刺繍に込めて

f0133814_2339358.jpg
 結婚記念にナポリの義母から贈られた手作りの小テーブルクロスとハンドタオル。もったいなくて使えず、この時期になるといつも広げて眺めてはまた大事にしまっている。
 こんな上質で厚手の麻布はなかなか手に入らないとナポリの母も東京の母も口を揃えて言う。たっぷりとした重みがあり、ぷるんと潤いのある不思議な手触りの麻布。真白ではなく、どことなくくすんでいて、目の粗さがまた安心感をそそる。
 義母が結婚した時に、この麻布が巻物単位で祝い品として贈られたそうだ。それでベッドカバーテーブルクロス花瓶敷きテーブルセンター飾りカーテンハンドタオルなどを作り、刺繍やドロンワーク(小さな穴を多数開け、糸でかがってできるレース)で美しく仕上げたという。
 これはもともとベッドカバーだった麻布に、義母が得意の刺繍を施したもの。結婚した2月末に咲くアーモンドの花を描いてくれた。ルカの4人の兄妹夫婦もみな、こうして同じように義母からプレゼントされている。

f0133814_2347368.jpgf0133814_2348516.jpgf0133814_23484459.jpg
一糸乱れぬ針運びと、重ねられていく色。緻密な手作業の息遣いを感じ、見るだけで心が熱くなる。
f0133814_23522487.jpgf0133814_2352032.jpgf0133814_23525643.jpg
端の処理もこうして刺繍で。どんな想いで針を進めたのだろう。
f0133814_2359322.jpgf0133814_23593383.jpgf0133814_00477.jpg
ハンドタオルにはイニシャルの刺繍。アルファベットの形を決めるのが難しいのだそう。確かに雰囲気がちょっと違う。
f0133814_011508.jpgf0133814_0122372.jpgf0133814_012588.jpg
同じ糸でタオル掛けのループを作って縫い付け、端は糸を解いて房仕上げ。ブルーの方は時間がなくて水色のリボンを付けてくれた。このふっくらと糸を重ねる刺繍には、家族に最大の愛情を注ぐ義母の人柄が滲み出ていると私は思う。

 どれだけ時間がかかったのだろう。結婚式前の何かと忙しい時に、いつの間に作ったのだろう。私たちだけでなく、結婚式に来られなかった東京の祖母にも薄紫の桔梗の刺繍でハンカチを、数ヶ月後には、母にも薄水色のガーベラの刺繍でハンドタオルを作ってくれた(新しい綿布で)。
 そんなことを思い出しながら、しみじと思う。結婚というのは、赤の他人だった人々が家族になる、ということなのだ。

 義母の結婚の思い出の詰まったアンティークの麻布。そこに息子の結婚への想いを込めて、刺繍を一針一針。こうしてまた新たな歴史がこの布に含まれていくのだろう。
 一度も使われたことのない贈り物だけれど、皆さんに見ていただけて喜んでいるかな。


[PR]
by hyblaheraia | 2008-03-03 01:25 | 生活 | Comments(4)
Commented by yokocan21 at 2008-03-03 23:32
結婚記念日おめでとうございます☆
お義母さまからの贈り物、とぉっても素敵で、うっとり眺めてしまいます。アーモンドの花をあしらって下さるところなんて、気持ちがこもっていて嬉しいですねぇ。UPで見る麻布の質感も、とってもいい感じです。これは、使ってしまうのがもったいないですね。
そして、↓の前菜の数々~!イタリアが羨ましくってしょうがないです!ピスタチオ入りのサラミは、こちらにもあるんですけど、牛ちゃんです。チーズもプロシュートも、あぁ食べたい~。
ちなみに、私が結婚した日は晴天でしたけど、どうしたもんか、ふくよかに育ってます(爆!)
Commented by hyblaheraia at 2008-03-04 08:41
>yokocan21さん、ありがとうございます!義母からの贈り物はこうして一生大事に大事にしまっておくと思います。あら~使ってちょうだい、という義母の声が聞こえてきそうですが、やっぱりダメです。
うちにはルカの兄夫婦のイニシャルが入ったハンドタオルが1つあるのですが、それはどうも失敗作だったらしいです。私達のイニシャルのものも、どこかの家にあるのかな、なんて考えると面白いです。
トルコのサラミ、そうですよね、豚なわけないですよね。ああ、なんだか今さらながら納得~という感じです。牛だとビーフジャーキーみたいな感じでしょうか、それとももっと柔らかい?ピスタチオと牛の組み合わせはちょっと気になります。今度、ミートボールに入れてみましょう。
と、ふくよか路線まっしぐらです。ふくよかな花嫁で参りましょう!
Commented by fumieve at 2008-03-05 06:27
すてきなご家族をお持ちなんですね。日本にも、ナポリにも。
いつもこのブログで、ナポリの家庭ごはんにはマイッタ!続きでしたが、この刺繍はまたほんとに素敵です。イニシャルの刺繍は、昔は嫁入り前に自分で用意したと聞いたこともありますが、季節に合わせた花の刺繍なんて、まさに日本の心と一緒ですね。

おくればせながら、結婚記念日おめでとうございます。これからも楽あり苦ありのラグーザ生活の報告を楽しみにしています。
Commented by hyblaheraia at 2008-03-06 07:45
>fumieveさん、私も義母のお料理と刺繍には参りっぱなしです!ナポリの家にはクッションや額入りの飾り、ハンドタオルなどがあってそれも素敵なのですが、やっぱり私たちのために作られたこの3点セットを見るときは感慨深いです。
お祝いのお言葉ありがとうございます!楽あり苦あり・・・まさにその通りですね。苦もクククッと笑ってかわしていきたいと思います。私もfumieveさんの多岐にわたるブログを楽しみしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク