23:23の法則

f0133814_6262925.jpg
 毎晩、その時が近づくにつれ、あと3分!あと2分!と緊張が走る。そして23時23分。息をひそめ机の左上を見上げ・・・、
 ゴゴゴゴー、ゴゴー、チョロチョロ、チョロリ・・・。
 よし!明日も大丈夫。二人顔を見合せ、ほっと一安心。ギリシア古典劇の仮面モティーフも大喜び。

 これが最近の我が家の儀式となっている。屋根裏の貯水槽に水が少量届く時のゴゴゴー、これが聴こえるか否かで、明日の水の配給を判断しているのだ。名付けて23:23の法則
 ある日、ゴゴゴーっと音がした時に偶然、パソコンを見たら時刻表示が23:23だった。昔からゾロメが好きなので、はっきりと覚えていた。その数日後、また同じ音を聞いた時、ふと時計を見たらなんと23:23!
 もしや!!
 この音を聴いた翌日、水はあった。その後も1週間ほど、水はきちんと届いている。つまり夜に少量水が届けば、翌朝にたっぷり水が届くのではないかと。ゴゴゴーあらば憂いなし?

 理論的に分析すると、おそらく市の水道管の大元ポンプか何かにスイッチが入り、その勢いで一瞬だけ水圧が上がり、各家庭に少量の水が届く・・・・・・、と読んでいるのだけれど。
 全然違うかもしれないし、笑われるかもしれない。でも何も知らず突然水がなくなって落ち込むよりは、多少でも心積もりができている方が断然いい。明日は水が来ないだろうから、洗濯はしない、ランチはパンとハム、お米とパスタは作らない、常備している水を使い、それを受けるバケツを用意する(この水はトイレ用になる)など、水無し生活に必要なノウハウを落ち着いて準備できる。

 現在、23:23の法則を実験して2週間ほど経過。この音を聴かない翌日、水が来なかったら、ヒブラヘライア理論の勝利!!
 

追伸:ここでは水は毎日一定量、タンクに溜められるシステムです。我が家では市の水道管から水を吸い上げるモーター(違法)を付けていないため、水が届かない事態が頻繁に起こります。シチリアの水問題については、タグの「水問題」をクリックしてお読みください。
[PR]
by hyblaheraia | 2009-04-20 08:22 | 生活 | Comments(18)
Commented by chimamotto at 2009-04-20 08:51
23時23分の法則だったんですね。
この発見、凄いですね。無事に水が届きますように!
Commented by マキ at 2009-04-20 11:54 x
水問題、拝見しました。
知らなかったです、節水が徹底されているんですね!
それ自体はすごくいいことだと思うんですが・・他のご家庭の違法モーターの妨害にあってしまうというのは・・私なら我慢できそうにありません><
自力で出来るうちは屈服しないぞ!というヒブラさん達の姿勢には、すごい!えらい!と思わずにいられません。
お金を貯めて、ホームステイでイタリア留学したいと考えている私なので、水問題について、自分でもちょっと調べてみようと思います!
Commented by gabbyna at 2009-04-20 12:25
無事に水が溜まるのシグナルを見つけたのは、やっぱり生活の知恵ですね。日本のように水が溢れている生活と違いますからね。
最近は、夏が過ぎたので渇水は、しないようで通常の量の水量の日々です。ほんと、ないのは、困ります。
Commented by fumieve at 2009-04-20 19:57
これはなんというか、当たらないというか、「その音を聞かない」日がないことを祈っております。

・・・しかしなんというか、とても納得というかなんとなくわかります。こちら給水の問題はおかげさまで今のところありませんが(水上生活だし・・・)、今朝は台所の排水管が外れかかっていて気がついたら大洪水をおこしていました。いえいえ、これは単に私のメンテナンス不足で、大事にはいたりませんでしたが。
ともかく、健闘を祈ります!!!
Commented by 薬作り職人 at 2009-04-20 22:57 x
生活に密着した法則だったんですね〜。
水が来ないことを想定した生活、、普段の日本じゃ考えられないけど、災害とか、水不足が来て断水なんてこともありえるんですよね。
さて、理論が正しいかどうか、、実証を待つというのはドキドキするもんです。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-21 06:44
~chimamottoさん~
水が来るか来ないか、こんなことで占っている?!のは我々だけでしょう。違法モーターを付けていない家庭にお勧めしようかな。
いや、そんな家、ないかも。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-21 06:50
~マキさん~
すみません、私の説明不足だったと思うので訂正ですが、節水が徹底されているからタンク式なのではなくて、シチリアには本土のような使い放題の水道網がないんです・・・。一日の水の供給量は一定で、タンクに溜められた分を大事に使うという方式です。
ですので、留学されるのら生活環境が安定していて、安全で、外国人に住みやすい場所をお勧めします。ここはイタリア人と結婚している私でも、滞在許可証を得るのに1年かかります。しかも移民局のミスで、出生地を間違えられ、二度も同じ申請を最初からやり直しました。つまり2年以上かかっています。
でもこういう環境にいると、逆に忍耐強くなり、不条理に対して立ち向かう姿勢だけは明確になります。それは私の精神的な財産となっています。
Commented by がっちゃん at 2009-04-21 13:19 x
日本にいると、蛇口を捻ると水が出て当たり前。の生活なだけに、そういう苦労を感じたことがありませんが、確かにたった一日断水になっただけでパニックになりますもの。この法則を知っておけば、ちょっとは心の準備ができそうですね。
あと、遅いコメントになりますが、ミツバチの記事を読んで、ちょっと思ったことが・・・ 1~2年前からアメリカで突如ミツバチが姿を消したというニュースを聞いていましたが、とうとう日本にもその波が来ているようで、養蜂家から余ったハチを貰って、イチゴなどの受粉をしていた、農家が大打撃らしいですよ。
イタリアは不便なことも多いけれど、自然は日本の何倍も残っているような気がします。
Commented by ゆきーな at 2009-04-21 19:23 x
今のところ、毎晩、その音を聞いているのですね。聞かない日がなければいいですが。
それにしても、なんとかなりませんかね。水問題。
プーリアも水不足は毎年のように話題になりますが、なんとかなっています。
カナリア諸島に行ったときには、水は、海水を浄化していると聞きました。海水は、いっぱいあるのだから。
Commented by アイシェ at 2009-04-21 23:23 x
生活の不便を楽しみに変えてしまうhyblaさん。「湯水のように使う」という言葉がありますが、こんな表現が生まれるのは地球上でごくわずか限られた地域にだけ許されることなのだろうと改めて思います。。。
それにしてもhyblaさんちの水事情、阪神淡路大地震の時のわが家の徹底節水を思い出させます。この水は次これに使って、最後はトイレ用に・・・etc.今はまた随分贅沢に使ってしまっていることを反省、反省。

Commented by jose at 2009-04-22 01:28 x
シチリアに良い水道網が無いのでしょうかそれとも水そのものが不足しているのでしょうか?
観光客的にはまあまあのホテルに泊まると余り水が無さそうには感じないのですが商業的な物はまた別なのですか。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 02:37
~gabbynaさん~
シグナル、まさにその言葉です!これが聴こえると安心して眠れます。最近はゴゴゴーという音の強弱の違いも聴き分けて、使った水の量との関係があるか検討しています。
日本のように水を使うと、大変なことになりますね。gabbynaさんのお宅でも水が切れませんように。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 02:46
~fumieveさん~
おっしゃる通り、音を聴かない翌日に水が来なかったら法則が証明されて喜ぶべきか、何なのか、複雑なところですね。
台所の排水管、うちもよくゆるんで落ちそうになっています。なのでtuboにペンで線をつけて、これより下がったらしっかり留める、ということを徹底しています。
いろいろ生活の知恵が増えますね。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 02:52
~薬作り職人さん~
理論の正統性を証明できる日は、音を聴かず、翌日水が来ない時ですから、当たって嬉しいけれど、水がないのは困る、でも理論発見・証明の喜びの方が大きいかも?!
水の大切さは、水がない時は痛感するのに、すぐ忘れてしまうんですよね。水無し生活の時は、間違って水を捨てないようにトイレに赤いリボンを付けるのですが、これを最近、ずっと付けたままにして水を大事に使うように心がけています。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 02:57
~がっちゃんさん~
日本は水道の水がきれいで飲めるから、レストランにいくと水はただです、と学生に言ったらみんなへぇ~~と感心していました。水のことだけで、日本の技術と生活水準の高さを物語っていますね。
蜂の話は日本ではもう大分大騒ぎになっているそうですね。こんな事態に陥る前に、何とかならなかったのか不思議でたまりません。
おっしゃる通り、イタリアにはまだまだ自然がいっぱい。多少の不便も乗り越えます!
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 03:03
~ゆきーなさん~
水問題はもう無理だと諦めています。シチリアは50年後もまだこの方式を採用し、都市ガスの普及率も低く、鉄道もない状態で取り残されていると思います。G8をシラクーザで開いて、喜んでいる場合ではないですよね。
アグリジェントはきれいな地下水をNestleが買い取り、ペットボトルで販売。市民は海水を浄水した汚い水を使わされています。浄水する工場も、塩分で機材がボロボロになり、ひどい状態です。なぜこんなことがまかり通っているのか、外国人の私の目からは信じられないことばかりです。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 03:10
~アイシェさん~
じっと耐えるだけじゃやっていられませんから、前向きに前向きに!ですね。将来は水の戦争が起きるかもしれない、という話もあるくらいですから、蜂の問題のように手遅れになる前に、世界中が節水するようにしないといけないと思います。
水がある時はここまで徹底できていないんですが、洗濯は2~3日に一回、レタスを洗う水は捨てずにバケツにためて、テラスの掃除に使ったりしています。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-22 03:17
~joseさん~
シチリアに水は豊富にあるんです。でも水道網がきちんと整備されていないので、水が届かない家が特に中央部の小さな村などでたくさんあるようです。イブラもよく水が届かないことがあり、学生たちが文句を言っています。行きつけの美容院でも水がなくて1週間、営業を中止していたことがあります。
ホテルも同様です。ただ、ホテルの場合は巨大な貯水槽が地下にあり、それを使い果たすほど宿泊客が来ないので、水がないという事態にはあまり陥らないようです。それでも何年か前に、ホテルなのに水がない!と怒っていた観光客に会いました。運が悪いとそういう時に遭遇してしまうかもしれません。
水道、都市ガス、鉄道、この3つが本土と同様にシチリアに整備されることはおそらくないでしょう。どうしても納得できないことの一つです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク