シチリア伝統ゼリー -自然の恵みと天上の味-

 隣町、モディカ(Modica)に住む友人Yukiさんから、先日こんな素敵なお菓子をいただいた。

f0133814_22123755.jpgシチリア伝統のゼリーgelo di sicilia)である。
 白はアーモンド、黄色はレモン、薄茶色はヘーゼルナッツ、茶色はチョコレート味の素朴なゼリーたち。その材料は至って単純。水、砂糖、でん粉(アミド、amidoと呼ばれる)に、それぞれの味を決める素材を加え、型に入れて冷やすだけ。奇抜なアイディアも特殊なテクニックも要らない。昔からどの家庭でも作られてきた、素朴な素朴なゼリーである。


f0133814_22362831.jpg しかしこのシチリア・ゼリー、普通のゼリーとはかなり違う。まずスプーンを入れると、ゼリーにしてはもろくて柔らかい感触に気付く。ゼラチンを使うとシャープに切れる断面が、でん粉で固める製法により、もったりとした切れ目を見せている。優しい切れ味をもう一度確かめるように、さらに一口、そしてもう一口。ただしゆっくりと時間をかけて、一さじのゼリーを舌の上で溶かしながらでん粉のとろみを楽しむのだ。そうして口に広がるをレモンの爽やかさと皮のほろ苦さ、アーモンドの白い甘味と砕けた粉のざりざり感、チョコレートとスパイシーなシナモンのコントラストなどを堪能しつつ、考え事にふけったりもする。その最中にレモンやシナモンの粒を見つけては、はっと我に返り、リズミカルに潰して遊んだりもする。
 そうこうしていると、ゼリーにはないはずの濃厚なアタックを受ける。が、それに気付いた時は既に遅し。もう食べ過ぎの域に。そう、これは口溶け軽いはずのゼリーの常識を覆す、食べ応えあるゼリーなのだ。

f0133814_0362659.jpg 冷蔵庫がなかった頃は、型に流して台所の角の冷たい石やタイルの上に置いておいたそうだ。それでも十分固まるのだから、でん粉をかなり入れていたのだろう。よくお菓子の本で見かける3センチほどの浅いゼリー型は、こういう条件で固まるぎりぎりの深さと、一人が食べられる量に合わせて出来たのかもしれない。

 ちなみに我々は、こうして半分にして違う味を楽しむ(右の写真)。それでも全部食べるとかなり満腹だが、イタリアの胃袋を持つ私は、ここにパンナ(生クリーム)があればいいのに、と思ってしまう。


 菓子や料理は、作り方が単純であればあるほど、素材の良さが問われるというものだ。だからシチリアでは新鮮で質の良いまま手に入る地元素材を使うのが当然のこととして定着している。このゼリーに関して言えば、シチリア産のアーモンドとレモン、シチリア菓子に欠かせないシナモン、夏にはスイカやジャスミンなどを使って、その季節の旬の味をそのまま閉じ込めるのである。こうして良質の素材を、至極単純な方法で何も加えず調理すると、この上なく体に優しい、天上の味が生まれるのだ。

 モーツァルトの音楽はしばしば、「天上の音楽」と形容される。その意味は、まさにそれと同じだ。一切の無駄のない必要な音だけが、必要な音たちと、必然的な動きと流れで自然に歌われるのである。《フルートとハープの協奏曲》K.299第2楽章では、まるで天からのそよ風のようにハープの旋律があふれ出し、そこにフルートが戯れる。自然の恵みを閉じ込めたシチリア・ゼリーは、神の業とも称されるその音楽と何か似通っている。
 ラグーザの素朴な味にすっかり慣れてしまった私は、日本のスーパーで売られる大量商品の複雑な味に戸惑うようになってしまった。もしかすると私は「天上人」?!


人気blogランキングに参加中 あなたもシチリア・ゼリーを食べて天上人に!
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-11 00:57 | 菓子 | Comments(6)
Commented by saku at 2007-06-11 17:15 x
この間の挽肉が入ったお菓子もそうだけど、未体験なお菓子があったとわ!
Commented by hyblaheraia at 2007-06-12 08:57
>sakuさん、未体験菓子は私もまだまだありますよ。
このゼリーの変形で「ビアンコ・マンジャーレ」というのもあります。訳せば「白い召し上がれ」?どろっとしたアーモンドのゼリーにイチジクが隠れているというもの。素朴菓子の真骨頂とも言えるその味、いずれ報告しますね!
Commented by 電りくヒルズ at 2007-06-20 13:06 x
濃厚なアタック、、、ソムリエのワインコメントのようですね笑。
さっぱり感&ツルンとしたのど越しが身上のゼリーですが
このでん粉ゼリーはまるで別物。
もったりとした濃厚なチョコレートゼリーにパンナをつけたら
それはそれは美味しそう!

Commented by hyblaheraia at 2007-06-26 14:25
>電りくヒルズさん、そうなんですよ、ゼリーは食べてもお腹が膨れないはずなのに、これは違うんです。あのこってりチョコゼリーにどうしてもパンナをつけてみたかった!
Commented by Gina at 2007-07-03 10:32 x
はじめまして!
おいしそうなゼリーに思わず反応してしまいました。

夏にラグーサに行こうかと思っているのですが、
このゼリーはラグーサでも買えますか?
Commented by hyblaheraia at 2007-07-03 19:27
>Ginaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。ラグーザでこのゼリーを売っている店は・・・あまりないような気がします。家庭で作るお菓子だからでしょうか。今度、お菓子屋さんに行ったら聞いてみますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク