個性を知る -シチリア野菜-

 目の覚めるような色とテカテカのつや、変わった形とヘンテコな名前。それがシチリア野菜の特徴。これだけ目にすると、もう何が食べたくて、何をどんな料理と合わせて食べればいいのか冷静に考えられなくなって、どれもこれも欲しくなる。

f0133814_7103525.jpgf0133814_7111990.jpgf0133814_7114871.jpg
f0133814_714431.jpgf0133814_71648.jpgf0133814_7163343.jpg
f0133814_7193188.jpgf0133814_7202979.jpgf0133814_7205513.jpg
f0133814_725027.jpgf0133814_7252849.jpgf0133814_7263767.jpg
f0133814_7292334.jpgf0133814_7302945.jpg
f0133814_7312423.jpgf0133814_7315662.jpgf0133814_732287.jpg

 野生アスパラはまさに短い旬の真っただ中。毎年、うかうかしていて十分楽しめないので、迷わず買おう。大好きなカルチョーフィ(アーティチョーク)もこんなに出てきた。ケースごと買って毎日のように食べ、オイル漬けを作るのが楽しみ。
 ウ・シュリッドゥ(赤紫のブロッコリー)はまだまだ色が濃い。よし。暖かくなると紫の色が薄くなっていくから、今のうちにもう少し食べておこう。
 ああ、この黒光りするナス。でも、丸くて薄いヴィオレッタ(すみれちゃん)を見ると、その柔らかな表情にイチコロになってしまう。女の子野菜と言えば、アニーヴィア(本土ではスカローレ)のクリクリヘアーから丁寧に泥を洗い流してあげるのも、楽しい野菜との戯れ。
 あなたが生姜だったら・・・。思わずそう思ってしまうけれど、里芋とごぼうが一緒になったようなパタッケの甘~く土っぽい味は、和食に使えるかも。
 ウ・タロックu taroccu?見た瞬間、思わず発音してしまった。ラグーザ弁で呼ぶ赤いオレンジは普段以上に愛情が持てる。砂糖のように甘いノヴェッリーノもいいけれど、やっぱり甘酸っぱくて赤黒い宝石のような果実の怪しさに魅かれる。
 会計場でモリモリ・ルーコラ発見!葉が大きく肉厚で、ピリリッと舌を刺した後にゴマ風味がガツンと現れるこの味を知ったら、もう・・・。他のものはヘナヘナ・ルーコラとは呼ぶしかあるまい。
 久し振りに顔を見せたので、おじさんがマンダランチャをゴロゴロおまけしてくれた。今日も袋2つにずっしり買って、帰りは少々ヨロヨロと。

 真剣に選んで、野菜と対話しながら、料理のヴァラエティーを広げるべく挑戦する。シチリアのヘンテコ、巨大野菜の個性を知る作業は、なかなか楽しいものなのだな。


文中の野菜はどれでしょう~?     
[PR]
by hyblaheraia | 2009-02-18 08:58 | 変わった野菜と果物 | Comments(14)
Commented by vruocculu at 2009-02-18 14:15
叫んでもいいですかぁっ!!!!

きゃーーーーーー!!!

勘弁してくださいよ〜
もう、どうしたらいい事か。。。。。。。
はぁ⤵ 叫んだ後のこのむなしさはいったいどうすればいいのか。

すみません、ひとつ質問です。
バタッケとは? キクイモ? 教えてください。


Commented by taormina at 2009-02-18 14:23 x
ごぶさたしております。アスパラギセルヴァーティコ~、カルチョーフィ~、アスパラギはグリリエして卵のっけてパルミジャーノかけましょうか?
Commented by gabbyna at 2009-02-18 23:20
野菜が一杯って嬉しいよね、どんなお料理をするのかな??
また写真をUPしてください。。
ああ、野菜だけでも美味しい料理が一杯できそうね。
Commented by poronliha at 2009-02-18 23:21
パタッケってキクイモですよね?写真をみたときは生姜かと思いました。他の方のブログできんぴらにしたらごぼうみたいでおいしいという話ですよ。こっちではみかけないので残念です。
でも全体的に安くていいなーって思ってしまいます。こちらはまだまだ冬なので、野菜が高いんですよ。特に葉物やトマトなどの夏野菜。
やっぱり素材が大切なイタリアン料理、いい素材がたっぷりですね。
Commented by yokocan21 at 2009-02-19 05:17
野生アスパラって、ヨーロッパ在住の方のブログで見かけるんですけど、こちらでは見たことがないんです。やっぱりワイルドなお味なんでしょうか。気になるなぁ。
私の大好きなアーティチョークが、もうこんなに出ているんですね!いいなぁ。
あぁ、「あなたが生姜だったら」・・・ちょっと前まではトルコもそうでした。このキクイモをみるたび、そう思ってましたねぇ。(今は普通に生姜、手に入ります)
で、ブラッドオレンジ、これはもう、この時期はずせませんね。ジュースにしてよく飲んでます。
やっぱり、売っている野菜・果物って殆ど同じなんですねぇ。気候も似ているし、なるほどぉ~、です。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 00:03
~vruocculuさん~
きょーーーーー!!!私も一緒に叫んでます!
シチリアのお野菜はどんなに叫ばれてもへこたれません。そんなお野菜を食べたら私もへこたれません。
ご質問ですが、pataccheはキクイモなんですね。ネットでキクイモの画像などいろいろ探してみたら、そっくりでした。多分そうだと思います。こちらで初めて出会ったお芋なので、日本で何というか知りませんでした。
勉強になります!(ご質問いただいたのにお答えできずスミマセン~!)
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 00:07
~taorminaさん~
こちらこそ、ご無沙汰しております。
うー、私、実は卵料理が苦手なので・・・。アスパラのソテー、リゾット、茹でてサラダに混ぜてパルミジャーノもスライスして、という感じで楽しんでます。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 00:09
~gabbynaさん~
お野菜とフルーツが一杯あると、ウキウキしますよね。こちらに来て野菜料理のヴァラエティーが増えました。そうですね、最近お料理の記事が少ないので、またいろいろアップしたいと思います。
gabbynaさんのお野菜料理もぜひご紹介ください。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 00:12
~poronlihaさん~
あ、やっぱりキクイモなんですね。なるほど、きんぴらはいいですね!ぜひやってみます。オレンジ色のしゃりしゃりカボチャも、きんぴらにするとすごく美味しいんですよ。
シチリア野菜は安いでしょう?トマトもナスも一年中ありますが、でもやっぱり夏の甘~いトマトとは全然違って水の味がします。新鮮なお野菜はあまり手を入れずに食べるのが一番美味しいですね。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 00:15
~yokocan21さん~
あら?野生アスパラはトルコにはないんですか?意外や意外!!ワイルドですよ~~。かなり苦味があるので、しっかり茹でて、その後さらに炒めるとぐーんと甘くなります。リゾットにしても美味しいです。
そうでした、yokoさんと言えばカルチョーフィ・ハンター!うひひ、こちらではもうこんなに出回ってます。キクイモ、やっぱりあの生姜もどきの正体はそうだったんですね。トルコではキクイモをどうお料理するのでしょうか。とても気になります。
トルコとシチリアの食文化繋がりをしっかり確認できて、嬉しかったです!
Commented by アイシェ at 2009-02-20 21:59 x
春の花に春野菜・・・瑞々しくて、いいですね!日本では見ないものが色色って楽しいです。
・・・でも、私がトルコでアーティチョークを見るのはてつも6,7月。シチリアではもうこの時期こんなに立派に育っているのですね。それともトルコでもそうなのでしょうか・・・?ってこれはyokocanさんにお聞きしないといけないですね。

ところで↑の難民問題。このような深刻な問題があるとはお恥ずかしい話、まったく知りませんでした。決して「保護施設」ではなく「収容所」ですね。
Commented by hyblaheraia at 2009-02-20 23:50
~アイシェさん~
シチリアは冬でも野菜が豊富で色もばっちりです。アーティチョークも年に3回くらいシーズンがあるような気がします。あ、また出てる!という感じです。トルコはシチリアより少し遅めに出回るのだと思います。去年のyokoさんとのコメント交換で確認しました。
日本では難民の受け入れ数が先進国の中でもかなり低いと聞いたことがあります。イタリア(シチリア)はアフリカに最も近いヨーロッパなので、難民の数が最大のようです。そこが「収容所」になっているという現実に、もっとイタリア国民が目を向けねばならないと思います。
Commented by YuccaR at 2009-03-02 15:21
野菜の写真、もうたまりません!と書き込みしようとしたら、一番最初の方が盛大に叫んでおられました。スッキリしたというか、気勢をそがれたというか、いえ、ものすごく共感します。野菜のアントシアニンの色にヨワイ私。いいなあ、こんなにたくさんあって、シチリアは。(日本では紫玉ねぎ、日の菜などかな?)お願いです。ポストカードにして分けてください。
Commented by hyblaheraia at 2009-03-03 01:01
~YuccaRさん~
私も八百屋さんに着いた瞬間に、わーーすごいすごいーっ!!と叫びましたから、みなさんに叫んでいただけるととっても嬉しいです。
そういえば赤紫の野菜って多いですね。ご指摘いただくまで気付きませんでした。野生アスパラも茎の部分がほんのり紫ですし。目にいいんですよね。
ポストカードだなんて。アーティストの方に差し上げられるようなものではないです~~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


シチリアのラグーザ(ラグーサRagusa)より、時に音楽を交えて。ナポリ人の夫ルカと娘リディアも度々登場。リンクフリー。


by hyblaheraia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

掲示板

最近は・・・
早寝早起きして新しいことに挑戦中!
16/11/2016


迷惑コメント対策で承認制にしております。
::::: ::::: :::::

自己紹介に代えて


ご連絡等はコメント欄にお願いいたします

::::: ::::: :::::


2013年11月、共著出版



2009年4月、共著出版



1999年3月、共著出版


Locations of visitors to this page
2010年2月16日リセット
世界の赤い花びら!


Click for Comiso Air Station, イタリア Forecast

今日の月はどんな月?



ラグーザ ホテル

カテゴリ

全体
自然
生活
歴史
祭り
伝統・技術
料理
菓子
変わった野菜と果物
野鳥・昆虫・動物
大学・研究
政治・社会
音の絵:写真と音楽のコラボ
シチリア他の町
イタリア他の町
ナポリの実家
一時帰国
ブログ・・・周年とゲーム
未分類

タグ

(60)
(50)
(46)
(42)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(27)
(22)
(21)
(20)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
more...

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by アイシェ at 07:35
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:11
牛乳と油で生クリームがで..
by Mchappykun2 at 01:30
> アイシェさん それ..
by hyblaheraia at 17:09
今人間ドックが終わったば..
by アイシェ at 11:48
> Mchappykun..
by hyblaheraia at 06:20
> 鍵コメさん は..
by hyblaheraia at 13:37
東京にいらしていたのです..
by Mchappykun2 at 01:31
> 鍵コメさま ご心配..
by hyblaheraia at 19:29
> ゆうゆうさん 素早..
by hyblaheraia at 07:18

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
音楽

検索

記事ランキング

ライフログ











お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
ルーマニアへ行こう! L...
写真でイスラーム  
エミリアからの便り
アフガニスタン/パキスタ...
イスラムアート紀行
夫婦でバードウォッチング
La Vita Tosc...
パリ近郊のカントリーライフ
トルコ~スパイシーライフ♪
now and then
Vivere in To...
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ふりつもる線
ちょっとスペインの別荘 ...
ぐらっぱ亭の遊々素適
ヴェネツィア ときどき ...
石のコトバ
ボローニャに暮らす
フランスと日本の衣食住
イタリア・絵に描ける珠玉...
cippalippaの冒...
スペインのかけら
Berlin Bohem...
VINO! VINO! ...
::: au fil d...
sizannet
イタリア料理スローフード生活
ペルー と ワタシ と ...
しの的エッセンinドイツ
PoroとHirviのとおり道
料理サロン La cuc...
カッラーラ日記 大理石の...
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
Animal Skin ...
しのび足
道草ギャラリー
白と黒で
ちまもの読書日和
andante-desse
il paese - p...
やせっぽちソプラノのキッチン
坂を降りれば
A Year of Me...
お義母さんはシチリア人
Espresso!えすぷ...
シチリア時間BLOG 2
London Scene
hatanomutsum...
小鳥と船
mi piacciono...
カマクラ ときどき イタリア
やせっぽちソプラノのキッチン2

外部リンク