赤紫のブロッコリー u sciuriddu

f0133814_80918.jpg
 赤紫色のブロッコリー。シチリアでは冬野菜の定番。
 ラグーザではこれをu sciuridduウ・シュリッドゥと呼ぶ。意味は「お花」。sciuriが花fioriの意味なので、fiorello「小花」のラグーザ弁でsciuridduとなる。
 ナポリでも見たことがないから、もしかするとシチリア限定野菜なのかもしれない。

f0133814_874162.jpg
 葉は柔らかい緑色で、太くしなやかに真っ直ぐ伸びている。畑ではモリモリと長く育っているが、それを豪快にカットして売る。でも全部切らないのは、紫の花を保護するため。これがあると冷蔵庫の中でも痛まない。

f0133814_88266.jpg
 大きさはと言うと、人間の顔よりも大きい。りんごと比べるとこの通り。小さめのビニール袋に入れるとパンパンになる。重さもずっしり。一人暮らしのおばあさんは、小さいのにしてちょうだいと言いながら選んでいるのをよく見かける。

f0133814_812059.jpg
 行商の八百屋ラッファエーレの車にはこんな感じでゴロゴロ乗っている。隣のトマトの赤さと比べると、いかに濃い紫をしているかが分かる。

f0133814_814267.jpg
 ああ、この赤紫色。遠くにいても視線がすっと引かれていく。食べ方もいろいろで心が躍る。
 代表的なフォカッチャに始まり、温野菜としてモンティ・イブレイDOPのオリーヴオイルと塩だけで、その横にはフィノッキエット(フェンネルシード)と唐辛子、黒胡椒の入った地元ソーセージを添えて、昨日のようにシンプルなパスタという手もある。
 もちろん野菜炒めにしてごま油をちょっと垂らせば中華風に、歯ごたえを残して茹でて鰹節とお醤油で食べたらおひたしに。昨日は海老、イカ、その他の野菜とともに長崎ちゃんぽん(日本から送ってもらった)。言葉が出ないくらい感動した!

 赤紫のブロッコリー、反響があったのでアンコール。一風変わった地元野菜、他にもあります!

お花にしては巨大・・・?!
[PR]
by hyblaheraia | 2008-03-09 08:40 | 変わった野菜と果物 | Comments(8)
Commented by sicilia_trapani at 2008-03-10 03:24
そういえば、ここトラーパニには紫ブロッコリー、そんなに並んでいないのですよね~。ここでは、緑が主流。しかも、u siuridduとは呼びませ~ん。ただ単に、broccoloと呼びます。
ラグーサ・モディカ地区の方言は難しいですよね~。モディカにたどり着いた時には、イタリアに来てまだ4ヶ月くらいしか経っていなかったので、イタリア語だってままならないのに、モディカ弁なんてわかりませんっ!っていう感じでした(笑)トラーパニ弁はもう少し分かりやすいかな、、、って、それでも相当難しいですが(汗)
Commented by yokocan21 at 2008-03-10 05:36
ひゃ~、面白い!鮮やかな紫色のブロッコリーだなんて!こうやって見ると、ブロッコリーとカリフラワーって親戚なんだなぁとよくわかります。で、お味は、緑色のものとどう違うんでしょう?
ブロッコリー大好きなんで、食べてみたいです!
アーティチョークにも、緑色のと紫色のとがありますよね。野菜って、面白い。
ところで、ラグーザ弁って、イタリア語の方言にしてはかなり違った印象です。ま、大阪弁も標準語と比べると、かなりな違いがありますけど、そんな感じなんでしょうかねえぇ。
Commented by hyblaheraia at 2008-03-10 08:25
>sicilia_trapaniさん、ええ!そうなんですか?!ということはシチリア東部のものなのでしょうかねぇ。緑のブロッコリーはここではa scamuzzaア・シュカムッツァです(sはシュになっちゃうので)。同じシチリアでもやっぱり遠いですものね、島の両端同士だから食文化も随分違いますよね。
ラグーザとモディカは車で20分ほどの距離なのに、言葉が既に違うというのが面白いです。ラグーザ人はドゥバドゥバ、モディカ人はチュパチュパ言っているように聞こえます。トラーパニだとドドドド~でしょうか。トラーパノ(trapano=電気ドリル)だから・・・な~んちゃって。ドリル語頑張ってくださいね!
Commented by hyblaheraia at 2008-03-10 08:35
>yokocan21さん、ふふふ、そうなんです、こんなものがあるんです。紫色に染まっていない部分は白いので、確かにカリフラワーみたいです。味はですね・・・んー、ほとんど同じです!緑のほうがより青々しくて、この紫のはもう少し甘くて土っぽいとでも言いましょうか。
シチリア弁は日本で言うと沖縄弁みたいな感じで、地元の人の、特に老人の会話は普通のイタリア人にはほとんど分からないようです。ルカもここに来た頃、アラビア語に聞こえる~と言っていました(半分冗談ですが)。ラグーザの女性の会話が白熱すると、アヤヤヤヤヤドュバドュバ・・・!という感じで、まるで宇宙語です。
私はラグーザ弁もナポリ弁(あ、いやナポリ語、ルカがそう言うので)も大好きで、とにかく使ってみたくてたまらなくて良く物真似をしています。なぜか物真似をすると、お爺さんになっちゃうんですけれど。
Commented by gyuopera at 2008-03-14 05:36
すごい色ですね!始めのは、ピンクといってもいいくらい・・・
スペインでも濃い紫のものがありますが、こんなに鮮やかじゃないです。ところ変われば品変わる・・・ですね。
Commented by hyblaheraia at 2008-03-21 17:36
>gyuoperaさん、すみませんコメントに今気付きました・・・!
このブロッコリーの記事を書いて、どうもこのあたりにしかないものだと分かりました。私はそれでますます好きになりましたが、ルカは前から少々苦手だったので、ええ~、また買ったの?と渋い顔をしています。
スペインにもあるんですね。そちらではどうやってお料理するのか、とても気になります。
Commented by miriyun at 2008-06-28 13:18
なんだか野菜が気になってこの題名のところにきてみました。紫の色の濃さに驚きです!!
 、これをみてブロッコリとカリフラワーのちがいがわからなくなりました。いままで色ばかりで考えていたので・・・。 花のしまり具合から見るとカリフラワーに近い感じがしますが、ブロッコリーの名前なんですね。
 
Commented by hyblaheraia at 2008-06-29 06:08
●●miriyunさん●●
野菜コーナーを覗いてくださりありがとうございます!不思議な野菜は普段もっと食べているような気がしていましたが、記事の数が少なくて意外でした。
この紫は、見るとああ冬がきたなぁと思います。調理すると色が落ちてしまうのが残念ですが、濃くてきれいな赤紫のものがあると、つい買ってしまいます。
地元ではブロッコリーは緑色のもので、カリフラワーは白いもの、そしてこの赤紫タイプも中は白いのでカリフラワーの仲間に入るみたいです。冬の料理が懐かしくなりました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク