海へ Marina di Ragusa

 毎日のように大雨、強風、霰に見舞われ、ほとんど外出できず、身も心もすっかりジメジメしていた2月末のある日。結婚記念日の祝いと気分転換も兼ねてマリーナで一泊しよう!というルカの提案で、いざ海へ。

f0133814_3192551.jpg
 ラグーザ上空に重くのしかかった雲を背に、車で南へ下ること20分。もうそこは別世界。

f0133814_3193015.jpg
 潮風は甘く、海の声は耳の底をくすぐり、きらめく太陽は目と肌を心地よく刺す。

f0133814_3565343.jpg
 青空の濃さと透明度は、空が近くいのか遠いのか、分からなくさせてしまう。
 ああ、これぞラグーザの空!忘れていたものを取り戻すこの感覚。古い友人に久しぶり会うような、懐かしさが湧き起こってくる。

f0133814_320693.jpg
 リディアはお気に入りの長靴を履いて、憧れのcastello di sabbia(砂の城)に初挑戦。

f0133814_326822.jpg
 それを手伝いつつ、見守るつもりの我々は、

f0133814_3261555.jpg
 次第に楽しくなってきて、お堀を作り、要塞で囲み、なぜかドクロの丘まで。

f0133814_9454353.jpg
 海岸を散歩する家族も、カップルも、走り回る犬たちも気付かない、ちょっとした悪戯。

f0133814_931494.jpg
 まだ冷たさの残る海辺ではあったけれど、砂の城を作り、歌いながら海岸を歩き、時々砂を掛け合い、ボールで遊び、疲れたらジェラートを食べて休憩し、また城を作りに海岸へと、たわいの無い遊びの繰り返しに興じる。

f0133814_9443136.jpg
 そして夜もまた、遊び足りないリディアを連れて、遠くから砂の城の存在を確認。黒い海の声と黒い空の星々に心が震えたのは、自然への畏れからなのか、その美しさからなのか。

f0133814_3202859.jpg
 家族3人、それぞれが、それぞれにリフレッシュし、何かを感じたマリーナ。泳がなくてもいい。海にまた来よう。そして皆で「一緒に貝になろう」。
[PR]
by hyblaheraia | 2015-03-04 10:35 | 生活 | Comments(5)
Commented by concordanze at 2015-03-04 22:41
Hyblaさん、波の音は心地よいですよね。色々なことを浄化してくれる音。偶然、昨日、ジャンルーカと海に行きたいねと話していたところでした。春の海風を来週あたり浴びにいってきます。リディアちゃん、ルカさん、お誕生日おめでとうございます。そして結婚記念日も!
Commented by Mchappykun at 2015-03-04 23:18
海は良いですね。特にこんなにきれいな青空のときは。我が家は海岸まで歩いて30分,車なら5分なのですが,滅多に海岸までおりていくこともなく過ごしています。でも,たまに海を見に行くと,嫌なことも忘れ,清々しい気持ちになります。
良いときを過ごされたようで,こちらまで嬉しくなりました。
Commented by hyblaheraia at 2015-03-11 00:07
●concordanzeさん●
お祝いのお言葉、ありがとうございます!
昔は海はギラギラしている感じが苦手だったのですが、こちらに来て海との関係が変わりました。海の風に吹かれているだけで、あるいは海を見ているだけでも、頭の中のもやもやが消えてリフレッシュされていいですね。
その後、海には行きましたか?そちらだとどこの海なんでしょう?
Commented by hyblaheraia at 2015-03-11 00:15
●Mchappykunさん●
海が近いと雲の動きが多様できっと楽しいことと思います。歩いて30分というのは、お散歩に丁度良い距離ですね。海辺でお散歩しながら、もし漁港が近くにあったら、晩ご飯の美味しいメニューが浮かびそうですね!
Commented by concordanze at 2015-03-15 01:47
Hyblaさん、未だ海に行けず。。。来週は絶対行く予定です!フェッラ−ラからだと、車で40分くらいのアドリア海、通称「フェッラーラの海」と呼ばれている、エステンセ海岸というところが一番近いので良く通っています。大きなポー川が流れ込んでくるので、真っ青、というよりは少しもったりとした感じの海水で、日本の実家の近くの水質に似ていて、落ち着きます。ポー川流域に広がるデルタ地帯は歴史も古く、(10世紀頃に形成されたそうです。)野生動物も生息している、とっても素敵なところです。エトルリア文明の発掘物が多く出た事で知られている、エステンセ海岸の一番端のスピーナ海岸と呼ばれる地帯は、砂浜に流木が沢山あり、海を背に砂浜を行くと、海水の混ざった池があり…という不思議な風景で、大好きです。近くの街コマッキオは漁師町。うなぎの水揚げ量も多く、うなぎの街としても知られているのですよ。ああ、うなぎが食べたくなってきてしまいました。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク