時の経過

 2010年の夏、隣町コミソに住む日本人女性から、画家であるご主人の展覧会へのお誘いコメントがこのブログに届いた。旧市街イブラの会場へと出掛けていくと、すらりとしたカップルが入口に佇み、まだ遠くを歩いている私を静かな笑顔で見つめながら、遠慮がちに迎え入れてくれた。若いのに落ち着いたカップル。K子さんとご主人Mさんとはその時以来のお付き合い。
 2011年にY君が生まれた時は、我々は日本へ引き揚げの大引越しの最中だった。Mさんが何度も車で駆けつけ、我が家の家具や日用品を大量に引き取ってくれた。「ああ、ラグーザの匂い・・・」と使い込んだタオルを顔に押し付け、振り切るように捨てようとしたら、大事なものは家で預かっておく、後で東京に送ってあげることもできる、と言ってくれた。その優しさに甘えて残した箱は、今私の手元にある。

 あれから2年半。時々家族3人でコミソからラグーザまで遊びに来てくれて、楽しい一時を過ごしている。生まれて数日後に病院で見た、くしゅくしゅに小さかったY君もすっかりお兄さんになり、リディアのとっても良いお友達に。

f0133814_23263656.jpg
 いつもこうして、ほっぺをピチュッと付けて、大好き大好き、と言わんばかりに可愛がってくれる。後ろから見ている我々には、ややロマンティックな光景に感じられることも。

f0133814_2335630.jpg
 右にも左にも、ピチュッ。ぶっきらぼうなリディアはハグやキスはしないのだけれど、目はとても嬉しそう!
 微笑ましい光景を見守りながら、高校生になる頃はお付き合いしているかも!、そのまま結婚したりして・・・?!、するとK子さんとMさんとは親戚になる?!、と考えなくもない。

f0133814_23352373.jpg
 既に陽が傾き、雲や岩肌に夕陽色が滲み始める頃、皆で旧市街イブラへ降りる。大人はジェラートを堪能し、味見程度のジェラートではお腹が満足できない子供二人にビスケットを食べさせているうちに、気付くと辺りが青色に変化していった。街全体が水の中に沈んでいくような時間の流れと雰囲気。

 青い世界を歩きながら、何十年後にリディアの将来の家族とここを歩いている自分を想像した。きっと人生を決定する大事な出会いも、出来事も、空の色の変化のように静かに、けれども着実に私たちに近付いていて、「その時」を与えるのだろう。それが辛い時であれば、重くのしかかり今後の人生を考える力さえ奪うけれど、大雨を降らせた黒雲が任務を終えて消えていくように、時が過ぎれば、それも記憶の一つに変わる。そしてむしろ、水をたっぷりと含んだ大地のように、大きな糧を得て新たな緑を生み出せるのではないか。

 人生何があるか分からない。ラグーザを一度は後にした我々は、家族3人でここに戻って来て、静かな時間を過ごしている。
 大切な友達とゆったりと過ごした一日、冬の青い街並みは、時の経過の不思議を感じさせた。あばあさんになった頃、ここを歩きながら思い出しているかもしれない。親戚になったK子さんと一緒に。
[PR]
by hyblaheraia | 2014-02-10 00:09 | 生活 | Comments(4)
Commented by Mchappykun at 2014-02-10 23:23
人との出会いはとても不思議だと思うことがあります。
夫が亡くなったからこそ出会った人たちが何人もいます。そして、皆と良い友達になりました。夫がいたら決して出会えなかったことを思うと、不思議な気がします。そんなとき、人生は悪いことばかりではないのだ、と思えます。
Commented by ゆうゆう at 2014-02-10 23:40 x
まぁなんて可愛らしいふたり♡
Commented by hyblaheraia at 2014-02-11 09:58
●Mchappykun様●
Mchappykunさんの人生が続いている限り、新たな出会いがこれからも待っているのでしょうね。人との出会いは、もしあの時、ああしていなかったら・・・、という奇跡の結果のようなことがあります。私とルカの出会いがそうでした。
音楽との出会いもまた同じだと思います。そして音楽は、心が深く閉ざされている時に、そのひだや筋の一つ一つに優しく語りかけ、心をゆっくり、柔らかく開く力を持っていると思います。声楽家のMchappykunさんは、それをご自身の声でお感じになれるのだと思います。人生は悪いことばかり、と心が深く閉ざされている時も。
多くの素晴らしい音楽に出会え、心を救われたことに感謝しています。
Commented by hyblaheraia at 2014-02-11 10:00
●ゆうゆう様●
ね、微笑ましいでしょう。でもリディアの愛想のなさは、いったい誰から?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク