水なし生活2日目

 昨日の夕方6時から、我が家では水が一滴も出ない事態に陥っている。断水ではないし、隣近所にも水が届いている。では我が家の水道が壊れたのかと言うと、そうでもない。

f0133814_1271292.jpg ラグーザの一般家庭には必ず貯水槽(serbatoio)がある(写真の左に2つ、右奥にも1つ)。
 ベビーベッドくらいの大きさの貯水槽が2、3個、屋根の上やガレージの地下、あるいは屋根裏などに設置され、ここに毎朝6時か7時頃に、市の生活水パイプ(道路下などにある)から一定時間、水が供給されるシステムになっている。各家庭ではこの貯水槽の水を日々の生活に使うのだが、普通の生活をしている分には問題ない貯水槽から、なぜ我が家だけ水が出ないのか。

 以前にもブログに書いたとおり、我が家は急な坂道の頂上に立つ建物の、さらに3、4階にある。貯水槽は4階キッチン上の屋根裏にあるので、道路下に走る市の生活用水パイプからそこに水が上がっていくためには、ある程度の圧力が必要になる。
 しかしこの数日、どういう理由によるのかは分からないが、ラグーザ市が水の供給量を減らしたため、普段の給水の圧力が下がり、道路から10メートル以上の高さにある我が家には水が全く届いていなかったのである。
 屋根裏にある大きな貯水槽は、3つともスッカラカンに空。朝一番にルカが市役所に電話したが、まずは道路から貯水槽に水を運ぶ管が詰まっていないか、水道の配管工に調べてもらうようにとのこと。言われた通り呼んで調べてもらったが、何も詰まっていなかった。一応近所の人たちにも聞いてみると、水の圧力は弱いが水は来ていると言う。つまり彼らの家では、貯水槽が我が家よりずっと低い所に置かれているので、水は届いているのである。再び市役所に事情を説明すると、明日の朝に技術者を送るということになったが、こんな緊急事態になぜ「明日」なのか。スローライフはいいが、スローワークには腹が立ちっぱなしだ。
 
 今朝は9時から1時間ほど水が届いたが、それでも貯水槽の底わずか10センチ程しか溜まっていない。このままだと、我が家の貯水槽が満タンになるには、あと1週間はかかりそうだ。その間の生活はどうすればいいのか、本当に気がめいってくる。近所でB&Bを経営しているネッロとリタが、夕べ10時過ぎにありったけの容器を集めて水を20リットル用意してくれた。その水で我々がどんなに助かったことか。
 最近イタリアでは、水道民営化の話が出ている。反対意見が根強いのが救いだが、もし民営化されたら、普通の方法では水が届きにくい家々にコストをかけて十分な水供給システムを導入してくれるだろうか。水、電気、ガスは最低限の生活に必要なものであり、誰にでも等しく与えられる権利があるはずだが。
 明日の朝、市役所の技術者は何と言うだろうか。乞うご期待・・・。

人気blogランキングに参加中 我らに水を!ゲホゲホ。。。
[PR]
by hyblaheraia | 2007-06-05 02:10 | 生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク