待ち人来たる

 やはり関所で止められたか。あるいは見目麗しい御姿のため、蛮族にさらわれてしまったか。ああ、私が責任を持って御連れすべきだった。
 深い後悔の念とともに、ため息をつきながら待ちに待ち・・・。そしてついに、関所に響いた一声。
 それでは方々、御通りそうらいえ~。

f0133814_6135334.jpg
 翌日、御方々がラグーザの我が家に!
 そろりそろり御連れのほど、お願い申し上げ候~(ヒブラ)
 かしこまりて候~!(ルカ)

中身は何かと言うと






f0133814_6473996.jpg
 義経様、弁慶様、富樫様!100年以上の悠久の時を超えて、ようこそ曾孫の住むラグーザへ!

 歌舞伎《勧進帳》の最大の山場を題材にしたこの絹織は、実は、私の曽祖父の黒羽織の内側の刺繍部分だったもの。94歳の祖母が箪笥の整理をしていて見つけ、それを母が額に入れて送ってくれた。正真正銘、明治時代(1800年代)の遺品。

f0133814_648058.jpgf0133814_6482127.jpg
 羽織の内側、つまりちょうど背中に当たる部分にこの刺繍が入っていた。誰にも見えない場所に《勧進帳》の刺繍とは。なんと粋で、いなせな心意気なのだろう。
 こんな大切なものを祖母が私にくれたのは、以前に授業で歌舞伎を教え、《勧進帳》の六方を学生と飛び隈取りをしたことを心から喜んでいるから。ラグーザの学生たちにもぜひ見せてあげて欲しいと言われた。その機会が来るだろうか。

 ところで、あの授業以来、私は弁慶との縁が続いている。
 こちらは母が骨董品店で偶然見つけた《勧進帳》の羽子板。
f0133814_704828.jpgf0133814_71239.jpg
 表情も構図も迫力に満ち、色遣いには何とも言えない品がある。裏には、太陽と白梅と笹の絵柄がさらりと描かれていて、木の古さもいい味を出している。
 さらに・・・

f0133814_8173949.jpgf0133814_8195138.jpg
 一時帰国中に、思いもよらず、歌舞伎座で《勧進帳》を観劇。
 2月歌舞伎の初日に両親と出かけ、頭上から度々降って来る掛け声の気合の凄さに圧倒されながらも、授業で教えた山場の台詞を口ずさみ、大いに堪能した。生で観る弁慶の人間的な奥深さと、六方飛びのダイナミックさは忘れられない。
 あまりに感激し過ぎて、さらに弁慶との縁を深いものに・・・。

f0133814_76082.jpg
 よぉお~っ!弁慶の携帯ストラップ。助六もあったのだけれど、やはり弁慶がいい。


f0133814_96927.jpg 明治時代に曽祖父が袖を通した弁慶の羽織。この図柄を背に、何を見て、何を考えたのだろう。

 曽祖父の背中を暖めた《勧進帳》の刺繍は、今、机に向かう私の背中を見守ってくれている。羽子板の弁慶も、携帯の弁慶も、ラグーザの生活を見守ってくれることだろう。


弁慶一行、無事到着して一見落着~!     
[PR]
by hyblaheraia | 2009-02-21 09:12 | 生活 | Comments(20)
Commented by chimamotto at 2009-02-21 10:43
ひいおじいちゃんが持っていた絹織。なんだか感慨深いですね~。
まさか、海を越えてイタリアの地にやってくるとは、ひいおじいちゃんも思ってなかったのでは!
きっとビックリしたけど喜んでるでしょうね~♪
それにしても、弁慶だいすきなんですね。ストラップまで弁慶とは。
Commented by gabbyna at 2009-02-21 10:48
凄いですね、黒羽織の背中の見えない部分にこんな凄い刺繍が・・・。
凄い贅沢ですね、粋です。曽祖父さま、お洒落で凄い心意気がありましたね。勧進帳とは、江戸っ子かしら?!
何かの縁があってラグーサまで来たので是非生徒さんたちに見せてあげれる日を楽しみに待ちましょう。
Commented by P405 at 2009-02-21 21:11 x
hyblaheraiaさん、こんにちは!

日中はすっかり春めいてきているのに、相変わらず夜は寒いですよね〜。私も家の中で凍えています。お仲間ですわ。

帰国していらしたんですね。歌舞伎までご覧になられて、羨ましいです。
弁慶尽くし、素敵!荷物も無事に届いて良かったですね。
我が家は滅多に届きませんので、もう何も送りません。

あぁ、私も歌舞伎が見たいなぁ。ギロッと睨んで欲しいです。
といっても、難しいことは何も分からないので、hyblaheraiaさんの講義にわたくしも是非出席したいです☆
Commented by yokocan21 at 2009-02-22 06:48
なんて素敵なご趣味のひいおじい様なんでしょう!そして、羽織の内側に、勧進帳の刺繍だなんて、粋ですねぇ。江戸っ子らしい、かっこよさを感じます。流石、hyblaheraiaさんのひいおじい様~。
で、勧進帳といえば、弁慶といえば、松本幸四郎さん!ですよね。hyblaheraiaさんのご覧になられた弁慶は、どなただったんでしょう?
お部屋の弁慶コーナーも、素敵!弁慶に守られた生活、益々素敵なものになりそうですね!
あと、生徒さん達にも、この素晴らしい勧進帳を見る機会がありますように。

Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 07:06
~chimamottoさん~
はるばるシチリアにやって来て、あまりの寒さと荒涼とした景色に驚いていると思います。到着した日は、和食を作って匂いだけでも安心させてあげました。
弁慶はいいですよ~。このストラップも良くできていてお気に入りです。小さな足袋の裏が何ともいえずかわいいのですよ。歌舞伎座オンラインショップで780円で売ってますよ。よろしければぜひ。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 07:09
~gabbynaさん~
帰国した時、母がニヤニヤ笑いながら「いいものを見せてあげる」と言って取りだしたのがこれでした。ルカも私もびっくり。しかも会ったことのない曽祖父のものですから。
そうですね。授業の一コマで学生に見せてあげられる日が来ることを待ちたいですね。羽織って分かるのかな?
Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 07:19
~P405さん~
こんにちは!寒いですね~。もう少しで3月ですから、お互いお花をたくさんバルコニーに飾れますね。楽しみです!
銀座の歌舞伎座は取り壊されてしまうので、早くいらした方がいいですよ。新しい歌舞伎座がどんなものになるかはまだ未公表ですが、あの威厳ある正面は失わないで欲しいです。
歌舞伎のDVDもたくさん出ていますし、オペラよりもずっとお安いので、旦那さまとワインを傾けながら鑑賞というのもいいと思います!歌舞伎は専門外なので、いつも焦って資料集めしてます。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 07:31
~yokocan21さん~
曽祖父には会ったことがないので、どんな人だったか分からないのですが、写真で見た限りでは細い体つきで、すっきり顔です。あの風貌で勧進帳って・・・、と思います。
弁慶は吉右衛門さんでしたよ。幸四郎さんは一月に弁慶を演じていました。弁慶だらけの生活もなかなか良いものです。かなり寒がっていますが・・・。
Commented by taormina at 2009-02-23 13:25 x
絶景かな、絶景かな~っ!立派なものですね。伝統的なものはいいですね。最近サルデーニャのナイフを購入して額に入れて展示しています。
歌舞伎座が改装みたいですが、いい感じに改装されることを期待しています。
Commented by vruocculu at 2009-02-23 14:54
こんにちは!
本当に昔の黒羽織の裏は粋ですよね〜
見えない所にその人のこだわりがあって、その人を感じれる。。
私が持っている昔の人の粋な黒羽織は金糸、銀糸で月と雲が
刺繍されているんです。 それも雲がこう何ともいえない感じで
月にかかっている。。。。。。

Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 17:25
~taorminaさん~
ラグーザが気に入っていた弁慶一行の声、聴こえましたか?
古いものは美しいですよね。長い時が浸みこんでいるのが分かります。サルデーニャのナイフとは、また凄いですね。どんなのでしょう。額に入るということは、薄いものですね。
先日、サルデーニャの選挙でPd民主党が負けて、党首が辞任しました。ショックです。
歌舞伎座の改装で、毎日ほぼ満席です。20年ほど前は結構ガラガラだったのに、素晴らしい熱気です。このまま新歌舞伎座になっても盛り上がっていくといいな、と思います。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-23 17:27
~vruocculuさん~
こんにちは!!
おお、vruocculuさんも黒羽織をお持ちですか?!金と銀で表現された月と雲、見てみたいです~。ワインを傾けながら、お月見。いいですねー。もしお時間があれば、ぜひアップをお願いします!トラックバックしちゃいますよ~。
Commented by ゆうゆう at 2009-02-23 22:03 x
何と素敵な和の粋でしょう!ラグーザ勧進帳ホームミュージアム充実してますね!羽織の裏にはよくハッとさせられますね。きっと粋な曾祖父様でしたのでしょう。学生さんたちから鑑賞会のリクエストが来そうですね!それにしてもこんな大切なものを送ったなんてハラハラしたでしょう?学生さんたちの学習支援グッズも無事届きましたか?
アーモンドの花も美しいですね〜。ゴッホが描きたかったものがヒブラさんの写真から分かった気がしました。先日、ネットを見ていたらアーモンドを1日23粒食べると健康に、美容、アンチエイジングに良いそうです。ラグーザのアーモンドは収穫するのですか?食べるのはナッツだけですか?梅みたいに漬けたりとか食べる方法はあるのかしら?あ〜やっぱり食いしん坊コメントになってしまいました〜♪
Commented by vruocculu at 2009-02-24 13:35
こんにちは。
こちらの記事へトラックバックさせて頂きました。
宜しくお願い致します。
Commented by YuccaR at 2009-02-24 23:33
はじめまして。ラグーザという地名があるとは知りませんでした。ラグーザお玉のことばかりしか。良いところのようですね。これから楽しみにゆっくり読ませていただきます。羽織の裏の絵の見事さに感銘を受けました。こういう趣向のある羽織を着た方はどのくらいいらっしゃったのでしょうね。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-26 08:32
~ゆうゆうさん~
これを見た時は本当にハッとしました。羽織なんて着たことがないので、こういう文化があったとは全然知りませんでした。トラックバックして下さったVruocculuさんも素敵な羽織をお持ちで、とても勉強になりました。ゆうゆうさんもこんな羽織持ってます?
そうなの、ハラハラしました。もう届かないかと思ってすごくションボリしていたので、本当に良かった~。学生への辞書も無事届きましたよ。お気遣いありがとう。
アーモンドの花、いいでしょう?膨らみかけているつぼみがとても愛おしいです。ゴッホのアーモンドは、先ほどネットでじっくり観たら、折り曲がった古い枝に厳しさのようなものを感じました。若い枝はあまり描かなかったんですね。
アンチエイジング効果とは?!でも毎日23粒って結構大変だわよー。シチリアではアーモンドはお料理とお菓子に大活躍です。パスタのソースに入れると最高ですよ~♪
Commented by hyblaheraia at 2009-02-26 08:33
~vruocculuさん~
トラックバック、ありがとうございます!!右のメニューのところに、勲章のように輝いて嬉しいです。私も先ほど、トラバしてみたのですが、vruocculuさんのブログに反映されていませんでした。ああ、やっぱりやり方が??です。もう少々お待ち下さい。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-26 08:38
~YuccaRさん~
初めまして!コメントありがとうございます。
ラグーザお玉さんと同じ名前ですが、シチリアの三角形ではパレルモと正反対側になります。自然に溢れ、歴史があり、静かで、とても良いところで、ここに来てから人生観ががらりと変わりました。
羽織を皆様におほめ頂、弁慶一行もとても喜んでいます。羽織の中に刺繍や織りがあるのは一般的だったようですが、私は全然知りませんでした。これを機会に、ネットで少々羽織文化について勉強してみたいと思います。
Commented by YuccaR at 2009-02-26 11:49
お返事ありがとうございます。ラグーザの歴史について知りたいです。日本語で良い本はありますか?あ、ライフログに出ていますね。まず「中世シチリア王国」を買います。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-27 06:24
~YuccaRさん~
ラグーザについての単行本はないのですが、『シチリアへ行きたい』(新潮社、改訂出版)に説明があったと思います。『中世シチリア王国』はこの島にノルマン人が来た頃からの話でとても興味深いです。
3年前からラグーザについての本を書こうと思っているのですが、なかなか時間が取れず・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク