響き合う場所

 なかなか来ない春をこちらから迎えに行くような気持ちで、ピーチイエローのガーベラを植えた途端、季節が終わるシクラメンも、2年越しの花たちも、より艶やかな色を放ち始めたような気がする。

f0133814_325298.jpgf0133814_3252740.jpgf0133814_3255641.jpg
f0133814_4164571.jpgf0133814_417555.jpgf0133814_421378.jpg
f0133814_441375.jpgf0133814_4512727.jpgf0133814_585441.jpg

 我々の長い留守中、風雨にさらされても、わずかな光を掴み、蓄積し、小さなつぼみを付けていた去年の植物たち。必ず咲かせてみようと、手入れを始めて1ヵ月半。痛々しい姿ながら、花が開き始めた。

 その花たちが、太陽のように大きく開くガーベラの、溢れる春の声に応えている。ソプラノの旋律に誘われ、アルト、テノール、バスが伴奏するソロ・マドリガーレの響きのように。私もそこに座り、まだ春が近いとは言えない淡い光の中で、一緒に響き合う時間。
 まだ少し寒いけれど、しばらくはここが私の書斎になりそう。


追伸:一番最後の写真、小さな白い花はプランターに生えていた雑草です。かわいいでしょ。

古い花も咲くんですね     
[PR]
by hyblaheraia | 2009-03-31 06:04 | 生活 | Comments(10)
Commented by gabbyna at 2009-03-31 12:14
きちんと手入れをされて、花たちも復活したようですね。
本当にきれいなガーデンと言う感じです。私は、この手のことが下手なので
上手に手入れをしてキレイに咲かせることの出来る人を尊敬しちゃいます。素敵な書斎じゃないですか、でもちょっと寒いのは、勘弁かな?!
Commented by taormina at 2009-03-31 15:57 x
ここは”タヌキ”がでたベランダでしょうか?
Commented by chimamotto at 2009-03-31 16:05
ステキな書斎ですね!
こんな場所だったら、ずっと花を眺めてしまいそうです。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-01 05:41
~gabbynaさん~
イタリアでは園芸が上手な人は、緑の親指を持っている、という言い方をします。私の親指も少しは緑色になってきたかな。
実はですね、お花たちに話しかけると良く育ってくれるんですよ。テラスに出るとチンチャレッラと草花とぶつぶつ話しているので、あやしい人に見えるかもしれません。
書斎であるのは1時間くらいで、あとは結局お花と遊んでしまいます。夏になると食前酒なんか飲んじゃったり。だめですね、これじゃ。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-01 05:43
~taorminaさん~
まさにそうです!taorminaさんのタヌキが化けて出た場所です!!明日は何に化けて出てくるのか楽しみです~。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-01 05:44
~chimamottoさん~
居心地が良すぎて仕事になってませんが、のんびり考え事をするのも、思考と情報を整理するのに必要な作業ですからね。
と、言いつつ、やはり草花が気になって遊んじゃうんですよね。
Commented by vruocculu at 2009-04-01 20:30
こちらもなかなか春は来ません。
桜開花予想は出ているけれど、近所の桜並木を眺めに行ってみたら、
まだまだ先のようです。 庭もなんだか寒々しくって。
それでも、こんな風、雨、空気の中、赤く芽が出て来ました。
本格的な春が待ち遠しいです。
Commented by アイシェ at 2009-04-01 22:46 x
素敵なバルコニーですね!お花もかわいいし、何よりここから眺める空の表情の豊かさに驚かされます。↑のマタイ受難曲を聞きながら、あの夕焼け色のハートがやがて宵の空に溶け込んでいくまでを空想していました。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-02 06:22
~vruocculuさん~
赤い芽、私も見つけました。葉が全部落ちてしまったジャスミンの枝の脇から赤い小さな芽が出ていました。長い留守中に大雨が降って、根腐りを起こしたみたいで、もうだめかと思っていたのですが、蘇りの予感がしてきました。すごく嬉しかったです。
Commented by hyblaheraia at 2009-04-02 06:31
~アイシェさん~
空の表情、こんな小さな写真から感じ取ってくださって嬉しいです。本当にラグーザの空は感受性豊かにものを語ります。
《マタイ受難曲》のコラールと赤いハート雲に、心を重ねてくださったんですね。絹の糸がほつれていくように、丘の向こうに吸い込まれていきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク