休載の理由

 この一ヶ月の休載は、ブログに疲れたからでも、書きたくなかったからでもない。むしろ、足早に移りゆく四季の一種一瞬を残しておきたいと、毎日カメラ片手にあらゆるものを撮り続けていた。
f0133814_13385.jpg

 野鳥の子育、春の溢れんばかりの色彩、金色に枯れ始めてきた丘、季節の野菜、そしてようやく始まった大学の集中講義の様子も、どれもラグーザ生活の愛おしい一場面として伝えようという気持ちは変わらなかった。
 けれど、その一方で、長い間、身体に充満している深い絶望感が、ことある度に渦のように巻き返り、意思も、感情も、活力も、精神力も、全て飲み込まれるような、言葉の無い世界の中にいた。そしてひたすら、我々の将来とラグーザの今後について、悶々と答えのない思考を巡らせ、嘆息ばかりしていた。ブログを書こうという意欲も、浮き沈みしながら渦に飲み込まれ、消えてしまった。
 今日もまた、予期せず同僚から悪い知らせが入った。もはや最近は、状況が悪化することに何も感じなくなり始めている。

f0133814_132851.jpg

 昨年、政府が出した教育費大幅削減の法案により、カターニア大学ラグーザ校は存続の危機に晒されている。トイレットペーパーの欠如、コピー紙の不足、正常なコピー機はわずか1台、教員の交通費カット、1年にわたる教員の給料未払い。この状況に伴い、我々のラグーザ生活はあらゆる面で限界に近い状況となっている。働いた分の報酬は得る、という当然の権利のために、日々、見えない大きな力と戦わなねばならない生活を、今後何十年も続けていかれる自信はもはやない。

 唯一の慰めは、美しい空を見上げ、野鳥の懸命な生き様に感動し、静かな時間の流れに身をおくことだった。そうして気持ちを入れ直し、前進してきたつもりだけれど、果たしてこれで良かったのだろうか。美しいものに目がくらみ、物事の本質が見えていなかっただけなのではないだろうか。
 「La terra bugiarda, traditrice 欺瞞の、裏切りの土地」
 まさにそうだ。誰だったかは未だに分からない、シチリアのある作家の言葉が今は一層、身に浸みてくる。

f0133814_15895.jpgf0133814_153693.jpg
 しかし、2月からこの絶望と対話しているうちに、皮肉な解決法も見えても来た。シチリアの魔力に取り憑かれ、熱にうなされ、去っていくのも悪くないのではないかと。いつかここを発たねばならない時が来るのなら、徹頭徹尾、ラグーザへの情熱と、憧れに身を焦がし、身に深く刻み込もうではないかと。そうして五感を研ぎ澄ませてラグーザを愛しみながら、人生そのものが知的な精神活動の結果となり得るような、新たな方法を探究し続けて行こうと。
 
f0133814_16346.jpg

 この非常事態に皆様に喜んでいただけるブログなど、どうして書けよう。休載を決めた当初はその思いが強かった。が、今は人のためではなく、自分のために書きたいと思いを新たにしている。
 あらゆる情感を与えてくれたラグーザ生活の記録として、書き残していくために。

 休載中に関わらず、毎日たくさんの方々が訪問して下さり、個人的にメールを下さった方もいらっしゃり、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。これからも我々のラグーザ生活を、どうぞ見守っていて下さい。

 (写真は5月中旬、春爛漫のモンティ・イブレイ)
[PR]
by hyblaheraia | 2009-06-10 01:16 | 生活 | Comments(36)
Commented by chimamotto at 2009-06-10 09:22
おひさしぶりです。
ブログ再開されて嬉しいです。
ご自分のために、ブログ書いていってくださいね。
写真はどれも美しい色合いで、人はやっぱり自然によって癒されるなあと思いました(^o^)
Commented by がっちゃん at 2009-06-10 10:30 x
力強い文章に鳥肌が立つような、気持ちになりました。
なんていうか、本当にパソコンの前で背筋を正したというか・・・
Tagが挑戦になってるんですが、そう、まさに挑戦ですね。
新しい地へ行くことは人生の大きな決断ですが、その中で、それはその地に飽きたからでも、絶望したからでもなく、情熱をかきたてながら去る。と言うのは一つの大きな挑戦だと思いました。
ラグーザへの深い愛情に圧倒されています。
感動と感謝をこめて、ありがとうございます。
もしラグーザを去ることになったとしてもhyblaheraiaさんの深く秘められた熱情を、私達は忘れることはありません。
Commented by gabbyna at 2009-06-10 10:53
大変な時期を過ごしていたんですね、でもブログ復活されて嬉しいです。
何かの記憶になると思うし、Hybraさんの熱い思いは、何時もきちんとここを通して伝わってきています。
思いをここに残してくださいね。楽しみにしています。
Commented by Gina at 2009-06-10 12:24 x
hyblaheraiaさん、
久しぶりの更新、嬉しいです。どうされたかなぁと思っていたので。
私も、ブログを見に来てくださった方には、楽しい気持ちになってほしいという関西人魂旺盛なタイプなので、辛いことがあると、ブログの更新頻度が激減してしまいます。

ただ、自分が楽しいということが、ブログを書く原動力だと思いますので、ぜひまたラグーザの美しい景色や、今いらっしゃるナポリでのおいしいコロコロご飯?の様子をアップしてくださいね。
Commented by 塗師屋のだんな at 2009-06-10 12:24 x
全ての創作活動は、自分のためになされるものだと思います。
軸がそこにあれば、きっと心も澄むでしょう。
ともあれ、寿ぎもうしあげる。
Commented at 2009-06-10 15:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Yuccar at 2009-06-10 18:37
再開されたのですね!嬉しい再会。留守で窓の閉まった家の前に毎日のようにお様子を見に来ていたので嬉しいです。休載の理由も拝察できましたが、物理的、精神的な厳しい思いをしておられるご様子、他人には推し量れません。ただ、毅然としたhyblaさんの意見と文はいつも人に勇気を与えると思います。お帰り!です。
Commented by organvita at 2009-06-10 21:06
更新楽しみに待っていました!
美しい文章に感動です。お気持ちとてもよくわかります。
ブログを書くことがhyblaさんの心の支えと勇気の源になると良いですね!これからも遠くから応援しています!
Commented at 2009-06-10 22:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshiko at 2009-06-11 00:43 x
なんと、、、。そんな状況が続いているとは。。
「イタリアのオペラと歌曲を知る」を購入したばかりでラグーザを思い出していたとこでした。
ラグーザの皆様にとって良き方向に向かうことを祈っています。

Commented by grappa-tei at 2009-06-11 07:21
お帰りなさい!長かったですね。愚亭も経験がありますが、時に立ち止まってみるのも大事だと思います。ただ、読者を喜ばすために・・・というのは、どうなのでしょう?喜ぶ、喜ばないは別にして、思うところを綴れば、それでよいのではないでしょうか?
Commented by ゆきーな at 2009-06-12 07:11 x
ターラントでも、2年前ぐらいに、大学の先生方が給料をもらってないと、聞いたことがあります。なんとか、持ちこたえたようで、今は、そんな噂も聞かないので、イタリアって、何とかなる国なんだなという思いを強くしたのですが。そちらは、絶望しかないのでしょうか。何とかなるってことは、ないでしょうか。
うちの大学も、トイレットペーパーは、ついてないです。
とにかく、今は、そういうことに心をすり減らすより、「人生そのものが知的な精神活動の結果となり得るような、新たな方法を探究し続けて行こうと」していらっしゃるのですね。何も、できませんが、ただ、応援しています。
Commented by kinoko at 2009-06-12 13:30 x
お久しぶりです。
実際そちらで生活をしていないので迂闊な励ましはできませんが、hyblaheraiaさんが感じたままの生活の一部を更新されることを楽しみにしています。

ナポリですか!めっちゃ羨ましいです(>_<)
また、色々なお話(特に食べ物ですが^_^;)を聞かせて下さいね♪
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 16:21
~chimamottoさん~
いつも一番のコメント、ありがとうございます!更新が分かるシステムとか、あるんでしょうか。あったら教えてください。
ブログはやっぱり楽しいですね。お伝えしたい特ダネなど、いろいろあるのでまた見にいらしてください。
本当に、自然は人の心を優しく癒してくれますね。だからラグーザがやめられないんですな、これが。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 16:27
~がっちゃんさん~
がっちゃんさんのコメントから大きな力をいただきました。同感して下さる方のお言葉は深く響いてくるので、何度も読んでしまいます。ありがとうございます。
挑戦、は常に人を前向きにするものなのですね。解決の無い問題をぐちゃぐちゃと考えているよりも、ずっと精神的に良い状態になります。
これから本格的な夏になりますが、ラグーザへの愛を暑苦しいくらいにお送りりするので、これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 16:45
~gabbynaさん~
働いても報酬がないというのは、労働意欲を削がれ、自分が必要とされていないことを痛切に感じるものなのだな、と分かりました。
ブログはラグーザに生きた記録として、将来見返した時に、いい思い出が甦るような、そんなものにしたいな、と考えています。
gabbynaさんのお優しいコメント、いつも心に浸みてきます。ありがとうございます。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 16:53
~Ginaさん~
ご心配くださり、ありがとうございます。どん底な気分からは抜け出したので、これから本格的な夏も来るし、ラグーザ生活を楽しもうと思っています。
ブログは無意識のうちに、心の内が表れてしまうもの(過去の記事を読み返してそう思います)なので、なるべく暗い空気が出ないように気を付けて、ラグーザの良いものを、良いままお伝えしようと努力したのですが、やっぱり人間が小さくてダメでした。
ナポリの美味しいご飯は、夢中で食べていたので、写真が何もない!のです。次回はちゃんとレポートできるようにします!
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:05
~塗師屋のだんなさん~
そうですよね、ブログとは言え無から何かを創り出して伝えるのですから、創作活動と同様、自己目的的であることが基本ですよね。
もはや将来の自分への日記として書こうという気持ちでいます。あまり暑苦しくならないよう気を付けつつ、これからもラグーザの様子をお届けしますね。
コメントのお言葉、心にすっと入ってきました。ありがとうございます。塗師さんにもどうぞよろしくお伝えください(展示会の写真に私のぷよぷよ姿を発見しました。きょ~~、恥ずかしー!)。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:09
~鍵コメ sさん~
見ていてくださったんですね、ありがとうございます!こうやってブログで通じていたなんて、なんだか不思議な気持ちです。
またメールしますね。そちらの様子もぜひ教えてください。ホタテ一家とスジコ集団、カニ族たちの情報も、秋になったらすぐお聞きします~!
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:16
~Yuccarさん~
只今戻りました!1か月もお休みしてしまいましたが、その間、何度も見に来てくださっていたなんて、何とお礼を申し上げたらよいのか。
この数か月、リストラされた方々の気持ちは、きっとこんな感じなのだろうなと感じていました。ここの状況は数年前から徐々に悪化し、年明け以降は決定的なものとなり、最初はショック家でじっと考えてばかりいたのですが、考えても我々の将来の答えはないし、状況が良くなるわけでもないので、自然と頭を上げて前を見るようになりました。
Yuccarさんがいつもおっしゃってくださる、周囲は気にしない、ということを常に思い出しながら、今後のことを考えていきたいと思います。いつも励ましのお言葉をくださり、本当にありがとうございます。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:21
~organvitaさん~
いつもorganvitaさんのブログは、こっそりと、楽しく拝見しています。若さと元気が溢れていて、とても気持ちの良い記事ばかりで、またオルガンのCD録音の様子などからは、私も頑張らなきゃ!という気持ちにさせていただいています。同じイタリアとは思えない麗しい風景も堪能しています。
そうですね、ブログがラグーザ生活の証になるわけですから、前とは違った気持ちで自分らしく続けて行かれたらと思います。ありがとうございます。これからもよろしくお願いしますね。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:33
~鍵コメ Eさん~
問題と向き合うような真摯なコメント、ありがとうございます。イタリアという国の良い部分は、悪い部分の何百倍もたくさんあるから、おっしゃるように愛してしまうのでしょうね。
今はイタリアにとって、悪い時期なのだと思います。もしかしたら、これはただの始まりで、針が悪い極に振り切ってしまうまで、状況が悪化し続けるかもしれないけれど、そうなったら今度は良い極へと戻るのが必然的なので、良くなることを信じましょう。
お辛いことがあったのですね。いつも明るく優しいコメントからは全然分かりませんでした。イタリアの美しきことが、きっと良いことをたくさんEさんに与えてくれると思います。そのお手伝いができるよう、私もラグーザから美しいことお伝えしたいです。
なんだかまとまりのないお返事になってしまいましたが、イタリアを好きでいるということが大切なのかもしれませんね。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:39
~yoshikoさん~
前に遊びに来てくれた時も、あまり良い状況ではなかったんだけれど、今はさらに悪化しています。でもラグーザの美しいものが、そういうことを忘れさせてくれて、何とかなる、と思わせてくれるんですよね。
一緒に過ごした夏は、我々にとって一生忘れられない大切なラグーザの思い出です。本当に楽しかったな、あの2週間は・・・。Sちゃんはお元気ですか?
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 17:47
~grappa-teiさん~
一ヶ月のお休みを経て、只今戻りました。grappa-teiさんがブログをお休みするとおっしゃった時のことを思い出し、こんなお気持ちだったのかなと考えていました。
そうですね、ご指摘ありがとうございます。読者の反応を気にせず、自分らしく書けば良いのですよね。あまりに落ち込み過ぎて、何を書いても暗くなってしまっていたので、これじゃ読んで下さる皆様もお辛く、喜ばせられないな、と思ったもので、そういう表現をしてしまいました(語弊があるので本文中の表現を少し変えました)。
話は変わりますが、grappa-teiさんがブログでご紹介された《おくりびと》、すごく気になっていて、ついにネットに転がっている動画で13分割くらいされていましたが、鑑賞しました。良い作品を教えてくださりありがとうございます。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 18:06
~ゆきーなさん~
絶望という強い言葉しか出ないほど、現状と将来に深く落胆しました。大学(分校)設立当初はここをアカデミックな町にするという大構想や、契約の良い見通しがあって、我々は将来をここに託してシチリアまで来たわけですが、この構想を立てた政治家も学部長落選し、そこに教育費改革が加わり、我々の努力ではどうにもならない状況になってしまいました。2年間給料が未払いだった友人もいますが、実家に暮らし、一人身なので何とかなるようでした。我々は二人で暮らし、二人ともこの状況なので・・・。
研究者は研究をして、その成果を世に問い、後進へ指導することで生きていくわけですから、給与の未払いは生活費云々ではなく、生きる意義を失うということに直結してしまうのです。この年で、自分は今後何をして生きていくべきか考えることになるとは、思いもしませんでした。とにかく今は、前向きに、前向きに、です。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-13 18:12
~kinokoさん~
こんにちは、お元気ですか?そろそろオレガノの季節ですが、今年はお花が付いたでしょうか?我が家のオレガノの鉢は、ナポリにいる間に枯れてしまいました。これぞ乾燥オレガノ?!
ナポリのご飯レポート、リクエストをいただいているのですが、美味しい食事を前に写真を撮るのをすっかり忘れ、画像が何もないんです!!すみません、次回への宿題にさせてください。
ラグーザの日常は、いつも何も変わりません。そんな変わらないものこそがラグーザの美しさだと思います。これからも我々の日常をお伝えしますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by modicana at 2009-06-13 23:55 x
おくればせながら、お帰りなさい。 また、hyblaワールドが再開されて、とーってもうれしい!です。
<美しいものに目がくらみ、物事の本質が見えていなかっただけなのではないだろうか。>
 ほんとうにそうかも・・・ここのゆっくりした流れのなかに、ただ、ただ、身をゆだねてしまっているような。。。
 「挑戦」そうですよね。やっぱり、一歩でも前にすすみたいですもんね。
厳しい冬にも負けず、太陽を謳歌している、シチリアの花たちのように
しなやかに、したたかに、がんばりたいですね。
 
Commented by 薬作り職人 at 2009-06-14 12:12 x
周りの環境のいいとこも悪いとこも全て受け入れることから、真実を見つけることは始まるのだと思います。変な気負いや先入観は、道をそらせてしまうものですから。
これを機会に、さらにお仕事が発展することを期待しています。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-14 19:52
~modicanaさん~
長いことお休みしましたが、また再開する気持ちになれて私も嬉しいです。こうしてみなさんからたくさんのコメントをいただき、本当に感謝しています。
シチリアの美しい自然に囲まれていると、何とかなるんじゃないか、と思ってしまうけれど、これからはもう少し厳しい目で今後を考えて行きたいところです。そう、挑戦なのです。
自然の強かさにはいつも心を動かされます。野に咲く小さな花のように、人には見えなくても、自分らしく生きて行きたいなと。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-14 19:59
~薬作り職人さん~
真実を見つける・・・、いい言葉ですね。いろいろな状況を冷静に判断して全てを受け入れるというのことは、なかなか難しいですが、真実に近づくためには大事なプロセスなのですね。
あまりががーーっと一つの事ばかり考えて落ち込まないように、顔を上げて深呼吸して、広く物事を見て行きたいと思います。いろいろなことに挑戦するのも、これから楽しみです。メッセージ、ありがとうございます!
Commented by jose at 2009-06-15 18:44 x
随分遅れをとってしまいましたが再開お目出度うございます、ブログの内容からシチリアの教育現場の状況が危うくなっている事は感じていましたが御苦労したようですね、いつでも弱音を吐いて愚痴をどんどん言って下さい、経済的にはシチリアに住んで居るというだけでなにか御金もうけのネタはある物です、知り合いを頼り、360度あらゆるサイドビジネスを探して切り抜けて下さい月並みですが人生悪いときも有れば良いときも有ります、私も1度は自殺を考えた事も、、、シチリア以外でも苦労は有りますよね、同じ様に悲惨な状況に在ってもシチリアでは素晴らしい空が見れるだけでも他より良いかも,俗なコメントなんで削除してくれてかまいません。
Commented by ONDA at 2009-06-16 17:51 x
hyblaheraiaさん、お帰りなさい! 
春の自然は特に、通常であればhyblaさんにとって書きたいネタ、てんこ盛りだったと思うのですが、それさえも一時停止される程、色々と大変だったのですね。イタリアってありえないようなことが起こったり、正しいことをしようと思ってもそれを通すのはものすごくパワーと時間を要することがありますね。でもルカさんが側にいて、ナポリに温かいご家族もいるというのは心強いと思います。
これからも楽しみに、そして陰ながら応援しております。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-17 02:59
~joseさん~
シチリアばかりでなく、教育現場の現状は南イタリア全般でひどくなっているようです。ナポリの親戚の子供たちが通う学校では、給食が廃止になってしまいました。いったいこの状況はどこまで悪くなるのか、ため息ばかりついています。
サイドビジネスは、こちらに来た当初から度々考えたりもしたのですが、我々は商才がないもので、どうも向いていないようで・・・。そうも言っていられないかもしれませんが。
人生悪い時もあれば良い時もある・・・。美しい空を見上げながら、自問自答し、希望を失わないようにしたいと思います。コメントにお書きになったことですが、過去に大変お辛い経験をなさったのですね。ラグーザの空は日本と繋がっています。ブログ上の小さな空ではありますが、私が感じている安らぎがjoseさんにも届きますように。
Commented by hyblaheraia at 2009-06-17 03:02
~ONDAさん~
長い間お休みしてご心配をおかけしました。これからは、時間がある限り、ラグーザ生活の様々なことを綴っていきたいと思います。こうして皆様に励ましのコメントをいただき、共有してきた時間というものをじ~んと感じています。ありがとうございます。
そうですね。一人だったらとっくに逃げ出していたかもしれませんが、ルカもナポリの家族も、親戚もいますし、日本には私の家族もいますから、希望を失わず、自分たちの将来を信じて頑張りたいと思います。
Commented by galleriaarsapua at 2009-06-24 03:14
hyblaheraiaさん、こんばんは。
ブログを再開された事うれしくおもいます。
休憩するのにこういう理由があったのですね。
でも考えて考えて出た答えってきっといい方向へと導いてくれるのでしょうね。
ありきたりな事しか言えないのですが。。。
「五感を研ぎ澄ませてラグーザを愛しみながら、人生そのものが知的な精神活動の結果となり得るような、」との言葉、同感です。
美しい土地に騙されて幸せを感じている事も時には必要な気もします。
お互いがんばりましょう!!

Commented by hyblaheraia at 2009-06-24 18:48
~galleriaarsapuaさん~
ブログを再開して、気持も前向きになりました。休載中は、何かこう、大事なやるべきことをやっていないような、物足りない感覚があったので。
galleriaarsapuaさんのお仕事を拝見し、いつも大変な勇気をお持ちの方だなと思っています。おっしゃる通り、美しい土地に騙されることが、今の私には大切なことのような気がしています。
ありがとうございます。心豊かに毎日を過ごしていきたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク