう、と教えられているからでしょうね。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-05 05:49
>さらささん、つづきです・・・ 最初は、既に論文などで活字に起こされている史料を見ながら17世紀の筆記体の読み方を勉強したのですが、楽譜の歌詞もなかなか読めず、苦労しました。でも4年くらい経った時、突然、魔法がかかったようにスラスラ読めるようになり、自分でもびっくり!気長な性格が功を奏したようです。
文豪の直筆原稿は迫力がありますよね。最近は、『直筆で読む「坊ちゃん」』(集英社新書ヴィジュアル版)、というのがあって原稿用紙のファクシミリが解説付きで読めます。修正が多々あって、作品が生まれる過程がひしひしと感じられます。
図書館に眠る楽譜を掘り起こす作業は、さらささんのおっしゃる通り、夢がありますが、出版となると責任も重大。もうちょっと調査してから、いずれアンソロジーを出せたら、と思います。
いつも温かく示唆に富んだコメント、ありがとうございます!バッハ家族の動画もお楽しみいただけて嬉しいです!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-05 06:07
>さらささん、弦楽器の記事、読みましたよ~!民族楽器にも、民族音楽にもとても興味があるので、今後も音楽関連の記事をぜひぜひお願いします。
地球散歩のライターの方々は、皆さん今、どこにいらっしゃるのでしょう?不思議な情報発信の仕方が楽しいです。次はどんなテーマで、どこの国について書かれるのかな、とワクワクしながら待っています。
Commented by yokocan21 at 2008-05-05 19:27
もう200回も書かれてるだなんて凄いです!おめでとうございます☆
hyblaheraiaさんの音楽家としての温かい眼差しがすごく伝わってきました。17世紀の直筆の手紙や楽譜の解読って、壮大なテーマに挑んでらっしゃるんですね。当時の人たちの息吹が間近に迫ってきて、インスピレーション、バシバシ感じられそうです。
塩野七生さんが書いてらしたんですけど、イタリアの由緒あるお宅の地下倉庫などには、おびただしい古文書が残されているんだそうですね。これからも、古文書とのアンサンブル、楽しく頑張って下さい♪

Commented by さらさ at 2008-05-05 23:44 x
弦楽器の記事に早速いらしていただき、ありがとうございました!
mitraの方からコメントへの返信があると思います。彼女は現在、イランに住んでいてロマ(ジプシー)音楽の研究をしています。ペルシャ語はじめ語学に堪能なこともあり、民族音楽の第一人者である関口義人氏の大きな取材に同行し、その成果を「EHINOMANIA」というブログで発表しているんですよ。(地球散歩のリンクの中にあります)
また、アラビア語やスペイン語を担当している碧は基本的に日本在住ですが、年に2回は長期の旅に出ています。エジプトに始まり、スペインに見られるアラブ文化にはまって、双方の文化につながる場所を放浪している旅人です。
そして私は日本にいて、ギリシャを恋うる日々を過ごしています。それぞれ全く異なる3人が不思議な縁で散歩仲間となりました。これからもよろしくお願いしますね。

Commented by さらさ at 2008-05-05 23:44 x
続きです。
自筆譜も肖像画も特定されていないチェスティ氏をhybrlaheraiaさんが呼び覚ます・・・聞いているだけでも胸がドキドキしてきます。膨大な資料を読んで書く評伝のようですね。
4年の努力を経て、ある日、魔法がかかったようにスラスラ読めるようになったとのこと、素晴らしいですね。古代イタリア語、当時の筆記体という高い高いハードルですから、御苦労と努力は大変なものだったことでしょう。すごいです!やはり「石の上にも三年」(四年)ですね。私も見習いたいと思います。

Commented by P405 at 2008-05-06 17:58 x
hyblaheraiaさん、こんにちは!
200回記念、おめでとうございます!!
音楽学って、具体的にちっとも知らなかったのですが、こういうお仕事をされているんですね。素人目にもとても興味深いです。
恥かしながらCestiの名前を聞いたことも無かったので、早速Youtubeでチェックしました。それにしても何故Cestiなのですか?どのようなきっかけが??
音楽といえば、わたくし、今月末にようやくカターニアのオペラ座に足を踏み入れます。楽しみ~☆
Commented by hyblaheraia at 2008-05-06 18:00
>yokocan21さん、ありがとうございます。まだブログを始めて1年ちょっとなので、yokoさんのような充実ブログを見ながら試行錯誤が続いています。
史料研究の地味さと暗さ(?!)を本で読んでいて、絶対これだけはやらないだろうな、と思っていたのに、すっかりはまってしまいました。
「当時の人たちの息吹が間近に迫ってきて、インスピレーション、バシバシ感じられそうです。」・・・、そうです、そうなんです!!きちんとした調査を終えてきれいに印刷された校訂譜や手紙も、もちろん音楽を学ぶ上で不可欠なものですが、当時の史料に触れる醍醐味はまた格別です。
塩野七生さんも古文書の調査に基づいて小説をお書きになっているんですよね。古い史料が創作の源泉になることが私にもよ~~く分かります。史料を見ると勝手な想像の世界に羽ばたいておりますから・・・。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-06 18:08
>さらささん、弦楽器の記事を読んでいろいろお聞きしたいことがあったので、さらささんのお勧めで思い切って質問してみました。ブログを通じてまた新たな仲間ができて嬉しいです。ありがとうございます!
ETHNOMANIAというブログは私も前から気になっていて(チェック済み!)、もしかしてmitraさんが書いていらっしゃるのかな、と思っていました。大学時代は民族音楽の友人も後輩もたくさんいたのですが、最後の数年は最終論文の執筆で焦っていて、全く交流ができなかったことを悔いています。今、こうしてまた新たな世界に触れるチャンスができたのも、さらささんとの出会いがあってこそだと思います。
地球散歩の方々は、皆さん視点がとても個性的で、その国の文化を深く理解していらっしゃるのが分かります。記事を拝見するたび、新たな知識と発見があって本当に勉強になります!
Commented by hyblaheraia at 2008-05-06 18:18
>さらささん、チェスティの親友に、サルヴァトール・ロ-ザSalvator Rosaという画家がいるのですが(美術史においては重要な人物)、彼との書簡を見ていると友人というのはいつの時代も変わらないなぁ、と思って温かい気持ちになります。またローザの寓意に満ちた絵画に、修道士風の男性がチェンバロ風の家具の前に座っているものがあって、これはもしやチェスティを描いたのではないか?!?!と、所蔵図書館にメールをしてその部分を良く見てもらってお返事をいただいたり・・・、といろいろ無駄なこともしました。
でもそうしてチェスティの音楽とその時代を想像することは、とても楽しく、有意義な時間です。音楽学は普通、ドイツ語必修なのですが、私はどうしてもあの響きに慣れず、声楽科のイタリア語の授業に潜り込んで異端児などと言われましたが・・・、こういう自由な研究を認めてくれた指導教官に心から感謝しています。
「あなたは好きなようにやればいいんです」という何気ない言葉がとても心強かったです。今も迷いが生じると、この言葉を思い出して頑張っています。
Commented by hyblaheraia at 2008-05-07 05:31
>P405さん、こんにちは!いつも丁寧にお読み下さり、たくさんコメントも下さりありがとうございます。
音楽学の中にも西洋音楽、日本音楽、民族音楽、音楽美学があり、その中でもさらに細かく分かれています。私のやっていることは西洋音楽史研究のイタリア・バロックという時代の世俗カンタータというジャンルですが、同時代のオペラやオラトーリオ、器楽曲も常に連動して見るようにしています。
チェスティとの出会いですが・・・。卒論で17世紀ヴェネツィアの女性作曲家、バルバラ・ストロッツィのカンタータを扱ったのですが(『女性作曲家列伝』平凡社、第1章)、その時に同時代の作曲家としてチェスティのことが既にとても気になっていて、その後の研究に彼の作品を選びました。バロック・オペラの歴史に必ず出てくる《金のりんご》という巨大なオペラはチェスティの作品です。
カターニアでオペラですか?!いいですね~~。演目は何か気になるので後で調べてみます。ラグーザからだと一泊しないとだめですね。何をするにもお金と時間がかかってがっかり・・・。
Commented by modicana at 2008-05-09 01:55 x
たいへん遅ればせながら、200回、おめでとうございます。
祝・100回といってたのが、ついこの間のことのようですが。
楽しいときほど、時間のたつのが、はやいものですが、まさにそんな感じ。
 すぐに食べたくなってしまう、おいしいものの記事。
 うつりゆく自然の美しさをとらえた記事。
 時に、一緒に憤り、時にほっと和ませてくれる日常のエピソード。
 そして、音楽や建築の記事には、なるほど~と、いつも勉強させて
 もらってます。
  書いたもの には、不思議な力がありますね~。実際の会話とは
また違った、強いメッセージが伝わってきます。
  それにしても、どの記事にも、hyblaheraiaさんの、Ragusa,Sicilia
に対する深~い愛が感じられますね。
  私も、最近、シチリアを離れて生活して、いつの間にか、あたりまえに
なってしまっていた、ここの豊かさ・美しさをあらためて感じています。
 もっともっと素敵なこと、重ねていきたいですね。
 これからも、楽しみにしています。


Commented by hyblaheraia at 2008-05-10 03:00
>modicanaさん、ありがとう!そしてお帰りなさい!同じイタリアとは言っても、やはり遠く感じました。みんな揃ったところで、何かイベントをぜひぜひやりましょう!
いつも皆さんからのコメントで交流しながら楽しくブログ生活をしているうちに、あっという間に200回になりました。早いですね~。次の300回には何をしようかなーと今からもう考えています。
ラグーザの美味しいものも、美しい自然も、これから私の知らないものにたくさん出会うことでしょう!日常の憤りのエピソードは、現状を嘆いたり大変な思いを伝えるのではなく、守られていて当たり前の人間の基本的人権が、実はないがしろにされている地域もある、ということを自分で深く認識するために心の記憶として綴っています。音楽はとにかく好きなので、ただそれだけ。
ブログを始めて学んだことはたくさん。これからも素敵なことを伝えていきたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク