権利と義務

 雨が降るからといって水がなくならない訳ではないだろう。激しく降る雨を見ながら、ふとそう思った。そしてその通りになった。

f0133814_18531647.jpg 一昨日、我が家には水が届かなかった。この「届かない」という表現は断水ではなく、水はあるのに我が家にだけ来なかったという意味である。
 隣近所のベランダでは、洗濯された大きなシーツが風に揺れ、水があることを伝えている。ああ、またか。また家だけか。気が滅入って来る。
 いやいや、落ち込んでいてもだめだ。今日の水を確保せねばならない。ルカは友人に電話し、SOSを送る。農業用品店で買った25リットルのタンクを4つ用意し、友人の車で少し離れたカップッチーニ教会広場の水飲み場へと向かうのだ。「漏斗(ろうと)も持って行って!」夏にもやったことがあるので、水を入れるのに漏斗が必要なことを思い出した。こんなこと、慣れたくはない。

 シチリアの家庭には、貯水槽が2、3個、屋上や屋根裏などに設置され、ここに毎朝一定の時間に市の水道管から水が配給される。蛇口をひねれば、好きなだけ水が使える日本とは違い、こうして一日一定量の水を大事に使わねばならないのだ。

f0133814_18533878.jpg 我々は決して水を無駄にするような生活はしていない。洗濯は必要な時だけ節水コースで、入浴はせずシャワーしか使わない。食器洗いも汚れの少ないものから始め、すすいだ水を有効に使っている。そんな涙ぐましい努力も、たった一つのことで無意味になる。
 それはモーターmotoreである。縦に長い3、4階建てが一般的なラグーザの家では、市の水道管から送られてくる水の圧力では最上階にまで少量しか届かないため、水を引き上げるためのモーターを付けているのである。しかし、後で知ったのだが、これは違法なのだ。
 それを知っていてかどうかは知らないが、人々はモーターを設置する。水がなくては生活できない!と主張し、水を得る「権利」という言葉で違法行為を違法でなくしてしまうのだ。確かに、権利ではあるが、水を皆同じ条件下で得るという「義務」は何処へ行ったのか。自分さえ良ければ、という考えが自己を守るために使われるのは悲しいことだ。

 こうして周囲が当然のことのようにモーターで水を強引に引き上げると、我々の水も奪われてしまうのだ。もし我が家もモーターを付ければ、どこかの一人暮らしの老人宅で、水がなくなるかもしれない。
 なぜ市民一丸となって行政と戦わず、モーターという手っ取り早い方法で解決するのだろう。外から来た者として腑に落ちないことの一つである。シチリアの水道と鉄道業界は、背後にマフィアの手が潜んでいるというが、どうせ勝てない、嘆くしかない、ならば自分の周囲だけは堅固に守ろう、という悪循環はどこかで断ち切らねば終焉がない。
 水無し生活は今年で4回目。近所の人も、モーターを付けなさいと言う。が、違法を知っていて付けることなど絶対したくない。そういうメンタリティーが嫌いだ。多少の我慢をしてでも、自分たちが大切に思うことを大事にしていきたい。

人気blogランキングに参加中 水を平等に・・・!。

追伸:強がっていられるのも今だけ。年を取ったら、こんな水汲み絶対に無理!毎日、全く水が来ない状況になったら、モーターを付けるしかないのでしょう・・・。その時はご報告します。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-11-21 20:08 | 生活 | Comments(12)
Commented by fumieve at 2007-11-21 21:39
なるほど、まさにシチリア、イタリアを象徴するような論理ですね。そういう人に限って、水をざぶざぶ使っているんでしょうね。洗濯機を毎日回したり、食洗は絶対に使ってるでしょうし。はあ・・・。私ならモーターつけちゃうかもしれません。流されちゃう。
先日のランキングにもちょっと納得してしまうような出来事ですね。

ところですみません、こちらもSOSです。スカルラッティの件で拙ブログにコメントいただいたのですが、門外漢で全くわかりません!お時間のあるときで構いませんので、のぞいていただければ助かります。
Commented by Gina at 2007-11-21 22:32 x
義父が水道関係の仕事をしているのですが、
世界では国営・公営でない水道事業を実施している国は結構あるそうです。公営でないから水道料金が高かったり、命をつなぐ水さえ買えない人がいなかったりするんですよね。

私は日本にいるので、そんな苦労も知りませんが、もしそういう環境におかれて、小さな子供がいたり、あるいは本当に年老いて一人ぼっちだったら、役所と戦う前に、モーターつけてしまうかもなぁ。
って弱すぎですかね。
Commented by P405 at 2007-11-22 00:55 x
hyblaheraiaさん、大変でしたね。水の無い生活、さぞご苦労な事でしょう。
後半のモーターのくだり、酷いですね。でも驚きはしませんでした。その悪循環、十分想像できますもの。
ここの人々のメンタリティははただ一言 ; Loser!!
残念な事ですが、はっきり言ってそれだと思います。

自分のお給料の為ならたった1ユーロUpでもManifesteするくせに、また散発的なManifestationならいくらでもあるのに、どうして、社会を良くするために『solidarity』としてManifestationしないのでしょうか。

これだけ奥深い歴史があり、自然の美しい島に住める事をとてもラッキーだと思いますが、時々どうしても憤りと悔しさを感じずにはいられません。
自分達の生活を厳しくしているのは、彼ら自身でもあると思います。
Commented by modicana at 2007-11-22 02:43 x
その後、水が届いたか、心配していたところです。必要なときはいつでも連絡を。どう考えても、自分に道理があるのに、ここでは、それが通らないことがいろいろあって、悔しいですよね。「でも、お天道様は見てるさ」とがんばっていて、知り合いで、いい人だと思っていた人が、その道理に外れたことを、普通にやっているのをみると、救われない気持ちになります。ここでは、それが当然で何の疑問も感じていないことが哀しいです。
私の嫌いな non e colpa mia(私のせいじゃない)だってそうしないと水が出ないんだという声がきこえてきそうです。表層の部分だけで何とかしようとする要領(調子)のよさ、根本の原因を考えない合理性の欠如。なんとかしたいけれど、あまりに大きな問題です。たとえ、微々たることでも、自分は、正しいと思う振る舞いをし、(例えば、教室でポイ捨てする子がいたら、自分の家ではそうしないでしょ。ゴミ箱にいれて。というとか)それが、少しでもここの人たちの心に何かを感じさせることができたら。と思います。
Commented by fumieve at 2007-11-22 10:15
hyblaさん、早速のコメント、ありがとうございました!!!
ところでその後、水は届いたのでしょうか?読めば読むほど大変な事態で、しかもそんなにたびたび・・・
そういえばこちらはしばらく雨が降りません。長期予報でも、雨(雪)の少ない冬になるとか。ヴェネツィアもアックア・アルタから一転、来年の夏は干からびてるかもしれません。他人事ではありませんね。
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 02:21
>fumieveさん、水をざぶざぶ・・・なんて!できません。水不足になる夏は特にそうです。手洗いして脱水だけ、という洗濯機の使い方は良くします。それにしてもイタリアの洗濯機は、なぜこんなに1サイクルが長く(1時間は当たり前)、水を大量に使い、しかもお湯にするために電気まで使うのでしょうね。32分コースという最短を選ぶと50度のお湯で洗い、水コースを選ぶと1時間何度もすすぎをするので、どうしたものか・・・。
モーターは、どうしようもなくなれば付けると思います。水を得るために半日を費やす生活なんて、ここで一帯何をしているんだろう・・・と落ち込んでしまいます。社会的なモラルというのは集団心理と大いに関係があるのでしょうね。一人がいいや、と思えば私も、僕も・・・とモーターを付け、それが当たり前のことになってしまうのだと。
水の届かなかった日、お隣のモーターがグォグォッと水を引く音を聞いて、意気消沈してしまいました。
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 02:41
>Ginaさん、そうなんですか。水が市民の権利でない生活なんて考えられませんね。高い水が買えない家庭で、小さい子供や病人、お年寄りがいたらどうするのでしょうか。恐ろしいことですね。
モーターを付けたら弱すぎ・・・そんなことありませんよ!我々も今は体力も精神力もあるから頑張れるのですが、これが毎日続いたり、年老いていけばもはや無理です。でも付けたら負けという論理が成り立ってはいけないんです。問題はそこではないはずですから。
アグリジェントやジェーラでも水がひどい社会問題になっています。地下水は豊かにあるのに、それを外資系企業が吸い取っていき、地元の人々は5日間も水無し生活をしている実態が報道されました。市の給水車は予約リストで一杯で、1週間待ち。人々は仕方なく料金が高いプライベート会社から水を買い、生活を繋いでいると。本当に信じられませんでした。仮にも先進国であるのに、市民の最低限の生活を守れないシチリアの政治と、シチリアを発展から置き去りにするイタリアという国に失望するばかりでした。何とかしなくては!って私に何ができるんだろう・・・。
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 03:10
>P405さん、カターニアには水問題はなさそうですね。カターニアとパレルモは水道網がしっかりしていると聞いたことがあります。大都市だからでしょうか、やはり。
シチリアの人々は、何度も繰り返された侵略の歴史に耐え、DNAが忍耐強くなっているのかも?と思ってしまう毎日です。鉄道も水も、この環境は、先進国とは決して言えないほどお粗末なのに、pazienza(我慢、仕方がない)という言い方で、さらっと流してしまう姿を見ると、やっぱり嘆くだけなのか、とこちらも諦め気分になってしまいます。
マニフェストをすること自体は、市民の当然の権利だと思いますが、確かに社会全体に対してのそれは、ラグーザではほとんど見ません。数年前、前市長は外国人差別反対のデモの先頭に立って運動していました。あれは本当に心強かったです。が、現市長は・・・。
政治家が市民を啓蒙し、意識を変えて行くべきことは多いのに、ここの政治は環境を破壊する大事業に資金を出し、世界遺産の町であることに安住して、何の努力もしていない気がします。シチリアの歴史と自然の美しさを理解し、愛しているのは、もしかすると我々、外部の人間なのかもしれません。そう考えると本当に残念です。
Commented by fumieve at 2007-11-23 08:12
「ここでいったい何をしてるんだろう」・・・わかります。そう思うことが時々ありますね、この国の生活では。ちなみに私は、先進国だとは思わないことにしています。
シチリアの水不足、いつもニュースで見ますが、こんなに根本的なところから問題があるとは知りませんでした。何でも古いものは壊してどんどん新しいものに取り換えちゃえーというのは賛成できないし、特にこの国にある財産は大切にしていかなければならないけど、やはり最低限のインフラは整えていただかないと。でもまー水の前に、なぜか突然WiFiがついたりしますよ、きっと。

ところでその場合、水道料金というのはそうするとみな一律なのでしょうか?
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 21:11
>modicanaさん、いつも本当にありがとう。シチリアに家族も親戚もいない我々にとって、お二人の存在はとても心強いです。
いい人だと思っていた人が道理に外れたことを・・・。分かります!!そういうのショックですよね。ああ、この人もか、って思います。社会規範の遵守よりも自己の保護と主張の方が優位という風潮は、どうしても好きになれません。一個人が自由に発言でき、それが尊重されるのはとても良いことだけれど、社会という基盤があっての個であって、個の集まりが社会になるわけではないはずなのに。そしてイタリア人の変なプライド、これが問題です!自分の非を絶対認めない。頼んだパンと違うものを袋に入れたシニョーラは、え、そう?あなた○○って言いましたよね、とこちらのせいにするし、欠陥商品で負傷者を出した会社は、消費者の使い方を責めたり。まったく信じられません。日本の大企業みたいに、頭を下げればいいというのも問題ですが。
自分でできることから、自分ができることは・・・、そう思ってモーターも付けないのだけれど、ただの痩せ我慢みたいで悲しくなります。こんな生活一生続けられないし、また引っ越しかぁ・・・。ふぅ。
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 21:27
>fumieveさん、スカルラッティのご質問への答え、あれで良かったでしょうか。いやいや私も冷っとしました。本来なら2つの作品場号を書くのに、音楽学の話じゃないからいいか~っと気を抜いてしまったのがいけませんでした。これからは、気を引き締めて行きます!
その後、水は届いています。でも怖いので、いつもチョビチョビ使って、夜は水を貯めています。前の家には二年半住んでいましたが、水のタンクが一階にあったので一度も水無しは経験しませんでした。だからシチリアの水問題も他の町のことで、ラグーザは大丈夫だと信じ込んでいたんです。この家に来て、野鳥も流れ星も、夜の雷光も、遠くの丘も見え、自然と四季を身体で感じている一方、シチリアの根本的な問題にも悩まされ、良くも悪くも社会勉強をする毎日です。
Commented by hyblaheraia at 2007-11-23 21:56
>fumieveさん、やっぱり先進国だと思わない方がいいですかね。先進国なのに、と思うから遣る瀬無くなるんですね。なるほど。
古いものを守りつつ、生活を便利にすることは二律背反なのでしょうか。ヴェネツィアに行くと、1600年代の手紙の内容と町の構造が何も変わっていなくて感動します。しかもその建物に人が住んでいて、中ではインターネットもしていたり。凄いです!水の上でできるのに、どうしてここではできないのでしょう・・・。ラグーザにWiFi??いやいや、30年後かな。ADSLはテレコムしかなく、その他の低料金を謳う諸会社のラインは届いていないんです。我が家のADSLも4ヶ月かかりました。
水道料金ですが一律ではありません。水のタンクにはトイレと同様、浮きが入っていて、水を使うと浮きが下がり、その度にどの家でも市の水道管に残っている水が補給されるしくみになっています。でも実際はモーター付きの家が水を引き上げるので、我が家には足されません。結局、使った分だけ水道代を支払うのですが、水自体は高くないので皆平気なのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク