新生活スタート -待ちに待った幼稚園-

f0133814_18000734.jpg
 家族、親戚、同じ年頃の友達がいないラグーザで、図書館も児童館もなく、単調な生活を母娘二人で何とかしのいできたこの2年9ヶ月(その頃の悩みはこちら →)。スクオーラ(学校)に行きたい!、と学校ごっこをしていたリディアも晴れて幼稚園生に。
 まだ少し大きめのリュックサックを背負って登園する背中の頼もしいこと!


f0133814_17513578.jpg
 幼稚園の親子説明会は、9月初頭で学校が始まっていなかったので、兄姉も一緒、もちろん小さな赤ちゃんも一緒でカオス状態。そしてこのときから既に大泣きする子続出。


f0133814_17522780.jpg
 最初の1週間は、慣らし保育のようなもので1時間のみ。教室に入ってもくもくと遊ぶリディアを見た先生が、大丈夫だから行ってください、と即座に我々を追い出す。1時間後に迎えに来るからね、トイレに行きたくなったら先生に言いなさいね、とリディアに別れを告げ、泣き叫ぶ我が子でお母さんたちがうろたえる教室を、後ろ髪を引かれる思いで出て来た。
・・・のだけれど、心配すぎて、教室の窓の真下で待機する私とルカ。


f0133814_17522228.jpg
 子供たちの声が別の教室から聴こえてくると、今度はそちらの窓の下に移動してソワソワと。今の泣き声、リディアかな?!といちいち反応する我々。トリナークリアさん(3つ足のシチリアの紋章)も飽きれ顔。
 そんな我々の前を、目を真っ赤にした子供たちがお母さんと手をつないで帰宅していく。そのお母さんたちの情報が何よりの安心材料だった。お宅のお嬢さんは全く心配ありませんよ。バンビーナ(女の子)は落ち着いて遊んでいましたよ、と教えてくれて。


f0133814_18001806.jpg
 幼稚園のクラスでは、キッチンのおもちゃコーナーでおままごとをしたり、バンビーニ~!お昼を食べに来て~!と皆に呼びかけたり、男の子とミニカーを取り合って泣かせたり(本人は結構反省していた)、お人形を独り占めしたり、と時に問題行動もあるようだけれど概ね楽しくやっているよう。先生たちもリディアの全く動じない様子に驚いているようで、保育園に行っていたんですか?と何度か聞かれた。
 それだけ幼稚園に恋い焦がれ、行きたくて行きたくて仕方がなかった、ということかな。


f0133814_17524492.jpg
 幼稚園第2週目は咽頭炎にかかり、丸1週間お休み。ブランクがあるので、おやつ持参の3時間保育に耐えられるか心配したけれど、全く問題なし。
 お休み中に既にクラスメイトは選んだ一人ひとりの「お印」をリディアも自分で選んだそう。迎えに行ったら、ロッカーとコート掛けにこのマークが付いていた。本を積み上げ、ふむふむと読んでいる黄色ちゃん。これを選んだことが、なんだか母としてはとても嬉しかった。


f0133814_17525255.jpg
 このところ迎えに行くたびに、ミニカー大好き男児4,5人を侍らせて(?! 私が来たことをリディアに伝える伝令係君一名あり)家に帰りたくな~い!と叫ぶほど、幼稚園が楽しくて仕方がないみたい。親としてこんなに嬉しいことはなし。
 これから3年間、多国籍のクラスでたくさんの友達といろいろなことを学び、大らかに育っていって欲しい。新たな環境に果敢に向かっていく小さな背中を見ながら、私も臆せず新たなことに挑戦せねばと思う毎日。子から学ぶこと多し。



[PR]
by hyblaheraia | 2015-09-29 22:09 | 生活 | Comments(4)
Commented by Mchappykun2 at 2015-09-30 01:02
リディアちゃん、逞しいですね。思い出します。娘がイギリスで人生初の幼稚園に行った日のことを。3歳直前で、言葉も分からず、私が去るときはギャン泣きしました。でも、友達も先生も皆とっても優しくて、先生が娘のことをだっこして、私に「早く行きなさい、大丈夫だから。」と言って、私は後ろ髪を引かれる思いで去ったのでした。
皆、こんな風にして成長していくのですね。
Commented by アイシェ at 2015-09-30 21:57 x
いやぁ、初日から絶好調ですね、リディアちゃん!「姉御」になってしまいましたね! それにしても本当に幼稚園行きたかったんですねぇ。
めでたし。めでたし。
Commented by hyblaheraia at 2015-10-01 16:27
> Mchappykun2さん
その光景が目に浮かびます。Mchappykunさんのその時のお気持ちも痛いほど…。いつの時代も、どこの国でも初めての幼稚園は同じなのですね。
私も3歳でマレーシアに引っ越してイギリス系の幼稚園に入りました。言葉も分からず、子供としては、どうして突然こんな環境に放り投げられたのかと理不尽に思い、1か月バスケットを膝にかかえてじっと座ったまま、一言も喋りませんでした。母が幼稚園どうだった?と聞くと、すごく楽しかったと答えていたそうです(それはあまり覚えていない)。我が家でいまだに語り継がれている私の頑固伝です。
Commented by hyblaheraia at 2015-10-01 16:37
> アイシェさん
姉御…!そんな感じですが、いいのでしょうか。身体がわりと大きくて、声や態度も大きいから、周りの子が委縮しちゃうのでしょうか。今度の面談の時によく聞いてきます。
幼稚園は本人にとっても、我々にとっても有難いですね。午前中3時間も空き時間があるなんて、信じられない!めでたし、めでたし!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク