ステッファーニのカンタータ -音楽がもたらす出会い-

 もう3年半程前に一時帰国した際、学部・大学院と長年お世話になった指導教官にご挨拶のメールを出すと、「たまたま飲み会が用意されているのでぜひ来てください」との相変わらずの楽しいお返事が届いた。早速出かけて行くと、6年程姿をくらましていた私をまるで幽霊を見るかのように、ゼミの先輩たちが悲鳴を上げて驚いたことを今でも忘れない。終電になるまで場所を変えて飲み明かし、すっかり偉くなった先輩たちにご馳走になり、良い刺激をもらって帰途に着いた。シチリアにいても頑張らねば!と思いながら。

 この小さな飲み会での再会は、後に私に大きな喜びを与えてくれることになった。ほぼ10年ぶりに再会した学友の人脈を通じてイタリア・バロック音楽を専門とする若手声楽家たちを知り、彼らの演奏活動のお手伝いをする機会を得ている。普段は史料や本や楽譜を相手に考えをまとめることが主な私の研究にとって、実際の音楽に触れながら仕事ができるというのは望外の幸せ。

 今回リリースされる《アゴスティーノ・ステッファーニの2声のための室内カンタータ集》には、解説と対訳という形で関わった。9月半ばに連絡を受け11月末の締切まで、リディアを寝かしつけてから深夜2時に夜泣きで起きるまでの数時間、少しずつ少しずつ資料を読み進め、日々寝不足と戦いながら何とか締切に間に合わせることができた。これは自分でも全く信じられなかった!

f0133814_23392411.jpg
 それも全ては素晴らしい音楽と演奏に依るもの。ステッファーニという作曲家は外交官でもあり、聖職者でもあり、作曲家としては少し固い人だと思っていたけれど、音源を聴いた瞬間にその考えが突風に飛ばされるようだった。この優美で飾り気のない、自然な声の重なりは何だろう。そして彼の音楽に全身全霊で心を寄せようとしているこの演奏のみずみずしさ!

f0133814_2350746.jpg
 資料のないラグーザに居ながら、実家の母、友人夫妻、そして関係者からスキャン・データや音源を次々に送ってもらう。彼の音楽に聴き入り、心を震わせながら資料を読んだ。彼の苦悩、そして音楽に慰めを求める姿に深く同情しながら。
 
 ああ、音楽というのは人の心をこうも満たし、清め、繋げるものなのだろうか!3年半前の再会から現在の新たな人脈、そして過去の音楽家の声を聴き、遠いラグーザでそう思う。
 さあ、その音楽のために、私ができることを探し続けよう。音楽がもたらす新たな出会いを求めて!幽霊にならないように。

::: ::: :::

A. ステッファーニ:2声のための室内カンタータ集
阿部早希子(ソプラノ)&古楽アンサンブル ファンタジアス
ALM RECORDS
2,980円
2014年2月7日 発売


声の透明感、作品の解釈、ふわりと浮くような柔らかな響き・・・。とにかく素晴らしい演奏です。ぜひお聴きください!アマゾン等で発売中。
[PR]
by hyblaheraia | 2014-02-07 00:10 | 大学・研究 | Comments(8)
Commented by Mchappykun at 2014-02-07 07:12
CDのリリース、おめでとうございます。一つの出会いが次から次へと新たな出会いにつながっていく。人生の面白さ、醍醐味ですね。
私は不勉強にしてAgostino Steffaniを知りませんでしたので、聞いてみました。そこからカウンターテナー(ソプラニスタ)のphilippe jaroussky に行き当たり、楽しいときを過ごしました。

最近自分の歌の演奏から遠ざかっている私ですが、怠惰な自分にカツを入れられた感じです。
Commented by hyblaheraia at 2014-02-08 09:37
●Mchappykun様●
ふとしたきっかけで新しい何かが始まり、そこからまたさらに世界が広がる、ということを最近感じます。ブログもそうですね。
ジャルスキーの声は偶然にも、私も昨夜リディアと一緒に聴いていました!ヘンデルのオペラ・アリアの動画でした。彼の動画ではチェンバロをいつも同級生が演奏していて、ああ頑張っているんだなと心が引き締まります。
Mchappykunさんの歌声は、きっとあのお料理やお菓子のように、優しく温かいのだと思います。聴いてみたいです。
Commented by ゆうゆう at 2014-02-10 23:47 x
おめでとう!
何かしら制限があると逆に頑張れたりしますね。でもそれはあなたに愛と情熱があるから!
ジャケットも素敵ね。聴いてみます♪
Commented by hyblaheraia at 2014-02-11 09:26
●ゆうゆう様●
そうなの。締切や制約がないと、のんびり構えてしまってなかなか熱くなれないのです。ラスト・スパート型とよく友達に言われました。
ジャケットきれいでしょう?彼の音楽にとても良く合った色遣いです。こちらにはまだ届いていないので、早く実物を手にしたいです!ぜひ聴いてみてね。感想なども聞かせて。
Commented by concordanze at 2014-02-16 19:33
hyblaさん、おめでとうございます!関わっていらっしゃるとは知りませんでした。前年9月に帰国した際、別件のコンサートでご一緒させて頂きました。イタリアでしっかりと勉強した素敵な歌手が日本であまり知られていない作曲家を紹介するのは、本当に興味深いことですね。そしてhyblaさんのようにイタリア音楽に精通されている方に紹介して頂くことは本当に素晴らしいことです!!
Commented by hyblaheraia at 2014-02-18 07:25
●concordanze様●
そうでしたよね。9月にコンサートをなさった時の方です。一時帰国中にお会いすることができ、いろいろと話が盛り上がりました。
この時代の素晴らしい作品をもっと紹介したいと思っています。concordanzeさんにもぜひ、歌っていただきたいです!!
Commented by OrpheusGB at 2014-03-03 05:17 x
リリースおめでとうございます!是非是非聴かせていただきたいです。(奇遇ですが、私もしばらく前にステッファーニのCD解説のお仕事をしたんですよw。)http://www.naxos.com/catalogue/item.asp?item_code=NC8802163
Commented by hyblaheraia at 2014-03-22 01:48
●OrpheusGB様●
お返事が遅くなりすみません!
寄寓ですね~!もしかして、ヨーロッパではステッファニが注目されているのでしょうか?Orpheusさんの解説、私も読ませていただきたいです。それにしてもステッファニはいい曲だらけですね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク