長かった道のり

 長かった道のりを思い出す。ここに至るまで11年。覚えているだけで5回は申請し、その都度、悔しさや苛立ち、怒りと悲しみのドラマがあり、ようやく無期限型の滞在許可証を取得。これでもう一生、移民局に並ばなくても良いのかと思うと、嬉しいというよりは妙に感慨深くなる。

f0133814_14220650.jpg
 18世紀に7年かけて完成したラグーザのポンテ・ヴェッキオもまた、建設に際してきっといろいろなドラマがあったことだろう、と想いを馳せながら、いつになく晴れやかな気持ちでこの橋を渡っている。

f0133814_14245993.jpg
 滞在許可証、permesso di soggiorno、これを得るために、イタリア在住の外国人にはみなそれぞれの苦労話があると思う。私もこの件では随分泣かされてきた。移民局とは縁が悪いとしか言いようがないことばかり。
 まずは申請のたびに一旦はナポリに行き、市役所で結婚証明書を取得し(ナポリで結婚したので)、住民登録に必要な住居証明のために引越しもしたし(前の大家さんが借家証明を税務署に出してくれなかったから)、出生地の証明にアメリカにも書類を申請したこともあった。

f0133814_14252352.jpg
 移民局での指紋採取のために毎回4時間は並んだし(2007年の最悪の日の記事は こちら→)、滞在許可証の受け渡し日に行ってみると、さんざん並ばされた挙句、まだ出来ていなかったということも。最後の指紋採取の時は、私のファイルが行方不明で1週間後また来るように言われ、再度行ってみると、そんな話は聞いていない、と想像通りの展開に。
 そもそも11年前の最初の滞在許可証に、誤って出生地TOKYOと記載された時から、魔の悪循環が始まっていた(出生地訂正のために奮闘した時の記事は こちら→)。
 
f0133814_14262702.jpg
 今手にしている許可証は、申請から取得まで1年2か月もかかった。有効期限が切れてしまった許可証のままドイツ経由で日本に一時帰国したときは、空港警察に止められ、日本に行きたいのなら行けばよいが、帰りはヨーロッパに入れないから覚悟しておくように!という脅しのような言葉を受けた。そんなはずはない!と日本のドイツ大使館とフランクフルト空港警察に問い合わせし(電話とメール両方)、イタリアに戻るときはリディアと二人だけだったので、全てのメールのやり取りをプリントアウトし、自分の立場を理路整然と説明できるよう、機内でもぶつぶつ練習。
 案の定、入国審査で厳しく質問されたけれど、練習の甲斐あって、渋い顔をした警官が入国スタンプを押してくれた。イタリアは手続きが遅すぎる!と言いながら。

f0133814_14285320.jpg
 ああ、思い出すと本当にいろいろなことがあったな。でもこれでやっと晴々した気持ちで暮らしていかれる(ような気がする)。

f0133814_14293689.jpg
 イタリアに住む外国人シニョーラとして、どんな人生を送っていくのかな。きっとまだまだ、山あり谷ありだろうけれど、家族3人で力を合わせて乗り越えていこう。


[PR]
by hyblaheraia | 2015-06-02 01:39 | 生活 | Comments(10)
Commented by Mchappykun at 2015-06-02 05:32
イタリアで滞在許可証を取得するのは大変なことなのですね。イタリアのお役所仕事の杜撰さは有名ですが。アメリカも移民局というのは面倒で,有名です。時間もかかるし。私は所謂グリーンカードを何十年も前に取得しましたが,そのうち市民権を取った方が良いのか,と考えます。娘は選んでアメリカ人になりました。
Commented by j.images at 2015-06-02 18:11 x
ヒブラさん 本当に良かったですネェ〜! ウ〜ン、本日
告白しますと、その昔若かりし頃、私もイタリア滞在の経験がありフランス以上に滞在許可証の件大変でした! これからもヒブラさんの感性と詩的なブログを期待していますよ〜!
Commented by アイシェ at 2015-06-02 23:03 x
長い間本当にご苦労されたんですねぇ。この手の話、何を置いてもトルコが一番だと思っていましたが、イタリアも手ごわい!
Commented by ぐらっぱ亭 at 2015-06-04 10:01 x
お久しぶりです。お元気な様子、何よりです。
こうした手続きになると、つくづく日本の素晴らしさを感じるのではないですか。
外国に定住する以上、こうした難行苦行に耐えられてこそですね。人間我慢強くなります。
逆に日本のようになにもかもが便利に、そして衛生的に出来ている国に生活していると、人間バカになります。
さて、どっちがいいのか、分かりませんね。
Commented by gabbyna at 2015-06-05 23:28
永住ビザをとれたようでおめでとうございます。ご苦労がしのばれます。どの国へ行っても永住ビザを取るのは、大変ですよね。私も罰金払ったり、必要な書類を作るためにすごく高いお金を払わされたりしました。カードをもらった時は、ほっとしたものです。
これからは、心置きなく育児や仕事に励めそうですね。
Commented by hyblaheraia at 2015-06-10 23:37
> Mchappykunさん
アメリカの移民局に来る申請者の数はイタリアの何倍にものぼることと思います。でもその分、きちんとしたシステムがありそうですね。
グリーンカードと市民権は違うのですね。国籍ということでしょうか。私はアメリカ国籍も持っているのですが、特に放棄する理由もないのでまだ保有しています。昔は申請のときにイタリア国籍を取らないのかとよく聞かれましたが、イタリアは良くても、日本が重国籍を認めていないのでだめなのですよね。重国籍が可能になれば、日伊米と3つも持てるということに?!
娘さんはアメリカを選んだのですね。育った環境、教育を受けた国がアイデンティティーの形成にとても大事ですものね。
Commented by hyblaheraia at 2015-06-10 23:46
> j.imagesさん
イタリアだけでなくフランスにもいらしたのですね。今でもこれだけ大変なのに、情報の少なかった昔はどんなご苦労をされたことでしょう。お察しいたします。
最近のブログは、書いている内容が既に1か月くらい前のことだったりしていますが、のんびりと更新していきたいと思っています。前住んでいた家のような、テラスからの大パノラマがないので、空が小さくて眺める時間も少なくなり、子育てに追われて、夜は子供と同じ時間に就寝…。自分と向き合う時間は大切ですね。お言葉、ありがとうございます。心に染み入ります。
Commented by hyblaheraia at 2015-06-10 23:52
> アイシェさん
手ごわいですよ~。特にシチリア!でもトルコも凄そうですね。いや、日本がスムーズ過ぎなのでしょう。宅急便の時間指定配達なんて、考えてみたら神業ですよ!何でもちゃんと機能しているから、日本では言い訳できないという大変さもありますね…。
Commented by hyblaheraia at 2015-06-11 00:02
> ぐらっぱ亭さん
ご無沙汰しております。コメント嬉しく拝見しました!
本当に日本は何もかもがカンペキ!そして何でもすぐに謝られてしまう。でも失礼いたしました、申し訳ありませんでした、を連発されると、いったいこの人は本当にそう思っているのか、と思ってしまいます。お辞儀の仕方も最近の若い店員さんはヘンですよね。両手を胸の下あたりにおいて頭だけぴょこんと下げる…、あれはラッコのお辞儀みたいです。いつからあんな風になったのでしょう。
話しがずれそうになりましたが、こちらで鍛えられて我慢強くなっただけでなく、自分の立場を主張する姿勢が板についてきたかな、と。でもまだまだ、強烈なシニョーラたちに突き飛ばされそうになりますが…。
Commented by hyblaheraia at 2015-06-11 00:06
> gabbynaさん
そうでした!永住ビザと呼ぶのですね、これは。ブラジルのお役所仕事に対抗するのも大変そうですね。罰金とはまた不運でしたね。人によって上手くスムーズにできたり、ものすごく苦労したり、どうして同じ国家書類なのにこうも違うのかと思いますよね。
でもgabbynaさんももう永住ビザをお持ちなのですね。お互いにこれで心配なく暮らしていかれますね。そうでした!仕事を再開するにもこれがないと!頑張ります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク