お礼

 楽譜の製本SOSに対してたくさんの応答ありがとうございます。一つ一つじっくり拝読しながら、小さく切った紙でふむふむ、こうかな、ほぅ!と試しています。
 説明の難しい製本方法を、この小さなコメント欄に分かり易く書いてくださり、皆様の温かいお気持ちと応援に深く感謝しています。


f0133814_625093.jpg お礼と言っては何ですが、おやつでどうぞごゆっくり。
 チョコレートのブニョット・ムースです。レモン風味のモディカのビスケットを砕いた下地に、ラム酒を効かせたムースをトロリ。かなりブニョブニョした食感でびっくりしましたが、味は良かったです。飾りはテラスのニチニチソウ。この明るく、ふわっとした色の広がりに毎日、目を細めて話しかけています。

 本当は最近、じっくり聴いている音楽でお礼をしたかったのですが、まとまった時間が取れず断念。近いうちに必ずや。
 限りなく自己流の趣味の音楽動画に、皆様からアンコールを頂いたり、温かいコメントを頂き、音楽というのはこんなにも情感や情緒を伝える力を持つのだな、と感慨深く思う次第です。

 また皆様からのコメントはいつも楽しく拝読し、シチリア生活の大きな励みとなっています。お一人お一人に心を込めてお返事させていただきたいので、時には、時間がかかることもありますが、スローな生活の表れとお思いのうえ、どうかご容赦くださいませ。また、皆様のブログ訪問はさらにさらに遅くなり、最近は拙ブログのアップに力を入れると、訪問できなくなることも多々あり、双方のバランスに頭を悩ませております。
 ブログって楽しいけれど、難しいですね~。

 ではでは皆様、今日も良い一日を。
 ああ、今聴いているこの素晴らしい音楽を今すぐにでもお届けしたいです。

[PR]
by hyblaheraia | 2010-08-04 06:51 | 生活 | Comments(8)
Commented by Eri at 2010-08-04 12:54 x
hyblaさんコンニチハ!
私も昨日、考えちゃいました。糸を使うとか... あっA3を半分に折ってなら...できる!
はて?待てよ...。楽譜のコピーはA4だったかしら...。とか。
いっそのこと12日からPalermo行くから、そこから製本テープ送ってさしあげようか....とか...。
結局、埒が明かなくなってしまって、今見たら、手遅れ...。
でも、このお菓子なんてステキな色でしょう!
日々草は日本でもたくさん見られるのに、こんなにきれいだったなんて。
このムースの色はなんの色でしょう?
hyblaさんのご近所の皆さんはいつもhyblaさんのピアノの音色が聴けるのですね。い〜なぁ〜
私も聴いてみたいな♪。難しそうな楽譜ですね。
すごいなぁ。音を書くなんて....♪♪♪。誰が考えたのですかね?
Commented by gabbyna at 2010-08-05 12:43
音楽をする人にとっては、楽譜は、大切ですよね。
私は、文法書が欲しくて絶版をコピーしてもらったことがあります、こちらだとそれを綴じて本にするするやり方があります。
で、私も絶版になった本をそれで手にしています。
最近、紅茶とチョコレートのお菓子で楽しみの時間を作っています。これも美味しそうですね。
Commented by nobukoueda at 2010-08-05 22:08
こんばんは~
時々おじゃましています。が、なかなかコメントまでできずでしたが。
7月はたった、3日間だけローマによって、やはり、イタリアはとってもあうなあと・・・どの町もそれぞれ個性的でいってみたくなります。
 チョコレートのムースは手作りですか?素敵!お皿も、後ろのポットに首づけ・・・
 また時々おじゃましま~す。
Commented by 親ボリス at 2010-08-06 00:35 x
「電子書籍自炊派に朗報、裁断機の刃の切れ味を復活させるサービスが開始」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100804_ogawa_saidan/
という記事を見つけました。
iPadやらが広まって「電子書籍自炊派」が登場。彼らは蔵書の背をs裁断機で切断し、バラバラにしたページを「自動ページ送り機能付きスキャナー」で読み取らせ、書籍をデジタル化するのです。で、紙の本は捨て、iPadで本を読む。
この記事は裁断機を刃を研いでくれるサービスの紹介。

製本する人、かたや裁断する人…

ばかばなしで失礼!とにかく暑くて…

(演奏会で楽譜立てのかわりに「足付きiPad」が並ぶのも遠くないかも。悪夢?)
Commented by hyblaheraia at 2010-08-06 05:41
~Eriさん~
エリサン、コンニチハー!(カタカナで応答)
製本について一緒に悩んでくださってありがとうございます。そうなんですよ、A3だともう少し簡単なのですが、どちらにしても背表紙にどう付けるかという問題が残り・・・。
製本テープの郵送だなんて、そんなことどうぞ気にしないでください。パレルモではパレルモのことに集中してくださいね。貴重な滞在時間なのですから。
このニチニチソウは色に胸キュンでした!ムースは生クリーム入れ過ぎのチョコレートです。ウホホ。肌色みたいになっていますけれど。
ピアノはですねぇ…、電子キーボードでちまちま弾いているので、全然だめです。もう鍵盤が足りなくて足りなくて。ない音はろーろー歌っています。怪しい日本人になっています。音を記す行為は世界中の民族によって違う方法があって、とても興味深いです。私は西洋音楽しか勉強しなかったけれど、いろいろ知りたいと思っています。
Commented by hyblaheraia at 2010-08-06 05:46
~gabbynaさん~
私は完全な耳コピーはできないので、楽譜がないとその作品を演奏することができないんです。ネットでいろいろな演奏を聴いていても、楽譜がないと自分で再現できないから、実に空虚な音楽生活となってしまいます。などと言いつつ、頑張って練習してもあまり上達しないので空振りばかりしてますが。
こちらにはコピー専門店があって、そこで本一冊のコピーを頼むと製本してくれます。絶版となったものは、この方法があって助かりますね。
このお菓子、全然思った通りにできていないのですが、想像しない面白い味になりました。食感もブニョブニョで楽しかったです。
Commented by hyblaheraia at 2010-08-06 05:51
~nobukouedaさん~
こんばんは!パリでの個展成功、おめでとうございます。私も何度も拝見していたのですが、ゆっくりコメントを残す余裕がなく、そのままになっていました。
このヘンテコなムースは手作りです。おやつは大好きでよく作るのですが、これは予想に反した出来となりました。お皿は葉っぱの形です。数枚買った後、やっぱり買い足そうと思い、仕事帰りの弟の携帯に電話して、「葉っぱのお皿買ってきて!」と頼んだら、「なんじゃそれ?」と呆れられました。確かに、ですね。
ポットはですね、これは大切なものの一つです。ラグーザのエスニックショップで買ったのですが、どこのものなのでしょう。色と形に一目ぼれでした。
お時間がある時にまたぜひいらして下さい。いろいろお話できるのを楽しみしています。私もそちらに遊びに伺います!
Commented by hyblaheraia at 2010-08-06 06:04
~親ボリスさん~
早速、その記事を読みました。裁断機の刃を研ぐビジネスだなんて、もうびっくりです。これがビジネスになるくらい若者は本を切断するのですか・・・
いただいたコメントは驚きの連続でした。まずipadですが、実物を見たことがなく、ipodのデカバージョンかと思っていましたが、そういうものではなさそうですね。それから「自炊」という言葉の使い方にん?・・・おお!(数秒後に理解)。今はこういう言葉遊びがあるのですね。ゴロ合わせとダジャレなら私も祖父ゆずりの血が騒ぎます!
ですが、やっぱり本を切り刻んで自動送りスキャナーで読みとらせてデジタル化する、というこの行為自体がもう信じられませんでした。本の無残な姿を思うと心が痛みます。

切り刻んでしまった本を元通りにしたい若者が急増して、今度は製本屋さんのビジネスが急展開するかもしれませんね。
足付きiPadのオーケストラ・・・、凄いですね!譜めくりはどうなるのでしょう?!指でさーっ、でしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク