馬車に再び遭遇

 わぁ、見て!早く写真、写真!
 運転するテレーサが叫ぶ。前方を見るとのどかな風景が。カメラをバッグから取り出し、スイッチを入れた時には、車のスピードが速すぎて我らの真横に。

f0133814_5245993.jpg それは馬車。頭に赤い飾りを付けた馬が、お祖父さんを乗せてゆっくりと進んでいた。

 ちなみにここはラグーザ新市街の主要中の主要道路、ローマ通りVia Romaだ。土日は歩行者天国となるが、この時は平日の午後、車がひっきりなしに通る時間帯だった。にもかかわらず、馬は車に驚くこともなく、のんびりとマイペースに進んでいく。
 良く見るとお祖父さんは携帯番号をプッシュしていた。


f0133814_5351751.jpg そして今、通話中。
 もしもし、わしだがのう、今、駒娘(こまむすめ)と帰るところだから、まぁあと1時間くらいかねぇ・・・。なんて話していたりして。
 エレガントな姿なので女の子、駒娘と私が命名。

 馬車という前時代の乗り物と、20世紀の発明である携帯電話とのコンビネーション。そして馬車の通過をじっと待つ車と、悠々と渡っていく馬との心理的コントラスト。新旧、緩急が入り混じる不思議な瞬間を横切る我々。


f0133814_5354548.jpg 振り向くと、馬車はまだ交差点近くにいて、さっきの車もようやく動き出したところ。
 いやいや、おしとやかなお散歩ですこと、駒娘さん。

 それにしても、中途半端な飾り付けの馬車だ。頭に羽飾りが一本だけだが、毛並は美しく整えられ、二人乗り用の荷台も色付けされている。農業用では決してないし、かと言って祭り用でもない。
 もしかすると前にも見たが、これも自家用車?!


おまけ:
f0133814_6333088.jpg 別の日に、馬を搬送する専門車を見た。三角形の標識の中央には馬のデザイン、下にはTrasporti Cavalli、馬搬送注意の文字が。
 馬の体系に合わせて横に細長く、縦に長い車。
 象搬送車なら、道をふさぐ事間違いなし!
 
人気blogランキングに参加中 自家用車でパッカ、パッカ・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-08-24 06:04 | 生活 | Comments(2)
Commented by nonnakaori at 2007-08-24 18:24 x
お久し振り。馬車のおじいちゃんも。確か以前に孫を乗せて、、、、、、、
あまりに素敵だったので、コメントしたつもりでしたが、してませんでしたね。馬につけられた赤い羽根飾りがとてもお洒落。馬車で携帯電話をつかっているのがお茶目。まさに、この子は駒娘。
馬を搬送する車ものどかですね。25年前ロンドンの友人宅に旅した折、公園にシックな木張りの大きな車から、馬を出して、乗馬し公園の中に消えていったロンドンっ子の姿にカルチャーショックを受けたのを思いだしました。
Commented by hyblaheraia at 2007-08-25 02:09
>nonnakaoriさん、こんにちは。白い駒娘ちゃんは赤い羽根が良く似合っていました。もうすぐサン・ジョヴァンニのお祭りがあるので、華やかな飾りの馬たちが勢揃いします。彼女もドレスアップして来るかもしれません!ブログでご報告します。
ロンドンでのワンシーン、想像しただけでも素敵ですね。もしかしてそのロンドンっ子も、馬が自家用車でしょうか?!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク