パスタマシーン不要の手打ちタリアテッレ

f0133814_3414458.jpg

 どうしても作りたかった手打ちタリアテッレ。
 ナポリの義母の地元で取れた胡桃が2kgもあり、ラグーザ伝統の台所道具、ウ・スカンナトゥーレとウ・ラザーニァトゥーレも買ったばかり。絶対上手くいく予感がしていた。何しろ口の中が数日前からふんわり手打ちパスタの味で広がっているのだから。


f0133814_2043397.jpgf0133814_2045943.jpgf0133814_2053086.jpg
セモリナ粉200g、卵2つ、塩少々、オリーヴ・オイル少々でこね始まる。
f0133814_2055654.jpgf0133814_206228.jpgf0133814_2064719.jpg
最初はボソボソ、バラバラだが10分もこねるとまとまる。生地を20分ほど休ませてから伸ばす。
f0133814_2073421.jpgf0133814_2081646.jpgf0133814_20122234.jpg
伸ばしてたたみ、また伸ばし。数回繰り返したら麺棒に巻きつける。
f0133814_2084422.jpgf0133814_2092850.jpgf0133814_2010847.jpg
麺棒を転がしつつ、手の平を中心から外側へ滑らせて薄い生地を作る。そして切る。

f0133814_2016162.jpg で、こんなにできてしまった。
 普通、乾燥パスタは1人100gほどを食べるので、2人だから200g・・・と単純に計算したのだが、出来上がりは400g以上に。当たり前なことに今さら気づく。

 パスタマシーンがないので手打ちはずっと避けてきたが、麺棒に巻きつける方法なら簡単で軽い力でススーッと伸びていく。パスタマシーンを掃除して箱に入れて・・・という面倒な片付けが必要ないのがいい。
 思えば、この巻きつけ方式は、近所のリタの家でラグーザ名物フォカッチャを作ったときに覚えたものだった。ここのフォカッチャfocacciaはパスタ生地を破れそうなくらい薄く伸ばして作るのだが、その技術の応用で様々なパスタが作られている気がする。リタの家では、カウザネッドゥcausanedduもラヴィオリravioliもパスタマシーンなしで作っていたから。

 また地元料理の魅力にはまってしまった。
 さて、この大量手打ちタリアテッレ、どんなソースで食べるのでせうか。
 ・・・つづく。

巻いて伸ばして・・・!。
[PR]
by hyblaheraia | 2008-02-23 20:49 | 料理 | Comments(12)
Commented by poronliha at 2008-02-25 05:09
イタリアの人ってパスタマシーンが一家に一台って感じなのかと思ったら、意外と手作業なんですね。手際よく生地が伸ばせたらかっこいい!それにでき上がりがきれいですね。
うちで生パスタをつくるとき、卵はいれるときといれないときがあるのですが(ソースによって決めてます)、本場は必ず入れるものなのですか?
うちにはパスタマシンはあるのですが、最近は主に私がうどんをつくるときに使ってます。昔はKumaがときどきパスタを作ってたけど、学生終了し、働きはじめたら料理はもっぱら私のみになってます。一応私も同じ時間働いてるのにな・・・
Commented by hyblaheraia at 2008-02-26 00:13
>poronlihaさん、多分、大抵の家には代々使われているパスタマシーンがあると思いますが、我々は二人だけなので持っていません。でも手作業で意外と簡単にできるということが分かったので、もう買わないと思います。ただ筒状のパスタはマシーンが必要ですね、やっぱり。
手作りだと卵入りが一般的なような気がしますが、セモリナ粉の袋には卵なしの作り方もあります。美味しければどちらもOKということでしょうね。
poronlihaさんのうどん作りに触発されて、私も近日中にトライです!手持ちを切らしていてネットで買おうかと思っていたところです。そちらもきっとそうでしょうが、ここではお醤油しか手に入らないので、何かがなくなると日本から送ってもらうまでお預けという寂しい状況に・・・。
kumaさんとの共同作業で作る自家製食材シリーズは見ているだけで楽しいです。また新たな挑戦があったらぜひアップしてください。
Commented by P405 at 2008-02-26 08:01 x
まぁ、懐かしい道具類ですね!子供の頃、伯母がこのような大きな板と長い棒を縁側に広げて、ペタンと座って'うどんを作っていたの光景を思い出します。本当に日本もイタリアも麺の国ですね。:)
パスタマシーン無しでも本当に上手に出来るものですね。我が家にも一台ありますが、パスタマシーンは確かに掃除が面倒なの、良く分かります~!こういう簡単な道具でさささっとパスタが打てるようになりたいものです。
ところで、また質問なのですが、一番下の写真、出来上がったパスタをこのようにしておくと、茹でる時に麺同士のくっつきがひどくないですか?私は、麺同士がを触れあったっまにしておくと、そのままくっついてしまうので、いつも切ったそぱから少しずつ間隔をおいて、パトン(パスタの物干しのような・・)に干すのですが・・・。小麦粉をもっと大量に降りかけておけば、こうしてラフに並べておいても大丈夫なのでしょうか?
Commented by hyblaheraia at 2008-02-27 00:23
>P405さん、手作りのおうどんはきっと美味しかったことでしょうね。温かいおつゆのおうどんが大好きなので、私も近いうち作るつもりです。乾燥うどうはもう食べてしまったので・・・。
出来上がったパスタですが、切った後にさらにセモリナ粉を振りかけておけば大丈夫でしたよ。指の間を熊手のように大きく開いて、パサパサとほぐすようにして大きなバットなどに乗せて、さらにセモリナ粉をかけておけば問題ないです。それを綿100パーセントのキッチン用の布で覆い、冷蔵庫に入れておけば翌日もまだフレッシュさの残る状態で食べられました。ラップだとパスタが呼吸できないんじゃないかと思ってそうしたのですが、もしかするとラップの方が良かったかもしれません。
小麦粉で作る場合は、もう少しくっつくのかもしれませんね。生地にオリーヴオイルをちょっとだけ入れてみるのはいかがでしょう?
Commented by P405 at 2008-02-27 04:40 x
hyblaheraiaさん、お返事ありがとうございます!ちゃんと読み直して気がついたのですが、 hyblaheraiaさんはセモリナ粉を使っているのですね。私は所謂普通の小麦粉(Type00もしくは45)を使っているので、この辺りに違いがありそう・・と合点。今夜の夕食に早速、まずはいつもどおりType45でパスタを打ってみましたが、やはり捏ねている過程からくっつきました;( 次回はセモリナ粉100%で作ってみます。もしくは二つのMixiで?アドバイスありがとうございました☆
Commented by hyblaheraia at 2008-02-27 19:13
>P405さん、Tipo45の小麦粉って初めて知りました!00が薄力粉で0が強力粉だと思いますが、45はカターニア限定?それともP405さんのお宅で挽いたから45?なーんて朝からまたダジャレばかり。
セモリナ粉と小麦粉は水分の吸収の仕方が違うような気がするので、混ぜない方が失敗が少ないと思いますが。でもいろいろ試して好みのパスタを作るのは楽しいですね。手作りならではの醍醐味!
Commented by P405 at 2008-02-27 21:39 x
hyblaheraiaさん、何度もすみません~。わたくし、急に’粉’熱に火が点いてしまったようで、今朝またセモリナ粉100%にして打ってみました。生地が固くて捏ねるのがちょっと大変でしたが、本当に小麦粉よりくっつきませんね!ありがとうございます。まだ食べていませんが、小麦粉パスタよりコシがありそうな。夜が楽しみです☆

Typo45、間違えました!イタリアはTypo00は、フランスにType45にあたると思うので、未だに45と呼んでしまいます。ややこしい~>< 
Commented by hyblaheraia at 2008-02-28 03:51
>P405さん、粉熱はインフルエンザ並みですね?!セモリナ粉は意外と扱いが簡単みたいですね。日本ではよく小麦粉でラヴィオリを作っていましたが、やはりセモリナ粉の方が歯ごたえがあるような気がします。
今頃、手打ちパスタのディナータイムですね。どんなソースで召し上がったのかちょっと気になります。45の謎はそういうことでしたか。でもまたなぜ45なのでしょうね。面白いですね。
Commented by P405 at 2008-02-29 01:32 x
本当に度々書き込んでごめんなさい!ご報告だけしたくて。
セモリナ粉のパスタ、美味しかったですよ~!やっぱり、とてもコシがあって、これぞアルデンテという歯ざわりが残って大満足でした☆hyblaheraiaさんのアドバイスのお陰です。ありがとうございました!
思うに、一品料理のパスタとして食べるときはセモリナ粉、DaubeやRagoutなどの煮込み料理の付け合せとしては小麦粉のパスタが合うような気がしますが、どうでしょう。
ちなみに昨晩は、Bietoleを茹でて、ペペロンチーノとニンニクと一緒にオリーブオイルで軽く炒めたものに、リコッタを大量にかけるという、シンプル(手抜きとも言う?)ソースで頂きました。こんなシンプルソースでも美味しく頂けるのは手打ちパスタ様様ですね :)
Commented by hyblaheraia at 2008-02-29 06:57
>P405さん、お待ちしていました~!ビエートラとリコッタのソース、すごく想像力豊かな一品ですね。ビエートラを辛めに炒めるところまでは普通に考えられますが、そこにリコッタ、というのがいかにもシチリアのイマジネーションに満ちたお味という感じです!手打ちパスタとの相性も抜群だったことと思います。私も今度やってみたいです。
セモリナ粉と小麦粉の使い分けに私も賛成です。やっぱりパスタが主張しない方がお料理が引き立ちますし、パンやご飯みたな役割を果たしてくれるのでしょうね。
ああ、私も手打ちパスタをやりたい気分がモリモリになってきました!P405さんの粉熱インフルエンザがうつってしまったみたいです。
Commented by N.M. at 2009-09-11 18:13 x
今頃ここにコメントすること、どうぞお許しください。この記事・皆さんのコメントを読んでからパスタが作りたくて作りたくて・・・ついに昨日挑戦してしまいました!
最大の問題はロンドン(というかうちの近所のスーパー)ではDurum Semolinaが手に入らない、ということ。調べたらインド料理で同じ粉を使うのでインド食材店にある、ということでしたがなんとなく「まか不思議」な匂いがついていそうで(・・・偏見?)結局タイプ00の薄力粉を購入。しかし帰宅してから「これではコシがないのでは・・・」と妙な心配をして少しだけ強力粉も混ぜてみました。そうしたら生地が固過ぎてうまく薄く出来ず・・・手打ちうどんのようなモノが出来上がってしまいました(涙)。それはそれで不味くはなかったのですが、今度は薄力粉だけで再挑戦するつもりです。でもやはりdurum semolinaが欲しい・・・今度イタリアに行ったら多めに勝って来ようと思っています(何をしに行くんだか・・・)。
また、私は年齢のせいか(汗)今日は腕が筋肉痛です。今年のクリスマスには夫にパスタマシーンを買わせようとも思っています。
どうぞまた美味しいレシピをご紹介くださいね。
Commented by hyblaheraia at 2009-09-12 05:03
~N.M.さん~
懐かしい記事で、嬉しく思いました。こんな所まで読んで下さってありがとうございます。
セモリナ粉はそちらではあまり使われないんですね。驚きです。タイプ00だと、少しもちもちするのでしょうか。でも手打ちうどんができてしまうなんて素敵ですね!私はアツアツのおうどんが大好きなので、いつかやってみたいと思っています。
筋肉痛、分かります!私も普段家にいてのんびりしているので、何かするとすぐにどこかが痛くなります。やれやれ・・・です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク