空からのメッセージ

 燃えるような憧れ色の空から届くメッセージ。それは・・・、

f0133814_23233295.jpgf0133814_2324659.jpgf0133814_23244270.jpg
f0133814_2326994.jpgf0133814_23263314.jpgf0133814_2326573.jpg
f0133814_23275178.jpgf0133814_2328149.jpgf0133814_2328352.jpg

Buon compleanno, Hybla!!  誕生日おめでとう、ヒブラ!!
La musica vaga, leggiadra,  淡く、優美で、情感豊かな音楽は
ed affetuosa sta sempre con te.   常にあなたと共にありますぞ。
Un bacione da Cesti, Barbara, Caccini,   チェスティ、バルバラ、カッチーニ、
Sigismondo, Scarlatti, et abdubibi!   シジスモンド、スカルラッティ、そしてアブドゥビーバ人より大きなキスを!


 ・・・のはずだった。


f0133814_0161250.jpg 誕生日プレゼントのipodとともに、空にいる私の愛する作曲家たちから、励ましのメッセージが届くはずだった。
 けれど届いたのはipodのみで大切なメッセージがない!彼らからの言葉に感動したくて、心をときめかせて待っていただけに、がっかり。

 Apple Italiaに苦情を言おうかと考えたものの、メッセージはどんな内容でしたか?と聞かれたら、恥ずかしい思いをするだろうからやめました。

 17世紀の人を想って、自分で、自分宛てに誕生日メッセージを贈るなんて、やっぱり笑われてしまうかな。6ヶ月も悩みに悩んで、ひどく緊張して決意したのに、届かなかったというのが、また私らしいドジ談でもある。


f0133814_0183158.jpg
 そんな6月25日、溶岩色の空を見上げ、39回目の誕生日に思うのは、ラグーザの美しさと追い求める音楽とが、互いに結びつき、溶け合う不思議な感覚について。
 思考の全てが無意識のうちに大気に吸われ、音の奥深くにあるものを立体的に聴き取る時、ひらめきを信じようという気持ちが起こる。

 空からのメッセージは届かなかったけれど、30代最後の一年、ipodに音楽を詰めて、思い込み激しく突っ走ろう!


追伸:メッセージ中のabudubibiとは、私の心の故郷abudubiba(アブドゥビーバ)の人々という意味です。存在しないおとぎの国ですので、深くお考えになりませぬよう・・・。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-27 00:51 | 生活 | Comments(19)
Commented by fresco1939 at 2009-06-27 02:06
hyblaさん・・・誕生日おめでとうございます。私からみたらまだ39歳・・・これからですよ、
佳境は。さて、夕焼けの美しいこと、溶岩色とはおもしろいです。ヨーロッパの空と雲は、
本当に雄大ですよね。
ところで、栴檀ですが、カレンダーの13日をクリックすれば、最初の2枚がそれなんですが。
あまりにも花数が少ないので、気がつかなかったのかもしれませんね。
スカルラッティ、私も好きです・・・
Commented by YuccaR at 2009-06-27 09:38
Hyblaさんお誕生日おめでとう!Buon compleano! 色々メッセージしようと思ったけど、もうすぐ御迎えが!また帰ったらします。
Commented by vruocculu at 2009-06-27 09:59 x
hyblaさん♡
お誕生日おめでとうございます!!!
これからも美しい空と共に素晴しい日々が送れますように。。。

そして、ラグーザの美しい空をいつもありがとうございます。
Commented by gabbyna at 2009-06-27 11:40
hyblaさん、お誕生日おめでとうです。
(27日としたら・・・息子と同じ日ですが?!)
自分宛にメッセージを送っておいたんですか、届かないとちょっと悲しいかも?!
この一年もあなたにとって恵み多い年になりますように。
Commented by アイシェ at 2009-06-27 12:35 x
お誕生日おめでとうございます!
ご自分宛のメッセージ、届かなくて残念でしたね。
でも一瞬たりとて同じものはない、刻々変化するラグーザの空がきっとhyblaさんに最上の詩をプレゼントしてくれたと思いますよ。
hyblaさんの願いが叶えられる一年になりますように。
Commented by YuccaR at 2009-06-27 17:32
帰ってきました。hyblaさん6月生まれも最後の方だったのですね。日本なら枇杷の季節。イタリアはabricoccoかな?感性豊かなhyblaさんがこれからも充実してお過しになれますように。世界の読者が待っていますよ。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-28 05:27
~fresco1939さん~
ありがとうございます!これから、とおっしゃっていただけて、安心しました。数学の世界では脳が柔軟な30代で全てが決まると聞いたことがあるので、最後の一年になってしまってちょっと焦っていました。
溶岩色というのは、エトナ山から流れるオレンジ色の光を暗闇に見て、そう思いました。とても温かみを感じる色なんです。
ヨーロッパのちょっと誇張し過ぎのような空の色を、fresco1939さんの旅行記でも見つけました。同じ色艶でした。
スカルラッティ、私はお父さんのアレッサンドロの音楽の力強さと原始的な音のぶつかりがたまらなく好きです。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-28 05:37
~YuccaRさん~
お忙しい中、ありがとうございます!2回も書いてくださり、大感謝です!
6月25日なので、友達にはよく、クリスマスの半分!と言っていたので、みんな嫌でも覚えてしまっていたそうです。
イタリアでも枇杷がたくさん出回っていますよ。名前はnespolaで、とっても甘くてジューシーです。ルカの実家にも枇杷の木があって、毎年、たくさん実をつけています。もちろん、トリちゃんたちも美味しそうに食べています。
何気ない日々のつぶやきのようなブログですが、皆さんからたくさんお言葉をいただけて本当に嬉しく思います。これからもラグーザの美しいことを、たくさんお伝えしたいと思います。
いつも力強いお言葉、ありがとうございます(先輩に励ましていただいているようにじーんと受け止めています)。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-28 05:43
~vruocculuさん~
vruocculuさん♥ ←私は色つきハートで。
ありがとうございます!!!!! ←私は5つの!で。
夕方、というか今の季節はもう8時過ぎですけれど、この色に染まる頃にテラスの植物を手入れしながら、トリちゃんたちの糞掃除などしつつ、ラグーザに流れるものを感じるのが大好きです。
vruocculuさんの楽しいワイン物語と、情熱的な麦研究、これからもとっても楽しみにしています!
Commented by hyblaheraia at 2009-06-28 05:48
~gabbynaさん~
gabbynaさん、ありがとうございます。25日生まれなので、息子さんと2日違いですね!すごく近いですね!!
プレゼントは日本の家族からなのですが、自分の中では、空からの贈り物だったので、空から聞こえる声を代筆しました・・・。弟には笑われましたけれど。
いつも温かいコメントありがとうございます。世界中に仲間ができたようで、本当に嬉しいです。gabbynaさんも充実した日本滞在となりますように。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-28 05:54
~アイシェさん~
ありがとうございます!旅のお疲れはとれましたか?ブログに旅行記がアップされているのを先ほど、見ました。あとでじっくり拝見しに行きます。美味しいものはあるかな~??
メッセージのドジ談は、まあ私らしいというか・・・。いい思い出になりました。そうですね、ラグーザの空が毎日、私にいろいろなことを気づかせてくれます。
アイシェさんにとっても、実り多き一年となりますように。
Commented by jose at 2009-06-28 09:53 x
遅ればせながらお誕生日御目出度うございます、50才ではな垂れといわれる業界も沢山有りますので39はまだこれからという感じでしょうか、それにしてもバロックの街にロココな空好みだなぁ羨ましい。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-29 17:44
~joseさん~
素敵なお言葉、ありがとうございます。50才で花垂れる、いい響きですね。若い頃の地道な努力が実って、たわわな花がその重みを柔らかに湛えている感じがします。稲穂のような、それとも先日の栴檀の花のような。このお言葉、大事に心にしまっておきます。
最近、涼しい風がびゅーびゅー吹いているので、空気がきれいなのでしょう。夕焼けの赤さが一層ドラマティックです。またこんな色に出会ったら、お届します。
ロココな空という表現に、なるほど!と思いました。
Commented by organvita at 2009-06-29 20:32
hybraさん!遅ればせながらお誕生日おめでとうございます!!
チェスティとかスカルラッティからipodにメッセージが届くなんて(届かなかったのですが・・・残念でした!)なんてロマンチック!
ラグーザの素敵な空が祝っているかのようです!
新しい一年がHybraさんにとって素晴らしい年でありますように!
Commented by hyblaheraia at 2009-06-30 05:18
~organvitaさん~
ありがとうございます!!チェスティという名前を分かってくださって、感激です!!ちなみに他はBarbara Strozzi(17世紀の女性作曲家)、«新音楽»のGiulio Caccini、それとSigismondo D'India(17世紀初期)です。Sigismondoは、じじすもんど、という日本語名もあります。
そんな愛する作曲家からのメッセージが届かなかったのは、かなりショックだったのですが、その痛手?を皆さんにお伝えし、癒していただき、幸せなに感じております。
organvitaさんの記事は全て追ってますよー。ぬふふ。いろいろなところで演奏なさっているんですね。
organvitaさんご夫婦にとっても、素晴らしい一年となりますように!
Commented by ONDA at 2009-06-30 18:18 x
hybraさん、お誕生日だったのですね! おめでとうございます!
メッセージが届かなかったのは残念だけれど、美しい溶岩色の空が祝福してくれたんですね。
こちらプーリアも高い建物が少ないので空がよく見えます。東京暮らしの頃は夕焼け空や嵐の空、星空等、こんなに様々な表情を刻々と変えることを殆ど知らずに過ごしていました。
Commented by hyblaheraia at 2009-07-02 02:05
~ONDAさん~
ありがとうございます!メッセージはきっと、字数が多すぎて入りきらなかったのだと思います。残念でしたが、良い思い出です。
プーリアから見る空の色はどんなのでしょう。東京では大きな空を見上げることなんてあまりありませんものね。私もこちらに来てから、空とトリの観察で盛り上がっています。
これから流れ星の季節ですね。良い夏をお過ごしください。
Commented by galleriaarsapua at 2009-07-02 18:45 x
ちょっと遅くなりましたけどお誕生日おめでとうございます。
17世紀の音楽家からメッセージが届くなんてとってもロマンティックですね。
でもその発想、私もそんな事あるかも。
インスピレーションとかって時空を超えるんでしょうね。
音楽の事、そんなに詳しくないけどカッチーニのアヴェマリアを去年聴く機会があり、なんて美しいんだと思いました。
この一年がhyblaさんにとって大切な素敵な一年になりますように!
Commented by hyblaheraia at 2009-07-03 06:07
~galleriaarsapuaさん~
ありがとうございます。こんなドジ談はしょっちゅうあるので、私らしい誕生日となりました。
作曲家との対話は、もちろん相手が過去の人ですから一方的なものにならざるを得ないのですが、それでも当時の人々が何を考え、何を求め、何に苦悩したのか、歴史的根拠に基づいて思いを巡らすことは大事だと思います。作曲家への愛で突っ走りたいです。
galleriaarsapuaさんの葡萄畑は、周囲の景色も、空気も美しいから、きっといろいろなインスピレーションが湧いてくると思います。本当に素敵な所ですね。galleriaarsapuaさんにとっても素晴らしい一年になりますように!
追伸:カッチーニのアヴェ・マリアですが、伸びやかな旋律の美しい作品ですね。でも実は、カッチーニ作曲という資料的証拠はないんです。だからと言って、作品の美しさが半減するわけでも、作品の本質が変わるわけでもないの、永遠に人々の心を魅了し続けると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク