水が無ければ・・・

 いつもの美容院に予約に行くと、店の前で美容院のシニョーラたちが立ち話をしていた。今日はもう閉店ですかと聞くと、予約しに来たんですか・・・?と暗い声。はい、と答えると、その瞬間2人の目の色が変わり、アヤヤアヤヤア、ドュブドュバッドュ!!!!!とラグーザ弁で機関銃のようにまくし立て始めた(私にはそう聞こえる)。

f0133814_7494853.jpg 実はこの数日間、水が出なくて仕事ができないのだそうだ。市役所に電話したが、町中の水道パイプが壊れているので復旧には時間がかかる、と言うだけで、何の措置もないとのこと。ここより少し上の我が家の地区で、2週間前に同じことがあったばかりなのに、またか!
 今月初頭に水無し生活を送ったので、その辛さは身に沁みて良く分かる。飲み水や料理用の水がないだけでなく、手が少し汚れても洗えない、食器も洗えない、トイレもシャワーも使えない、植物は枯れる・・・。あの時は水復旧に丸2日半かかった。一般家庭でも大変な事態だが、ここは職場だ。水を使う職場に水が無ければ、働くにも働けないではないか。シニョーラたちが激しく怒るのは当然だ。店には2000リットルの貯水槽があるのに全て空、成す術が無いとぼやいていた。
 過去5年間に2回、これで3回目だそうだ。我が家の場合も、過去6年間に4回同じことがあったと前の住人から聞いた。こんなに頻繁に起きるとは、シチリアの水問題は深刻だ。ナポリからシチリアに向かう鉄道の中で、隣に座った人々がこの話をしていたのを思い出す。本土とシチリアを結ぶ巨大な橋の建設などどうでもいい。ここに必要最低限の水供給システムと鉄道を作って欲しい。

f0133814_9294798.jpg こんな事態で行きつけの美容院が閉店ならば、自分で染めるしかない。もちろん他にも美容院はあるが、外国人である私はなぜここに住み、何をして・・・と身の上話を一から始めなければならず、それが面倒なのである。それにこの間、学生とのおしゃべりをしていて白髪を凝視されたことを思い出し、いよいよ決心が付いた。買ったまま怖くて使えなかったヘアカラーセットを今日こそ使う!
 前はきれいに染まるかが怖かった。が、今日は違う。シャワーで洗い流している間に、水が止まることが怖かったのである。カラー剤が付いたまま水が出なくなったら、いったいどこに駆け込めばいいのか。作業中、ずっと考えていた。そして思いついた、ああ、あそこだ!

f0133814_913586.jpg それはここ。ここしかない!ユネスコ世界遺産のサン・ジョヴァンニ大聖堂(Cattedrale di S. Giovanni カッテドラーレ)の庭の噴水。ここなら噴水が止まっていても水は常にこれだけある。
 この水を使えば、グリーンのメッシュも入ってきっとおしゃれに!

 そういえば、この間の水無し生活の時もルカと話していた。せめてトイレに流す水を確保するのに、どこかに噴水はないのかと。あればそこから汲んでこようと。
 ここに噴水はあるけど、先客が既に・・・。

人気blogランキングに参加中 世界遺産の水はみんなの水!
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-19 09:59 | 生活 | Comments(3)
Commented by saku at 2007-06-19 23:20 x
このヘアカラー懐かしいわ〜。
日本のよりちょっと水分多めだから塗りやすいはずですが。。。
もう染め終わったかな?成功した?
Commented by hyblaheraia at 2007-06-20 01:14
>sakuさん、水分多めなので根元はいいんですけれど、髪全体には刷毛がないと上手く塗れないのです。結局、液体を手に取って両手で塗り込みました。仕上がりはバッチリ!色もよし!美容院はカラーだけで20ユーロなので、これで9.59ユーロなら結構いいかも。
Commented by saku at 2007-06-20 11:31 x
じゃあ今度行くときに刷毛もっていくね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク