搾りたて牛乳の販売機 koneta

f0133814_6255467.jpg
 去年の夏頃、比較的交通量の多い道路の隅に突如、搾りたて牛乳の販売機小屋が現れた。
 ラグーザ近郊で搾られた牛乳を殺菌し、家庭で飲料可能な状態にしたものをタンクに入れ、機械の中に設置したもの。ここに来れば毎日、新鮮な牛乳が好きなだけ買え、ゴミも出ないという画期的な試みだ。
 アイディアはとしては良いが、タンクやチューブなどの衛生上のメンテナンスがきちんと行われるのか、いや、そもそも買う人なんているのだろうか、と訝しく思っていた。
 ところが今日の夕方、ライトアップされた牛乳小屋が気になって、試しに買ってみたくなった。

f0133814_6261894.jpg 小屋の後ろ側はこんな感じ。

 ラグーザの高原から
 Munto a punto
 搾りたてのラグーザ牛乳

 という謳い文句とのんびり牧草を食べる牛の写真。周りはラグーザ県特有のカッルーボ(イナゴマメ)の木が。
 ラグーザ人はこういう地元の景色に弱い。


f0133814_623381.jpgf0133814_6232417.jpg
 まずは右の機械から容器を20セントで購入。
 その容器をを注入口に差し込んだらコインを投入。500ミリリットル・50セント1リットル・1ユーロの2種類から選び、スタートボタンを押すと・・・。
f0133814_621512.jpg
 トロ~っとフレッシュミルクが出てくるという仕掛け。楽しい!
 牛乳はとても良く冷えていた。

f0133814_6264381.jpg 味もなかなか。ずっと生乳を飲んでいないので、このフレッシュな味は久しぶりだ。色が白いのもいい(普段買っている長期保存タイプは少し黄色い)。そして1リットル1ユーロなら断然安い。

 最近、イタリアの物価は高騰の一途をたどっている。スーパーで生乳は1.8ユーロ長期保存タイプ牛乳でも0.79~1.4ユーロ
 我が家はミルクティーとカフェラッテ、菓子作りで牛乳の消費は多く、節約のため最安のサルデーニャ島牛乳(正しくはlatte scrematoスキムミルク)0.79ユーロを買っている。

 考えてみれば、ラグーザは酪農が盛んなのに生乳を買う人はあまりいない。近所の友人もを長期保存タイプを推薦する。そして気付けば我が家は生乳を4年間ずっと買っていなかった。小さな贅沢をしている気分。

 このフレッシュ・ミルクの習慣を続けるかどうかは、まだ思案中。あの販売機が、坂道あり階段ありの徒歩12~13分の距離なので、気軽にという訳にはいかないから。
 運動のために、継続するか。

継続は牛乳なり・・・?!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-04-02 07:50 | 生活 | Comments(12)
Commented by orientlibrary at 2008-04-02 08:45
わあ、所変われば、ですね!面白い〜☆そしておいしそう。とろりとした感じが写真から伝わってきます。
日本でお米の精米自販機のようなものが路上にあるのをご存知ですか?それに近いものを感じました。日常的な基本的な食材をフレッシュで!っていう感じですよね。
私は乳製品大好き人間だったんですが、年のせいと時代の流れもあって、この数年は「豆乳」メインです。カスピ海ヨーグルトには牛乳を使うので牛乳はここから。ヨーグルトは3年半作っています。美味しいです☆
Commented by yokocan21 at 2008-04-02 19:46
すっごーい、牛乳の自販機だなんて、画期的!毎日、新鮮な牛乳が飲めるだなんて、とっても贅沢ですよねぇ。
トルコも酪農は盛んなはずなんですけど、ガラス瓶入りの生乳が売られているのは、大都市のみ。輸送の問題があるんでしょうけど、なんだかなぁ。なので、うちはもっぱらロングライフのパック入りです。
ちなみおに、こちらは最近乳製品がドンドン値上がりしてるんですけど、そちらはどうですか?

↓のお皿、とっても素敵☆アクセントに黄色やオレンジ色が入るあたり、陽気なシチリアらしいですね。
青はコバルトからって、トルコのタイルや陶器も同じですね。青って、冷たい印象受けますけど、実は温かみのある青もあるんですよね。私も一生もののお皿を持ってるんですけど、もったいなくて使えず、飾ってます。
Commented by manzo at 2008-04-03 00:19 x
おお、牛乳の自動販売機! 
ミラノ郊外にもあるそうです。ミラノ在住の友人が言ってました。
自販機で容器を買って自分が好きなだけ入れるんだそうです。
半分でも満杯でも1ユーロ。容器代0.2ユーロというのは同じですね。
Commented by manu at 2008-04-03 11:00 x
やっぱり近郊でとれたものですよね。最近、千葉は広いな~とよく実感するのですが、酪農もある程度盛んなようで、我が家でも地元産牛乳を飲んでます。地元企業頑張れ!あと野菜・果物も採れたてが一番ですね。
って、地元の自慢みたいになってますね。。。ラグーザにお邪魔するときには是非試してみたいです!最近のうちの息子の流行りは「じゅっにゅ」。牛乳やヨーグルトの乳製品をこう呼びます。地元自慢の次は、バカ親でしてね、すみません。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-04-03 15:18
グッド・アイデアのような気がします。
衛生的に管理できればいいですねー。
搾りたての牛乳、一度飲んでみたいですねー。
今日もスマイル
Commented by mallorquina at 2008-04-03 16:59
面白い!フレッシュミルク好きにはたまらない機械だね。毎朝コンフレイクにフレッシュミルクって贅沢!でも私はミルクが苦手で飲めない…。義務教育まで飲みましたが、それ以後まったく飲まなくなりました。カフェオレも実は苦手…。最近、ほんと物価高でヒィーって感じですね。

報告!例のぐるぐるクジの景品が昨日届きましたー♪どうもありがとうね!!ポストカードも素敵。ポストカードの教会の屋根の青いドームが、こちらの教会の屋根、クップラといって青くて同じドーム型なんですよ。アラベの影響とかなんとか。。。ほんと、可愛らしくてインテリアとして飾らせていただいてます。
Commented by hyblaheraia at 2008-04-03 23:20
>orientlibraryさん、この牛乳、美味しいだけでなくて、買うこと自体が楽しくてワクワクします。この容器でなくても何でもいい訳ですし、今度は2リットルのペットボトル持参で行くかもしれません!
お米の自動精米機、見たことあります。そんな感じですね確かに。実家は都内なのですが、数駅行ったところには割と広い畑と無人八百屋さんがありました。収穫された野菜が泥のついたまま木箱に入っていて、段ボールの切れ端に「ご自由にお持ちください。代金はいくらでも結構です。」というようなことが書いてありました。まだあるのかな。
3年越しのヨーグルト菌ですか!凄いですね。こうなるともはや家族の一員。大事に大事に育てて、ヨーグルト君もorientlibraryさんもますますお健やかに。我が家にはパンの自家製酵母君がいます。
Commented by hyblaheraia at 2008-04-03 23:33
>yokocan21さん、そうなんです、ちょっとした贅沢を楽しんでいます♥(←これ見えます?初めて入れてみました)。こちらも乳製品だけでなく、パンもワインも、そして生ハムがすごく高くなっています。丸い地元パンは1つ1ユーロですよ!!信じられません。毎日、昼と夜で2個食べたら1ヵ月でパン代だけで60ユーロ(1万円)!なので最近パンとパスタは手作りするようにしています。

お皿、皆さんにお褒めいただいて嬉しいです!やっぱりこれにして良かったわ~。トルコの青は透明感と明るさがあって、上品で印象深くてうっとりします。シチリアの青は少しくすんでいるか、濃い群青色という感じです。
これは一生ものというほどお高くないのですが、でも一生大事に使います。yokoさんのお皿も拝見してみたいです。陶器の記事などもぜひ!
Commented by hyblaheraia at 2008-04-03 23:37
>manzoさん、そうそうその通りです!このシステムは北イタリアからアイディアをもらったものだそうです(会社のサイトに書いてありました)。ラグーザ県内に5ヵ所、設置されているそうですが、どれくらい利用者がいるのかなぁ。前におじいさんが2本分買っていたのを見たけれど、まだ行列などはできていません。
ミラノでは半分でも1ユーロなんですね。良かった、ここは半額の50セントで。すごく美味しかったのでまた行ってみます。毎日、中身を取り換えているそうなので、一応、今のところ安心しています。お腹も壊していないし。
Commented by hyblaheraia at 2008-04-03 23:44
>manuさん、いいじゃない!地元自慢、バカ親大賛成ですよ~!やっぱり新鮮で安心なものを食べて、健やかに暮らしたいですものね。そちらのじゅっにゅはどんな味がするのでしょう。日本の甘くないプレーンヨーグルトが懐かしいです。ここのはご存知の通り、甘くて乳脂肪たっぷりなので太っちゃうのですよ!
ご家族でぜひ、ラグーザじゅっにゅを味見に来てください。リコッタもソーセージも、サラミもチーズも、カンノーリもカッサータも食べて大きくなりましょう!
Commented by hyblaheraia at 2008-04-03 23:54
>kawazukiyoshiさん、最初この小屋を見たときは、いいねーなんて言っていたのですが、なかなか買わず、ようやく試してみました。近所の小売店だと牛乳はスーパーの2倍もするので、それが動機になりました。
美味しかったので友人にも勧めてみます。これで需要が高まれば、市内の設置個所も増え、地元の酪農も活性化するかもしれません。
機械の衛生管理について、会社のサイトには、一応、タンクは毎日取り換え、検査を受けた病気のない健康な牛のミルクを使っているとありました。機械の脇には、3日以内に飲むようにという注意書きも。
特に食中毒のニュースはないし、我々も健康ですし、大丈夫だと思いますが・・・。
Commented by hyblaheraia at 2008-04-04 00:01
>mallorquinaさん、コーンフレークにかけるというのはいいですね!全然その発想が生まれませんでした。スーパーで売られている朝食用の甘いパンは高くておいしくないので、パウンドケーキを2日に1回焼いているのですが、夏は暑すぎてオーブンは使えないし、これからが問題です。いいアイディアありがとうございます!

それから、届いたんですね、良かった~。お隣の国なのに、日本より遅かったのは想像した通り!青いクーポラはそちらにもあるんですね。嬉しいですね、こういう文化的な繋がり。
mallorquinaさんは、ラグーザのリコッタすくいをどのようにお使いになるのでしょう。ふふふ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク